loading ...

認知症を防ぐ「BDNF」とは?

食生活で認知症を予防したい方へ最新情報です。


「BDNF」という物質が、認知症予防に役立つと注目されています。



BDNFとは?


BDNFとは「脳由来神経栄養因子」と呼ばれるたんぱく質で、

神経細胞を成長させるのに欠かせない"栄養"のようなもの。


アルツハイマー型認知症では、脳のBDNFが低下していることが報告されています。


BDNFの働きは、


・新しい神経を作る

・神経と神経をつなげる

・神経をダメージから保護する


などがあり、脳内で増加すると、記憶力と認知機能が高まるといわれています。



BDNFを増やす3つのポイント


一般的に「心身に良い」と言われる活動は、脳のBDNFを増やします。


1. 規則正しい生活・食習慣

2. 適度な運動

3. 適度な頭脳活動(脳トレーニング)


など、基本的な生活習慣を意識することが大切です。


詳しい図はこちら↓

20170515-01.jpg



BDNFの増加を助ける栄養素


【葉酸】

緑黄色野菜に豊富に含まれ、玄米、大豆、藻類にも多い。

ほうれん草、春菊、モロヘイヤ、ブロッコリー、納豆、焼き海苔 など


【フラボノイド】

植物に含まれる色素や苦味、辛味成分で、ポリフェノールのひとつ。

大豆(イソフラボン)、緑茶(カテキン)、玉ねぎ(ケルセチン)など

最近の研究では、玄米にも含まれていることが明らかに


【DHA】

オメガ3系油脂で、脳や神経組織の機能を高める働きがある。

青背魚(さば、いわし、さんま)など



食事や運動でBDNFを増やして、いつまでも元気でいたいですね。



【参考】栄養と料理(2017年6月号)


コメント (0)  

コメント