loading ...

日焼け止めの選び方&食事対策

日焼け止めの選び方と食事対策についてご紹介します。

 


◆「SPF」「PA」ってなに?


日焼け止めに書いてある「SPF」や「PA」は、紫外線を防止する効果を表しています。

「SPF」とは…
紫外線B波(UV-B)による日焼けを、どの程度遅らせるかを数値化したものです。
UV-Bは、メラニン色素を増やして、シミやソバカスの原因をつくります。

勘違いしやすいのは、SPFは日射しの"強さ"に対抗できる値ではないということ。
あくまで目安は、太陽の光を浴びる"時間"です。

 

※「SPF1」で「約20分のUV-B防止効果」が期待できます。
 (平均的な日本人の肌の場合)
 例えば、SPF20の場合…20分×20=400分、つまり約400分(6時間40分)までは
 日焼けが抑制されるということになります。

 

「PA」とは…
紫外線A波(UV-A)の防止効果の程度を表したものです。
UV-Aはコラーゲンを変性させ、シワやたるみなど、肌の老化を促す原因になります。
 PA+     効果がある
 PA++   かなり効果がある
 PA+++ 非常に効果がある

 


◆こまめな塗り直しを


日焼け止めの値が高ければ高いほど、肌への負担がかかります。

普段使いや、ちょっとしたお出かけには、SPF20~30、PA++くらいで十分です。

日焼けを気にしすぎて、肌への負担を重くしてしまっては本末転倒。
目的に合わせて使い分けましょう。

 


◆食事で紫外線対策


ビタミンA・C・E(エース)は、肌の新陳代謝を活性化してくれます。
トマトに多く含まれるリコピンや、にんじんのβカロテンには、
紫外線によるメラニン生成やコラーゲン減少を抑制する作用も。

これらの栄養を意識して取り入れ、すこやかな肌を保ちましょう。

コメント (0)  

コメント