loading ...

代謝に大切なビタミンB群

「疲れやすい・・・」
「肌の調子が気になる・・・」
「代謝がわるいかも・・・」


こんな方は”ビタミンB群”が不足しているかもしれません。

今回は、玄米にも豊富に含まれる栄養素”ビタミンB群”についてお話します。


20171115-02.jpg



ビタミンB1 「疲労回復」「糖質を燃やすのに必要」


糖質をエネルギーに変える働きをする。玄米や胚芽米などに豊富に含まれる。
疲労回復に役立ち、脳神経の働きを助ける。



ビタミンB2 「脂質を燃やすのに必要」


脂質を燃焼させてエネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、
皮膚や粘膜の機能維持や成長に関わる。



ナイアシン(ビタミンB3)「皮膚や粘膜を健康に保つ」


糖質、脂質、たんぱく質の代謝に欠かせない。
アルコールの分解にも関わる。また、脳神経を正常に働かせる効果も。



パントテン酸(ビタミンB5)「抗ストレス」


ストレスに対抗するホルモンを作る。
体内のエネルギー代謝を助け、免疫力の維持にも重要。



ビタミンB6 「美と女性の味方」

たんぱく質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働く。
ホルモンのバランスを整える働きや、精神状態の安定にも役立つ。



ビオチン(ビタミンB7) 「髪と皮膚の健康」

皮膚や髪の毛を健康に保ったり、筋肉痛をやわらげたりする。
三大栄養素の代謝過程で補酵素として働く。



葉酸(ビタミンB9)「女性の健康を保つ」


細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせない。
妊娠中の女性は必要量が増える。



ビタミンB12 「造血」

赤血球を生成する時に働く。悪性貧血の予防やDNAの合成、
神経の働きに必要不可欠。



ビタミンB群は全部で8種類。

それぞれ性質や働きが異なりますが、お互いに助け合いながら、様々な代謝に関わっています。


またビタミンB群は水溶性なので、体に貯めておくことができません。
そのため、毎日食事から摂取する必要があります。



玄米と白米に含まれるビタミンB群の含有量は、数倍~十数倍の差があります。
詳しくはこちら↓
https://caregohan.jp/about/brownrice.aspx




<今回のレシピ>

ビタミンB群たっぷりの玄米を使ったレシピをご紹介します。


玄米ニョッキ風


recipe_275_1.jpg


(1人分)

エネルギー341kcal、塩分2.2g

作り方はこちら


-ポイント-

もちもちのニョッキとトマトの酸味がgood!
玄米と大豆は相性バツグン!相乗効果で栄養を効果的に取ることができます。
じゃがいもはでんぷんが多いため、加熱してもビタミンCが壊れにくいのが特徴です。

------------------------------


コメント (0)  

コメント