寒暖差アレルギーってどんな症状?

朝夕はめっきり涼しくなり、日増しに秋を感じる季節になりました。


季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われていますが、

気温差が激しい時期に注意したいのが、「寒暖差アレルギー」です。


鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする…
風邪っぽい症状なのに熱がない…
なんだか頭痛、倦怠感がある…


こんな症状に心当たりのある方は要注意!
それは寒暖差アレルギーかもしれません。



寒暖差アレルギーとは?


寒暖差アレルギーとは、急激な気温差が原因で、くしゃみや鼻水など
アレルギーのような症状が出ることです。


"アレルギー"というと原因物質があるように思いますが、
寒暖差アレルギーの場合は、気温差に体が対応できず、

自律神経のバランスが乱れることで起こります。


医学的には「血管運動性鼻炎」と言われています。



寒暖差アレルギーの主な症状


くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、アレルギー性鼻炎と似たような症状が出ます。
鼻水の色が透明なのが特徴で、風邪と間違いやすいですが熱は出ません。


自律神経の乱れが原因なので、頭痛や食欲不振、倦怠感などの症状が
現れる場合もあります。



原因は?


気候の変化や気温差の激しい環境のほかにも、たばこの煙や刺激的な臭い、
刺激物を食べたとき、精神的ストレスなどが原因となることもあります。



予防と対策


寒暖差アレルギーの予防法は、とにかく気温差を小さくすることです。
といっても気候はコントロールできないので、身につけるもので温度差を調整しましょう。


また、自律神経を整えることが大切です。
まずは生活習慣を見直して、食事の時間や栄養バランス、睡眠時間などを
規則正しく取って体内のリズムを整えましょう。


★自律神経について詳しく知りたい方はこちら↓
https://shop.genmaikoso.co.jp/backnumber/140320.aspx
★自律神経を整える食事法はこちら↓
https://caregohan.jp/sickness/jiritsu.aspx



季節の変わり目、体調にはお気をつけください。


前へ

「医療気功合宿」を洞爺健康館で開催

次へ

雑誌「Pre-mo(プレモ)」でハイ・ゲンキ スピルリナが紹介されました