漢字を使って食育活動

私たち日本人が使っている漢字は、ひらがなやカタカナに比べて

視覚的で鮮やかにイメージが湧き、深く心に残りますよね。


画数が多く情報量が豊かな「漢字」。

文字の意味を瞬間的にパッと理解できたとき、漢字は「感字」になります。


そんな漢字は人々の生活体験から生まれたものが多く、

食育や食文化を語り伝えるのにとても有効です。


そこで今回は、漢字を使った食育マメ知識をご紹介します。



「福」は"一口だね"


幸福、福祉、福運、福音、福の神、福引、福袋、大福、福豆など、

「福」のつく言葉を見ていると、楽しく温かい気持ちになりますよね。


だれでも大好きな「福」の字を右側から分解すると、

「一口田ネ(ひとくちだね)」と読めます。


江戸時代、寺子屋の先生は福の字をこのように教え、一口の幸せに感謝し、

よく噛みしめ、深く味わって食べるよう、繰り返しと説いたそうです。


幸福は口福から始まります。元気も病気も口から入ってくるので、

一口をよく噛みしめ、一口を深く味わうよう心がけましょう。



「食」を使って食育活動


食に関する熟語にほかの漢字をあてはめると、

同じ発音でも違った意味を 持つようになります。

----------------------------------------

「朝食」は、内容を充実させ心身を整え調節・調律する「調食」に。


「昼食」は、栄養・愛を注ぎ、食卓に話題を注ぐ「注食」に。


「間食」は、栄養バランスを考えて勧めたり、いただいたりする「勧食」に。

また空腹でないときは、見るだけにしておく「観食」に。


「軽食」は、カロリーや栄養素を計算し、計画する「計食」に。


「夕食」は、遊び心いっぱいで楽しむ「遊食」に。

----------------------------------------


漢字を使えば、同じ「食」でも食育に生かすことができますね。



話飲と話食


「話」という字は「言」に「舌」。

舌は口で存分に味わうことと同時に、話したり語ったりするためにも

おおいに活用しています。


「話」や「語」には口が2つずつあり、素敵な会話は口が複数あって初めて

生まれるのだと教えてくれます。


話しながら、語りながら飲食する「話飲(わいん)」と「話食(わしょく)」で、

笑顔やユーモア、喜び、感動が交差する言葉のやりとりを食と共に楽しみましょう。



言葉は生きるチカラ、心の栄養です。

漢字の成り立ちや新しい解釈のしかたを学ぶと、新しい発見があるかもしれません。



【参考】書籍『漢字で食育 心とからだの元気語録』砂田登志子

前へ

かみふらの十勝岳ヒルクライム2015で優勝しました

次へ

9/21敬老の日【健康】をギフトにしてみませんか?