栄養素を消化・吸収できていますか?vol.1

私たちが摂取した食物は、そのままの状態で血や肉になるわけではありません。

胃や腸で小さく分解(消化)され、体内に吸収されて、はじめて健康の役に立つのです。

仮に100万円かけて栄養豊富な食品を食べても、まったく「消化・吸収」されなかったら体内で利用できません。100万円分の便になって排出されてしまいます。

今回は、栄養素の消化・吸収の仕組みについてご紹介します。

消化のしくみ(口~肛門まで)

20180228-01.jpg

口→食道→胃→小腸(十二指腸・空腸・回腸)→大腸→肛門まで続く、一本の管のことを「消化管」と言います。口から入った食物は、消化管を通りながら、体に必要な栄養分が消化・吸収され、余りは最後に便として排出されます。

【口】

歯で食べ物を小さくし、それを舌がだ液と混ぜ合わせて、食道に送ります。だ液は糖質(デンプン)の消化酵素を含みます。

【食道】

食道壁の蠕動(ぜんどう)運動によって、食べ物を胃へ送り込みます。

【胃】

食べ物を胃液と混ぜ合わせます。胃液にはたんぱく質の消化酵素が含まれます。

【十二指腸】

胃の出口から約25cm。すい液と胆汁が出てきて、栄養素の本格的な消化がはじまります。

【小腸】

小腸の表面にある微微絨(びじゅうもう)という部分で、栄養素を最小単位に分解します。ほとんどの栄養素は、小腸から吸収されて全身に運ばれます。

【大腸】

小腸で吸収されなかった水分を吸収し、体に不要となった老廃物を材料に便をつくり、体外に出す役割を担っています。

どんなものを食べるかも大事ですが、 しっかりと栄養素を消化・吸収することができてはじめて、健康を保つことができます。

なお、この大切な「消化」を助ける消化酵素は、ストレスや加齢などにより減ることもあります。

「健康的な食品を食べているのに元気が出ない・・・」という方は、食事から消化酵素を補ってみてはいかがでしょうか。消化酵素は、生の大根やかぶ、味噌や麹などの発酵食品に多く含まれています。

次回は、3大栄養素(脂質・炭水化物・たんぱく質)の 消化・吸収についてご紹介します。

【参考】

書籍『新しい栄養学と食のきほん辞典』

書籍『栄養の基本がわかる図解辞典』

<今回のレシピ>

ひりょうず

recipe_165_1.jpg

作り方はこちら

-ポイント-
ひりょうずは漢字で「飛竜頭」と書き、がんもどきのことです。
付け合せの生の大根おろしには、アミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼなどの
消化酵素が含まれ、消化を助ける働きをしてくれます。
油物や肉料理など、一般的に胃腸に負担のかかる料理との相性◎。
たっぷり添えてお召し上がりください。
------------------------------

前へ

「玄米糀味噌セット」を使用した手作り味噌講座を開催

次へ

元氣亭ランチビュッフェ開催のお知らせ【2018年3月7日~3月14日】