loading ...

食と健康

食と健康セミナーinバンクーバー(カナダ)

カナダ・バンクーバーで、弊社 専務取締役 真山政文による「食と健康セミナー」が行われました。


20180423-01.jpg


主催は、バンクーバーで日本食材のショッピングセンター『FUJIYA』を経営する平居さんご夫妻です。


20180423-02.jpg


写真右から2人目、3人目が平居さんご夫婦。



平居さんは26年前に玄米酵素の良さを体感してから、バンクーバーで"食の教育活動"に取り組んでいらっしゃいます。


80歳を超えても、地域の方々の健康と幸せのため、ショッピングセンター『FUJIYA』の経営と玄米酵素の普及にご尽力されています。


FUJIYAは、「バンクーバーで日本の食品を買うならFUJIYA」と言われるくらい有名なお店。

また、日本食レストラン『Hi Genki Restaurant』も経営しています。


20180423-03.jpg


この日のセミナーは、日系人の方々を中心に、約50名の皆さんにご参加いただきました。長年、玄米酵素を家族で愛食しているお客様も多く、中には20年以上愛食している方もいらっしゃいます。


玄米酵素の健康力が、海外の方々の健康作りにも役に立てていること、とても嬉しく思います。




コメント (0)  

ママのためのマミーズ食育セミナー&ランチ交流会開催(東京都両国)

3月23日(金)、東京都両国のエコロホールで『ママのためのマミーズ食育セミナー&ランチ交流会』を開催しました。


20180323-01.JPG


会場にはキッズスペースを設け、保育師さんにもご協力いただきながら、子ども達が自由に遊べて、ママ達も気兼ねなく勉強をしていただける環境を整えました。


20180323-02.JPG

20180323-03.JPG


講師は、モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美さんです。


20180323-04.JPG


●正しい食の選び方(ホールフーズと地産地消)

●ママのキレイを保つための食事

●赤ちゃんの顔はお母さんの食べ物で決まる

●妊娠中~授乳中の食事、離乳食のポイント

●食べ物は足し算と引き算で考える


などなど、盛りだくさんな内容でした。


お子さんを抱っこしながら聴講される方も多く、なかなかメモを取ることが難しいママもいらっしゃったのですが、室谷さんが「スクリーンの写真を撮っていいですよ~」とお声掛けくださる場面も。


20180323-05.JPG

20180323-06.jpg


ママのため、子どものための食事について、たっぷりお話しいただきました。



後半は、まずは弊社管理栄養士の赤川誠が、玄米と酵素の健康力について、酵素の実験などを交えながらお話ししました。


20180323-07.JPG


その後、弊社管理栄養士の石井尚美が、『子供も喜ぶ!体に優しいかんたんおやつ』と題して、子どものおやつに関する栄養・健康情報と、デモンストレーションを行ないました。


20180323-08.JPG


ご紹介したおやつ(米粉のクッキー)は、今回のお土産に♪


20180323-09.JPG


こちらは講演中のキッズスペースの様子。

弊社社員や室谷さんも子ども達と交流。会場は終始賑やかでした。


20180323-10.JPG

20180323-11.JPG


 ● ● ● 


最後は、お待ちかねのランチビュッフェ!


20180323-12.JPG

20180323-13.JPG


エコロクッキングスクール・元氣亭スタッフが監修した、美味しくてカラダに優しい自然食ビュッフェを楽しみながら、皆さんで交流を行ないました。



ママ達や未来を担う子ども達のために、今後も株式会社玄米酵素では食に関する情報をお伝えしていきたいと思います。


コメント (0)  

業の創なる ~弊社代表・鹿内のメッセージ~

弊社情報誌『はい!元氣らいふ2018年3・4月号』より、弊社代表・鹿内のメッセージ「業の創なる」を紹介します。


皆さまの“心の栄養”になれば幸いです。



-----------------------------------------


「業の創なる」


田中角栄さんの言葉を引用します。

「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが、戦争を知らない世代が政治の中枢となったときはとても危ない」


玄米酵素グループは創業50年が間近です。

「創業者の想い・苦労を忘れ軽んじた社員が幹部になると、会社は衰退する」という教えに沿って、事あるごとに社員と理念を繰り返し共有しています。


岩崎会長は27歳で玄米酵素を作り、言葉にできない艱難辛苦を乗り越えてきました。たったひと箱も買って頂けない日が幾日も続きます。もうやめてしまおうと何度も考えますが、自身を叱咤し、「ひとりから、ひとりでも」と懸命に歩くのです。


創業の「創」という字の意味に、「キズ」があります。痛み、労苦、汗、涙、悲しみ、失敗、後悔・・・様々な思いが刻まれて今日があるとしたら、決して忘れてはならない「創」です。


20180306-01.jpg

(株)玄米酵素・札幌本社 新社屋竣工パーティーにて

写真 [左端] 鹿内正孝(当時27歳) [右端] 創業者・岩崎輝明(当時39歳)

表紙を飾って頂いた北海道銀行笹原頭取とは、昭和54年の同期入行です。ともに新入行員研修会では、初代頭取の島本融さんが書かれた「銀行生誕」を通して、銀行を立ち上げた苦労や道銀イズムを学びました。この本は今でも大切にしています。今でも行員の皆さんには、語り継がれていることでしょう。


私たちは別々の職場経験を経て、平成8年40歳の頃、本店本部で机を並べました。山一証券・たくぎん破たんなど金融界が激動期に突入してゆくころです。


北海道銀行は当時全国地方銀行の中でも経営内容が悪く、株価低迷、預金流出など大変厳しい状況に追い込まれていきました。私たちは責任ある職責にありましたから、何としてもこの困難を乗り切ろうと必死でした。時折、笹原頭取と思い出話になりますが、そんな中でも「オレ達は明るく、よく酒を飲み、よく遊んだなあ」と笑い合います。毎日、いつ潰れてもおかしくない銀行と報道されていましたから、反骨心でしょうね。


兎にも角にも、家族、社員を守るため、支えてくださるお客さまに応えるため、この辛苦を正面から受け止める以外の道はなかったのです。笹原さんはその後、さらに押し寄せてきた大変な困難を役員になられてからも見事に乗り切られました。明るい行動力のある笹原さんは、常に社員とともにあり、お客様への感謝を忘れません。それは何よりも、こうした、とんでもないドン底を経験しているからです。「業の創なる」を知っているのです。同期として同志として、心から尊敬します。


先日、ハイ・ゲンキの会員さんからこんな言葉を頂きました。

「ハイ・ゲンキを食べている方は、皆さんとても優しい。それはたぶん、たくさんの痛みや悩み、悲しみを知っているからです」


これからも、皆さん、おひとりおひとりと寄り添って生きてゆくハイ・ゲンキでありたいと思います。



株式会社玄米酵素 代表取締役社長 鹿内正孝



巻頭インタビュー
北海道銀行 頭取 笹原晶博さん

216_P1.jpg


コメント (0)  

『健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)』に認定されました

このたび弊社は、経済産業省・日本健康会議から
『健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)』の認定を受けました。

certification.jpg


ceremony.jpg

2月20日(火)に、認定法人発表会が有楽町朝日ホールで行われました。


認定を受けるには、健康診断の受診、食の改善、運動、メンタルヘルスなど
20項目以上に及ぶ基準についての審査を受けなくてはなりません。

弊社は「健康経営」という言葉がないころから、社員の心と体の健康増進を
図る取り組みを実践してきました。


■当社の健康経営への取り組みを紹介します

・全社員が定期的に食改善のセミナーに参加し、意識を高めています。

・全社員が玄米酵素を愛食し、健康管理に役立てています。

・ヨガ教室など、運動する機会を増やす取り組みも行っています。

・朝礼で健康体操を行っています。

・年一回の健康診断の受診率は100%です。

seminar.jpg
姿勢の大切さについてのセミナーを受講中

yoga.jpg
社員ヨガ教室


■健康経営優良法人認定制度とは
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に
取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備する
ことを目標としています。


詳しくは経済産業省ホームページをご覧ください

コメント (0)  

山田まりやさんのトークイベントに行ってきました

玄米酵素でおなじみ、女優・タレントの山田まりやさんが、
ご自身でプロデュースしたローチョコレート
「愛伝(あいでん)」を発売開始しました。

白砂糖、卵、乳製品、小麦、添加物、保存料、着色料不使用のチョコレートで、
酵素を失活させないために48度以下の低温で製造されています。

「愛伝」紹介サイト

発売を記念し、2月4日に伊勢丹新宿店の「ビューティアポセカリー」で、
山田まりやさんと、雑誌『veggy』編集長の吉良さおりさんとの
トークイベントが行われました。

180204_1.jpg

カカオの魅力、山田まりやさんとローチョコレートの出会い、
「愛伝」誕生の裏話から、子どもの味覚形成の話まで、
興味深いお話がたくさん。
楽しいトークで、1時間のイベントはあっという間でした。

180204_2.jpg

深いカカオ味の後に自然な甘みがにじみ出てくる「愛伝」。
2月14日までビューティーアポセカリーで購入できるそうです。

甘いチョコレートが苦手な方へのバレンタインプレゼントに、
体に嬉しいローチョコレートを選んでみるのも良いですね♪

コメント (0)  

ハーブ&酵素で腸活ドリンクレッスン in 札幌ル・トロワ

札幌市内のファッションビル”ル・トロワ”で行われた
「ハーブ&酵素で腸活ドリンクレッスン」で、
講師の大澄かほるさん(ハーブプロフェッショナル)が、
玄米酵素を使った美味しいドリンクを紹介してくださいました。

180203_1.jpg

180203_2.jpg
【写真左】
小松菜とバナナと豆乳のホットスムージーに
玄米酵素スピルリナとコリアンパウダーを振りかけました

【写真右】
チコリ&たんぽぽコーヒーに豆乳ホイップを載せたソイラテに
玄米酵素スピルリナとココアパウダーをを振りかけました


ソイラテは熱いのですが、熱くない豆乳ホイップの上であれば、
玄米酵素を振りかけても酵素が壊れません!

参加者からは、
「玄米酵素を振りかけると、香ばしさもアップしますね!」
という声もありました。

ぜひ皆様も、さまざまなドリンクに玄米酵素をプラスしてみてください。

各テーブルにはハーブや玄米酵素が設置されており、
実際に手元にとって香りや味を楽しみながら
ハーブや酵素が、なぜ、どのように良いかを学ぶことができました。

180203_3.jpg

北海道の方で、ハーブについて学びたい方は、大澄さんの主催する
「ハーブ&クッキングサロン KINA」を訪ねてみてはいかがでしょうか?

コメント (0)  

2018ミス・ユニバース・ジャパン北海道大会のビューティーキャンプに講師を派遣

2018ミス・ユニバース・ジャパン北海道大会ビューティーキャンプで、

管理栄養士の石井尚美が『美しくなる食事法』について講義しました。


20180123-01.jpg


大会へ進むファイナリスト11名に、糖化や酸化を防ぐ食事、

玄米や大豆、発酵食品など、日本食食材の美容効果などについて解説。


20180123-02.jpg


食事改善のサポートに"玄米酵素ハイ・ゲンキビフィズス"や"玄米ファイン"をプレゼントしました。


20180123-03.jpg


この後開催された本大会では、

豊澤瞳さんが2018ミス・ユニバース・ジャパン北海道代表に選ばれました。


20180123-04.jpg

(左)2017代表・松井詩さん (右)2018代表・豊澤瞳さん


ぜひ食生活に気をつけて日本代表に、そして世界一を目指して欲しいと思います!



■ミス・ユニバース・ジャパン北海道
ホームページはこちら
Facebookはこちら

コメント (0)  

食べるのが精一杯 ~弊社代表・鹿内のメッセージ~

弊社代表・鹿内のメッセージ「食べるのが精一杯」を紹介します。


皆さまの「心の栄養」になれば幸いです。



-----------------------------------------


「食べるのが精一杯」


20171225-02.jpg


おなかが空いていましたし、時間がありませんでしたので、有名コーヒーチェーンに入っ て、コーヒーとサンドイッチを注文しました。

玉子サンドを食べて一口でやめました。たぶん増粘剤のせいでしょう。


国内で年間廃棄される食品は、消費される量の3割、2,800万トン。そのうち、「食品ロス」と言われるのは、売れ残りや期限を過ぎた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずのものを指します。これが年間632万トン、半分が家庭からです。一人当たり、お茶碗一杯分の食べ物が毎日捨てられている勘定です。


自給率39%の我が国の実態です。

一方、世界中の飢餓で苦しむ人々に向けた食糧援助量は、320万トンあれば足ります。


私が食べるのをやめられたのは、有難いことに、私が選択できる時代に今いるからです。

多くの選択肢がある、ある意味においてとても幸福な時代です。しかし、私たちの世代は、食べ物を残してはいけない、粗末にしてはならない、と教えられた時代に生きてきました、選ぶことはできません。

残しておいた玉子サンドを見て思い出したことがありました。小学校のころ、隣の席の`ささきのりお君´の、奇麗な弁当箱をのぞきました。白い塊があったので聞きました。


・・のりお君、それ何?

・・知らないの?チーズだよ。


帰って母に「チーズ、弁当に入れて」とせがむと、「のりお君はお医者さんの子供なんだよ、我慢しなさい」「うちは、食べることで、精一杯なんだから」

チーズは昭和30年代後半、急速に普及したようです。


最近、この、食べるのが精一杯、の言葉が妙に新鮮で沁みてきます。


丸い卓袱台を囲んで、一家団欒のご飯

ご飯、みそ汁と漬物だけの朝ごはん

他に何もありませんが、たくさんのことが上にのっている卓袱台

食べることが一番大切な時代の、貧しくとも豊かなころ


詩人、坂村真民先生の「飯台」を思い出します・・・「飯台」一度ぜひお読みください。


サンドイッチを残しておきながらですが、こんな話も・・・

欧米では、量が多すぎて残した場合、自己責任で持ち帰る「ドギー・バッグ」という

箱か袋が用意されているのが一般的です。日本でも最近徐々に増えてきているようです。良いことと思いますよ。


たくさんの反省と自戒を思いながら



株式会社玄米酵素 代表取締役社長 鹿内正孝


弊社情報誌「はい!元氣らいふ2018年1・2月号」より

コメント (0)  

今池内科・心療内科の食育セミナーに管理栄養士を講師派遣

名古屋市にある今池内科・心療内科の食育セミナーで

弊社管理栄養士・石井尚美が講師を務めました。(9月14日)


20170914imaike01.jpg


今池内科・心療内科では、患者さん向けの食育セミナーを10年前から行っており、

開催回数は既に100回を越えています。


管理栄養士の石井が、自然食調理のデモンストレーションや

試食を交えながら講話をしました。


旬の食材であるキノコと野菜を作った料理に皆さん大満足!


その後には、院長の小林昭彦先生による講演もあり、

ユーモアを交えながらの話に、会場は笑いで溢れていました。




コメント (0)  

健康情報「マグネシウムが心臓病のリスクを下げる」

「マグネシウムを多く含む食品をよく食べる人は、

心筋梗塞など虚血性心疾患のリスクが低い」


という研究結果を、国立がん研究センターと

国立循環器病研究センターが発表しました。


マグネシウムは、玄米、大豆、野菜、魚介類などの

伝統的な日本食の食材に多く含まれるミネラルです。



この研究は、約8万5千人のマグネシウム摂取量と

心疾患の関連を調査したもの。


マグネシウムの摂取量が多いと、

3~4割発症リスクが低くなることが明らかになりました。



日本人はマグネシウムの摂取量が不足気味。


国が定める1日の推奨量270~370ミリグラムに対して、

平均摂取量は約250ミリグラムです。(2015年調査)


マグネシウムの多い日本型の食生活を心がけたいですね。


20170908washoku.jpg


詳しい研究結果は、国立がん研究センターをご覧ください。 http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170908.html


コメント (0)  

玄米酵素を取り扱っているお店紹介vol.2【自然食品・健康食品店「松山元氣倶楽部」さん】

玄米酵素を取り扱っているお店をご紹介いたします。

今回は、愛媛県松山市の自然食品・健康食品店「松山元氣倶楽部」さんです。


matsuyamagenkiclub-01.jpg

matsuyamagenkiclub-02.jpg


「松山元氣倶楽部」さんでは、「夏冷え」「腸活」など季節ごとのテーマを設定した、

食と健康のイベントを定期的に開催しています。


最近では「おなかスッキリ解消YOGA教室」というイベントが好評。


matsuyamagenkiclub-03.jpg


参加者には「酵素ジュース」や「ジンジャー甘酒」など、身体に良く美味しいドリンクを提供。

「リラックスできた!」や「健康維持にぴったり!」と喜びの声が届いています♪


matsuyamagenkiclub-04.jpg



松山元氣倶楽部さんは最近、商品の販売だけでなく、

「食と健康の学び」を通じて、地域社会の健康づくりに貢献するために、

新たにイベントルームを設置されました。


身体の内側からも外側からも健康にキレイになりたい方!

お気軽にお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。




松山元氣倶楽部(マエダ商事株式会社)

愛媛県松山市和泉南2-10-16

営業時間:9:00~18:00

定休日:日曜・祝日



-----------------------------------------


【玄米酵素を取り扱っている店舗の方へ】


★お店で健康講座を開催してみませんか?

講座を開催したいけどどうしたら良いか分からない方、

玄米酵素に興味のある方などお気軽に各営業所へお問い合わせください♪


★玄米酵素の販売店様のお店を紹介させてください

お店を持つ販売店様で玄米酵素に関する取り組みを弊社ブログ・Facebookにて

ぜひ紹介したい!という方は、松山営業所(担当:芦辺)matsuyama@genmaikoso.co.jpまで

メールをお送りください。あなたのお店が紹介されるかも知れません♪


-----------------------------------------

コメント (0)  

玄米酵素の新たな研究結果の論文が、学術誌に掲載されました!

弊社では、玄米酵素にはどのような健康成分が含まれているかを、

立命館大学 薬学部 田中謙教授とともに研究しています。


研究の結果、発酵することにより

以下の健康成分が増えていることがわかりました。


●ビニルグアイアコール

●コウジ酸

●アミノ酸類

●ペプチド類

●遊離型ビタミンB群


これらの研究成果は、

学術誌「Journal of Computer Aided Chemistry , Vol.18 (2017)」に

論文として掲載されました。


20170822-02.jpg


これからも、玄米酵素にはどのような健康成分が含まれているかを

調べていきたいと思います。


コメント (0)  

メディアでも大人気!腸セラピスト・真野わかさんの特別セミナーin札幌&東京

「腸もみ」の第一人者で、養腸家・腸セラピストの真野わかさんの

特別セミナーを、7月22日(土)に札幌で開催しました。


20170722-01.jpg


真野さんは、多数のメディアでも取り上げられている大人気の腸セラピスト。

玄米酵素ハイ・ゲンキもご愛用いただいております。


約70名もの参加者でテーブル席はいっぱい、椅子席も用意しました。



7月27日(木)には、東京でもセミナーを開催。

こちらも満員御礼、75名の定員があっという間に埋まってしまいました。


20170727-01.jpg

20170727-02.jpg


セミナーでは、真野さんと一緒に参加者のみなさんも自分の腸をもみながら、

腸の大切さを学びました。



■腸もみについて詳しく勉強したいという方は、真野さんの著書もおすすめです。

http://yocho-brew.org/itemlist.php



コメント (0)  

日本橋三越で玄米酵素講師による「ファスティングまるわかり講座」を開催!

20170701-01.jpg


7月1日(土)、日本橋三越7階「はじまりのカフェ」にて

弊社の水野知光(取締役経営企画部長)による

「ファスティングまるわかり講座」が行われました。


20170701-02.jpg

20170701-03.jpg


当日は定員16名のところ、満席でした!


講座では、ファスティング(プチ断食)や少食が体によい科学的根拠を解説。

酵素スムージーの試飲もしていただきました。


20170701-04.jpg



参加された皆様から、


「説得力のある話し方・内容で、プチ断食を実践したいと思いました。」


「断食に興味があったが、素人にはハードルが高かった。

1食だけでもOKと聞いてよかった。」


といった喜びの声をいただきました。



■玄米酵素を使ったファスティング(プチ断食)の方法はこちら



日本橋三越7F「はじまりのカフェ」では、

食と健康など様々なワークショップが毎日開催されています。

ワークショップ日程一覧はこちら



株式会社玄米酵素は今後も、日本橋三越様と一緒に、

健康の輪を広げる活動をしてまいります。

コメント (0)  

★新発売【玄米珈琲】カフェインが気になる方におすすめ

玄米の健康力を手軽に取れる 「玄米珈琲」 が新発売!


コーヒー.jpg


女性にやさしい、カラダにやさしい、ノンカフェインで、

妊婦さんや、カフェインが気になる方におすすめです。


コーヒーのような爽やかな苦味と香りをお楽しみください。



粉っぽくない!!


テトラパック.JPG


一般的な玄米コーヒーは、お湯に溶かす粉末タイプが多いため

「粉っぽいので苦手…」という方も。


新発売の玄米珈琲は、ティーパッグタイプ!

粉っぽさは全くありません。



玄米珈琲3つのこだわり


1. こだわりの焙煎

玄米をじっくりと遠赤外線で焙煎し、黒焼きにした『黒焙煎』で

香ばしく美味しく仕上げました。


自然の物を丸ごと黒く焼いて食する「黒焼き」用法は、

古くから日本の民間健康法としても使われてきました。


「こげ」とは違い、空気を遮断した状態で焙煎して作られます。



2. こだわりの北海道玄米

安心・安全の北海道産。

生産者の顔が見える、こだわりの玄米を使用しています。



3. ノンカフェイン

カラダにやさしいノンカフェインなので、お子様や妊婦さんも

安心して美味しく飲めます。



玄米珈琲.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

玄米珈琲/テトラティーバッグタイプ(内容量20包)

希望小売価格1,836円(税込)

原材料/玄米

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+



ご注文方法

玄米酵素グループの自然食ショップ「元氣倶楽部」にご注文ください。

通信販売、または店頭でもお買い求めいただけます。


自然食ショップ「元氣倶楽部」

東京都墨田区両国3丁目24-10

TEL: 03-3632-5533

営業時間:平日9:30~17:30



東京・大阪のレストラン、カフェでご提供中♪

玄米酵素グループの東京の自然食れすとらん「元氣亭」と、

大阪の自然食カフェ「GENMAI CAFE」で

玄米珈琲をお楽しみいただけます。(1杯 450円/税込)


自然食れすとらん「元氣亭」 東京都両国


自然食カフェ「GENMAI CAFE」 大阪府心斎橋



お召し上がり方


1. 沸騰したお湯をお使いください。

2. ティーポットにティーバッグを1包入れ、熱湯150~200mlを目安に注ぎ、

   2~4分間ほど置きます。

3. ティーバッグを取り出す際、カップの中で2~3回ゆっくり振り出してください。


*味の濃さはお好みに合わせて調整してください。

*玄米珈琲はティーバッグ1包で2回お飲みいただけます。




ぜひお試しください♪


コメント (0)  

玄米酵素を取り扱っているお店紹介vol.1【自然食カフェ「こかげ」さん】

玄米酵素を取り扱っているお店をご紹介いたします。

今回は、香川県高松市の自然食カフェ「こかげ」さんです。


kokage01.jpg


自然食カフェこかげさんは、高松・屋島のふもとにある隠れ家的な自宅カフェ。

店内から屋島を一望できる素敵なロケーションです。


オーナーの佐藤真理子さんは、


「お砂糖や動物性を使わなくてもこんなお料理ができるんだ!」

「家でも作ってみよう!」


そう思っていただけるようなランチを心掛けておられるそうです。


kokage02.jpg


また、健康情報を発信するカフェとして「健康講座」を開催されており、

食と健康について学ぶこともできます。


料理教室、ヨガ、お灸、プチ断食など毎回様々なテーマで行われ、

心も体も元氣になるアットホームな講座で大人気!


ちなみに店名の「こかげ」は、「こころ・からだ・げんき」の頭文字をとったそうです。


kokage03.jpg

ランチ付き「食と健康講座」


kokage04.jpg

「楽笑ベジごはん」(ミニお料理教室&ごはん&食と健康講座)


kokage05.jpg

kokage06.jpg

「コラボ講座」(ヨガ・自力整体・背骨コンディショニング・プチ断食・お灸など)



心も体も癒されたい方、アットホームな雰囲気で楽しみたい方は、

気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。



自然食Cafe こかげ

高松市屋島東町513-1

営業時間:9:30~15:30

営業日:水曜、木曜、金曜



-----------------------------------------


【玄米酵素を取り扱っている店舗の方へ】


★お店で健康講座を開催してみませんか?

講座を開催したいけどどうしたら良いか分からない方、

玄米酵素に興味のある方などお気軽に各営業所へお問い合わせください♪


★玄米酵素の販売店様のお店を紹介させてください

お店を持つ販売店様で玄米酵素に関する取り組みを弊社ブログ・Facebookにて

ぜひ紹介したい!という方は、松山営業所(担当:芦辺)matsuyama@genmaikoso.co.jpまで

メールをお送りください。あなたのお店が紹介されるかも知れません♪


-----------------------------------------


コメント (0)  

【玄米酵素には多種のポリフェノールが含まれる】 論文が学術誌に掲載!

健康に良いといわれる「ポリフェノール」が、

玄米酵素に含まれていることがわかりました。


弊社は現在、東京理科大学の東先生と共同研究を行っており、

玄米酵素(学術名FBRA [ふぶら] )には、どのような健康成分が、

どれくらい含まれているかを解析しています。


今回は、ポリフェノールの一種である「フェルラ酸」が、

玄米酵素に含まれていることが明らかになりました。


さらに、「フェルラ酸」の仲間である「シナピン酸」「カフェ酸」などの

健康成分も含まれていることがわかりました。


研究成果は論文にまとめられ、

学術誌「Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis」142号(2017年)

に掲載されました。


20170605-02 .jpg



玄米酵素が美と健康に良いのは、

ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素はもちろん、

ポリフェノールなどの健康成分も関与していると思われます。


これからも、玄米酵素にはどのような健康成分が含まれているかを

調べていきたいと思います。


コメント (0)  

ミス・ユニバース・ジャパン公式コーチのノウハウ公開★健康美人をつくる50の食習慣

ミス・ユニバース・ジャパン2016のビューティーキャンプ講師&公式コーチを務めた

弊社管理栄養士 加藤初美の書籍、


『FOOD LIST(フードリスト)健康美人をつくる50の食習慣』

6月7日(水)より発売されます。


━━━━━━━━━━━━━━━

「ミス・ユニバース・ジャパン2016」

ビューティキャンプ講師のノウハウを大公開!

━━━━━━━━━━━━━━━


詳しくはこちら(画像をクリック)↓



いま百歳時代を迎え、健康長寿がわたしたちの命題になっています。


まず「美と健康のために」、そして「豊かな人生をつくるために」、

日本型食生活を積極的に取り入れるための実践的メソッド50選を紹介します。



【内容の一例】

綺麗な人が毎日食べている「和のスーパーフード」とは?

いつまでも老けない人は、飲み物の「裏側」を見て選ぶ

夜遅めの食事でも「太らない食べ方」とは?

ツヤとコシのある美髪をつくる「つくりおきレシピ」

魅力的な人が実践する「外食と自炊」の絶妙なバランス



ご自身の美容・健康作りはもちろん、周りの方々にもぜひお役立てください。

全国の書店やオンライン書店でお買い求めいただけます。


■Amazonで予約注文ができます。



----------------------------------------------

書籍名  FOOD LIST 健康美人をつくる50の食習慣

出版社  IDP出版

著 者  加藤 初美

価 格  1,296円(税込)

単行本(ソフトカバー): 126ページ

----------------------------------------------



【著者】加藤初美(かとうはつみ)

katohatsumi-01.JPG

(株)玄米酵素「エコロクッキングスクール」指導講師、管理栄養士。

埼玉県十文字短期大学卒業後、同大学にて食物栄養学を専攻。

医薬品の研究助手や漢方薬局での勤務を経て(株)玄米酵素の運営する

健康自然食料理教室「エコロクッキングスクール」の指導講師、

管理栄養士として活躍。 全国で年間100回に及ぶ料理教室・セミナーを行う。

「ミス・ ユニバース・ジャパン2016」ビューティキャンプ講師・公式コーチ、

東京都墨田区をはじめ公立学校の食育授業の講師なども務める。


加藤のプロフィールの詳細はこちら↓

https://blog.genmaikoso.co.jp/2007/06/post-314.html




『FOOD LIST 健康美人をつくる50の食習慣』

(2017年6月7日発売)

Amazonで予約する



コメント (0)  

女優・タレントの山田まりやさんをお招きした講演会を開催

女優でタレントの山田まりやさんを秋田にお迎えし、講演会を行いました。

(秋田自然食品センター様と株式会社玄米酵素の共催です)


20170527-01.jpg

20170527-02.jpg


山田まりやさんは、ご子息の崇徳(むねのり)君を妊娠した時に

玄米酵素と出会って以来、ずっとご愛食いただいています。


講演では、家族全員で食生活を大切にしていることも紹介されました。

ご主人で俳優の草野とおるさんや、崇徳君も、玄米酵素を

愛食してくださっているそうです。



その後は、玄米酵素 管理栄養士の加藤初美より「美食同源」をテーマに、

体の中から美しくなる食事法を紹介しました。


20170527-03.jpg


参加された約150名の皆様とともに、

美と健康についての認識を高め合う講演会 になりました。


(山田まりやさんと講師の加藤初美とで記念撮影)

20170527-04.jpg

コメント (0)  

東洋紡株式会社様に講師を派遣しました

3月3日、東洋紡株式会社 東京支社の皆様向けセミナーに講師を派遣しました。

東洋紡株式会社様は、連結従業員数9,827名の大企業です。


今回のセミナーは、定期的に社内セミナーのコンサルタントをされている

リーフラス株式会社様の企画プロデュースによるもので、

担当の山本忍執行役員プロデューサーは、弊社のファンでもいらっしゃいます。


講師は、2016ミス・ユニバース・ジャパン ビューティーキャンプ講師&公式コーチを務めた、

弊社管理栄養士の加藤初美です。


講演テーマは、【健康診断直前!栄養セミナー】


東洋紡株式会社のご担当者からは、

「従業員に健康の大切さを伝えるため、健康診断直前に個々の食生活や栄養を見直すきっかけを

作って欲しい。また、女性活躍推進企業として、ミス・ユニバース・ジャパン公式コーチを務めた方

ならではの視点で、”いくつになっても美しくいられるポイント”を伝えて欲しい」と

事前にご要望をいただきました。


170303touyoubou.jpg


当日の参加者は26名(男性3名・女性23名)。


・食事の大切さ

・日頃の食べ物の選び方

・発酵食品の摂り方

・健康診断の数値が上がりやすい食事


などをお伝えしました。



参加者やご担当者から大変ご好評をいただき、終了後も質問タイムが続きました。


また今回は特別に、沖縄から玄米酵素代理店の小嶺享平様にお越しいただき、

参加者の質問にお答えする健康アドバイザーとしてご協力いただきました。

小嶺様、ありがとうございました。



今後も玄米酵素の食育活動で、企業の健康を支えていきたいと思います!


■食育講演やその他講演のご希望は、ホームページまたは弊社各営業所までお問い合わせください。

https://www.genmaikoso.co.jp/cultivate/seminar/haken.asp



最後に、参加者アンケートから一部をご紹介します。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

■自分の食生活を見直す良い機会になった。

■添加物がよくない事は知っていたが改めて気をつけようと思った。

■食品ラベルを見るクセはありましたが、名称ひとつひとつの良し悪しがわからなかったのでタメになりました。

■2ヵ月に一回位のペースで開催して欲しい。

■ネットの情報が氾濫する中で、内容がしっかりしていて納得できた。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+



コメント (0)  

食と健康フォーラムin名古屋/ゲスト:食品ジャーナリスト・安部司さん、助産師・齊藤純子さん

『食品の裏側』の著書で有名な食品ジャーナリストの安部司さんと、
自然な出産をプロデュースする助産師・齊藤純子さんをゲストに迎えた
「食と健康フォーラム」が、9月25日に名古屋で行われました。
(主催: 一般財団法人 食と健康財団)

添加物のソムリエとも言われた安部司さんが、
実際に食品添加物を使ってラーメンのスープ、無果汁ジュースなどを作ると、
会場からは驚きの声があがりました。
食品添加物の裏側についてもお話しいただきました。

助産師の齊藤純子さんは、妊婦さんの健康管理のため、
玄米菜食を基本にした食事指導を行っています。
幸せな出産をするために、いかに食生活が大切であるかをお話しいただきました。

株式会社玄米酵素グループは、全国で開催される「食と健康フォーラム」を支援し、
健康社会の実現に貢献してまいります。

160925.jpg

コメント (0)  

玄米酵素を使ったレシピ【ひじきペーストのタプナード風】

玄米酵素を使ったレシピをご紹介いたします。

タプナードは、フランス プロバンス地方のオリーブのペースト。
これをなんと「ひじき」で作ります!

野菜スティックやバゲットに付けたり、
蒸し野菜を和えたりしてもおいしいです♪


★ひじきペーストのタプナード風★

tapenade.jpg

(2人分)
・ひじき(乾燥)…10g
・水…適量
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【A】
・玉ねぎ…25g
・オリーブオイル…大さじ2
・醤油…大さじ1
・バルサミコ酢…大さじ1
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
・セロリ…15g
・人参…15g
・ミックスビーンズ…25g
・ハイ・ゲンキ プレーンかスピルリナ…3袋 
 (または玄米酵素プレーンかスピルリナ…大さじ2)

【作り方】
① ひじきは水で戻してから鍋に入れます。かぶるくらいの水を加えて、
  弱めの中火で約10分、指でつぶせるくらい柔らかくなるまで茹でます。
② ①の鍋に残っている水分は強火で煮きります。
  【A】の材料をすべて鍋に入れ、中火で5~10分煮ます。
③ ②をすり鉢やハンドブレンダーなどでペースト状にします。
④ セロリと人参を5mm角に切り、ミックスビーンズ、玄米酵素、③と和えます。


※作り置きせず、必ず作った日にお召し上がりください。

コメント (0)  

玄米酵素を使ったレシピ【いちごと甘酒のデザート】

玄米酵素を使ったレシピをご紹介いたします。

いちごをウォーターソテーする時の香りが素晴らしく、
作る人も幸せを感じられるデザートです。
甘酒の体に優しい甘さといちごの酸味がとてもよく合います。

★いちごと甘酒のデザート★

AmazakeDessert.jpg

(2人分)
・玄米甘酒…125g
・水…125cc
・いちご…70g(約1/4パック)
・自然塩…少々
・寒天粉…1.5g
・レモン汁…大さじ1/2
・ハイ・ゲンキ プレーンかビフィズス:2袋
  (または玄米酵素プレーンかビフィズス:7g)

【作り方】
① いちごは濃い目の塩水でさっと洗い、水気を拭いて4等分し、
  飾り用を取り分けてます。
② 中火の鍋に少量の水(分量外)を入れ、沸騰させたら①を入れて塩を振り、
  軽くソテーして分量の水を加えます。
③ 甘酒を②に加えて中火で沸騰させないように軽く煮ます。
④ 寒天粉を③の鍋にかき混ぜながら加えて、煮溶かします。
⑤ 最後にレモン汁を入れてひと混ぜしたら火を止めます。
⑥ 70℃以下に冷めたら玄米酵素を加えて器に移して冷やします。
  飾り用のいちごをのせてできあがりです。

※季節のフルーツでアレンジしても良いでしょう。
※作り置きせず、必ず作った日にお召し上がりください。

コメント (0)  

医療機関の健康講座に講師を派遣しています

名古屋市の今池内科・心療内科さんでは、
9年前から定期的に株式会社玄米酵素の管理栄養士による、
患者さん対象の「健康講座」を開催しています。

imaikenaika1.jpg

今池内科・心療内科さんは、できるだけ薬を処方せず、
食事改善と自律神経免疫療法などの全人的治療を行い、
患者さんを治癒改善に導いています。

健康講座では弊社管理栄養士が
自然食調理のデモンストレーション・試食を交え、
食と健康に関するレクチャーを行います。

imaikenaika2.jpg

院長の小林昭彦先生は、

「とにかく食事の大切さを伝えたい。食事を変えれば思考が変わり、
思考が変われば運命が変わることを、一人でも多くの人びとに伝えたいのです」

と、食改善をぜひ学んでほしい患者さんに受講を勧めています。

imaikenaika3.jpg

最後に今池内科・心療内科さんの三大理念をご紹介します。
①自分の病気は自分で治せる
②人は治るようにできている
③恐怖が病気を悪くする


株式会社玄米酵素の講師派遣を希望される医療関係者の方は、
以下のページからお問い合わせください。

コメント (0)  

玄米酵素を使ったレシピ【小松菜とカシューナッツのジェノベーゼ風パスタ】

玄米酵素を使ったレシピをご紹介いたします。

「家族にも食べさせたい」
「普段の食事に混ぜて食べたかった」
という方にオススメの美味しいレシピです♪


★小松菜とカシューナッツのジェノベーゼ風パスタ★

Genovese.jpg

(2人分)
<ジェノベーゼ風ソース>
・小松菜…50g
・カシューナッツ…20g
・にんにく…少々
・白味噌…小さじ1/4
・自然塩…ひとつまみ
・オリーブオイル…40cc
・梅酢…小さじ1
・玄米酵素(プレーンかスピルリナ)…7g(2袋)

<パスタ>
・ペンネやフジッリなど…200g
・自然塩…適量(水1Lに自然塩10g程度)

【作り方】
① カシューナッツはフライパンで軽くローストして、ソースの残りの材料とともに
 フードプロセッサーにかけます。ペースト状になったらボウルへ移します。
② 鍋に湯を沸かして自然塩を入れ、パスタを好みの固さに茹でてざるにあげて湯をきり、
 ①のボウルに入れてよく混ぜ合わせます。

※小松菜の代わりに、バジル、大葉、春菊などを使ってもおいしく作れます。
※パスタ以外にも蒸し野菜に和えたり、バゲットなどに付けたりしてもおいしいです。
※作り置きせず、必ず作った日にお召し上がりください。

コメント (0)  

はい元氣サロン心斎橋店★8月22日(土)開催「マンスリーイベント」のご紹介★

記録的的な猛暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

はい元氣サロン心斎橋店では、7月から毎月テーマを変えて
健康情報発信マンスリーイベントを開催しています。

7月の第1回目は、~美肌Festival~を開催。
店内には「夏のお肌対策」のご相談&ご提案ブース、
店頭ではオリジナルレモネードの試飲コーナーを設置しました。

150711_1.JPG150711_2.JPG

第2回目となる8月は【 腸美人Festival 】を開催いたします!

150822_2.jpg
~腸美人Festival~ 腸が喜ぶ♪美腸食

* ビタミン・ミネラル・食物繊維たっぷりの酵素入りスムージーが飲める
* 4種のスムージーレシピ プレゼント
* 酵素のチカラを目で見て実感していただける体験コーナー
* 甘酒試飲コーナー
* 玄米発酵食品のサンプル500円相当をプレゼント

「酵素」と言う言葉をよく耳にするようになったと思いますが、
手軽に作れて「活きている酵素」が含まれたスムージーを試してみませんか?


はい元氣サロン心斎橋店オリジナル!
スーパーフード入り「の酵素スムージー」の販売♪
:お腹スッキリ・抗酸化力スムージー 100円
:むくみ解消・夏バテ防止スムージー 100円

150822_1.jpg

ご予約は不要、参加費無料です。
お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。(^^)

ご来場の皆様に特典をご用意してお待ちしております。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
~腸美人Festival~ 腸が喜ぶ♪美腸食
日時:2015年8月22日(土) 11:00~16:00 
    大阪市中央区南久宝寺町3-6-9 第3酵素ビル
参加費:無料
参加者特典有
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

コメント (0)  

【ご報告】4月4日(土)・エコロ感謝祭「食と美と健康フェスティバル」を開催しました!

ご報告が大変遅くなりましたが、2015年4月4日(土)に

エコロ感謝祭「食と美と健康フェスティバル」を開催しました!


1年半ぶりの開催とあって、スタッフも気合い十分。

朝は少し雨模様でしたが、オープン前にはやんでくれました。


ビルの入り口はのぼりや桜の飾り付けでお祭り気分に♪

150404_1.jpg


1階エントランスでは、玄妙茶と玄妙茶ケーキでお出迎え。

自然食ショップ元氣倶楽部は、人気商品をお一人様1点限りの特価で販売。

オープン時から大賑わいでした。


2階の自然食レストラン元氣亭では、

人気のやくぜんカレーを特別価格でご提供したところ、

日頃では見られないほどの行列に!

多い時では10人以上のお客様がお待ちいただいていました。


3階のクッキングスクールは、本コーススタート前の「おためし教室」を開催。

見学のお客様もいらしたためとても賑わい、
いつも以上に楽しい授業となりました。

5月開校の初級コースにお申し込みいただいた方も多く、

おかげさまでどのコースもほぼ定員となりました。


4階のエコロホールには、取引業者様のご協力のもと、

食と美と健康のブースが並びました。


ビューティ・クリエーション片山様による

「美粧品グローのスキンケアレクチャー&プチメイクアップ講座」では、

普段自分ではしないメイクをしてもらって記念撮影をされる方も。

150404_2.jpg


ムソー様の自然食品特価販売では、試飲サービスもあった

玄米甘酒や玄米おこしが売り切れるほど。

玄米を使った安心安全な食品はやはり人気でした。


ナチュラルスイーツや玄米パンなどの販売をされたレジオン様のブースは、

ものすごい人だかりであっという間にほぼ完売!

人だかりで写真を撮ることができませんでした…。


玄米酵素ブースは片栗分解実験にプラスして、

クイズを交えた説明&プレゼント企画が好評!

150404_3.jpg


TNX様の足裏測定体験と、カサハラ式足裏バランステーピング&

足裏マッサージのコーナーは、お客様が途切れることがありませんでした。


そして、つんく♂さんプロデュースの3股靴下

「BODY-K 楽チンウォーキンBe テーピングソックス」は相変わらず人気♪

150404_4.jpg


新高円寺マヴィ様による「ワンコインオーガニックワイン飲みくらべ」のコーナーは、

ボサノバを聴きながらまったり大人の空間。

150404_5.jpg


10:30~15:30の短い時間でしたが、とてもたくさんのお客様に

お越しいただき、スタッフにとっても充実した一日となりました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

コメント (0)  

レジェンド葛西紀明選手の講演 in 札幌

札幌で開催された「一般財団法人 食と健康財団」主催の
【食と文化フォーラム】の運営をお手伝いしました。

今回のゲストの1人は、スキージャンプの五輪メダリスト葛西紀明選手。

これまでの競技人生について、ユーモアを交えつつのお話に、
参加者全員が引きつけられるように聞き入っていました。

葛西選手の抱負は、次の冬季オリンピックで金メダルを取ること。

さらに、2026年に冬季オリンピックが札幌で開催されることが決まったら、
54歳でオリンピックに出場したいと目標を語ってくださいました。

次なる伝説(レジェンド)にむけて、頑張って欲しいですね!

↓画像をクリックすると、別ウィンドウで大きい画像が表示されます。
150414mainichi.jpg

もう1人のゲストは、食事指導で多くの患者を健康に導いておられる、
医師の中山尚夫先生でした。

玄米を中心にした食生活の指導で健康を回復した患者の症例の数々や、
食と健康に関する最新のデータをお話しいただきました。

株式会社玄米酵素が協力して作成した中山先生のご著書
『医師がすすめる玄米食』も参加者に配布されました。

6036.jpg

次回の食と健康財団のフォーラムは、大阪で開催予定です。

コメント (0)  

小学校で食育の出張授業を行いました

11月27日、東京都墨田区にある隅田小学校にて、

玄米酵素エコロクッキングスクールのスタッフが

小学校5年生の2クラスを対象に食育の出張授業を行いました。


テーマは「ごはんをお鍋で炊けるかな?」

米や水の量り方から、

洗い方、吸水、炊く&蒸らすなど、

基本的な炊き方を勉強。


141127_1.JPG


よく噛んで食べると、

・お腹がいっぱいになる

・ゆっくり身体に入っていくのでお腹によい

・頭の働きにもよい

など、良いことづくし。


また、和食の方が噛む回数も多いし、ゆっくり噛むことで

カロリーが同じでも和食の方がお腹がいっぱいになります。


ごはんをたくさん食べるためにはどんなおかずがいいのか。

食べ物のカードを配って考えてもらいました。


141127_2.JPG


バランスよく食事を取ることを「まごわやさしい」の一覧を元に説明。


141127_3.JPG


さらに酵素の大切さについては、味噌を使った実験で説明、
炊きあがったごはんは味噌をおかずに試食してもらいました。


141127_4.JPG

授業は午前と午後に分けて行ったのですが、

給食を食べた後のお腹いっぱいの子どもたちも、

「美味しい!美味しい!」と、

お味噌をつけたお茶碗一杯のごはんをぺろりと食べてしまいました。


中には「お母さんが今おなかに赤ちゃんがいるから、

帰って作ってあげたい!」という女の子も。


とても盛り上がった、素晴らしい時間となりました。

コメント (0)  

有名シェフ、三國清三さんの食育講演in北海道

9月30日に開催された、日本綜合医学会・北海道大会のお手伝いをしてきました。
今回のスペシャルゲストは、オテル・ドゥ・ミクニ等で有名な三國清三シェフ。

北海道出身で、フレンチの巨匠として知られる三國シェフですが、
先日の講演では和食と食育について熱く語っておられました。

昨年、和食が世界無形文化遺産に登録になったのも、
実は、三國シェフが政府・各関係者に、熱心に働き掛けた結果とのこと。

20140930.jpg

また三國シェフは、10年以上前から全国各地の小学校で
正しい味覚を身につけてもらうための授業を行ってこられました。

人は12歳までに正しい味覚を身につけるそうです。

私たち株式会社玄米酵素も、子どもたちに対する「味覚の授業」に、
何かしらの形で取り組みたいと思いました。

コメント (0)  

10月26日、両国エコロビルSpecial Day☆イベントを開催しました!!

両国エコロビル☆Special Day☆イベントを開催しました!!

 

食改善の視点から”真の健康づくり”をトータルで発信していく

健康情報発信地「両国エコロビル」は、おかげさまで20年を迎えました。

 

それに伴い、10月26日(土)に両国エコロビルでスペシャルイベントを行いました。

 

当初は台風の心配もありましたが、雨の中たくさんの方々にお越しいただきました。

エレベーターホール-2.jpg 

入口すぐのエントランスでは、『ポップコーン無料配布』と

『玄米おにぎり&やくぜんスープの無料試食会』を行いました。

特に"温かい薬膳だしのスープ"が好評で、1F自然食ショップ「元氣倶楽部」で

薬膳だしを買って行かれる方もいらっしゃいました。

やくぜんだし(箱).jpg
健康やくぜんだしの素 1箱1,575円(税込)

 

先着50名様限定の『じゃがいも&玉ねぎ1袋20円販売』は、

イベント開催直後から大盛況!1F元氣倶楽部のレジには列ができるほど。

すぐに完売してしまいました。 

元氣倶楽部店頭.jpg

2F自然食レストラン「元氣亭」では、からだに優しいランチをワンコイン(500円)で

提供し、多くの方にご来店いただきました。

中でも、23種の和漢草がブレンドされた「やくぜんカレー」は大好評でした。

 

4Fエコロホールでは、美と健康の体験ブースを開催。

10月はハロウィンバージョンに飾り付けています(^^)

 

4F会場①-2.jpg

4F会場②.jpg
23種類の和漢草を使った野草茶「玄妙茶」の無料試飲会では、

玄妙茶と元氣大豆21を使った「チャイ風玄妙茶」が特に好評で、

レシピを持って帰って行かれる方が多数いらっしゃいました。  

玄妙茶ブース.jpg

美粧品「グロー」のブースでは、プチメイクアップ体験の順番待ちの列が。

皆さんプロのメイクアップアーティストによるメイクで、

さらにキレイになって大満足されていました☆

グローブース-2.jpg
玄米酵素ブースの様子。

「酵素の実験がとても面白かった!」といった声を多数いただきました。

玄米酵素ブース-2.jpg
ナチュラルスイーツ&パンの販売ブースでは、香り豊かで

いろいろな種類のパンや焼き菓子が並びました。

中でも「スピルリナ入りパン」が大人気で、すぐに完売してしまいました。 

レジオンさんブース.jpg

 カサハラ式 足裏測定&テーピング無料体験会では、テーピング体験に長蛇の列が!

1時間待ちの大盛況でした。足や姿勢が悪く、悩んでいる方が意外と多いのですね。

カサハラ式ブース.jpg 

オーガニックワインが試飲できるブースでは、ワンコイン(500円)で2種類のワインを

楽しんでいただきました。普通のワインとの味の違いに、皆さん感動されていました。 

マヴィさんブース.jpg 

大好評で終わった今回のスペシャルイベント。

雨の中多くの方々にお越しいただき、本当に感謝です。

 

参加者からのアンケートでは、

「いろんな人たちと出会えて楽しかったです。」

「健康について改めて考えるきっかけとなりました。」

「とても楽しかったです。またぜひ開催して欲しいです。」

といった声をいただきました。

 

「両国エコロビル」は、”真の健康づくり”をトータルで発信していく健康情報発信地として、

皆さまのお役に立てるような活動をしていきたいと考えています。

 

今後もどうぞよろしくお願いいたします。 

東京支社(エコロビル).jpg 

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

■㈱玄米酵素 東京支社 両国エコロビル

東京都墨田区両国3丁目24-10
電話:03-3632-3933
◆JR総武線 両国駅東口から徒歩2分。

◆都営大江戸線 両国駅 A4出口より徒歩5分。

アクセスはこちらのページをご覧ください。

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

コメント (0)  

両国エコロビル20年感謝祭☆10月26日(土)Special Day☆

皆さまに支えられて20年!両国エコロビル20年感謝祭 

 

食改善の視点から”真の健康づくり”をトータルで発信していく

健康情報発信地「両国エコロビル」は、おかげさまで20年を迎えました。

 

そこで、10月1日(火)~10月31日(木)の1ヶ月間を

『両国エコロビル20年感謝祭』と称して、さまざまな企画を行っています。

 

↓画像クリックで拡大。

エコロ20年感謝祭チラシ_表.jpg

エコロ20年感謝祭チラシ_裏.jpg


期間中は、食育セミナーや自然食料理教室など、

健康・美容に興味のある方にオススメのイベントが盛り沢山!

 

 

10月26日(土)はSpecial Day!!

 

10月26日(土)はSpecial Day!

限定のサンプル配布や無料試食会、無農薬栽培のじゃがいも&玉ねぎの

スペシャル価格での販売、楽しく体験&お買い物ができるブースを

お楽しみいただけます♪

 

時間:10:30~15:30

入場無料・予約不要

 

10月26日スペシャルデイ_表.jpg

10月26日スペシャルデイ_裏.jpg 


【イベント内容】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

●先着50名様限定!有機JAS認定の北海道洞爺自然農園で採れた

 無農薬栽培のじゃがいも&玉ねぎを1袋20円で販売!

 

●先着100名様に、できたてのポップコーンを無料でプレゼント!

 

●限定100名様に、サンプル各種が盛り沢山の感謝袋をプレゼント!

 

自然食レストラン「元氣亭」のからだに優しいランチをワンコイン(500円)でご提供!

 

●ひとくち玄米おにぎり&薬膳スープの無料試食会!

 

●「美粧品グロー」スキンケアレクチャー&プチメイクアップアドバイス!

 

●カサハラ式 足裏測定&テーピング無料体験会!

 

●和漢草23種類を使った野草茶「玄妙茶」の試飲会!

 

●ワンコイン(500円)オーガニックワイン飲み比べ!

 

●ナチュラルスイーツ(焼き菓子)と玄米パンの販売!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★Special Dayでカボチャのバッグを持ったスタッフに

 「Trick or Treat (トリック オア トリート)」と言うと、

 何かいいことがあるかも?!

 

楽しい企画が盛り沢山!ぜひ足を運んでみてください♪ 

  

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

■㈱玄米酵素 東京支社 両国エコロビル

東京都墨田区両国3丁目24-10
電話:03-3632-3933


◆JR総武線 両国駅東口から徒歩2分。

◆都営大江戸線 両国駅 A4出口より徒歩5分。

アクセスはこちらのページをご覧ください。

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

 

コメント (0)  

北海道新聞に掲載されました!

6月14日(金)、北海道新聞の経済面に「発酵玄米が高血圧改善」

のタイトルで大きく取り上げられました。

 

FBRA(玄米酵素の学術名)に高血圧の改善効果があることを、

四国大学の森田恭二教授らの研究で突き止め、論文発表をしたという内容です。

 

今回は、試験管レベルの実験です。今後、動物実験、ヒト臨床試験へと、

研究を積み上げて行きたいと思います。

 

20130614 北海道新聞「玄米酵素が高血圧改善」ページ全体1000pixcel.jpg

 

 

20130614 北海道新聞「玄米酵素が高血圧改善」幅1000pixcel.jpg

コメント (0)  

自然食ショップ元氣倶楽部、お中元のご注文承り中!

玄米酵素のグループ会社である株式会社エコロでは、

今年もオリジナルの2013年お中元ギフトをご用意しております。


大切な方の健康を願う皆さまに代わって、安心な食品をお届けします。

ぜひご利用ください!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

エコロ特選 海藻バラエティセット
¥2,526(税込) ギフト箱代含む

海藻バラエティセット(240pixcel).jpg 

*黒磯のり *根昆布入り昆布粉末 *国産海藻七草 

*あらめ煮 *具ひじき *青のり粉

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

エコロ特選 水菓子セット

¥2,561(税込) ギフト箱代含む 

水菓子セット(240pixcel).jpg 

*あんこ屋さんの水ようかん(こしあん)×3個

*あんこ屋さんの水ようかん(抹茶)×2個

*あんこ屋さんの水ようかん(小倉)×2個

*有機りんごと人参使用のゼリー×3個

*有機りんご使用のゼリー×3個

*ところてん×3個

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

有機 梅干しセット(500g)

¥3,675(税込) ※送料込み 

ムソー梅干し(240pixcel).jpg
*ムソーのギフト

国内産有機栽培梅干100%使用。伝統製法で仕上げた最高級の梅干しです。

※メーカー直送となります。(商品到着まで10日前後かかります。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

有機オリーブオイルセット(250ml×2本)

¥2,310(税込) ギフト箱代含む

創健社 オリーブセット(240pixcel).jpg
*有機エキストラヴァージンオリーブオイル

南イタリアの日差しを一杯に浴びて育った、5種類ものオリーブの実を巧みに

ブレンドして作られる「ジロロモーニ有機エキストラヴァージンオリーブオイル」。

マイルドでやさしいおいしさです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 

【お申込み方法】

下記(1〜3)の必要事項をご記入の上、FAXまたはハガキ、封書で元氣倶楽部宛にお送りください。

1.ご依頼主の郵便番号、住所、氏名、電話番号

2.お届け先の郵便番号、住所、氏名、電話番号

3.お申込みの商品名と個数

※ご記入事項は商品発送に使用する他、新商品のご案内等に使用させていただくことがあります。

 

【お申込み期間】

平成25年6月10日(月) ~ 7月31日(水) まで

※発送までお時間がかかる場合がございます。お早めにお申し込みください。

 

【お支払い方法】

郵便振替

商品発送後、ご依頼主へ請求書を郵送いたします。請求書到着後、1週間以内にお振り込みください。

 

【送料】

地域により異なります(元氣倶楽部までお問い合わせください。)

※1回のお申込み金額10,500円につき1個口をサービスいたします(沖縄を除く)。

 

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

★ご注文・お問い合わせ★

株式会社エコロ 元氣倶楽部 お中元係まで

〒130-0026

東京都墨田区両国3-24-10 両国エコロビル1階

TEL:03-3632-5533/FAX:0120-37-3693(フリーダイヤル)

※営業時間 10~18時(定休日:日曜・祝祭日)


JR総武線 両国駅東口から徒歩2分。

お店へのアクセスはこちらのページをご覧ください。

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

コメント (0)  

人の寿命は食べた野菜の量に比例する!

「人の寿命は食べた野菜の量に比例する!」

実に素晴らしい言葉ですね。

 

これは、かつて日本一の長寿村だった山梨県棡原(ゆずりはら)村で

医師をしていた古守豊輔先生の言葉です。

 

棡原村は山間地にあり、斜面の畑ばかりで水田はありません。

畑で採れるイモ類(主にジャガイモと里芋)や雑穀類、野菜類、

豆類(豆腐、納豆、味噌など)を中心に時々川魚を食べるという

食生活の村でしたが、昭和28年に立派な道路が開通して20年もしないうちに、

日本一の長寿村ではなくなってしまいました。

 

なぜでしょう?

私は飽食・美食の文化がやってきたことが原因だと思います。

これまでの食生活ではほとんど見られなかった

肥満、高血圧、糖尿病を患う人たちが出てきたのです。

 

 

皆さんは「食の三原則」をご存じでしょうか。

 

sato.jpg

【適応食】

先祖代々食べてきたものが

一番適している。

 

【身土不二】

その土地、その季節に採れるものを

食べる。

 

【一物全体食】

食べ物はなるべく丸ごと食べる。

 

の三原則です。

この逆をしてしまうと、棡原村のような悲劇が起きかねません。

 

 

アメリカでは、1991年から始まった「ファイブ ア デイ」運動により、

病気になる人の数を減らしています。

"野菜や果物の摂取は、生活習慣病発症のリスクを抑える可能性が高い"

という科学的根拠をもとに始まった、「1日5皿分(350g)以上の野菜と

200gの果物を食べましょう」という運動です。

「人の寿命は食べた野菜の量に比例する」という

古守豊輔先生の言葉が実証されたように感じました。

 

まずは私達一人一人が、最も大切な命と健康のために

食をコントロールすることが必要です。

 

昔ながらの日本食の素晴らしさを見直し、

玄米や野菜・海草をしっかり食べて、心も体も健康な家庭を作りましょう。

健康な家庭が、健康な社会に繋がると私は信じています。

 

meal.jpg

コメント (1)  

山田まりやさんが、元氣亭に来店されました!

 
女優の山田まりやさんが、弊社の自然食レストラン 元氣亭に来店されました。

まりや.jpg

現在 妊娠中のまりやさん、かかりつけの助産師さんのすすめで、玄米酵素

ハイ・ゲンキをご愛用頂いています。

 

まりやさんのブログでも、元気亭の料理、ハイ・ゲンキのことをご紹介いただきました。

http://ameblo.jp/mariya-yamada/day-20120914.html

 

今回は当店自慢の塩麹のランチを召し上がっていただきました。

 

 

食後には「玄米酵素を加えたスィーツを作ってみたい!」とのことで

元氣亭の料理長・鍵山、エコロクッキングスクールの管理栄養士・加藤を交

えて意見交換をしました。

 

玄米酵素(粉末タイプ)を加えたアイスクリーム、ティラミスなどのアイデアも

浮かびました。

 

妊婦ライフを とっても幸せそうに過ごしている まりやさんでした!

ありがとうございました。

コメント (0)  

『HI・GENKIフェスティバル in 松山』を開催しました!

9月2日に、松山営業所を会場とした健康フェスティバルを初めて開催しました。

 

玄米酵素、美粧品グローシリーズ紹介の他、地元の販売店様による

整体、エステ、ハンドマッサージ、リフレクソロジー(足もみ)、ヘルスチェック等々、

内容盛りだくさんの企画で終日多くのお客様でにぎわいました。

今回は地元のみならず、遠く高知や徳島から駆けつけていただいたお客様も・・・。

 

120902頭皮マッサージ.JPG

120902足もみ.JPG
120902グロー.JPG
120902ヘルスチェック.JPG 

 

また今回は特別企画として、健康管理士でもある川村ひかるさん

(はい!元氣らいふ 2012年3・4月号ご登場)をお招きし、

食と美容の観点で講演していただいた他、

トークセッションでは川村さんご自身の食改善体験や玄米酵素に対する印象、

芸能界で健康に氣を遣われている方などのお話も披露していただきました。

 

120902川村さん講演.JPG
 

120902川村さん対談.JPG 

 

それにしても、玄米酵素の販売店様はバラエティー豊か。

全て体験できれば、益々健康に、美しくなることは間違いありません。

またいつの日か販売店様ご協力の下、フェスティバルを開催したいと思っています。

コメント (0)  

登山家 栗城史多さんにお会いしました

玄米酵素の会報誌、「はい!元氣らいふ」の取材で、登山家の栗城史多さんにお会いしました。

 

栗城さんは先日「NHKようこそ先輩」にも出演されていましたが、単独・無酸素での 世界七大陸 最高峰制覇を目指しています。

 

残るはエベレストのみ。今年10月にチャレンジの予定です。

 

kuriki.jpg 

栗城さんは、単に登ることが目的ではなく、自分の姿を通して「自分も諦めないで、チャレンジしよう」と、たくさんの方に思って欲しい、とおっしゃっていました。

 

10月のエベレスト登頂の過程を録画し、登頂に成功したらドキュメンタリー映画をつくり、全国の学校で上映会をして、子どもたちに「やればできる!」ことを訴えたいとのことです。

 

 

 

 

 

 

玄米酵素についてお聞きしました。

高地では筋肉が弱り、腸の働きが悪くなってお通じが悪くなるので、玄米酵素は欠かさず食べているとのことでした。

 

取材の様子は「はい!元氣らいふ9月号」に掲載します。

 

エベレスト登頂の成功をみんなで応援しましょう!

 

栗城さんの最新情報はHP、フェイスブック、ブロク、YouTube等をご覧ください。

http://kurikiyama.jp

http://www.facebook.com/kurikiyama

http://www.youtube.com/kurikiyama

http://ameblo.jp/kurikiyama/

コメント (1)  

北海道新聞"北の経営者たち「トップの決断」"に掲載されました!

7月5日(木)、北海道新聞の経済面、”北の経営者たち「トップの決断」”に
弊社の岩崎会長が取り上げられました。
 
紙面の3分の1を使っているとても大きな特集記事です。
是非、ご覧ください。 
120705doushin.jpg

コメント (0)  

新製品 ご飯にかける玄米酵素「GENKI プラス」

ゲンキ+ 2.jpgご飯にかける玄米酵素「GENKI プラス」が6月に発売されます。

 

そこで、エコロクッキングスクールで行われた、親子自然食料理教室に参加したいたお子さんたちに、試食をしてもらいました。

8名のお子さん全員が「美味しい!」と食べてくれました。

ゲンキ+ 1.jpg

 

 

この女の子は、普通の玄米酵素は「美味しくない」と食べないそうですが、「GENKI プラス」は「美味しい!」と食べていました。

 

ゲンキ+ 3.jpg「GENKI プラス」は、玄米酵素にかつお・しょうゆ・のり・ゴマなどをプラスした食べやすいふりかけ風の栄養補助食品。

 

「GENKI プラス」を給食に取り入れる保育園を増やすなど、玄米生活を実践する子どもたちを増やしたいと思います。

コメント (0)  

エリカアンギャルさんの新しい本が出ました!

30nitide.jpgミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカアンギャルさんの最新本「30日で生まれ変わる美女ダイエット」をご紹介します。

 

面白い情報満載です!

 

・βカロテンなどのカロチノイドをたくさん摂ると、異性の目により魅力的に映るようになると、英国ブリストル大学の研究者が発表。

 

・マーガリン、ショートニングなどに含まれるトランス脂肪は、不妊症、子宮内膜症、うつ病のリスクを高めるという研究がある。

 

・玄米を主食にしよう、精製された炭水化物は美と健康の一番の敵。

 

・小麦には中毒性があることが最近の研究で判明。グリアディンという小麦のタンパク質が、食欲を刺激し、食後には高揚感を呼び起こすので、もっと小麦製品が食べたくなる。

 

・よって小麦粉のパンは肥満の素。パンから玄米にスイッチするべき。

 

・アスパルテームなどの人工甘味料は、食欲を刺激する作用がある。さらに満腹感をもたらすセロトニンを分泌させない。お腹が空き続けてしまう恐れがある。

 

美と健康にこだわる皆様にお勧めの一冊です。

 

エリカさんは、昨年弊社の岩崎社長が理事長を務める「食と健康財団」で講演いただいたことがご縁で、何度か元氣亭で食事をしていただいています。

 

その時のブログも参考にどうぞ

https://blog.genmaikoso.co.jp/2011/04/post-216.html

 

https://blog.genmaikoso.co.jp/2011/05/post-230.html

 

コメント (0)  

「ガン患者は玄米を食べなさい」の著者 伊藤先生を訪問

「ガン患者は玄米を食べなさい」の著者である

琉球大学名誉教授の伊藤悦男先生を訪問してきました。

 

伊藤先生は、玄米の抗癌作用を科学的に証明された先生です。

伊藤悦男先生.jpg

(中央が伊藤先生です)

 

現在は、老人ホームに勤務されていますが、その老人ホームの食事は

伊藤先生の影響もあり、毎日1回は玄米食が出るそうです。

 

ちなみに伊藤先生が発見した 玄米の抗癌成分(RBA、RBF)は

玄米を炒ると溶け出やすくなるそうです。

 

普通の炊き方では、抗癌成分は食物繊維(セルロース)に挟まれたまま

のため、私たちの腸で吸収しにくいのですが、

 

高温で炒ることで、食物繊維(セルロース)が分解され、溶け出やすくなる

とのことです。

 

さっそく私も玄米をフライパンで炒ってから炊いてみましたが、

香ばしくて、美味しかったです!

 

詳しくは先生の著書「ガン患者は玄米を食べなさい」をお読みください。

ガン患者は.jpg

コメント (2)  

自然酒の蔵元、寺田本家をご紹介します

自然酒で有名な蔵元 寺田本家(千葉県神崎町)に行ってきました。

 

てらだ本家.jpg

寺田本家は玄米酵素が経営している自然食レストラン元氣亭(両国)で提供している自然酒「五人娘」の蔵元です。

 

寺田本家の酒は、原料の米が無農薬米であることはもちろん、酒造りには極力機械を排除、ほとんどの工程は手作業にこだわっています。

 

      写真は寺田専務。

 

むすひ.jpg寺田本家の酒で私が個人的に好きなのは
発芽玄米酒“むすひ”です。むすびと読みます。

 

今回初めて知ったのですが、発芽玄米酒”むすひ”は、

現在の代表(23代目だそうです)が、体調を崩した時

玄米食で健康を取り戻したことがきっかけとなって製造し始めたものだったとのこと。

 

 

 

 

 

 

取材の様子は、玄米酵素の情報誌「はい!元氣らいふ」の12月号に掲載予定です。

 

寺田さんありがとうございました。

 

コメント (0)  

商品を売るというより、真の健康と幸せをお届けしたい。(岩崎輝明)

 情報誌『はい!元氣らいふ(2011年11・12月号)』

株式会社玄米酵素 創業者・岩崎輝明のインタビュー記事です。


life178-01.jpg



商品を売るというより、真の健康と幸せをお届けしたい。

岩崎輝明



古来より伝わる食の三原則を「食事道」と名づけ提唱


この40年、私たちは玄米酵素の普及に努めてきましたが、健康に不安のある方が、食事を改善しないで玄米酵素を食べるだけ、というのでは本質的な解決にならないと考えています。病気になるのは原理原則を外したからで、健康の基本はやはり”食”にあります。そして、その食の基本といえば、日本で古くから受け継がれてきた「食の三原則」にあります。


「食の三原則」とは、一つ、「適応食」。これは、歯の形や腸の長さにより動物それぞれに適応食がある、というもの。猫はネズミ、パンダは笹、コアラはユーカリといいますが、人間の場合は米です。成人の歯の32本のうち20本は臼歯ですから、本来人間は穀物菜食に適しているのです。加えて日本人は、腸の長さが欧米人に比べて長く、肉食よりも菜食に適しています。二つ目は、「身土不二(しんどふじ)」の法則です。元々は仏教の教えからきた言葉ですが、自分の身と土とは一体であり、自分の住んでいる国、土地で採れた旬の物を食べようというもの。三つ目は、「一物全体食」のすすめです。食べ物は、全体を丸ごと食べる。米なら玄米、パンなら玄麦、魚なら小魚、大根なら葉も根も皮も食べる。全体を食べることで、ビタミンやミネラル、食物繊維、その他ファイトケミカルといった有効成分も取ることができるわけです。


こうした「食の三原則」を私たちは「食事道」と名づけ、提唱してきました。この食事道という考え方は、幕末に生まれ、明治時代に食育を唱えた食医石塚左玄が提唱した”食養”(「食は命なり」)に端を発しています。また、日本には昔から道の文化があります。お茶は茶道、お花は華道といいますから、食事の道は当然ある、と。そこで私は「食事道」という言葉を用い、広めようと努めてきたのです。



「医食同源」の道を追求する 日本綜合医学会の理事長としても活躍


この石塚左玄の「食養」の考えを継承し、病気にならない医学・医食同源の方法を社会に広める活動をしているのが、NPO法人・日本綜合医学会です。もう半世紀以上前から、食医学(食養)を推進しており、私は現在そこの理事長も務めています。


初代会長は、医学の聖者と呼ばれ、文化勲章も受章された二木謙三博士。第四代目の沼田勇博士も軍医として活躍し、コレラ感染者を防ぐ水分摂取の指導で、後にWHOから感謝状をもらった人です。代々、素晴らしい人たちが会長を務めているのですが、現在の七代目会長、渡邊昌先生も、輪をかけてすごい人。かつて国立がんセンターの疫学部長をしていて国立健康・栄養研究所の理事長で、生命科学振興会の現理事長。つまり、西洋医学のリーダーでありながら、食事の大切さ、食養の必要性を知っている先生なんですね。非常に知名度の高い西洋医学者ですが、「西洋医学には食事のことがすっぽり抜けている。医者は栄養学も食事のことも充分分かっていないから、食源病を治せない。だから、医学に食事を取り入れなければいけない」という考えを持っているんです。自らの糖尿病を食事療法で治したという経験もお持ちです。渡邊先生の会長就任は、私がぜひとも、とお願いしました。私自身は、医学部出身ではありませんが、食養の大切さを発信することで、多くの人々が健康な心身を取り戻せると、志を同じくしているわけです。



今後はサロン展開を基盤に、より多くの人に真の健康と幸せを届けたい


(株)玄米酵素の設立から40年が経ちましたが、まだまだ道半ばのよう感じています。目指すところは、玄米酵素の愛食者を60万人にすることです。この60万人というのは何かというと、国民1人当たりの生涯医療費は2500万円ですから、食事改善と玄米酵素の補食で、この生涯医療費は半減できます。それで計算すると、7兆5千億円の医療費削減と推測しています。これは大きな数字です。


医療費の節約を目指し、元氣な人・元氣な日本を作るために、今年は”玄米酵素人フィロソフィー”というべきものを作りました。「し・か・し感動と、夢の挑戦」というのが頭文字です。「し」は社会貢献と生き甲斐のために。「か」は家族の健康と幸せのために。もうひとつの「し」は仕事を通じて自分の成長のために。「感動」と友情の共有のために。そして60万人の「夢の挑戦」と実現で豊かな生活のために。


この夢を実現するにあたっては、全国に2000店くらいの「サロン」を作り、地域の人々が集う食育の場にしたいと思っています。高齢化も加速しますから、年配の方を対象にした健康講座や軽い運動、趣味の講座を開いたり…。健康茶などを飲みながら、食事指導や食事教育を行い、併せて玄米酵素の良さも知っていただく。そうしたサロン1店舗あたり300人の愛食者ができれば、60万人に達することができます。


実際にどのように展開するかは、まだこれからですが、50周年に向けて、玄米酵素人フィロソフィーを共有・実行していきながら、2000店のサロンを作っていきたいと思っています。自分の欲は小さく、社会を良くするための欲は大きく。そうして、多くの方に、真の健康と幸せをお届けする、これが今後も変わることのない私たちの目標とするところであります。


コメント (0)  

人間は“食べ物”でできている。健康もまた然り。(岩崎輝明)

情報誌『はい!元氣らいふ(2011年9・10月号)』

株式会社玄米酵素 創業者・岩崎輝明のインタビュー記事です。


life177-01.jpg



人間は“食べ物”でできている。健康もまた然り。

岩崎輝明



40年前に”玄米酵素”と出会い、食事の理論が分かった


お蔭様で会社設立から40年。短かったように感じますが、いろいろなことがありました。設立前、私は繊維問屋に勤めて8年半が過ぎ、独立を考えていた頃です。仕事は順調で、身を粉にして働いたお陰か、異例の早さで昇進。しかし、当時の私は、慢性胃炎や不眠症など体の不調に悩まされていました。その上、妻も肋膜を患い、娘二人も消化器系が弱く、次女はアトピー性皮膚炎もありました。まさに薬漬けの毎日です。


ちょうどその頃、出入りしていた得意先で、玄米自然食を扱っている人に出会いました。その人もかつては病気がちだったが、玄米自然食にして良くなったと言います。じっくりと話を聞いてみると、「自分の弟は医者をしているが、薬は症状を止めるだけで、治すものではない。人間の体は食べ物でできているのだから、その食べ物を本来の健康なものに戻せば、体も健康になる。そのためには、白米ではダメだ。白米はお米のカスの部分。玄米こそが米なのだ」と。


その話を聞き、「そうか、米は玄米のことか。胚芽が米のご本尊なんだ」と私には得心がいったのです。白砂糖も砂糖の一部、白パンも同様で、ビタミンもミネラルもありません。白米、白砂糖、白パン、これらを食していると、必ずやビタミン、ミネラル不足に陥り、その結果が病気になって現れます。これを実体験したのが私の一家だったのです。


それ以後、玄米食を始めたわけですが、子どもはまだ1歳と3歳で、玄米食は続きません。そんな折り、食べにくい玄米を麹菌で発酵させ消化を良くした玄米酵素があるという吉報が届きました。早速取り寄せて試したところ、3ヵ月後には、貧血気味で青白かった私の顔は血色が良くなり、不眠症や歯槽膿漏も自然に治り、風邪も引かなくなりました。子ども達や妻の体調も回復。確信を深めた私は、両親や病弱だった弟にも食べさせましたが、皆良くなっていきました。


その後、この玄米酵素の開発者である岡田悦次氏と会い、玄米のもつ豊富な栄養素や発酵の有用性を聞き、更には、玄米酵素で補食しながら、食事を和食に改善していけば健康になれると聞き、私は、食事の理論が分かった!と思いました。食べ物が血液を作っている。血液は命そのものだ、と。



冤罪事件をきっかけに玄米発酵食品の機能性を学術的に研究


この出会いにより私は起業を決意し、1971年10月に岡田氏と玄米酵素の本格的な製造販売を始めました。折りからの自然食ブームに後押しされて、事業は順調に推移していきました。さらに時の中曽根康弘首相が玄米酵素を食べていることが、新聞やテレビ番組で紹介されました。また、西部ライオンズの広岡達朗監督が、選手の健康管理に玄米酵素を利用するなど、各界の著名人の体験談が追い風となり、玄米酵素の名前は全国的なものとなっていきました。


ところが、順調に発展し続けていた96年、思わぬアクシデントに見舞われました。ハイ・ゲンキに甲状腺ホルモンを加えて販売したという、事実無根の疑いをかけられ、警察の強制捜査を受けました。無実が証明され、全面不起訴になるまで約一年かかりました。経済的に厳しい時期もありましたが、社員と販売店と力を合わせて、この危機を乗り越えることができました。


この事件をきっかけに、どこからも疑いをかけられることのないよう、なぜ玄米酵素で体調が良くなるのか、すなわち、玄米発酵食品の機能性について学術的に研究を始めました。その結果、この15年間で7つの特許を取得しました。岐阜大学の森秀樹学長は日本を代表するがん予防の研究者ですが、肝臓がん・大腸がんの発祥抑制の研究を行い、特許を取得。また、糖尿病の発症抑制に関しては東京医科大学の米田嘉重郎教授、ダイオキシン類の排泄効果に関しては九州大学の長山淳哉准教授、老化防止では富山医科薬科大学の田澤賢次教授が驚くほどの成果を上げ、いずれも特許を取得しました。老化防止とは、活性酸素を消去し、血液をサラサラにするということです。こうした研究成果を日本をはじめ世界の人々の健康に役立てていきたいと思っています。



米国では30年前に始まった食事改善運動でがん患者が減っている


アメリカで大ヒットした『フィット・フォー・ライフ』という栄養科学のカウンセラーが書いた本が数年前に日本に上陸しました。これは、世界の名著25冊にも数えられる本で、日本語訳の推薦文は三木元総理の奥様が書いています。その本によると、”我々は自然に即した本体の法則、すなわち「生命の法則」と呼ぶべき原則から外れてきているのではないか”と。例えば、午前中は排泄の時であり、果物を食べるようにと書いてあります。そして、肉は本来人間の体には馴染まない食べ物であり、牛乳も人間本来の飲み物ではない。カルシウムを取るためだけなら、果物や野菜で十分である。そして、日本食を礼賛しています。


日本では逆に食事が欧米化し、生活習慣病が増えて深刻な状況ですが、アメリカでは30年前に始めた大規模な食事改善運動で、今や大きな成果を上げてます。分かりやすいよう「食事指針ピラミッド」を造り、肉は少なく、穀物を多く食べる。その穀物も精白しない穀物にし、野菜の次に果物を多くする。そして牛乳と乳製品は減らす。最も減らすべきは砂糖と油と脂肪。この食事指針ピラミッドは、病院に入院している患者さん向けに作ったそうです。そうしたら、患者さんたちがどんどん実践していった。その結果、30年の間にがんは2%ずつ減り、心筋梗塞も3分の1に減った。おそらく医療費も相当減っていると思います。まさに、食事を改善すれば、健康は取り戻せるんですね。日本は逆に、がんは3%ずつ増えていて、心筋梗塞は1.6倍になっています。しかし日本でも、食事改善を基本に、玄米酵素で補食していけば健康になれるのです。これを多くの人々へと広めていくこと。これこそが、これからも続く私たちの使命だと思っています。


次号に続く

コメント (0)  

マイクロシーベルト単位の放射能に恐怖するより、食改善に取り組もう!

simamura.jpg

玄米食を治療に取り入れていることで有名な、千葉県の島村トータルケアクリニックに取材に行ってきました。

 

 

ちょうど取材のあと、院長の島村善行先生の講演がありました。

 

 

 

島村先生井は「放射能を恐れるより食事に気を付けよう」と訴えていました。

 

ガンの発生原因のうち、
・放射能はわずか0.5%(それも100mシーベルトの場合)
・体質にあわない食習慣が35%
・タバコが30%

 

マスコミが日々騒いでいるマイクロシーベルト単位の放射能を氣にするより、食習慣を玄米菜食に変えることのほうが、桁違いにガンを防ぐ効果があるとのこと。

 

タバコを吸っているのに「放射能は大丈夫?!」と騒ぐのは本末転倒。

 

ガンのリスクが高まることが明らかになっている 肉・卵・乳製品をたくさん食べているのに、「放射能は不安!!」と騒ぐのも全体が見えていない。

 

放射能被曝問題を、乱れた食習慣を見直すきっかけとらえようと、お話しされていました。

 

なお島村善行先生は、はい!元気らいふ3月頃の表紙にもご登場いただいています。

 

https://www.genmaikoso.co.jp/about/pdf/2011_3_4_shimamura.pdf

 

コメント (0)  

米粉100%のパスタ食べました

先日、米粉100%のパスタを食べました。

 

YUDERO191.jpg一口食べた感想は「これ本当に米粉?」

ふつうの小麦粉のパスタみたいでビックリです。

 

もちろん国産のお米から作ってると。

 

 

 

 

Yudero 191 というお店、場所はJR東京駅の構内です。

 

以下URLです。

http://gransta.jp/dining/store/index.php?pid=221

 

 

自給率アップは国家的課題。

 

パスタを食べるなら、できるだけ米粉パスタのお店を探して、米消費量拡大に繋げたいです。

コメント (0)  

エリカアンギャルさん 元氣亭にご来店

ミスユニバースジャパン 公式栄養コンサルタントのエリカアンギャルさんに、弊社自然食レストラン 元氣亭にご来店いただきました。

 

美女の血液型BOOK.jpgエリカさんの最新本「美女を作る血液型BOOK」の内容について、いろいろと教えていただきました。

 

血液型と言えば、性格や相性をみるものと思いがちですが、最新の科学的な研究により、血液型によって体質が異なるため、血液型によって食事を変える必要があることが、わかってきました。

 

たとえばA型の方は、肉を分解するのに必要な酵素(IPA)の腸での分泌が少ないので、肉食は控えたほうがいいそうです。

 

IPAの分泌量は、A型はO型の3分の1だそうです。A型の私は、O型の方よりも、肉の量を控えめにしなくてはなりませんね。

 

科学的根拠に基づいた、血液型別の食事のお話、とっても興味深い内容でした。

 

  

エリカさん元気亭ご来店.jpg最後にエリカさんを囲んで、記念撮影をさせていただきました。

とてもきさくなエリカさんでした。ご来店ありがとうございました。

 

なお11月6日、日本綜合医学会 東京大会では、エリカさんのトークショーが行われる予定とのことです。

 

どんなお話が聞けるか、今から待ち遠しいですね。

 

 

コメント (0)  

玄米給食で 子どもが、学校が、地域が変わった!

学校給食を玄米給食に変え、子どもたち、学校、そして地域を変えることに成功された、平山幸史先生(元千葉県 野栄中学校 校長先生)を訪問してきました。

 

玄米給食.jpg

 

 

平山先生の取り組みは、新聞でも紹介されるほど、食育の世界では有名で、以前から一度直接お話を伺ってみたいと思っていました。

 

 

 

 

 

 2か月前に、弊社の食育情報誌「はい!元氣らいふ」に先生の取り組みを紹介したいと依頼したところ、ご承諾いただき、今回お会いする運びとなりました。

 

玄米給食を導入した成果をお聞きしましたところ、生徒のアンケートで多いのは・・・・

・よく眠れて目覚めがよくなった。

・ムカツクことが少なくなった。

・授業に集中力が増し、成績が向上してきた。

・運動部活動で中央の大会に出場できる部が増えてきた。

 

また、

・自宅でも玄米炊飯器を購入して実践・継続している家庭が増えた。

・地域の民宿で、夕食の主食に玄米を出すところが出て来た。

・地域のステーキレストランが玄米菜食レストランに変わった。

という副産物まで現れてきたそうです。

 

セミナー.jpg

 

 

玄米給食の構想から、実際の導入までには、2年半かかったそうです。

 

平山先生は自ら、子どもたちに玄米食の大切さを伝える授業を行い、生徒たちの食に対する意識を高めていったそうです。

 

 

 

 

 

 最近では、元体育教師の平山先生をさらに喜ばせる成果がでてきました。

玄米菜食を実施することで、スポーツ面で成績がぐんぐん上がり、中央の大会で好成績を収める生徒が続々と現れてきたそうです。

 

教え子.jpg

 

そして先生が指導した選手の一人はこの春、名門体育大学へ進学し大活躍。

 

 

「間もなく全日本入りできるよ!」とお話する平山先生の瞳が、キラリと光っていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

平山先生の取り組みの詳細は、はい!元氣らいふ 7・8月号に掲載します。

ご期待下さい。

 

学校給食で玄米がでる日が来るといいですね。

 

コメント (0)  

「世界一の美女になるダイエット」のエリカアンギャルさんにお会いしました

4月10日、札幌で行われた「食と健康財団」主催の「食と文化フォーラム」に参加してきました。

 

今回のフォーラムのゲストは、著書「世界一の美女になるダイエット」で話題となった

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントの エリカ・アンギャルさんです。

shoku_to_bunkaforum-255x300.jpg

エリカさんは、2007年のミス・ユニバース世界大会で優勝した森理世さんはじめ、多くの美女たちに食事指導を行い、実績をあげていることで有名な方です。

この日も終始、伝統的な日本食の素晴らしさを、熱心に語っていたエリカさん。

エリカさんのような外国の方が、日本食の素晴らしさを語るのを聞いて、参加者の皆さんも「日本食って実はすごいんだ!」という、新たな気付きを得たのではないかと思います。

 

世界一の美女になるダイエット.jpg

以前、ある自然食品店のオーナーさんから、「娘がちっとも玄米食をしてくれない。ファストフードに清涼飲料水にスナック菓子が好きで困っているんですよ・・・」

 という悩みを聞いた時、

 

「この本をお嬢さんに読ませたらいいと思いますよ」と「世界一の美女になるダイエット」を紹介しました。

 

1週間後、「娘が玄米食べるようになりました!ファストフードもやめるって言ってくれましたよ!いい本を紹介してくれて、ありがとうございます。」

と嬉しい報告をいただきました。

 

エリカアンギャルさんと.jpg

エリカさんの「日本食は世界一の薬です!」と言う言葉が、印象的でした。

 

コメント (0)  

アメリカの食環境についての映画 『フードインク』のご紹介

フードインク.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日『フードインク』という映画を見てきました。

アメリカの食環境が、いかに恐ろしいことになっているかを取材したドキュメンタリー映画です。

アメリカの農務省やFDA(米国食品医薬品局)のトップは、食肉加工の多国籍企業の役員や、

遺伝子組み換え作物の種子を販売している多国籍企業の役員などが含まれているとのこと…。

結果、多国籍企業を守るためと思われかねないことも多いようです。

①遺伝子組み換えの作物を使っているという表示を義務化して欲しいという、国民の要望が

 認められず、いまだにアメリカには表示の義務がない。
 
②FDAによる食の安全性のチェック査察調査数が、どんどん減少している。
 1972年は5万件を超えていたが、2006年はわずか9千件。

一方、世界一のスーパーマーケット、「ウォルマート」では、最近オーガニック食品コーナーが

でき始めているとのこと。もちろん、食の安全性に目を向けている消費者も増えてきています。

消費者が変われば、企業が変わります。賢い消費者を増やすことが必要なのでしょうね。

映画『フードインク』は、現在東京でのみの上映ですが、今後は、各地で上映される予定との

ことです。

コメント (0)