loading ...

2007年10月

車麩と根菜の煮物

車麩と根菜の煮物.jpg


元氣亭のすこやかセットです。

この日は、車麩と根菜の煮物でした。車麩の料理が多いですね。でも飽きの来ない食材です。研修などで少し元氣亭のお手伝いをしたことがあるのですが、見たことのない山菜を扱ったり、調理法を教えていただいて、楽しかったです。

和食好きな私は、昼食はもっぱら元氣亭が多いです。もちろん、元氣亭のすこやかセットは、中華料理風や洋食風料理の時もあります。先週末はグルテンミートのポトフ風でしたし、昨日はグルテンミートの回鍋肉風でした。

今日は揚げ豆腐を使った料理だそうです。楽しみです♪

コメント (0)   トラックバック (0)

秋の札幌市内

28日、散歩感覚で愛車とともに札幌市内をぶらり。
はじめに、景色が良さそうな所ということで真っ先に浮かんだ大倉山ジャンプ競技場へ。
この日は、ちょうど大会があって、入場券を購入しない人はここ(写真)まで。
大倉山
普段は中まで入ることができ、リフト(有料)に乗って頂上へ行くことができます。
で、頂上にあるラウンジで札幌市内を望みながら珈琲を飲む…ということも。

次の写真は、頂上からのものではなく、麓からのもの。札幌中心部から30分もかからない所にこんなところがあるのは札幌の良さですね。
大倉山からの市内
さてさて次の写真は、繁華街で有名な「すすきの」中心部から5分程度のところにある中島公園。
中島公園2
自然の中にビルが見えるのは不思議な感じがします。
中島公園1
日曜日のこの日はフリーマーケットが開催されていて賑やかな雰囲気。
他にもランニングしたり、絵を描いたり、写真を撮ったりと天気の良い秋の日を
楽しんでいる人がたくさんいました。

コメント (0)   トラックバック (0)

豆腐チゲ定食

ママキムチ
毎度食べ物の話題が多い杉原です(笑)

先日、3月に卒業した大学に遊びに行きました。
そして、学生時代によく通った『ママキムチ』という韓国料理店に行きました。

『ママキムチ』では、サービスで手作りのキムチやお総菜がどっさり机に並べられ、
サラダやご飯のお変わりが自由です。
いかにも学生のための食堂ですね。大好きでした。

日替わり定食やチゲ鍋定食、ユッケジャンクッパ、韓国風辛ラーメンなどいろいろありますが、
この日は、一番のお気に入り「豆腐チゲ定食」を食べました。
韓国料理は、野菜がたっぷり入っていて好きです。

母校の空気と、なつかしい味に触れ、リフレッシュしました。
皆様のなつかしい味は、どんな味ですか??

コメント (0)   トラックバック (0)

栗城史多(くりきのぶかず)さん支援コンサートのお知らせ

11月29日(木)札幌で、北海道出身のアルピニスト、栗城史多(くりきのぶかず)さんを支援するコンサートが開催されます。栗城さんは現在25歳、単独では世界初となる7大陸最高峰無酸素登頂を目指しています。現在5峰の登頂に成功、残すのは南極のビンソン・マシフとエベレストの2峰。小柄でとても謙虚な、ナイスガイです。玄米酵素では3年前から彼をサポート、体力維持と荷物の軽量化のため、登山にハイ・ゲンキを欠かすことはないそうです。

栗城史多さん
詳しくは栗城さんのホームページ
ご覧下さい。

栗城さんの名刺。
名刺には既に成功した山の名前にチェック
が入っていて、かっこいい!

ハイ・ゲンキのワッペンをつけ、チョーオユーを背に。
(5700mのベースキャンプで)

支援コンサートには大庭照子さんと童謡組(デュオ)が登場します。大庭さんは熊本県出身の歌手。NHKみんなのうたで「小さな木の実」を歌ったのをきっかけに、全国で3000回ものスクールコンサートを行っています。熱心な玄米酵素の愛用者で、コンサートでは必ず玄米酵素との出会いなどを語ってくださいます。
私も昨年の夏、熊本でご一緒に講演をさせていただきました。県立保育大学校、保育士を養成する学校でした。この時のお話はまた後日。


大庭照子さん

コメント (0)  

羊蹄山がキレイでした!

10月24日、所用でお休みをいただき、ついでに愛車でツーリング(ってこちらがメインの感じですが)へ行ってきました。 札幌から小樽・岩内方面へすすみ、ニセコ、倶知安を経由して約350キロのコース。

どこを走っても紅葉がきれい!なのですが、外は10℃ちょっとの気温の中での走行で、寒くてのんきに写真を撮る余裕もありませんでした。
それでも走っている途中、目を引いた風景だけは撮影してみました。
まずはこの岩!合成写真ではありません。
奇岩
国道229号線沿い(写真手前の道が国道)にある岩で、故郷が近くにあるので以前から通っていた道なのですが、あらためて見ると危ないですよね。

そして次が羊蹄山です。
羊蹄山(10月)
蝦夷富士と言われるだけあって本当にきれいで壮大!思わず愛車を止めて撮影してしまいました。
でも写真だとその感動が伝わらないですよね、もう少し写真上手く撮れたらな~何か簡単なテクニックがあればいいんだけど…。

さて、峠を越えるツーリングは寒すぎて無理になってきたので、次回は走れる範囲(札幌市内)で良い所を紹介できたらと思っています。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.6 一気に紅葉

雨と出張が続いて久しぶりのウォーキング通勤、寒い日が続いたせいか、北大構内が一気に色づきました。この日の朝の気温は5度、カメラのシャッターを押す指先が冷たくなっていました。10月の中頃から、朝晩ストーブのお世話になっています。


エゾヤマザクラは春の開花よりこの時期の赤い
葉の方が好きです。


有名な医学部前のイチョウ並木。左側のもみじは紅葉して
いますが、イチョウはこれから。


大野池の紅葉は今です。

コメント (0)   トラックバック (0)

こねこねこ

4匹の仔猫
大学時代に、大学の近所で保護した仔猫たち。
みんな、それぞれの家庭に旅立ちました。

我が家では、猫にもハイ・ゲンキを食べさせています。
ワンちゃんや、うさぎさんはハイ・ゲンキスピルリナ入りを好む子が多いようですね。
皆さんの家の猫ちゃんはどうですか??

我が家では、1匹は海苔が好きなので、スピルリナ入りも嫌がらずに食べます。
でも、もう1匹のやんちゃさんは嫌がりますので、
ゲンキ・ワンも混ぜて、無理矢理口にくっつけています。

ゲンキ・ワンの方が、ペット用なので食べやすくなっています。
大豆の分量が多く、自然な甘みがあるため、ワンニャンうさぎちゃんなどに好まれます。

我が家の猫たちも、なんだか調子良いみたいです♪

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.5  平成ポプラ並木

自宅から札幌工業高校、北大恵迪寮を左に見て、第一農場の北側から北大構内に入ってみました。いつもの通勤ルートからは10分ほど遠回りにはなるのですが、雨上がりの平成ポプラ並木を撮りたくて、少し早起きをしました。
2000年(平成12年)に植樹された、この平成ポプラ並木は全長300m、有名な理学部の西側の並木は全長250m。2004年の台風で、理学部西側のポプラ並木は半数が倒壊しましたので、20年後にはここが新名所になりますね、きっと。

多少遠回りですが、この新通勤ルート、めでたく、私の「お気に入り」に追加となりました。
なにしろこの通り、車の通行はゼロ、人通りもほとんどないので、北大農場の雄大な景色、農場越しに見える理学部西側のポプラ並木の眺め、さわやかな空気を独り占めできます。


「平成ポプラ並木」
見事な並木になるには今後、15年から20年はかかるそうです。

矢印が、北西側の入り口。
「平成ポプラ並木」は、ここから撮影しました。

上の赤い■が我が家、薄い緑色のほとんどが北大キャンパス。
下の■は玄米酵素本社、左の■は研修会でおなじみの京王プラザホテル。
自宅から会社まで45分、雨と出張以外は毎朝歩いています。

コメント (0)   トラックバック (0)

れんこんボールと車麩の煮物

先日、玄米酵素直営の自然食レストラン元氣亭で、すこやかセットを食べました。
れんこんボール3
れんこんボール1
この日は、豆ご飯にしてみました♪
(ご飯は、玄米と五分搗きと、豆ご飯から選ぶことができます。)

れんこんボールを作るのは、れんこんを擦ったり、鍋で休まずこねて熱を飛ばしたりと、
結構力仕事です。
やはり手間のかかる料理はおいしいですよね。

また、車麩は元氣亭エコロクッキングスクールではよく使う食材なのですが、
戻してゆっくりじっくり煮ると、味がしみこんでおいしいです。
ころもをつけて、カツレツ風にもできます。

コメント (0)   トラックバック (0)

会社説明会

10月23日、リクルートの『合同会社説明会』に玄米酵素が出ます。
有楽町の東京国際フォーラムで、10時~17時まで出展しておりますので、
食や健康について興味のあるの学生様、ぜひ足をお運び下さい。

また、11月1日にも東京支社にて会社説明会を行います。
(10月23日もしくは11月1日どちらかに参加することが、採用試験の受験資格となります。)

【東京支社会場】
 日 時:平成19年11月1日(木)10:00~11:30終了予定
     (受付9:30~)
 場 所:玄米酵素東京支社 4階エコロホール
     東京都墨田区両国3丁目24-10
     ・JR総武線両国駅東口より徒歩2分
     ・地下鉄大江戸線両国駅より徒歩5分
 定 員:50名

くわしくはこちら!

私も去年、就職活動を経て入社しました。
学生の皆様が自分に合った会社に出会えるよう応援しています。

当日(11月1日)、お会いできるのを楽しみにしております。

コメント (0)   トラックバック (0)

エコロクッキングスクール情報【料理教室 in ロス】

9月21日、ロサンゼルスで料理教室とセミナーが行われました。
ロスは代理店の中村恭子さんが19年前から玄米酵素の普及に携わっているところ、アメリカでは最も愛用者の多い地域です。
講師は玄米酵素エコロクッキングスクールの川越牧子と柴崎富子。料理教室は準備が大変なのですが、現地の皆さんにご協力いただいて無事に終えることができたそうです。


食材の買い出しに大活躍だった、中村代理店の愛車。
ナンバープレート、さすが!でしょう?

アメリカのナンバープレートはとっても自由、文字や数字に多少の制限はあるものの、好きな組み合わせを選ぶことができるそうです。但し、有料。


こんなのもOKなんですね。
自分でつけられるなら、イチローフリークの私としては、
55-ICHI かな?


リゾート地、カリフォルニア州パームスプリングスでは、
小旅行を兼ねたセミナーも行われました。

パームスプリングスと言えば、西海岸の代表的なリゾート地。ゴルフ好きなら一度は訪れてみたいところ。行ってみたいなあ。
中村さーん、私を呼んでー!(この声、どうか西海岸まで届きますように!)

コメント (0)   トラックバック (0)

☆はるさめ炒め☆

先週、玄米酵素直営の自然食レストラン元氣亭で、すこやかセット(はるさめ炒め)を食べました。
社員の中でもはるさめ炒めは人気で、「今日ははるさめ炒めだ、元氣亭に行こう!」
といった会話が飛び交います。

すこやか定食
野菜はるさめ
すこやか定食・アングル付き
すこやかセットは、鍵山料理長が毎回工夫を凝らしているおすすめメニューです。

ちなみに私も、入社時に元氣亭で研修をしました。
今までさわったことのない食材や調理法に、目から鱗が落ちました。

昨日と今日のすこやかセットは、大豆たんぱく(グルテンミート)の酢豚風でした。
今週水・木曜日は、『車麩とれんこん団子の煮物』、金・土曜日は、『きのこのノンフライコロッケ』です。

とってもへルシーでおいしいので、是非お越し下さい。

コメント (0)   トラックバック (0)

札幌周辺の紅葉

久々の更新です!
天気とスケジュールのタイミングがなかなか合わず、2週間ぶりのツーリングとなりました。
今回は、札幌から小樽、そして道道1号線を通って定山渓、札幌とおよそ3時間程度のコース。
この日は全道的に寒い一日となる予報(実際に旭川などで雪が観測)だったので、秘密兵器のヒーティングジャケット(バイクのバッテリーを電源に、温かくなるジャケット。装着時は汗ばむぐらいです。)を装着!気分は上々でスタートです!

ところが、道道を通って山に入っていくと、市内の気温と比べあきらかに違います。
考えてみたら体と比べ、手と顔は無防備状態(最初から気づけと自らツッコミ)。ものすごーく寒い!「刺すような寒さ」とよく言いますが、まさにそんな状況で何度もバイクを止め、手を温めながらの走行でした。(途中、札幌国際スキー場があり、11月17日オープン予定との看板。寒いわけです。)

さて今回は食べ物情報は無し。
道の途中で撮影した朝里ダムとさっぽろ湖の紅葉です。気温は低くても、天気は良かったので、たくさんの方がカメラをもって出かけていました。
【朝里ダム】
朝里ダム
【さっぽろ湖】
さっぽろ湖1
さっぽろ湖2

コメント (0)   トラックバック (0)

四季彩の町~北海道美瑛町~

先日、旭川市と美瑛(びえい)町に行ってきました[:ウィンク:]
旭川市は、ご存じ旭山動物園のあるところです。
美瑛町は美しい丘で有名な町、その隣には上富良野町があります。

さて、美瑛町から旭川までの道のり、カーナビをセットして進んでいたのですが、
『あっちの方が良い景色かも?』という意見があり、
国道へ戻そうと頑張るカーナビを無視して、丘のどまん中へ[:車:]
すると、ゆるやかな曲線を描く丘がとてもキレイ。
丘が全部畑になっていて、それがどこまでもどこまでも続きます。

ふと遠くに、緑と黄色の丘の真ん中が真っ赤に色づいているポイントを発見、
近づいてみるとナナカマドがたくさん植えてあり、赤く紅葉していました。
あまりにキレイなので車を止めて撮影。
青空と真っ赤なナナカマドのコントラストから目が離せませんでした。


これからは、札幌市内の木々も色づき初める季節[:もみじ:]
ナナカマドやツタの赤も好きですが、
ドーダンツツジの葉の透き通るような赤もお気に入りです。
目を奪われて転ばないように気を付けます。

+masuno+

コメント (0)   トラックバック (0)

すきやき~

20071012_94327.jpg

と言っても・・・お肉をたらふく食べたわけではありません。

昨日の「元氣亭」すこやかセットは、『大豆たんぱくのすきやき風』でした。(今日も同メニューで、明日は『白菜ときのこのホワイトグラタン』です。)

「大豆たんぱく製品」は、その名の通り大豆からできています。様々な形のものがありますが、お肉の食感に似ています。ベジタリアンフードでは、お肉の代用品として使われます。

大豆に含まれるたんぱくには、コレステロールや中性脂肪、インスリン血中濃度を下げる作用があり、体脂肪の蓄積を抑えてくれるそうです。また食物繊維も豊富で、便秘予防にもいいそうです。

大豆たんぱくの唐揚げや油淋鶏(ゆうりんち)は、とっても美味です。もちろん、昨日の『すきやき風』もおいしかったです。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.4  ポプラ並木1

私の通勤&ウォーキングルート、北大構内には数多くポプラが植えられています。
もっとも有名なものは理学部の西側、農場に沿って北に伸びる250mほどの並木。ところが、2004年9月の台風18号によって、ポプラ並木は倒壊してしまいました。何しろ最大瞬間風速50.8メートルでしたからね。

そのときの様子は、下記北大HPの写真で見ることができます。
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/news-top/typhoon18/top.html

いつも西区八軒の我が家から、工業試験場を右に見て北大構内に入るのですが、工業試験場の野球グランド沿いにも短いポプラ並木があります。このルートの日は、いつもここで深呼吸をします。このあたりから緑が多くなるので、空気が変わるような気がするからでしょうか。


北西側から北大に入ると最初に出会うポプラ並木です。
今度、ポプラ特集してみますね。

コメント (0)   トラックバック (0)

レシピ Vol.1 イクラのしょう油漬け

北海道の代表的な秋の味覚、「いくらのしょう油漬け」をご紹介します。

札幌のスーパーには毎年この時期、鮭の生筋子が出回ります。例年9月の中旬頃から毎週のようにスーパーのチラシに載るのですが、今年は鮭が不漁であまり生の筋子が入荷しないそうで、例年ほど多くは見かけません。
作り方をご紹介しましょう。


ボールともちあみを用意します。


まず筋子をバラバラにほぐします。

ぬるま湯の中だと網を使わなくても簡単にほぐれるのですが、鮮度が落ちるようで私はいやですね。そんなわけで、もちあみにこすりつけてほぐします。ここで、筋子の鮮度がチェックできます。鮮度が悪いと、もちあみにこすりつけた段階で半分くらいはつぶれます。ところが鮮度が良いとほとんどつぶれません。この日はとても鮮度の良い筋子が手に入りました。


次に少量の塩を入れて4~5回水洗い、つぶれた皮や筋を取り除
きます。

味付けはいろいろ。煮きった酒やみりんを入れる場合もあるようですが、私はしょう油と酒だけ。一日から二日でおいしくつかります。

あつあつのご飯に細切りの「のり」を敷き詰めて、その上にたっぷりイクラを乗せます。
わさびがあるとなおいいですね。


新鮮ないくらのしょう油漬けは、赤いダイヤ。とてもきれいです。


いくらをたくさん漬けていたら、ナナカマドの実がイクラに見えて
きました。似てません?食べられそうですよね。

コメント (0)  

BMIスケールをもれなくプレゼント

玄米酵素の創立記念日は10月1日、今年で創業36年になります。
10月中、「日本を元氣に! 健康な食習慣に変える1カ月にしよう!」というテーマを掲げ、健康講座開催月間として全国各地で健康セミナーを数多く開催しています。

セミナーにご参加いただいた皆さんには、写真のBMIスケールとその使い方の説明書をもれなくプレゼントしています。このBMIスケールの裏側には、玄米酵素が提唱する食事を、ピラミッド型にしたイラストが印刷されています。正しい食生活の参考にご利用ください。

お近くでセミナーが開催される機会がありましたら、是非ご出席ください。


BMIスケール 
身長と体重から肥満度を計測するスケールです。

私の現在のBMIは23でした。22を目指します。

コメント (1)  

ハイ・ゲンキだ~いすきだワン♪

実家のわんこ達、マロンとみかんです♪[:犬:]



コーギーのマロン(左)は、おっとりとした性格。
8歳ですが、「見た目が若いね~♪」と言われます(←親バカ)
トイプードルのみかん(右)は、自分が世界で一番強いと思っています。
でもまだ0歳なので、とっても甘えんぼさんです。

2匹とも朝食を食べていると足元にやってきておねだり。

"ちょーだい"(瞳がうるうるキラキラ[:ぴかぴか:])

(無視)

"ちょーだいちょーだい!"(あっ[:汗:]ヨダレがっ[:たらーっ:])

仕方ないので手元にあったハイ・ゲンキスピルリナ入を手にサラサラ…
って、あっっ!!!コラっ!!!ちょっと![:びっくり:]



ハイ・ゲンキが大好きな彼女たち[:ラブ:]
あっという間に食べ尽くされてしまいました。

+masuno+

コメント (0)   トラックバック (0)

洞爺湖便り Vol.5  洞爺自然農園の稲刈り風景

玄米酵素の直営農場、洞爺自然農園の川崎さんから写真が届きました。
川崎さんの写真の説明文をそのまま掲載します。


①皆さんの稲刈りの後、残りを農園で刈って束にして、このように
 積みました。
 (洞爺湖便り Vol.3 でお伝えしたように、稲刈りは玄米酵素愛用者
  の皆さんも参加しました。)


②裏山から適当な木を切り出して「はざ」を組みます。
 縄をまわすのにちょっと手のかかるところを、協力してもらって
 いますが、本来はひとりでもやらなくちゃいけないところだそう
 です。


③ねこ「はざ」の完成。どうしてそう呼ぶのか、はっきりとはわか
 らないそうです。


④こうして架けられ終えた稲穂は、約一月の間、恵み深いお日様に
 晒されながら乾燥を待ちます。

コメント (0)   トラックバック (0)

栗の季節です

栗
透明感のある空気と、心地よい肌寒さ・・すっかり、秋ですねぇ。
オフの日は読書をしたり、物思いにふけったり、とても好きな季節です。

秋といえば、食欲の秋でもあります!
私は栗や芋が大~好きです♪
栗をゆでると、ぱくぱくとあっという間に食べてしまいます。

栗は、ビタミンA・B群・C、カルシウム、カリウム、鉄分などの
ビタミン・ミネラル成分をバランスよく含んでいるそうです。
栗アップ
先日、栗をいただきました。
甘くてほくほくしていて、おいしかったです☆

コメント (0)   トラックバック (0)

洞爺湖便り Vol.4 洞爺村国際彫刻ビエンナーレ・回転寿司

洞爺健康館は洞爺湖畔から徒歩10分、湖を見下ろすことができる高台に位置しています。
国立公園の真ん中ですので、北海道らしい風光明媚な場所に事欠きません。
観光バスが行くことのない、穴場的スポットをご紹介しますね。


「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ2007」会場

虻田町と洞爺村が市町村合併で洞爺湖町となりました。10月21日まで、旧洞爺村役場で「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ2007」が開催されており、世界46カ国450点の中から選ばれた入選作品(58点)が展示されています。
作品のサイズはタテ、ヨコ、高さが20cm×30cm×40cm以内という小さなものなのですが、芸術家の発想の豊かさに驚かされます。2007年大賞に輝いた作品は秀逸、ずっと見ていて全くあきることがありませんでした。「Seed Of Cosmos」米国在住韓国人作家WIE,Se-Bogの作品です。

受賞作品は洞爺湖町ホームページで見ることができます。
写真では立体物の良さはわかりませんね。是非現地へ。

洞爺湖温泉街から車で30分、伊達市に「わかさいも」でおなじみの「わかさいも本舗」が経営する回転寿司があります。店の名前は「ちょいす」。
札幌の店と比較すると40%以上は安い!札幌だと4人で12,000円のところが、「ちょいす」では7,000円ってところでしょうか。


お皿は全て126円と252円の2種類のみ。生のホタテ、ボタンエビ、
ウニなどが、2カン一皿252円は、シンジラレナーイ!
252円皿のネタは少々小ぶりですが、とてもお得な感じがしました。




「ちょいす」で満腹になった後は、湖畔の彫刻公園の
一角で珈琲タイム。
洞爺湖にはこんなスポットが58カ所も、しかも混雑
など全く無縁、静かな時間を過ごすことができますよ。


洞爺湖を後にしてルスツに向かう途中、スキーのメッカ、
夕暮れのニセコ連山です。

コメント (1)   トラックバック (0)

音の先には、「至福の時」が待っている

大好物の缶詰を開ける瞬間。
台所で「カチ」っと音がすると、剛速球のように飛んできます。(笑)
いねちゃん1
その走り出す瞬間を、捉えました。
既に走り出そうとして、力を入れている右足。

彼女の、素直さ(というより本能ですね、猫の場合。笑)と
フットワークの軽さを見習いたいです。

ところで、玄米食堂のデザインが変わりました。
心機一転、もっともっと
楽しい出来事やお役立ち情報を皆様にお届けできるよう頑張ります。

コメント (0)   トラックバック (0)

洞爺湖便り Vol.3 稲刈りと収穫祭

9月30日洞爺自然農園で稲刈り、洞爺健康館で秋の収穫祭が行われました。

気温11℃、さわやかな秋晴れの中、朝6時45分に札幌を出発、定山渓温泉・中山峠を越えて一路洞爺自然農園を目指しました。
この時期、札幌近郊の行楽地、特に中山峠方面は結構車が混み合うのですが、さすがに7時台、1時間かからずに中山峠に到着。


すっかり秋めいてきた中山峠からの蝦夷富士、
「羊蹄山」

8時40分、一足先に農園に到着、9時30分からの稲刈りに来られる皆さんを待つ間、農園内を歩き回ってカシャカシャ。(カメラのシャッター音)


朝、気温の上昇とともに水蒸気が立ちのぼる農場


今年の稲の作柄は良。農園の玄米は健康館の食事用に提供
されています。

9時過ぎに全員集合、早速稲刈りが始まりました。今回は主に札幌周辺から20名ほどの販売店さんが参加、社員と合わせて30名ほどが稲刈りに挑戦。前々日かなり雨が降った影響で田んぼがぬかるんでおり、例年の倍時間がかかるようで、みなさん悪戦苦闘。本当にお疲れ様でした。


代理店の吉田京子さん、大活躍でしたね。


小川さん、ご実家が農家だったとのこと、カマの扱い、
お見事でした。


殻付きのホタテ(噴火湾はホタテの名産地です)に
しょう油を少したらして、炭火でジュウ。たまりません!

収穫後、場所を健康館に移して収穫祭が行われました。収穫祭から参加の30名の皆さんを加え、昼食は健康館の庭でバーベキュー。この日ばかりは、「少食の日本食」を少しお忘れの方も若干名いらっしゃったとか……? 
自然の恵みに感謝して、北海道の味覚を堪能した一日でした。
ご参加のみなさんありがとうございました。

コメント (0)   トラックバック (0)