loading ...

今話題の「エクオール」とは?

今話題の「エクオール」をご存知ですか?


エクオールとは、簡単にいうと大豆イソフラボンの進化型で、

より高い"エストロゲン(※)活性"を持っています。


------------------------------

(※)エストロゲンとは、女性ホルモンの一つ。

コラーゲンの生成を促し、肌や髪のハリ・ツヤを保つ。

骨にカルシウムを蓄積させて丈夫にする作用も。

------------------------------



エクオールは腸内細菌が作る


エクオールは、大豆イソフラボンの成分から、

腸内細菌の一つである「エクオール産生菌」によって作られます。


エクオールを作れる人の割合は、欧米人は20~30%、日本人で50%程度と

いわれており、大豆をよく食べている国や地域に多い傾向があります。


日本人の中でも、「大豆をよく食べる人」は「大豆をあまり食べない人」より、

エクオールを作れる人が2倍多いという結果も出ています。


しかし、10代・20代では、エクオールを作れる人の割合が20%前後しかいない

という調査結果も・・・。

これは、食生活の欧米化が原因ではないかと考えられています。



腸内環境の改善がカギ


エクオールが作れない人には、3つのタイプに分けられます。


(A) エクオール産生菌がいない

(B) エクオール産生菌が少なく、十分に作れない

(C) ほかの腸内細菌に邪魔されて、エクオール産生菌が活動できない


(B)や(C)の人は、腸内環境を整えることで

エクオールを作れるようになる可能性が高まります。


腸内環境に嬉しい食生活について、詳しくはこちら

http://blog.genmaikoso.co.jp/2015/07/post-513.html



小さいお子様にも大豆を!


腸内環境は離乳期から小児期にかけての食生活の影響が大きいと

言われているため、小さいお子様がいる家庭では、大豆を積極的に

取り入れることをおすすめします。


大豆はイソフラボンのほかにも、様々な健康パワーがありますよ。

詳しくはこちら

http://blog.genmaikoso.co.jp/2016/09/post-627.html



コメント (0)  

コメント