loading ...

製造工場&研究開発室

【工場見学ツアー】玄米酵素製造工場 (株)コーケン

北海道当別町にある、玄米酵素製造工場(株)コーケンの

工場見学ツアーを行いました。


今回は玄米酵素の愛用者の皆さんと販売店さん10名にご参加いただきました。


20170530-01.jpg


20170530-02.jpg


ご参加いただいた方々の感想をご紹介します。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

■袋1袋をごく当たり前に食べていましたが、皆さんの愛情込めた1袋に

 改めて感謝していただきたく思いました。情熱を感じました。


■素晴らしい製品作りの工程にびっくりしました。

 製品を正しくきちんと作ることの熱意が感じられました。スタッフの説明も良かった。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


工場見学後は、近くの自然食カフェで美味しい玄米ランチをいただきました。


20170530-03.jpg



玄米酵素の生産工場は、安心安全の製品を作るため、

ISO9001や北海道HACCPの認定を取得しています。


■安心・安全のこだわりについて、詳しく知りたい方はこちらから↓ https://shop.genmaikoso.co.jp/about/kodawari.aspx


■工場の紹介はこちらからご覧いただけます↓

https://shop.genmaikoso.co.jp/company/flowchart.aspx


コメント (0)  

2017新年のご挨拶-玄米酵素製造工場(株)コーケン

新年おめでとうございます。


日頃より弊社製品をご愛顧いただきまして、

誠にありがとうございます。


これからも、事故やけがの発生がなく、

皆様によい商品をお届けできるよう日々精進してまいります。


本年もよろしくお願い申し上げます。


20170105ko-ken.jpg


株式会社コーケン社員一同

コメント (0)  

「発酵文化推進機構」の情報誌の取材を受けました

発酵学の第一人者として有名な小泉武夫先生の「発酵文化推進機構」の情報誌

”KAMOS【醸す】”の取材を受けました。


KAMOS【醸す】は、日本の発酵文化を世界に発信する情報誌です。

写真はKAMOS【醸す】の創刊号。


20160805-01.jpg


次号の「酵素特集」のコーナーに、日本の代表的な酵素食品として

玄米酵素が掲載される予定とのこと。


玄米酵素 生産工場(北海道当別町)に取材に来ていただいた

編集長の和泉功さま、誠にありがとうございました!


20160805-02.JPG

(工場エントランスにて弊社広報担当・水野 と記念撮影)



玄米酵素の生産工場について、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.genmaikoso.co.jp/about/kodawari.asp

コメント (0)  

黒姫和漢薬研究所との業務提携

株式会社玄米酵素グループは、このたび 株式会社黒姫和漢薬研究所と
業務提携をすることとなりました。

黒姫和漢薬研究所は、弊社製品「玄妙茶」をはじめ、長年にわたり健康茶・
野草茶の製造に取り組んでいます。

英国チャールズ皇太子が訪問されたこともある老舗企業です。

両社が培ってきた、健康食・自然食に関するノウハウ・技術を持ち寄り、
さらに高品質な商品・サービスを提供し
これまで以上に「健康社会の実現」に貢献していきたく存じます。

写真は、4月18日に弊社東京支社で調印式を行った際の様子です。

160418.jpg

コメント (0)  

安心・安全を第一に玄米酵素を日々製造中!

玄米酵素は、北海道の自社工場で製造しています。

安心・安全で高品質の商品を製造するための、
”真面目な”取り組みをご紹介します。

-------------------------------------------
■実は…
「玄米を発酵させる時、社員は24時間体制で発酵状態を見守っています」

麹菌は非常に繊細で、機械任せでは発酵がうまくいきません。
24時間体制で、温度、湿度などをチェックし続ける必要があるため、
夜勤体制を組んでいます。
玄米酵素を発酵させる機械は世界で唯一、オリジナルです。
機械に原料を投入→原料を蒸す→麹菌の植え付け→発酵→取り出しまで、
外気や人の手に触れることはありません。


■実は…
「原材料は入荷時にすべて、放射能のチェックをしています」

工場に入荷する全ての原料は、入荷のたびに放射線量を測定しています。
自主基準値を設定し、原発事故の影響がないことを断定できる体制を
とっています(詳しくはホームページをご覧ください)。


■実は…
「原料の残留農薬を定期的に検査し、安全性を確認しています。
さらに契約農家の土壌が農薬に汚染されていないかまで分析しています」

農薬も原材料からは検出されていません。さらに契約農家の土壌が農薬に
汚染されていないかも、外部機関で分析しています。
安全性は弊社が責任を持って保証いたします!

-------------------------------------------

160131_2.jpg

玄米酵素の生産工場は、平成12年1月に国際的な品質管理システム
【 ISO9001 】の認証を、平成27年には【 北海道HACCP 】の認証を
それぞれ取得しています。

これからも、皆さまの健康的な生活をサポートするために
誇りと自信を持ち、真心を込めて、社員一丸となって努力してまいります!

工場見学・玄米酵素ができるまで

工場のスタッフブログはこちら

コメント (0)  

新年のご挨拶-玄米酵素製造工場(株)コーケン

新年おめでとうございます。

2015年を振り返ると、いろいろな事がありました。
その中でも最大の成果は、1年間、無事故で稼動できた事です!

2016年も昨年同様、事故やけがの発生がなく、皆様によい商品を
お届けできるよう、日々注意しつつ仕事に励んで参ります。

本年もぞうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社コーケン 社員一同

2016.JPG

コメント (0)  

玄米酵素に関する美容の研究を日本生物工学会大会で発表

平成27年10月26日~28日に行われた第67回 日本生物工学会大会で、
玄米酵素(学術名:FBRA)に関する美容の研究成果を、
研究開発室の伊藤(管理栄養士)が発表しました。

玄米酵素のエキスを用いた美容に関する研究には、
多くの参加者からの質問が寄せられました。

近年、米や糠などの穀類を発酵させた発酵エキスの美容に与える影響が
注目されており、発酵エキスを使用した美容商材も販売されています。

将来的には、玄米酵素のエキスを使用した化粧品の開発など、
玄米酵素の新たな用途開発が可能かもしれません。

201510FBRA.jpg

コメント (0)  

ISO9001維持審査-玄米酵素製造工場(株)コーケン

11月5日・6日の2日間で、コーケンのISO9001(※)維持審査がありました。


ISO9001認証の目的は、良い製品を製造するための仕組みがしっかりと

管理されていることにあります。

安心安全な製品を皆さまにお届けするためにも、毎年の審査が重要です。


また審査がスムーズに進むのも大事なことなので、事務局スタッフは

段取りも怠りません。


審査は(株)コーケンの代表取締役社長である道見へのインタビューから始まり、

管理責任者、品質管理、生産部と各部門で行われました。


ISO_1.jpg


今回は、現場の監査もありました。

細かい質問に、その場で回答をしていきます。

ISO_2.jpg


審査結果は、もちろん合格!認証を継続することができました。


指摘ゼロとはいきませんが、それによって気づくことが大切です。

この指摘を元に仕組みを改善して、さらに良い製品をお届けできるよう

尽力いたします!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【ISO9001 とは】
ISOは、国際標準化機構という名称のスイスに本部を置く非政府組織の
国際機関のことで、昭和49年に発足、現在120カ国以上が参加しています。
お客様が製品を購入する場合、その企業の製品が本当に安心して購入できるかの
保証が欲しいという要望があります。そこでお客様に代わって、その企業の品質
システムを確認しようというのがISO9000シリーズです。
ISO9000シリーズの審査・登録を受けることは、世界市場において信頼できる企業
として、国際的に認められたことになります。
取得後も、第三者機関が行う外部監査と会社の中で行う内部監査が定期的に行われ、
ISO規格への適合性が維持されています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメント (0)  

火災避難訓練-玄米酵素製造工場(株)コーケン

10月27日に、コーケンで火災避難訓練を実施しました。


もしも工場が火事になったら、商品の製造ができなくなってしまい、

愛食者の皆様に多大なご迷惑をお掛けすることになるでしょう・・・。


もちろん、このようなことが起こらないように

日頃から火災発生防止に全社員で取り組んでいます!


しかし、万が一の想定と準備は必要です。

火災が発生した場合、まず人命第一に対応する必要があります。

慌てず行動できるようにと、避難訓練を実施しました。


設定は、工場稼働中の火災。

非常口から急いで外に避難しました。


1027_1.jpg


立ち会っていただいた当別消防署員より総評を受け、

その後は消火器の取扱い指導をしてもらいました。


1027_2.jpg


本物の消火器を使って、消火訓練も行いました。

現実に火災が起きた時、速やかに初期消火ができるように、

やはり訓練は大事だと感じました。


1027_3.jpg


空気が乾燥し、火気に注意が必要な時季となってきました。

皆様もこの機会に、火災報知機、消火器などの点検を行ってみるのはいかがでしょうか?


そして何より、火の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

コメント (0)  

家族対象の工場見学 第2回-玄米酵素製造工場(株)コーケン

10月10日に、株式会社コーケン社員の家族を対象とした工場見学を行いました。


2回目となる今回の参加者は47人!

子供たちも加わって、とてもにぎやかでした。


----------------------------------------


まずは衛生管理の手順に従い、参加者全員が白衣、キャップ、マスクを着用します。
慣れない準備に皆さん苦戦していましたが、衛生管理の徹底に協力していただきました。


01.jpg


それでは見学開始です!


02.jpg


奥様方が真剣なまなざしで覗いていますね。

「うちの旦那、しっかり働いているのかな?」といったところかもしれません。


続いて、玄米酵素 スピルリナ入りの製造工程です。

箱詰めの様子を見ながら、担当者の話をしっかり聞いている様子が伝わります。


03.jpg


----------------------------------------


工場内の見学が終わってから、屋外で写真撮影をしました。

徹底した衛生管理から解かれて、少し緊張がほぐれた表情もみられます。


04.jpg


午後は、社長の道見による講話です。
皆さんへの感謝を込めて、いつも以上に熱と気合いが入っています!


05.jpg


改めて食事の大切さを感じてもらえたのではないでしょうか。


06.jpg


最後にもう1枚、全員での記念撮影!


07.jpg


家族の協力があってこそ、日々仕事に集中できるのだと感じています。

その家族に職場を理解してもらうことができ、とても良い機会となりました。


明日からも家族の支えのもと、お客様に安全・安心な商品をお届けできるよう、

製造に励んでまいります!!

コメント (0)  

救命講習会-玄米酵素製造工場(株)コーケン

2015年8月24日に、コーケン安全防火委員会主催で

「普通救命講習会」を行いました。


当然ですが、労働災害は起きてはいけないことです。

そのため普段から予防対策や危険防止を心掛けなければなりません。


しかし、もし事故が発生した場合、

人命の優先を考え被害を最小限にすることが最優先となります。


そのためには、全従業員が基礎知識をもって、

まさかの時の対処法を身につけることが重要です。


今回はそのための"救命講習会"です。


講習会の講師として、当別消防署救命士3名の方に

工場へ来ていただきました。


20150824-01.jpg

人形を相手に全員が実習に参加する3時間。


救助者はまず大きな声を出し、応援を呼ぶこと。

次に集まっていただいた方へ指名して的確な指示を与えることが大切です。


20150824-02.jpg

そして、胸骨圧迫による心肺蘇生法を実践しました。


20150824-03.jpg

AEDの使用方法も習いました。


20150824-04.jpg

日ごろの体調管理には気をつけることや、事故の発生しない環境下で

業務に取り組むことが当たり前です。

しかし、いつ、どこで、突然のけがや病気に襲われるかわかりません。

もし人命に関わる事態になったときには、積極的に救助に参加することを

この講習会で学ばせてもらいました。

コメント (0)  

世界レベルの衛生管理を目指して「北海道HACCP」の認証を取得

玄米酵素の全商品が「北海道HACCP」の認証を取得しました!
HACCPmark.jpg
HACCPとは、食品製造工場が衛生管理を
確実に行っていることを認証する制度です。
アメリカが「輸入食品にはHACCP認証取得を義務づける」と報道
されるなど、HACCPは食品の安全性における世界基準ともいえます。

従来日本では、HACCPの対象は、乳・乳製品、食肉製品、魚肉練り製品、
清涼飲料水、容器包装詰加圧加熱殺菌食品に限定されていました。

しかし、他の食品にもHACCPの考え方を取り入れて広く衛生管理の向上をはかるため、
北海道が独自にHACCPを参考に作った認証制度が
「北海道HACCP自主衛生管理認証制度」です。
ロイズやカルビーも、北海道HACCPを取得しています。

引き続き玄米酵素の生産工場は、さらなる安心安全を目指して進化し続けます。

Factory.jpg

玄米酵素生産工場である株式会社コーケンの壁面には、
「ISO9001取得」の文字に並び、
「北海道HACCP認証工場」の文字が表示されています!

コメント (0)  

労働安全研修-玄米酵素製造工場(株)コーケン

4月3日、コーケン安全防火委員会主催で「労働安全研修の講義」を行いました。

 

工場を管理するうえで、「衛生」と同じくらい大切なのが「労働安全」。

トラブル防止のため、事前に対策を打つことがポイントです。

 

今回は、中央労働災害防止協会から講師をお招きして、
現場検証及び講義をしていただきました。

 

↓現場検証の様子

150403_01.jpg

 

さていきなりですが、ハインリッヒの法則というものをご存知でしょうか。


これは、労働災害における経験則の1つであり、
1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、
その背景には300の「ヒヤリとした」「ハッとした」異常が存在するという法則です。


ハインリッヒの法則.jpg


つまり、重大な事故というものは、軽微な事故を防いでいれば発生しないものであり、
軽微な事故はヒヤリとするような事故を防いでいれば発生しないものであるということです。

 

リスクは事前に回避することが大切ですね。

 

 

講義では、日本国内での労災の発生状況、事故例などのお話をしてくださいました。


150403_03.jpg

 

今回学んだ大切なことは、「事故を発生しないようにするような体制を全社一丸でつくること」!

 

事故が起きないように、社員一同、気を引き締めて生産活動に従事いたします。

コメント (0)  

玄米ランチの日-玄米酵素製造工場(株)コーケン

3月23日に、コーケン親睦会にて「玄米ランチの日」を開催しました。

 

目的は…

玄米を食べて良さを知ろう!と、エコロ商品の良さを知ろう!です。

 

※株式会社エコロは、株式会社玄米酵素のグループ会社。

エコロ商品は東京都両国にある自然食ショップ元氣倶楽部で購入できます。

 

エコロ商品の良さを知るためには、実際に商品を取り寄せて食べてみることが一番。

ということで、エコロから商品を購入し、味噌汁を作りました。

20150323_01.jpg

20150323_02.jpg

 

また、"玄米を食べて良さを知ろう!"ということで、玄米のお弁当を全員に配布。

20150323_03.jpg

栄養満点の玄米弁当と味噌汁をしっかり食べて、

午後からも元気いっぱい業務に励みました。

 

コメント (0)  

玄米酵素社員対象の工場見学-玄米酵素製造工場(株)コーケン

1月25日(日)、全国各地で働く玄米酵素社員のうち、
製造工場を訪ねたことのない社員を対象に、工場見学を行いました。


今回参加した社員は各拠点で業務を行っています。

そこで、工場の業務体制の一部を理解してもらうことで、
日常業務がさらに効率よく行えるような内容を準備しました。

 

というわけで、工場見学のテーマは「衛生」と「生産」に決定!

 

■「衛生」について

まずは工場施設内に入る前に、全員の体調チェックを行いました。全員問題なし。

その後アルコールで手の消毒を行い、やっと入室を許可。

工場で食中毒が発生しては大変なので、厳重に検査を行ないます。

その後、衛生管理の必要性を衛生委員会委員長の高橋より説明。

 

衛生管理の必要性をしっかり学んだところで、

実際に製造現場に入るための準備をしてもらいました。 

factorytour02.jpg

衛生対策ばっちりの身支度には、全員が相当苦戦していたようです(^^;)

 

■「生産」について

工場では、生産計画に基づき商品が製造されます。

現場の日々の情報は、生産部製品課課長の中村より説明。

factorytour01.jpg

一通り紹介し、最後は見学通路でしっかり説明しました。

factorytour03.jpg

全員興味深々で質問も多く、予定を30分も延長してしまいました。

 

最後に参加者全員で記念撮影。

factorytour04.jpg

 

後日、参加者から感想が届きましたのでご紹介します(一部抜粋)。

――――――――――――――――――――――――――――――

生産現場を訪問でき、とても嬉しかった。

生産について知ることができただけでなく、勉強になることも多かった。

倉庫の中も綺麗に整頓されており、在庫管理のプレートなど、
参考になることも多く目からウロコが落ちる思いだった。

――――――――――――――――――――――――――――――

コーケンの素晴らしい衛生管理と品質管理の体制を見て感動した。

全員が必死の努力で作っている。玄米酵素の良さを再認識でき、見学して良かった。

私達の役目は、多くの方に玄米酵素の良さとコーケンの情熱をお伝えして行く事だと思った。

――――――――――――――――――――――――――――――

 

ありがたいメッセージに、コーケン社員も身の引き締まる思いでした。

これからも皆さまに安心安全な製品をお届けできるよう、頑張ります!

 

株式会社 コーケン社員一同

コメント (0)  

北海道の雪下ろし-玄米酵素製造工場(株)コーケン

玄米酵素製造工場の株式会社コーケン(玄米酵素グループ)は、
北海道石狩郡当別町(札幌から車で1時間くらいの場所)に立地しています。

 

ご存じのように、北海道の冬は雪がたくさん降ります。

当別町は札幌市の北に位置し、市街地以上に雪が積もります。

 

雪はふわっとして軽いものと思いがちですが、実はとても重いため

建物に負荷がかかってしまいます。

その対策として、コーケン安全防火委員会が中心となり除雪を行っています。

 

作業の音頭をとるのは佐藤安全防火委員長。

屋根の雪庇(せっぴ/屋根からはみ出てひさしのようになったもの)を除去、
門の屋根を確認し、確実に安全性が担保できたら作業を開始です。

yukioroshi_01.jpg

屋根の雪は、1メートル近く積もっていて人力では限界があるため、

屋根に除雪機をのせ作業を行います。

yukioroshi_02.jpg

これらの作業は、通常の生産と同じくらい必要です。

この作業を怠り建物に影響が発生した場合、製品が生産できなくなり、

お客様にご迷惑をかけることになります。

 

何事もなく確実に生産できるよう、コーケン社員一同、

寒さに負けずに頑張って除雪に励みます!

コメント (0)  

ISO9001再認証審査-玄米酵素製造工場(株)コーケン

昨年11月にISO9001再認証審査がありました。

 

 ISO9001の定義は…

 

「製品やサービスの品質保証を通じ、顧客満足向上と

品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格」

 

つまりISO9001認証審査は、お客様が満足していただけるような

製造管理をしているかの監査のことです。

 

3日間の審査で、経営者(社長の道見へのインタビュー)からはじまり、

生産部、業務部、品質管理全てが対象です。

 

審査期間が長いため、細か~なところまで確認されます。

 

たとえば、次のような質問があります。

 

質問:

この工場で品質マネジメントシステムはどのように文書化されていますか?

その文書体系はどこに定めていますか?見せてください。

(ISOの準拠した質問でわかりづらいかもしれません…)

 

担当者は、該当資料をみせながら審査員に説明をします。

審査員も製造の専門家なので、製造の細かな確認をしていきます。

 

ISO9001.jpg

審査では必ず指摘を受けますが、

製造部門にとって大切な"気づき"になります。

 

なお、審査結果はもちろん合格でした!

 

ISO9001のシステムを用いて原点を忘れず、

これからも安心安全な製品を皆さまにお届けいたします。

コメント (0)  

毎年恒例★餅つき大会-玄米酵素製造工場(株)コーケン

昨年12月27日に、毎年恒例の「コーケンもちつき大会」を行いました。

コーケン主任職が一丸となって企画し、早朝6時前から準備をしました。

 

力強く、ぺったんぺったん。

motituki_01.jpg


ぺったんぺったん。

motituki_02.jpg


コーケン社長の道見も、ぺったんぺったん。

motituki_03.jpg


餅の出来具合を確認…

motituki_04.jpg


出来たてのお餅、味見は最高のごちそうです(笑)

motituki_05.jpg


こちらはお餅をこねる作業…


ちゃんとこねてますか?

motituki_07.jpg


その横では、コーケンのそば打ち名人が手打ちそばを作りました。

motituki_08.jpg


つきたてのお餅、打ちたてのそばに、みんな大満足♪

motituki_09.jpg
motituki_10.jpg

 

 

当別町は本格的な冬を迎えました。

motituki_11.jpg

何かと大変な季節ですが、寒さに負けず元氣に頑張ります!

コメント (0)  

新年のご挨拶-玄米酵素製造工場(株)コーケン

新年おめでとうございます。 


昨年もいろいろなことがありましたが、

一年間事故も無く仕事が出来たことが幸いです。

 

本年も、去年同様に事故やけがの発生がなく、
皆様によい商品をお届けできるよう

日々注意しつつ仕事に励んで参ります。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。


201501koken.jpg


株式会社コーケン社員一同

 

コメント (0)  

社員対象の勉強会を開催-玄米酵素製造工場(株)コーケン

先月、玄米酵素商品の生産工場である株式会社コーケンで、

社長の道見による社員対象の勉強会を実施しました。


141024社長講話 01.jpg

141024社長講話 02.jpg


冒頭は、玄米酵素やコーケンの創業の話。
勤務歴20年以上の方もはじめて知る内容もありました。

たとえば、「なんでコーケンって名前なの?」という話。

 

皆様、なぜかわかりますか?

 

じつは…

 

コーケンの創業者は、玄米酵素の開発者である岡田悦次先生です。
岡田先生が、「すべての人が健康(ケンコー)になれるように」との願いから

"ケンコー"の言葉を使って"コーケン"と名前を付けたのです。

 

そのため製造部門は、お客様に健康(ケンコー)になってもらえるような商品を

"コーケン"から発信しないといけない、と。

 

こちらは今回の資料。

社長の道見から、1枚1枚丁寧に解説がありました。


141024社長講話 03.jpg


今回の研修では、我が社の良いところ・改善すべきところを書き出す時間がありました。

自分たちの長所短所をしっかり把握しておくことは、飛躍のために必要ですよね。

 

毎回、原点を思い出すきっかけとなるコーケン社長の道見による勉強会。

コーケンの原点「健康(ケンコー)」を忘れず、
これからも全国の皆様に良い製品をお届けできるよう、

工場職員一同頑張ります!

コメント (0)  

工場の壁にISO9001とHACCPの取得掲載-玄米酵素製造工場(株)コーケン

株式会社玄米酵素の創立記念日である10月1日に、
玄米酵素の生産工場であるコーケンの建物に変化が起きました!


こちらは工場から1km程離れたところから撮影した写真。
何が変わったかおわかりになりますでしょうか。

kokenkabe_1.jpg

 

さらに近づいた写真。

kokenkabe_2.jpg

 

少し見えづらいかもしれませんが、「ISO9001(※1)「北海道HACCP(※2)

取得したことを工場の壁に表示するようになりました。
ISO9001は品質管理の、HACCPは衛生管理の公的な認証制度です。

大きな文字で工場の前を通る人たちにアピールしています。

 

国道275号線からばっちり見えます(わき見運転はダメですよ)。

 

この文字に恥じない良い製品をつくっていくために、
工場職員一同、気持ちを一層引き締めてこれからも頑張ります!


   *   *   *


(※1) ISO9001 とは

ISO9001 ISOは、国際標準化機構という名称のスイスに本部を置く非政府組織の

国際機関のことで、昭和49年に発足、現在120カ国以上が参加しています。

お客様が製品を購入する場合、その企業の製品が本当に安心して購入できるかの

保証が欲しいという要望があります。そこでお客様に代わって、その企業の品質

システムを確認しようというのがISO9000シリーズです。

ISO9000シリーズの審査・登録を受けることは、世界市場において信頼できる企業

として、国際的に認められたことになります。

取得後も、第三者機関が行う外部監査と会社の中で行う内部監査が定期的に行われ、

ISO規格への適合性が維持されています。


(※2) 北海道HACCP とは

北海道HACCPは、北海道が認証した食品製造の衛生管理システムです。

HACCP(※3)の手法を取り入れて北海道が独自に基準を設定し、

その基準を満たしている事業者が認証されます。(認証第01-00082号)


(※3) HACCPはより安全な食品を提供するために考えられた食品の衛生管理システムです。

アメリカで、宇宙飛行士が食べる宇宙食の安全性を確保するために開発されました。

コメント (0)  

家族対象の工場見学-玄米酵素製造工場(株)コーケン

10月4日(土)、玄米酵素商品の生産工場では初めての試みとなる、

職員の家族を対象にした工場見学が行われました。

 

目的は、玄米酵素の製品の本当に良いものであることを
ご家族の皆様にも理解していただくこと。

そしてこの工場見学には、

「家族の協力があって、日々の業務が無事に行える」

ことへの感謝の意味も込められています。

 

株式会社コーケンの社長である道見の開催挨拶から工場見学はスタートしました。

factoryTour_01.jpg

 

その後、参加者の方々にも衛生管理をしっかりと行っていただき、

準備を整えてから製造部門のすみずみまでご紹介しました。 

factoryTour_02.jpgfactoryTour_03.jpg

 

生産現場を見学した後は、社長の道見による講話を行いました。

予定より30分延長するほどの盛り上がりでした。

factoryTour_04.jpg
factoryTour_05.jpg

最後は全員で記念撮影。

factoryTour_06.jpg

 

私たち職員が無事に勤務できるのは、家族の協力があってのことです。

そのことを今回の工場見学を通じて改めて感じました。

 

皆さまに安心・安全の良い製品をお届けすることが、家族への恩返しと思い、

これからも工場職員一同、一所懸命頑張ります!

コメント (0)  

秋の交通安全運動-玄米酵素製造工場(株)コーケン

9月22日(月)、玄米酵素商品の生産工場である株式会社コーケンの社員が

秋の交通安全運動の一環として「セーフティーコール」に参加してきました。

 

これは工場がある北海道当別町の主催で行われたもので、

交通事故を未然に防ぐため、通行するドライバーに安全運転を呼びかけました。


roadsafety-2.jpg


国道275号線で旗を振り、各ドライバーに交通安全をアピール。

 

当別町長によれば、町内での交通死亡事故は700日発生していないとのこと。

これをみんなの協力で続けましょうと宣言がありました。

 

今回のセーフティーコールでは地元の高校生も参加し、

ドライバーに安全運転を呼びかけていました。


roadsafety-3.jpg

roadsafety-4.jpg

 

これから冬に向けて昼間の時間が短くなります。

早めのライト点灯をお忘れなく。

 

またドライバーの皆さんは「スピードダウン&安全運転」で、

歩行者にも優しい運転を心掛けましょう。

コメント (0)  

コーケンブログ⑯ - 【2013年9月29日 とうべつさわやか駅伝】

10月1日は玄米酵素の創立記念日、今年で42周年を迎えます。

今年も10月の1ヶ月間は 【 ハイ・ゲンキ月間 】として、

全国各地でさまざまな記念イベントが開催されます。

 

玄米酵素商品の生産工場である株式会社コーケンでは、

一足早く当別町のイベントに参加して玄米酵素商品をアピールいたします!

 

当別町は札幌市内から車で1時間ほどの場所にあるのどかな町。

ここ当別町で9月29日(日)に 「とうべつさわやか駅伝」が開催されます。

昨年に引き続き、駅伝には1チーム参加し、昨年より更に良い成績を狙っています。

今年のチームは、新入社員2名が加わり戦力アップしています!

 

今年も、「われら玄米酵素人」Tシャツを社員全員が着て、

玄米酵素の魅力をお伝えいたします。

沿道ではハイ・ゲンキのぼりと共にランナーを応援する予定です。

 

下の写真は昨年の様子です。

あいにくの雨でしたが、たくさんの応援に励まされ、ランナーも力走を見せてくれました。 

 沿道1.jpgのサムネール画像

 

ランナー1.jpgのサムネール画像

 

駅伝会場には、玄米酵素商品の試食会場を設置します。

「ハイ・ゲンキ、玄米ファインココア入り、玄妙茶、GENKIプラス」の

4種類のサンプルをお試しいただけます。 

 

出店中1.jpg

 

さわやか駅伝は 10:10スタート(当別町JA北石狩店前)

試食会場は9:00~12:00の間で実施する予定です。

 

お近くにお越しの方は、ぜひお立ち寄りください!!

コメント (0)  

コーケンブログ⑮ - 【 発酵課 】

今回のコーケンブログは発酵課が担当いたします。

 

玄米酵素の主原料の玄米は、当別・新篠津などの契約農家で栽培
されています。
いつも品質のよい玄米を栽培してくれる農家さんに感謝です。

 

玄米は秋に1年分を確保するのですが、工場の保管スペースが限ら
れており、全てを保管することはできません。
そこで信頼できる協力会社に玄米を保管していただき、年に数回受け
入れを行う方法を取っています。

 

玄米の受け入れ作業は、発酵課の大イベントです。
大切な玄米を一袋一袋大切に運びます。
無言で必死に作業をします。
ここでは、社員がいつにも増して一致団結して取り組みます。

 

下の写真は積み終わった後の光景です。
荷崩れのないよう、安全性も十分考慮しています。 

 

玄米入荷.jpg
 

8月になると、稲の花が咲きます。
今年は異常気象で大雨の地域が発生し心を痛めましたが、
北海道では有り難いことに良い天気が続きました。
今年の新米に期待が膨らみます。

 

今日も大切な玄米をしっかり発酵させ、最高の玄米酵素を作ります。

コメント (0)  

コーケンブログ⑭ - 【衛生委員会】

今回のコーケンブログは衛生委員会が担当いたします!

 

衛生委員会では日々の体調チェック、入室手順の確立、食中毒予防、

社員の衛生レベルを上げるため活動しております。

一部ではありますが、活動内容を紹介いたします。

 

写真は先月実施した衛生テストです。

5S、入室手順、食中毒予防 etc ・・・社員の衛生意識向上とレベルアップを目指して

委員会メンバーが作成しています。

P7050007.jpg
ここでテストの中から問題を出したいと思います。

食中毒予防の3原則とは?何でしょう?

 

thinking.jpg
 

難しかったですか?それとも簡単でしたか?

それでは答え合わせです。

本格的な夏に向けて食中毒を予防するために是非覚えてください♪

 

【1】 菌を付けない

工場では入室前に2度の手洗いをしてグローブを必ず着用しています。

家庭でも同じく2度の手洗いと清潔な調理器具を使用して調理してください。

(2度の手洗いは物理的に菌を落とすため大きな効果が得られます。)

 

【2】 菌を増やさない

工場では原材料は早く使用しており、決められた水分値で管理しています。

家庭でも食材は早めに使用し、調理後の料理も早めに食べることと

余った場合は必ず冷蔵庫で保管してくださいね。

 

【3】 菌をやっつける

工場では2度の手洗い後にアルコール消毒を実施し、

グローブ交換とアルコール噴霧を1セットにしています。

加熱調理の際はしっかりと加熱し、電子レンジの調理の際は

加熱ムラをなくすために時々かき混ぜましょう。

 

 

テスト後のフォローアップも衛生委員会の大事な役目です。

解説付き解答を掲示し、社員に再教育を施しています。

この積み重ねがコーケン全体の衛生レベル向上に繋がっています。

 

 

P7050009.jpg
 

衛生意識向上とレベルアップのための勉強会も実施しています。

まずは衛生委員会によるノロウイルスについての勉強会です。

 

コーケンではノロウイルスに対応するための3原則を掲げ、

朝礼時に体調チェックを実施し、ノロウイルス用の検便検査も実施しています。

 

P4160011.jpg
 

続いては、北海道江別保健所の生活衛生課長による食中毒予防についてです。

過去の事故例や食中毒予防について詳しく、丁寧に教えてくれました。

 

2012年に札幌で発生した浅漬け事件の状況は、

腸管出血性大腸菌(O-157)が原因で169名も感染していました。

このO-157を防ぐには75℃の加熱を1分間実施すると0個になる

と教えていただきました。

とても解りやすいですよね。

 

P4160030.jpg

 

愛食者の皆様に安全で安心できる製品をお届けするために、

衛生委員会の役目をしっかりと果たし続けていけるように日々努力していきます。

コメント (0)  

コーケンブログ⑫ - 学会初発表!! in 仙台

今回のコーケンブログは、研究室のホットな話題をご紹介いたします。

なんとこの度、我々の研究成果を「日本農芸化学会大会」で発表いたしました!


農芸化学会は、バイオサイエンス・バイオテクノロジーを中心とする

多彩な領域の研究者、技術者達が研究成果を発表する場です。
毎年、一般講演2,000演題、参加者5,000人を超える大きな学会です。
大会プログラムを見ても様々な分野の演題が沢山あることがわかります。
その中で、研究に役立ちそうな発表はしっかり聴講しに行きます。

 

2013学会写真-①.jpg

 

プログラム集に付けたたくさんの付箋。
これだけ興味深い発表があり、学会は知識の宝庫なのです!
そして、黄色くマーキングしている部分にご注目!!
 

2013学会写真②.jpg
「コーケン・研究開発」って文字が見えますでしょうか。

これは我々が発表したタイトルです!


「発酵米糠抽出物のヒト急性T細胞性白血病株に対する

アポトーシスの誘導作用」(コーケン・研究開発)

 

これが記念すべき研究室単独データでの初発表となりました。
少し緊張しながらも、この一年間で得られた血と汗と涙の結晶を

他の研究者の方々に聞いていただきました。


発表は12分間と短い時間ですが、内容の濃い研究発表ができたと思います。
発表後に質問をいただくのですが、これが学会発表の一番の緊張ポイントです。
研究意図など色々なご質問がありますし、データ解釈に間違いがあれば

指摘されるのでドキドキします…。


今回は自信を持って披露した内容でしたのでその様な事もなく、

質問にはビシっと回答できました!
更には、今後の実験内容に参考になるご質問もいただけました。
とてもありがたいですし、今後の研究意欲も上がります!!

学会は、自分達の研究を知ってもらえるうえ、今後の参考にもなるので、

研究には欠かせない場です。


実際に発表風景をお見せしたいところなのですが、
発表中は撮影厳禁なので写真がありません。
そこで、実際に使用したスライドでGIFアニメーションを作りました。

アニメーションというよりは紙芝居みたいになりましたが、
どうぞご覧ください♪

2013学会写真③.gif
(※GIFアニメーションを最初から見たい方はページを再読込してください)

 

学会当日は書画カメラ(OHC)による口頭発表でしたので、

発表内容を紙に印刷して準備したのですが、
写真などを綺麗に見せるために試行錯誤して作成しました。
どうでしょうか?綺麗に見えますか?

 

そんなこんなで、発表をやり遂げた後の記念撮影をしました。

2013学会写真④.jpg

発表の緊張から解放されたせいか、笑顔大爆発です。(笑)
今後もさらに研究を重ね、弊社製品の信頼性を高める研究成果を
発表していきたいと思います!

コメント (0)  

コーケンブログ⑪ ― 【 改革改善委員会 】

株式会社コーケンは、玄米酵素の製造工場です。

今回は『改革改善委員会』をご紹介いたします。

 

コーケン改革改善委員会では、休憩室に「ご意見箱」を設置しており、

普段の業務で気が付いたことで改善して欲しい内容を

スタッフが投書するシステムになっています。

そして担当部署が改善に向けて活動しています。

 

ご意見箱.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年の応募総数は103件。

類似案件を除くと69件になりました。

全ての依頼案件について改善を実施できるわけではありませんが、

可能な限り対策を行いました。

対策済みの改善案について一部ご紹介します。

 

【改善案】

来社されたお客様が、工場の紹介パンフをすぐに手に取れるよう、

玄関に会社案内などを置いてはどうか。

【対応】

玄関にパンフレット類を設置しました。

 

パンフ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【改善案】

せっかく工場が国道沿いに建っているので、

宣伝になるよう、目立つものを設置してはどうか?(全国販売店研修会に対する提案)

【対応】

お客様を歓迎する意味で、国道からも分かる大きさの垂れ幕を掲げました。

 

垂れ幕.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【改善案】

お子様が工場見学に来られることもあるので、小さいスリッパを準備してはどうか。

【対応】

お子様用のスリッパを設置しました。

 

スリッパ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなことはなかなか出来ませんが、

小さなことをコツコツすすめていきたいと思います。

 

このように日々改善に努め、進化を続けています!

コメント (0)  

コーケンブログ⑩ ― 【 親睦委員会 】

今回のコーケンブログは親睦委員会です。

親睦委員会は女性5人、男性7人で構成されています。
活動内容は、字のごとく社内の親睦活動です。

部署間の垣根を越えたコミュニケーションの場を提供できるように努めています。

 

パークゴルフ大会やボーリング大会などの社員同士の親睦行事、各種懇親会企画、
社員の慶弔に関する活動、誕生会イベントなどが活動の一例です。


昨年は、初めて炊き出しイベントにも挑戦しました。
メニューは、その名も「魅惑のトマトカレー」です。

トマトカレー.jpg
 トマトは社員の実家から提供していただいた無農薬のもの。(感謝です)

昼休みを使って社員に提供し、みんなで楽しく盛り上がりました。

皆で食事.jpg
 
毎年、株式会社コーケンの忘年会は仕事納めの前日に行います。

下記の写真は2011年の忘年会の様子です。

稲の生育状況や生産設備などのスライド写真を見て、
お世話になった皆さまに感謝!

忘年会1.jpg
和気あいあいと食事や話で盛り上がっています。

忘年会3.jpg

 

愛食者の皆さまへの感謝はもとより、皆さまの更なる飛躍と健康を願いつつ、
お互いの一年間の努力をねぎらいながら、楽しくコミュニケーションを深め、
これからも良い製品造りに邁進していくことを誓い合いました。

コメント (0)  

コーケンブログ⑨ ― 【 ISO事務局 】

みなさんこんにちは!

今回のコーケンブログは、「ISO事務局」 です。

 

玄米酵素の製造工場であるコーケンでは、ISO9001の認証を取得しております。

 

まず、ISO9001とは何でしょうか??

 

ISO9001とは、

世界標準化機構が策定している【品質管理システムの国際規格】です。

 

つまり、

ISO9001をもっているということは、

世界標準の品質管理システムに基づいて仕事がなされているということです。

 

ただし、ただもっているだけではだめで、

実際にシステムが運用されているか確認することも求められます。

 

その確認が、【監査】です。

監査には、自分たちで他部署の確認をする【内部監査】と

第三者機関によって確認される【外部監査】があります。

 

その外部監査が11月13日~14日にかけて行われました。

そのときの様子を少しご紹介したいと思います。

 

まずは、書類審査を中心に行われます。

審査風景1.JPGのサムネール画像
ISOでは【記録】が重要です。

自分たちの仕事を後から証明するのは【記録】しかありません。

必要な記録がきちんととられているか、じっくり審査されます。

 

審査風景2.JPGのサムネール画像

 

もちろん現場でも審査は行われます。

きちんとルール通りに作業が行われているか?

行われた作業がきちんと記録されているか?

食品工場としての入室手順はどうか?

作業区分、衛生区分はきちんと識別されているか?

などなど、現場でも様々な審査が行われます。

 

それらの審査を経て、審査結果が言い渡されます。

審査風景3.JPGのサムネール画像
結果は、今年の審査でも大きな問題は見られず、

ISO9001に適合していることが確認されて

認証継続が推薦される予定です。

審査風景4.JPGのサムネール画像
これは、現在の認証書です。

ISO9001に則ったシステム(仕事のやり方)をもっているという証です。

 

このように、工場では【お客様に安心していただける製品作り】 のために

ISO9001の認証を受けて、日々の仕事に活かしています。

コメント (0)  

コーケンブログ⑧ ― 【総務委員会】

皆様こんにちは、玄米酵素の製造工場(株式会社コーケン)の

様々な職場をご紹介しているコーケンブログ、

今回は、地元当別町で開催された駅伝への参加を取り仕切った

【総務委員会】より報告させていただきます。

 

10月1日は玄米酵素の創立記念日です。

そして毎年10月は玄米酵素グループで「ハイ・ゲンキ月間」として

全国各地で様々なイベントを開催しています。

 

今年、株式会社コーケンでは9月30日(日)に地元の北海道当別町で開催された

「とうべつさわやか駅伝」に、ランナーと試食会場の2チームで参加しました。

 

当日は午前8時より試食会場の準備に取り掛かりましたが、

あいにくの小雨で半袖では寒いくらいの天候でした。

 

しかし、悪天候にもかかわらず、駅伝の開会式が始まる午前9時頃には

試食会場にたくさんの方々が集まり、玄米酵素商品の試食をしていただききました。

また、玄米酵素の販売に興味をお持ちいただいた方に、「はい元氣サロン」の

アピールをし、試食と併せて玄米酵素の魅力をお伝えする事ができました。
 

さわやか駅伝1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のとうべつさわやか駅伝には、チーム数74・総勢396名のランナーが参加。

株式会社コーケンはその中の「一般男子の部」に参加しました。

チーム名は、「われら玄米酵素人」です!

 

スタート時刻の10時10分ごろは雨も強くなりましたが、

沿道にはたくさんの応援の方々がスタートを心待ちにしている状況でした。

 

さわやか駅伝2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

さわやか駅伝3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人1周1.5Kmを5人の社員でタスキを繋ぎ当別町の町を走りきりました。

 

さわやか駅伝4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース後は駅伝を走り終えた小・中学生が、

玄米ファイン(大麦若葉入り・ココア入り)の試食開場に集まってくれました。

とても好評で、特にココア入りは用意した分がすぐになくなるほどでした。

 

さわやか駅伝5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は当別町役場の方々に色々サポートしていただいたおかげで、

悪天候にもかかわらず無事に終えることができました。

これからも地域に密着し、当別町の皆さんに玄米酵素の魅力をお伝えしていきたいと思った1日でした。

コメント (0)  

コーケンブログ⑦ ― 【品質管理】

皆さまこんにちは。

米酵素の製造工場である株式会社コーケンの
様々な職場についてご紹介している『コーケンブログ』!
今回は、『品質管理』です。

 

コーケン品質管理室では、いろいろな工程で検査を実施しておりますが、
出来上がってくる製品については、
製品のロットや賞味期限の印字状態、

しおりの版数、外観の美装、内容量、水分含有量、気密性の確認、

色差などの検査(最終検査)を行います。

全ての商品で出荷基準(スペック)を設定しており、
それに見合ったもののみ出荷するように厳重に管理しています。

 

品管 002.jpg

 

このほかに、発酵原料の発酵の良し悪しの基準として酵素活性の検査や、
雑菌がはいっていないかのチェックをしています。


全ての製品は手順書に基づいて製造され、厳重な幾度もの検査に
合格したもののみ出荷していますので、安心してお召し上がりください。

品管 018.jpgのサムネール画像

 

秋は、米や大豆の収穫シーズンです。
この時期は、原料を採取し異常がないかの確認をしています。
残留農薬がないか、有害金属が含まれていないか、
放射線を発生しているようなことはないかを調べています。


そして、原料の安全が担保されたもので製造がはじまります。
品質管理メンバーが直接生産者を訪問して原料を採取し、分析を実施します。

 

品質管理はこのような地味なお仕事の毎日ですが、
お客様に安心して食べていただける商品をお届けできるよう

誇りを持って業務を続けていきます。

コメント (0)  

コーケンブログ⑥ - 【イベント情報】

10月1日は玄米酵素創立記念日、今年で41年を迎えます。

そして10月の1カ月間は【ハイ・ゲンキ月間】として、

全国各地でさまざまな記念イベントが開催されます。

 

玄米酵素商品の生産工場である株式会社コーケンでも、

一足早く地元のイベントに参加して玄米酵素商品をアピールいたします!

 

コーケンは札幌市の北東に位置する当別町にあります。

ここ当別町で9月30日(日)に「とうべつさわやか駅伝」が開催されるのですが、

昨年に引き続き走者として1チーム参加し、

沿道では玄米酵素の旗を振って走者を応援する予定です。

 

当日はコーケン社員の堀江がデザインした記念Tシャツを社員全員が着て、

玄米酵素の魅力をお伝えいたします。

 

↓Tシャツのデザインです。 

Tシャツデザイン(最終稿).pngのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅伝会場には、玄米酵素商品の試食会場を設置し、

「北海道玄米雑穀、玄米ファイン(大麦若葉入り・ココア入り)、

玄妙茶、GENKIプラス」の5種類を試食していただきます。

 

また、玄米酵素の販売に興味のある方のために、

「はい元氣サロン」にご登録いただくことの魅力もお伝えします。

 

玄米酵素生産工場の地元である当別町にアピールする絶好の機会ですので、

コーケンの社員一同で、しっかりと玄米酵素の魅力を伝えたいと思います。

 

さわやか駅伝は10:10 スタート、

試食会場は、9:00 ~ 12:00 の間で実施する予定です。

お近くにお越しの方は、ぜひお立ち寄りください!!

コメント (0)  

コーケンブログ⑤ ― 【安全防火委員会】

玄米酵素の製造工場である株式会社コーケンの

様々な業務内容を紹介している『コーケンブログ』!

今回は、安全防火委員会の活動とトッピクスをお伝えいたします。

 

物々しい名前ですが、「安全防火委員会」の活動内容は

 ① 労働災害を発生させないための活動

 ② 災害時に被害を最小限にする。

です。

簡単そうに思えますが、当たり前のことって意外と難しいですよね。

何より重要なのは"怪我をしないこと"!

しかし工場内には思いがけない危険がいっぱい。

事前に対策しておくことが必要です。

 

優秀なスタッフの頑張りはもちろん、全スタッフの意識が高いので、

私が担当してから(も)労働災害は発生していません!

ちなみに安全防火委員会のメンバーです。 

防火委員2.JPG

 

 

 

 

 

 

そしてなんと、工場にAEDが入りました!

 

社内での対応はもちろん、ご近所で必要となった場合貸し出しも行ないます。

(幸いなことに、まだどちらでも使われたことはありません。)

まだ工場にAEDが置いてあることの告知が足りないので、

どんどんAEDを設置していることを地域の皆さんにアピールして、

いざという時の人命救助に役立てていきたいです。

 

公共機関等でAEDを導入した後きちんと管理されておらず、

点検してみたらバッテリーが切れていた事例があった」

という新聞記事を目にしたことがあります。

工場では毎日きちんと確認していますのでご安心ください。

 

AED.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なネーミングのAED

 

 

 

今後は、避難訓練やKYT(危険予知トレーニング)教育などでさらに社員の意識を高め、

心身ともに日本一安心して働ける会社と言われるようにがんばります。

コメント (0)  

コーケンブログ④ ― 【衛生委員会】

みなさまこんにちは!

玄米酵素の製造工場である株式会社コーケンについてご紹介している『コーケンブログ』!!

今回は衛生委員会です。

 

衛生委員会では、工場のある当別町を管轄する江別保健所が開催する

セミナーに参加し最新の衛生情報を学び、また専門業者による効果的な

防虫管理方法を学び、工場に取り入れています。

 

その他、スタッフの衛生レベル向上のため、年に6回衛生通信を発行し、

年に2回の衛生テストを実施しています。

試験は普段実施している工場の一般常識問題から、

専門的な難易度の高い問題まで入れて作成しています。

 

写真は今年度発行した衛生通信のVol.1.2.3と特別号です。

 

通信.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフが着用しているユニホームのクリーニングは外部に委託しており、

家庭から異物が持ち込まれるの未然に防いでいます。

アイロンをかけることにより殺菌効果が得られますし、

なにより"ビシッ!"と決まったユニホームで一日を迎えられるのは良い仕事への第一歩です。

写真は上着、ズボン、帽子です。それぞれに個人番号が付いています。

 

ユニ.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの体調管理も大切な仕事です。毎日スタッフの体調をチェックし、

6回の検便検査、年1回の健康診断も実施しています。

検査証明書は小さくて見えにくいかもしれませんが、スタッフ全員体調は万全です。

 

検便.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場内だけではなく、工場外にも目を向けています。

工場は自然豊かな立地条件のため、害虫の住処となる工場外周の雑草にも気を配り、

害虫が工場に侵入しないようにしています。

 

外.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生委員会は小さなことからコツコツと実施し、大きな目標を達成するため活動しています。

ハイ・ゲンキをはじめとする商品すべての安全を守るため、

これからも委員会一丸となり活動していきたいと思います。

コメント (0)  

コーケンブログ③ ― 【広報委員会】

皆さまこんにちは!

 

玄米酵素の製造工場である㈱コーケンの様々な職場について

ご紹介する『コーケンブログ』!!

 

今回は、広報委員会の今期の活動について副委員長より紹介してもらいます。

 

 

ボンジョルノ!

副委員長です!!

 

今回のブログは今年のコーケン広報委員の活動の一部をお知らせしちゃいます。

 

皆様ご存知の通り、株式会社玄米酵素は満40年を向かえました!!

我らが所属する株式会社コーケンでも、アニバーサリーを祝して

広報委員会によるProjectを発動する予定です。

詳しくはこちら↓

 

「コーケン歴史アルバム Anniversary (仮)」

コーケンの歴史を纏めたアルバム作成が決定!

コーケン設立から現在までの軌跡を辿る壮大なストーリー。

懐かしい風景、苦い記憶、発展への希望、そして未来へ・・・

 

現在アルバムに掲載する写真を絶賛選別中。

今日はその一部を特別公開します。

 

昔の工場.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和60年工場の完成!

当初は現在の工場の一部しかありませんでした。

ここから工場の壮大な歴史が始まったのです!!

 

4期工事.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4期工事!!

皆さんもみなれた工場に近づいてきていますね。

新しい工場の完成はワクワクしますね!

きっと社員一同未来への希望に満ちあふれていたに違いない!!

 

 

ドラム.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラム発酵機火入れ式

玄米酵素の基礎である発酵を行う機械です。

形がリニューアルされました。

こちらの発酵機はぐるぐる回って発酵させます。

中の麹菌君達は目が回らないのでしょうか?

 

冬の風景.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場からの風景(冬)

工場の裏には小さな山とその周りには畑が広がっています。

冬は雪がたくさん!雪かき大変!!

40周年を記念する2011~2012年の冬は大雪でした。

この山は春には山菜が取れるのです。

 

まだまだ写真は沢山あります。

☆10月完成予定☆

ご期待ください!!

 

お問い合わせは(株)コーケン広報委員まで

 

 

コメント (0)  

コーケンブログ② ― 【 発酵課・工場見学 】

みなさんこんにちは!

 5月26日・28日に開催された全国販売店研修会に伴い、生産工場(コーケン)の見学が行われました。

両日とも天気には恵まれましたが、残念ながら28日は強風のため、この日のために作成した垂れ幕を取り外すことになってしまいました‥。

お客様に是非ご覧いただきたかったのですが、非常に残念です。

写真は26日の垂れ幕の様子です。「ようこそ、玄米酵素ハイ・ゲンキの工場へ」と書かれています。

発酵課・工場見学1

 

発酵課・工場見学2

発酵課・工場見学3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発酵課では、ドラム発酵機についての説明をさせて頂きました。

発酵機が稼動している姿を見たお客様にはとても感動して、喜んでいただきました。

お客様の感動の姿を目の当たりにして、お客様の信頼を裏切る事は決して出来ないと改めて思いました。

これからもお客様に安心・安全な製品をお届けするべく、より一層仕事に励んでいきたいと思います。

皆さま、本当にありがとうございました。

 

発酵課・工場見学4
 
発酵課・工場見学5

 

 

 

 

 

 

コメント (0)  

コーケンブログ① - 【 当別町情報 】

みなさんこんにちは!

 

玄米酵素の製造工場である㈱コーケンのことや

コーケンの地元・石狩郡当別町についてご紹介する『コーケンブログ』!!

 

第1回目は地元の観光スポットについてご紹介します。

 

GWも終わり工場のある北海道石狩郡当別町にも、ようやく遅い春がやってまいりました。

前庭の雪もやっと溶け、工場周辺も色づき始めました。

(下の写真は5月10頃の工場、まだ敷地内には雪が残っていました…)

工場風景1.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 
工場風景2.JPGのサムネール画像
工場風景3.JPG

北海道は雪解けと共に待ちに待った観光シーズンが到来します。今回は工場のある当別町の観光スポットを1つご紹介します。

 

□伊達邸別館・伊達記念館

当別開拓の時代へタイムスリップできる歴史を伝える町指定文化財です。

伊達記念館は明治4年に当別を切り開いた、仙台藩一門・岩出山の伊達邦直主従の偉業を伝える記念館です。開拓の労苦に感謝し、伊達家主従ゆかりの品々が展示されています。

ここ当別町は伊達邦直主従によって開拓の鍬が入れられ現在に至ります。

伊達邸別館は明治13年、諸会議や名士来村の際の宿泊のための建物です。ここちらは邦直に重臣が開拓の報告をする様子が再現されています。 

 

ここの観光スポットはほとんど人がいない、穴場です。 

 

場所:当別町元町(工場から車で15分)    

見学可能時間: 10:00~16:00

月曜休館(祝日の場合は翌日)  料金 無料

伊達記念館1.JPG
伊達記念館2.JPG
伊達記念館3.JPG
 

コメント (0)  

農芸化学会 in 京都

研究開発室では年に数回学会発表に参加しています。

今回は農芸化学会に参加してきました。

 

農芸化学会は環境・天然物・食品・動物・植物・微生物・新技術などなど様々な分野の研究発表を行う大会でで、毎年2,000以上の演題が発表されています。

ここから最先端の技術や情報を仕入れて、自社の研究に役立てています。

農芸学会-1.JPGのサムネール画像

今年の学会は京都女子大学で行われました。

大学の9つの校舎・36教室が本大会の発表会場となりました。発表は36教室で一斉に行われるので、聞きたい発表の時間が重なり、泣く泣く片方の発表を諦めたり、次に聞きたい発表が一番遠い校舎で行われるため、ダッシュで向かったりする事もありました。

効率よく発表を見るためには、事前の大会プログラムのチェックが必須です。

 

農芸学会-2.JPG

左から大会プログラム集・ジュニア農芸化学会要旨・展示会案内

 

食品分野の発表を重点的に聞いてきましたが、培養細胞を利用した食品の機能性を調べた発表など、早速研究室で試したくなるような発表ばかり!

とても勉強になりました。

 

また、本学会ではジュニア農芸化学会も同時開催されていました。

高校生達が、身近な疑問から専門的な事まで多岐にわたって研究してポスター発表を行います。中には一般講演に負けない素晴らしい発表もありました。ここでも学ぶ事は多かったです。

こちらは写真撮影が可能でしたので、発表風景を撮りました。

農芸学会-3.JPG

高校生が成果を必死に伝える姿はとても初々しいです。

ここから未来の科学者が生まれてくるのですね。

 

学会参加でいろいろ良い刺激をもらいました。

コーケン研究室でも農芸化学会で発表できるように日々の研究を頑張ります!!

 

研究室 堀江

 

 

コメント (0)  

玄米酵素の生産工場に行ってきました

先日、商品開発の打ち合わせで、工場に行ってきました。

玄米酵素の生産工場は、札幌市のとなり当別町という自然豊かな町にあります。

とても空気が美味しい場所です。

  

打ち合わせが終わってから、新商品の玄米ファインココア入りをエアパッキン

(通称プチプチ)につめる作業を手伝ってきました。

ファイン梱包2.jpg

製品をプチプチに詰める行程でも、マスク、帽子、白衣に手袋は必須。

髪の毛ひとつ入らないよう、衛生面に気をつけて梱包しています。

 

製品に傷はないか、賞味期限は印字されているか、ひとつずつ確認します。

手間はかかりますが、最後のチェックは人の目で行っています。

 

「たくさんの方の健康作りに役立ちますように」と祈りを込めて、梱包させていただきました。

 

コーケンの方々と2.jpg

一緒にファインの梱包をした工場のメンバーです。

メンバーの「子供を育てるような気持ちで商品を作って、送り出しています」との

ことばが印象的でした。

コメント (0)