loading ...

2008年10月

猫の独り言②

今日はレオンの独り言です。いねちゃんの独り言は、こちら

95-12-02_13-58~00.jpg

「今日は僕の出番だにゃ。」布団の中から顔を

出したレオン。顔が丸くてたぬきみたいです。

PC3100531.jpg

えり巻きを巻かれたレオン「僕の毛と同化しちゃってるんですけど・・・」

070318_1937~.jpg

「はぁ~あったかいなあ。冬はやっぱり手が冷える

のよね。」完全防備=猫ベッドからヒーターの間に

手を入れて暖を取るレオン。上にはいねこもいます。

稲とレオン7.jpg

「ちょっと、紐取らないでよ。」いねこが口で紐を引っ張って自分の

ものにしようとしています。レオンは手を使って取ろうとしています。

PC060062.jpg

「ん?」天敵のいねこが隣で寝てるんですけど・・・でも

「ね、眠いからまあいいか(今回だけは)。」

いね「Zzz・・・暖かいなー」

コメント (0)   トラックバック (0)

猫の独り言①

「お久しぶりです。」いねちゃんの独り言です。

TS290649.jpg

「ちょっと、押さないでよ。この写真ブログに載せないでよね?」PC239878.jpg

「最近ヤフーでペットの目ヂカラコンテストとかやってたけど・・・

私のはどうかしら?」

PC239902.jpg

「たまにはたそがれたいのよ。」

PB070143.jpg

くんくん「バラって言うの?私みたいにきれいね。あイタタ、

とげがある!」

PB070157.jpg

そして、寝る「Zzz・・・」(バラに興味なし)

コメント (0)   トラックバック (0)

紅葉を見に夕張へ!

10月13日、まさしく秋晴れという天気の中、愛車でぶらりツーリングへ。

今回はメロンで有名な夕張(ゆうばり)市にある「滝の上公園」へ行ってきました。ここはアイヌ語で「ポンソウカムイコタン(渓谷の美しいところ)」と呼ばれ、夕張川の浸食でできた渓谷に広がる紅葉が有名なところです。

朝の7:30に札幌を出発、ぶらぶらと9:30に目的地到着。

滝の上公園入口.jpg

 

公園を入ってすぐにレトロな雰囲気の建物。

滝の上公園発電所.jpg
ここは1924(大正13)年に建設された水力発電所で、現在も北海道企業局の水力発電所として使用されているそうです。

先に進んで…紅葉、紅葉!

滝の上公園渓谷.jpg
滝の上公園吊り橋.jpg
滝の上公園もみじ.jpg
写真では伝えられませんが、自然の鮮やかな色合いは良い眼の保養になりました。

コメント (1)   トラックバック (0)

元氣亭の洋食

最近の、元氣亭すこやかセット洋食風をご紹介します。スタッフに聞いたところ、月火は中華風、水木は和食、金土は洋食風のことが多いそうです。洋食を食べたい!という時は、毎週月曜日配信の元氣亭メルマガで、金曜か土曜のメニューをチェックしてみてください^^(貸し切り情報などもお知らせしています。)杉原は、毎週月曜日の朝、メルマガをチェックするのが密かな楽しみとなっています。

看板用1.jpg

【賀茂茄子の重ね焼きフレッシュトマトソース掛け】トマトの酸味が

焼き茄子と、サンドされたシャキシャキ感のある千切り野菜に合います。

1階済み2.jpg

【コンニャクと生揚げのハンバーグ】食物繊維たっぷり。生揚げ

が入っていますが大豆臭くなく、こってりクリームがよく合います。

P1050420.jpg

【大豆からあげとじゃがいものコロコロメンチカツ】昔なつかしの

素朴なメンチカツです。お肉代わりに、大豆たんぱく使用です。

看板用.jpg

【ひじきたっぷりハンバーグ】きのこのこってりソース掛けですが

ハンバーグがさっぱりしているので、ちょうどよい食べ心地です。

看板用2.jpg

【野菜たっぷりメンチカツ】これはメンチカツに見えないですよね。

メンチカツにホワイトソースの組み合わせは、初めての体験でした

が、おいしかったです。

 

これらの洋食、特にメンチカツなどは揚げているように見えますよね。でも、実は衣を付けた後、揚げずにオーブンで焼いています。ハンバーグも胃に重たそうに見えて、素材が生揚げや根菜類なので、意外とあっさりと食べられます。工夫次第で、洋食風でもオイル&脂肪をカットできるのですね!

コメント (0)   トラックバック (0)

【ハイ・ゲンキ体験レポート】とても良い体の変化を実感することができました by ゆきこ さん⑤

★掲載が遅くなりましたが、
ハイ・ゲンキ体験レポーター "ゆきこさん" の、
最終レポートをご紹介いたします!(^O^)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

 こんにちは。
 朝晩、涼しくなりましたね。
 季節は秋。夏バテはしても夏ヤセはしない私は、
 すでに“食欲の秋”モードに突入です。(ちょっと早過ぎるかしら?)
 
 さて、9月の初めで「ハイ・ゲンキ スピルリナ入」を食べ終わりました。
 最後まで「おいしい!」と、思うことはなかったのですが(ごめんなさい)
 とても良い体の変化を実感することができました。

 

 私は何十年来の便秘症で、ずっとお薬(緩下剤)とは縁が切れずに今までいました。
 ところが、「ハイ.ゲンキ スピルリナ入」を食べ始めて
 20日くらいたった頃から毎日とはいかないまでも
 2日に1回位、お通じがあるようになりました。
 毎日ということもあり、ちょっと自分でも驚いています。
  生活や食事は変わらないので、
 やっぱり「ハイ.ゲンキ スピルリナ入」のお陰かな?と思っています。

 

 それと、肌の調子もいいように感じます。
 シミとシワは相変わらずですが、肌がしっとりというか、
 今までは部分的にかさついたりすることがあったのが、
 なくなったように感じます。

 

 効果を実感できるまでの時間(日数)を長いと感じるか、
 短いと感じるかは、人それぞれでしょうが、
 1ヶ月たたずに効果(私の場合はお腹の調子ですが)を実感できたのは
 評価できると思いました。

 

 話はちょっと横道にそれますが、我が家の20歳になる長男は
 アレルギー体質でアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息があります。
 (今はだいぶ落ち着いていますが)
 “体質改善”ということも昔は考えたのですが、
 簡単にできるものではないということがわかり、あきらめました。
 「ハイ.ゲンキ スピルリナ入」を食べさせていたら、
 ひょっとしたら、良い変化が期待できていたのではないかしら?
 なんてことを、ふと思ったりしました。

 

 最近の新聞に、スピルリナの色素を使った
 きれいな色のビールが紹介されていました。
 色だけでなく、スピルリナの良さも活かした新しい商品‥‥
 ドリンクタイプのものなど‥‥
 「玄米酵素」さんからも何か発売されたらうれしいですね。

 

 1ヶ月と少しに及ぶ「ハイ・ゲンキ スピルリナ入」の体験は
 私にとって満足のいくものでした。ありがとうございました。

  

                                             ゆきこさん(40代・女性)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

最終のレポート、ありがとうございました!

1カ月とちょっとのレポート期間を終えられた今、

ゆきこさんの"おなか"や"お肌"に良い変化があって、

とてもよかったな~と思っています。

 

体質改善という言葉がでてきましたが、

根気よく時間をかけて、食生活を変えていくことが大切ですよね。

…と、言葉で書くのは簡単ですが、実行するのって結構大変…(>_<)

そんな時、ハイ・ゲンキが皆さんのお助けアイテムとなれたら、

玄米酵素の社員一同にとって、こんなに嬉しいことはナイのです!

 

ぜひこれからも、ハイ・ゲンキをよろしくお願いします(^0^)☆

 

masuno

コメント (0)  

自然食パーティーⅤ

先週、全国から社員が集まって東京で定例会議がありました。夜は、元氣亭で恒例の社内懇親会兼自然食パーティー。その時のメニューをご紹介します。

P1060077.jpg

【前菜三点盛り】蓮根のきんぴら梅肉和え、春菊の菊花巻。

洞爺人参の胡麻和え。どれもあっさりして甲乙つけがたいおいしさです。

P1060087.jpg

【芋がらの煮物】ずいき、しめじ、人参、油あげ、もどし椎茸の煮物。

P1060065.jpg

【車麩とパパイヤのチャンプルー】沖縄産のパパイヤ入り。

芯があって歯ごたえ◎です。

P1060083.jpg

【洞爺かぼちゃのいとこ煮】兄弟煮は一緒に煮る、いとこ煮は

別々に煮て後で一緒にするそうです。 

P1060074.jpg

【山芋の油揚げ包み煮】これは今回一番人気で、すぐになくなって

しまいました。大葉、大和芋が食感を良くしています。 

P1060091.jpg

【ポモロード】洞爺トマトを使用したペンネです。

P1060063.jpg

【洞爺マッシュポテト大豆マヨネーズ焼き】大豆でできたソイマヨは

おいしくてヘルシーです。今度家でも作ってみます♪

P1060109.jpg

【生菜肉包鬆】これも毎度の人気商品。レタスで包んで食べます。

生菜とはレタス。肉の代わりに、具は大豆たんぱくの炒め物です。

鬆は切り方のことで、松の実の大きさに切ることだそうです。

P1060069 のコピー2.jpg

【ロール白菜】白菜でいんげん、人参、ごぼうを白菜で巻き、

ブイヨンで煮ます。かかっているのは豆乳ホワイトソース。

 

他にもお料理があったのに、食べるのに夢中で写真を取り忘れてしまいました^^ゞ

 

【焼きおにぎり二種】一種は野沢菜入り、もう一種は八丁葱みそを塗った焼きおにぎりでした。

 

【粥の汁(けのしる)】江戸時代、東北飢饉の際に、お米がない代わりに大根などの根菜類をお米の大きさに切って煮てしまえ~ということで始まった、郷土料理だそうです。具だくさんの栄養たっぷり汁でした。切るのが大変そう・・・

 

【胡麻団子(芝麻球)】家庭で作る時のポイントを聞きました!白玉粉を練る際、少し水飴を加えると、揚げる時に割れづらいそうです。

 

鍵山シェフのお料理はいつも斬新でおいしくヘルシー。シェフのアイディアと才能には脱帽です。

元氣亭チームハイゲンキ.jpg

この日は、先日ブログでご紹介したチームハイ・ゲンキの報告

もありました。「そろそろ年なんで、来年は僕は引退です~」と

谷口社員(右)。すかさず、「チーム解散も引退もありません!」と

村上社員(中)&藤田社員(左)。お疲れ様でした。

コメント (0)   トラックバック (0)

つっこ飯(イクラ丼)を食べてきました!

今シーズンは休日と天気との巡り合わせが悪く、ツーリングの機会がなくて気づけば3カ月もブログ更新せず反省しております。で、久々の更新なのですがバイク話ではありません。

 

先週の土曜日(27日)、東京支社の社員が出張で札幌に。

仕事終了後、せっかくなので「北海道らしいお店」で一杯したというお話です。

場所は、すすきのにある「はちきょう別亭おやじ」。

はまきょう.jpg

なんでもここの社長さん、以前は知床(しれとこ)で10年以上も漁師をしていたそうで、お店の雰囲気は番屋風。知床・羅臼(らうす)直送の食材を使った料理を出しています。

「ほっけの開き」や「たこのザンギ(北海道では唐揚げのことをザンギと言います)」などを食べ、最後の締めにお店の名物「つっこ飯(いくら丼)」(1,580円)を注文。

 

なぜ名物かというと…

威勢のいい店員さん(店員さん、ピンボケですみません)がイクラを持ってやってきます!

店員さん.jpg
つっこ飯1.jpg 

そして、店内に響きわたる店員全員でのかけ声の中、ごはんの入ったどんぶりにお客がストップをかけるまでイクラを盛ってくれるという一品です。

つっこ飯2.jpg
で、こんな感じに(^o^)
 

つっこ飯3.jpg北海道満喫のひとときでした。興味のある方は、是非行ってみてください。

コメント (0)   トラックバック (0)