「冷え症」と「低体温症」の違いとは?

20191227-03.jpg

吹く風に冬の到来を感じるこの頃。

「寒くてよく眠れない...」
「手足が冷えて家事や仕事がつらい...」
「握手をしたら手が冷たいと言われた...」

こんな方も多いのではないでしょうか。


ところで、「冷え症」「低体温症」が別物であることをご存知ですか?


「冷え性」は、末端血管の血液障害のこと。手足の冷えはほとんどがこの「冷え症」です。

一方「低体温症」とは、深部体温が下がり、直腸が35度以下の状態を指します。体温も35度台になっていることが多く、自覚症状がほとんどありません。

低体温症になると、全身の新陳代謝が滞り、免疫力も低下、風邪、アレルギー、がんなども発症しやすくなります。疲れ、肩こり、月経痛、不眠などの原因にも。

低体温症の人は、こまめに体温を測り、早めの対策を心掛けましょう。


お風呂は40度程度の湯船にゆっくり浸かり、体の芯から温めましょう。肋骨の付け根と腰骨の付け根を左右交互に揉めば、腸の蠕動運動も活性化。腸内温度がぐんぐん上がり、血流も大幅にアップします。

また冷えない体を作る食生活のポイントは、代謝や血流をアップさせる栄養をしっかり取ることです。


【糖質とビタミンB群】
エネルギー源となる糖質、糖質の代謝に必要なビタミンB群を同時に取れる未精白穀物(玄米など)がオススメ。

【ビタミンE】
コレステロールの酸化を防いで血液をキレイし、冷えの改善にも役立つ。
→ごま、ナッツ、玄米、大豆、かぼちゃ など

【たんぱく質】
体をつくるための三大栄養素のひとつ。血液が体中に行き渡るのに必要。
→大豆、大豆製品、枝豆、もやし など

【鉄・銅】
貧血を防いで冷えを取る働きがある。
→大豆製品、ひじき、切り干し大根、あさり など

【イソフラボン】
冷え性の予防や、更年期障害の軽減や骨粗鬆症の予防にも。
→大豆、大豆製品、きな粉 など


体の中から温めて、元気いっぱい充実した毎日を送りましょう。



【参考】『「流せる人」は人生もうまくいく』小林弘幸

前へ

元氣亭「本日のお食事」(日替わり)の主菜【11月28日~12月2日】

次へ

沖縄副知事、那覇市長、浦添市長を訪問しました!