loading ...

「本みりん」と「みりん風調味料」の違いとは?

"みりん"には「本みりん」と「みりん風調味料」がありますが、

どんな違いがあるかご存知ですか?


20170417-02.jpg



簡単に言うと…


「アルコールが含まれているかどうか」


です。



「本みりん」は、醸造によって作られたお酒の仲間。

アルコールを含むため「旨みが食材にしみ込みやすい」「臭みを抑える」などの

効果があります。お酒として飲めるため、酒税がかかるのでややお高めです。


「みりん風調味料」は、水アメなどの糖類に、うまみ調味料を加えて

みりんに似せた調味料。

アルコールをほぼ含まないため、アルコールによる調理効果はありません。

酒税がかからないため比較的安く売られています。



そもそも、みりんを使う目的は


・料理にテリやツヤを与える

・まろやかな甘みを加える

・素材を締める(煮崩れを防ぐ)

・臭みを抑える(アルコールによる効果)


などがあります。



「本みりん」は熟成して作られるため、多種類の糖類やアミノ酸などの

旨み成分が豊富。

またアルコールにより旨み成分が食材にしみ込みやすくなり、

味が均一に仕上がります。


深いコクと旨み、アルコールによる調理効果を求めるなら、

発酵して作られた添加物のないみりんがおすすめ。


選ぶ際は、手首を返してパッケージの裏面を見ることを

心掛けてみてはいかがでしょうか。




また上記以外にも、食塩を加えた「みりんタイプ調味料(発酵調味料)」というものも

市販されています。(本みりんに食塩を加えたものもこれにあたります。)



もっと詳しく知りたい方は、下記の表をご覧ください↓

画像をクリックすると、別タブで大きな画像が表示されます。


20170417-01.jpg



<<おまけ>> みりんは酒と砂糖で代用できる?


基本的にみりんの代用は、「料理酒:砂糖=3:1」でできます。


だたし、砂糖の甘みは一種類だけなので、みりん(本みりん)のような

深いコクと旨みは生まれません。テリやツヤをつけることもできません。


また、料理酒には食塩が含まれているので、その分の塩分量を考えて

味付けをする必要があります。




毎日の料理に欠かせない調味料は、用途に合わせて

できるだけ良いものを選びたいですね。


コメント (0)  

コメント