loading ...

2010年8月

北海道新聞に掲載されました

8月20日付けの北海道新聞に、FBRA(玄米酵素の学術名)の記事が掲載されました。
7月15日、北海道大学学術交流会館で行われた、第17回日本がん予防学会での発表がきっかけで記事となったものです。
 
岐阜大学の久野先生は、「消化管の臓器だけでなく、複数の臓器に対し発がん抑制効果を示していることから、ほかのがんにも有望である可能性がある」また、FBRA学術研究の座長、小林博先生は「特定の物質が、複数のがん抑制効果があるという実験結果が得られるのは非常に珍しい」と話して下さっています。
100819 道新 一面 基.jpg
北海道新聞は発行部数117万部、中日新聞・西日本新聞と並ぶブロック紙です。
100819 道新 切り取り 基.jpg
 
 

コメント (0)   トラックバック (0)

エコロクッキングスクール情報 【親子料理教室】

☆★親子料理教室を開催しました★☆

 

 

100803 親子料理教室 014.jpg

8月3日(火)エコロクッキングスクールで、親子料理教室を開催、子ども12名、大人11名、10組23名の家族が参加してくださいました。

 

お米を食べることの大切さ、砂糖の摂りすぎは注意が必要など、食事についてのお話の後の実習では、盛りだくさんのメニューを協力して楽しく作りました!!

そんな教室風景をご紹介いたします(^o^)

 

 

100803 親子料理教室 025.jpg
 

お父さんと一緒に参加した男の子

にんじんを千切りにして「蒸し煮」という調理法に挑戦。

 

 

女の子は手巻きずしの具になる豆腐のそぼろ煮風を作っています!

 

  

 

 

100803 親子料理教室 024.jpg

 

女の子3人は従姉妹同士での参加です♪

左の二人は昨年も参加、右の子は初参加です。

今回は豆腐のハンバーグ作りに挑戦!!

 

 

  

 

 

 

100803 親子料理教室 039.jpg
 
カタクリ実験も行いました。

味噌とは名ばかりでほとんど酵素がないインスタントの味噌と玄米酵素との比較実験です。

皆、興味津々!!

 

この年齢から自然食料理に親しんでくれると、今後が楽しみですね。

 

 

 

 

【メニューのご紹介♪】

 

100803 親子料理教室 033.jpg★キャベツ入り豆腐ハンバーグ★

≪材料≫ 

 キャベツ 300g 木綿豆腐 2丁 

玉ねぎ  100g ミックスベジタブル 100g

油   小さじ2 

●パン粉 60g   ●元気大豆21 大匙4

●小麦粉 大匙4 ●塩 小匙1/3

 

ハンバーグソース(A)

だし汁 100cc  醤油 大匙2

元氣糖 小匙2 生姜汁 小匙1~2

片栗粉+水 各大匙1

 

≪作り方≫

①豆腐は湯通し、キャベツは粗みじんに切り塩を振っておく。

②玉ねぎはみじん切りにし、少量の油でミックスベジタブルと一緒に炒めて塩を一つまみ加える。

③軽く絞ったキャベツと水切りをした豆腐、②とそのほかの材料を混ぜてハンバーグ型にして、両面を焼く。

④Aを鍋に入れて、日と煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

特別教室のご案内

*認定講師によるクッキングセミナー*

日程:9月22日(水)10:30~13:30

会場:エコロクッキングスクール(エコロビル3階)

費用:1,000円(要予約)

詳しくはエコロクッキングスクールまでお問い合わせください。

℡03-5625-2345

mail:ecs@genmaikoso.co.jp

コメント (0)  

小学生が洞爺自然農園で農業体験

 
8月8日、札幌から小学校4年生以上の生徒15名と、教師・父兄7名が夏休みの体験学習で、洞爺自然農園・洞爺健康館を訪れました。
草取り.jpg
農園では、A、B、2コースに分かれて活動。
まず、A班がアスパラの株元の草取り作業を開始。
田んぼ見学.jpg
その間、B班は、なす、大豆、ピーマン、カボチャ、トマト、キュウリ、
にんじん、稲、トウモロコシなどの畑を見学、30分後にコースを
交代しました。
簡易長靴.jpg
簡易長靴が大活躍、雨上がりの畑はどろんこなので、スニー
カーをビニール袋でカバー、丈夫な輪ゴムがあれば簡易長靴の
完成です。
みんなミッキーやドナルドの足みたい。
 
 
収穫が終わったアスパラ畑では、ところどころにちょっとだけ生えているアスパラを生のまま食べてみました。ちょっと季節外れですが、とても甘くて味は最高。
トマトやキュウリ畑でも見学しながら歩きながらつまみぐい。みんなとっても楽しそうでした。
 
洞爺自然農園は有機JASの認定農場。農園担当者から農薬や化学肥料を一切使用していないことの説明や、不耕起農法に挑戦しているトマト畑や田んぼについての説明を聞きました。
人参取ったどー.jpg
収穫した人参の長さを競うコンテストを実施、上位入賞者には
「なすび」をプレゼント。
 
 
農作業の汗を洞爺健康館の温泉で流したあとは玄米自然食の夕食。当然、肉・魚・卵は使わない料理でしたが、労働のあとの食事は格別だったようで、しっかり食べてくれました。
 
食後は30分ほどのミニミニ健康講座、テーマは「和食最高」「よく噛もう」「砂糖をちょっと控えよう」の3つ。
みんな、疲れていたはずですが、しっかり聞いてくれました。
ラジオ体操.jpg
朝は、健康館の庭でラジオ体操。
集合写真.jpg

今回の農業体験や、健康館での食事を通じて、食べ物への感謝の気持ちや、玄米自然食の良さや必要性を少しだけでも理解してもらえたかなと思います。

農園と健康館は、「食育」の場としては最高の舞台でした。

コメント (0)   トラックバック (0)

積丹へウニを求めて・・・

先日、休みを利用して積丹へ遊びにいってきました。
積丹は札幌から車で約1時間半程の、小樽を少し過ぎたところにあります。
目的はもちろん今が旬のウニ!!!

名物のウニ丼も食べたかったのですが、宿泊先の夕食が海鮮づくしだったので、ウニ丼は次回に持ち越し。

  

子供の頃はウニのおいしさなんてわからなかったのに大人になったんだなぁ・・・

なんて思いながら生意気に新鮮なウニやあわびに舌鼓を打ったのでした。

DSCN0336.jpg 

 

次の日は、北海道遺産でもある神威(カムイ)岬へ。

神威岬は全国各地に言い伝えのある「義経伝説」の舞台のひとつでもあり、
その昔、首長の娘チャレンカが源義経を慕ってこの岬まで義経一行の後を追ってきましたが、

既に海の彼方へ去ったことを知って身を投げ、神威岩になったと言われています。

そのチャレンカの嫉妬心が女を乗せた船を転覆させたことから、

長く岬一帯は女人禁制となっていたそうです。

もちろん今は解除されているので、女性も入ることができますよ。

DSCN0341.jpg

ただこのカムイ岬、先端まで歩いて20分~30分もかかるんです!

途中キレイなアゲハ蝶を見ることができたり、とてつもなく大きい蜂に追われる

ハプニングに見舞われたりしながら、汗だくで先端に到着。

この日は晴天に恵まれ、見事な積丹ブルーを拝むことができました!

左上に見えるのが伝説の神威岩です! 

DSCN0356.jpg

 

その後、水中展望船にも初乗船しました!
あいにく前日までの豪雨で海の水は少し濁っていましたが、
海底には無数のウニが!!!(潜って採りたかった!!笑)

カモメのえさやりも体験できて大満足♪

DSCN0378.jpg
  

 みなさん夏に北海道にお越しの際は、是非積丹へ行ってみてはいかがでしょうか(^▽^)/


 

コメント (0)  

◆元氣亭◆毛筆デザイナー土井伸さんの作品展示&カルチャースクール

毛筆デザイナー

gallery.jpg土井 伸 さんの作品ギャラリー

 &毛筆絵手紙教室 実施中!!

 

  
2010年8月2日(月)~9月30日(木)まで、
東京都両国にある自然食レストラン「元氣亭」にて、
毛筆デザイナー 土井 伸さんの作品展示&即売を行います。

 

土井さんの作品展示は、昨年9月に実施した際に大変好評で、

今回は第二弾となります!

 

土井さんは、書を堅苦しいものと捉えず、

日常生活の中で読んで楽しんでもらいたい

という主旨から作品を展開。現代建築の中でも気軽に飾れ、

「誰にでも読める書」をモットーに作品制作にあたっておられます。

また、独自の「サイン速習法」等を考案し、各方面の指導にあたる他、

デザインとしての書を各方面に展開中。

世田谷区・台東区等に教室も展開されています。

 

 

■□■□■ 土井先生の毛筆手紙講座 ■□■□■

 

期間中、土井先生による毛筆手紙講座を計4回行います。

1回だけの参加ももちろんOK!道具のご持参は不要です!

しかもドリンク&デザートが付いています♪

 

<毛筆手紙講座日程>

第一回:2010年9月4日(土)

第二回:2010年9月18日(土)

第三回:2010年9月24日(金)

第四回:2010年9月30日(木)

 

<時間> 各回共通 15:00~17:00(2時間) 

<参加費>2,000円/1回

 

※各回、申込み人数が5名以下の場合、中止となる場合がございます。
※受講は、中学生以上が対象となります。

※キャンセルのご連絡は、開催日の3日前までにお願いします。

 これ以後は、キャンセル料をいただくことがございますので予めご了承ください。 

 

■□■□■ オープニングParty ■□■□■

 

ギャラリー第二弾を祝して、オープニングパーティーを行います!

日時は【2010年8月7日(土) 18:00~21:00】

どなたでもご参加いただけますので、お気軽にどうぞ!

 

「毛筆手紙講座」および「オープニングパーティー」に参加ご希望の方は、

電話またはFAXにて、下記までお申し込みください。

 

<お申し込み先>

*主 催  エコロレストラン元氣亭
        墨田区両国3丁目24-10 エコロビル2階
        電話03-3632-3933

*共 催  有限会社クリエイティブハート 土井 伸
        台東区蔵前2-4-3 蔵前永谷ビル5F-C
        電話03-3861-0877(FAX共通)

 

土井さんが元氣亭のために書いてくださった書です★↓↓↓

gallery1.jpg
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

土井 伸さんのプロフィール

広島県尾道市生まれ。

(有)クリエイティブハート代表取締役兼デザイナー。

各地での個展開催はもちろん、ロサンゼルスで書のパフォーマンスをされるなど、

ジャンルを問わずあらゆる方面で活躍されています。

揮毫先は一般企業、飲食店、ホテル、学校など多数。

 

土井さんからのメッセージ

手書きの手紙には不思議な力(魅力)があります。

今回はその手紙についてこだわってみようと思います。

昨今は、情報ツールの発達のおかげで、他人とのやり取りが

メールや携帯電話で即座に行われるようになりました。

それはそれで素晴らしいことだと思います。否定はしません。

しかし、そんな中で、親しい人からの手書きの手紙を受け取ったら

(内容にもよりますが)いかがでしょうか?

 

封筒の字を見て、裏書きを見て、本文を読んで、

字の上手、下手も関係なく、その中に引き込まれて行く自分を感じませんか…。

それはきっと、見た瞬間に、書き手が読み手のために使った、

時間と手間そして気遣いの重さがすぐに伝わるからだと思います。

そんな手紙、もう一度見直してみませんか?

字の上手・下手や、文章の良し悪しも関係ないのです。

相手のために使う大切な時間、それが一番大事なのです。

さあ、勇気を持って書き始めませんか。

あなたの期待以上の効果をもたらしてくれますよ!

 

前書きが長くなりましたが、今回は不特定多数の方々に向けて、

作家自身が手紙を書いてみようと思います。

特に元気になってもらえる事をふまえて、作家も元気になれる書を

書いてみたいと思います。

ご覧いただいた方々が元気になられて、また、手紙でも書いてみようかしら

などと思っていただけたなら、とても光栄に存じます。

 

是非期間中、ランチやディナー方々足をお運びくださいませ。

また期間中、「初心者向け筆文字手紙の簡単な書き方講座」を開催いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

両国駅から徒歩2分の癒しの空間にいらっしゃってみませんか。

皆さまのお越しをお待ちしております!(^-^)

コメント (0)  

「LUMIX TZ10」

先日、新しいデジカメを買いました。
Panasonic LUMIX TZ10です。

pana02.jpg

今まで使っていたデジカメのバッテリーの持ちが悪くなり充電しても30分と持たず、大事なところでシャッターチャンスが・・・
それと、うちのカミさんが「もっとズームがいい」ということで買いました。
このLUMIX TZ10は、GPS機能が備わっていて電源を入れて数分で現在地がわかります。
初めて使った幼稚園の親子遠足で子供の写真を撮っていると「タキノスズランキュウリョウコウエン」と場所が画面に出てきました。
pana01.jpg

札幌市内の「さとらんど」に遊びに行った時は、「サッポロシヒガシク」しか表示されずメジャーかどうかで変わって来るみたいです。
pana05.jpg

先日、洞爺自然農園に子供を連れて「お手伝い?!」に行った時も[ソウベツチョウ]と表示されました。
pana07.jpg

自宅が「東区体育館」に割と近いので自宅は[ヒガシクタイイクカン]と出ました。
pana08.jpg

先日、札幌市厚別の「サンピアザ水族館」に行った時は、[ヒガシクタイイクカン]のままでした。
GPSの受信状況にも多少は左右されるようですね。
pana09.jpg

デジカメのGPSってどうなのかな?と思っていたのですが、家族で出かけるなら結構面白いかも知れません。

コメント (0)