肌に良い油を選びましょう

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m.jpg

日増しに秋の深まりを感じる季節となりました。

これから秋~冬にかけて、皮脂の量や発汗量が減少し、空気がどんどん乾燥していくため、肌は潤い不足になりがち。

肌のシワが気になる...という方も多いのではないでしょうか。

そんな肌のお悩みには、油の「選び方」と「付き合い方」を意識しましょう。

油と聞くと「太る」「ニキビができる」などの悪いイメージから敬遠される方もいるかもしれませんが、質の良い油を適量とることは、乾燥肌対策にもなります。

そこで今回は、「良い油」と「減らしたい油」について考えてみましょう。



いろいろな油の種類と特徴

【オメガ3】
できるだけ摂取したい必須脂肪酸。
細胞の回復や再生を正常に行うはたらきがある。
EPA、DHA、α-リノレン酸 が多い油

<主な食材>
亜麻仁油、エゴマ油、シソ油、青背の魚油(イワシ、サバなど) など


【オメガ9】
必須ではないが、良質なものを摂取したい油。
血中コレステロールのバランスを整える働きがある。
オレイン酸 が多い油

<主な食材>
オリーブ油、アボカド、ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ)
菜種油(ローエルシック) など


【オメガ6】
必須脂肪酸だが、現代人は摂取過剰なので減らしたほうがいい。
過剰摂取すると、アトピーやアレルギーなどの症状につながる。
リノール酸 が多い油

<主な食材>
・おすすめのもの
グレープシード油、ゴマ油 など
・避けたほうがいいもの
精製植物油(サラダ油、コーン油、紅花油、市販のドレッシング) など


【トランス脂肪酸】
細胞にダメージを与え、老化や病気の原因にもなる。
摂取を極力避けたい。

<主な食材>
マーガリン、ショートニング、揚げ物、スナック菓子、
加工食品、ジャンクフード など



いい油による美肌効果は、潤いだけでなく、食事でとった栄養分が浸透しやすくなり、くすみが消えて透明感がアップするなどたくさんあります。

また油以外にも、美容に必要な栄養をバランス良く取ることも大切です。



★美肌に関する詳しい食事対策はこちら-自然食レシピサイト『ケアごはん』

お悩み・症状別食事法「美肌・美容(シミ・シワ・くすみ)」
https://caregohan.jp/sickness/biyou.aspx



食事による内側からのケアで、ハリ・ツヤ・潤いのある美肌を保ちましょう。


前へ

株式会社玄米酵素 沖縄営業所がオープンいたしました!

次へ

エコロビル通信&はい元氣サロン通信【2016年11月号】