loading ...

水野

明治大学農学部で授業を行いました(2017年11月)

11月8日に、明治大学農学部で外部講師として授業を行いました。

講師を務めたのは、弊社経営企画部長の水野です。


20171108meiji.JPG


明治大学・農学部の玉置教授から

「学生たちの食生活がひどいので、レクチャーをしてほしい!」

というリクエストがあり、年2回継続的にお伺いしています。



ある男子学生さんの3日間の食事日記を紹介します。

驚きの内容です。


11月6日 朝:なし 昼:うどん 夜:ラーメン

11月7日 朝:なし 昼:うどん 夜:ラーメン

11月8日 朝:なし 昼:ポテチ・グミ 夜:ラーメン


この学生さんのレポートには

「不健康な食生活から脱却すべきだと思った」と。


少しでも食に対する関心を持っていただいたことを嬉しく思います。



その他の学生さんからのレポートを、いくつかご紹介します。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「長生きするよりも好きなものを食べて死んだほうが幸せ」と

思っていましたが、想像以上に食が重要なことを知りました。


正直食事をなめていました。

お昼はお弁当を持ってこようかなと思いました。


農学部にいながら食についての知識がほとんどないことに気づき、

危機感を持ったのと同時に、もっと知りたいと思いました。

玄米を取り入れたり、お菓子を買うところを果物に変えてみたい。


日本食の素晴らしさに改めて気づかされました。

商品を買う時には、原料に注目します。


母親が体によいものを作っていることが分かり、

もっと感謝したり手伝ったりしようと思いました。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

コメント (0)  

医学者・研究者を招いた学術研究会を開催しました

玄米酵素の学術研究に取り組まれている医学者・研究者の先生に
ご参加いただき、第37回FBRA全国研究会を開催しました。
(9月2・3日 於:札幌)

*FBRA(ふぶら)は、玄米酵素の学術名です。

医学的に、玄米酵素の健康効果を解明する研究を平成10年よりスタート。

研究成果はこれまでに、国際的に権威のある専門誌に英文論文として
20本以上発表されています。


今回は、以下の11名の先生にご参加いただき、最新の研究成果も発表されました。

北海道大学名誉教授 小林博先生

富山医科薬科大学名誉教授 田澤賢次先生

岐阜大学名誉教授 森秀樹先生

富山大学名誉教授 済木育夫先生

徳島大学名誉教授 大西克成先生

京都府立医科大学特任教授 石川秀樹先生

徳島大学大学院教授 片岡佳子先生

鳥取大学医学部教授 岡田太先生

大宮レディスクリニック理事長 出居貞義先生

豊川市民病院病理診断科 久野壽也先生

東京理科大学薬学部教授 東達也先生

201709FBRA.jpg

コメント (0)  

札幌三越ワークショップに講師を派遣 [2017年1月12日]

1月12日、札幌三越10階「My Cafe (マイ・カフェ)」にて

弊社の水野知光(取締役経営企画部長)による

「ファスティングまるわかり講座」が行われました。


20170112-01.jpg


定員は36名でしたが、申し込み開始初日で定員オーバーになるほど反響が大きかったとのこと。



講座では、

●お腹が減ってグーッと鳴ると、胃腸の掃除をしてくれる 「モチリン」というホルモンが出る。

●アカゲサルを使った実験で、摂取カロリーを制限すると寿命が長く なる可能性がある。


といった、ファスティング(プチ断食)や少食が体によい 科学的根拠を解説。


玄米酵素を使った1Dayファスティングの方法も紹介しました。


参加された皆様から、

「断食がよい理由がわかった、すぐ実践したい」

「まずは朝だけファスティングからチャレンジしたい」

「正月太りをしたので、ちょうどタイムリーだった」

といった喜びの声をいただきました。



玄米酵素を使ったファスティング(プチ断食)の方法はこちら↓ https://sites.google.com/site/genmaikosodanjiki/



株式会社玄米酵素は今後も、札幌三越様と一緒に、

健康の輪を広げる活動をしてまいります。

コメント (0)  

「医療気功合宿」を洞爺健康館で開催

札幌の響きの杜クリニックさんの主催する「医療気功合宿」が、
弊社の洞爺健康館で開催されました。


日常から離れた自然豊かな環境で、玄米自然食を食べながら
気功を学ぶという、心身ともに健康になれる企画です。


合宿中、弊社取締役の水野から、玄米自然食と玄米酵素のよさについて
皆さまにレクチャーさせていただきました。


「健康館の玄米ごはん、とても美味しいです」
「玄米酵素、合宿後も食べ続けたいです」


という声も聞かれました。


響きの杜クリニックさんは、気功やヨガなどのさまざまな
ワークショップもしているナチュラルな考えの医療機関です。
↓HPはこちら
http://homepage2.nifty.com/holotropic-sapporo/hibiki/


株式会社玄米酵素は、健康社会の実現のために、今後もさまざまな
医療機関とのコラボレーションを推進していきます。


161014-01.JPG

コメント (0)  

「発酵文化推進機構」の情報誌の取材を受けました

発酵学の第一人者として有名な小泉武夫先生の「発酵文化推進機構」の情報誌

”KAMOS【醸す】”の取材を受けました。


KAMOS【醸す】は、日本の発酵文化を世界に発信する情報誌です。

写真はKAMOS【醸す】の創刊号。


20160805-01.jpg


次号の「酵素特集」のコーナーに、日本の代表的な酵素食品として

玄米酵素が掲載される予定とのこと。


玄米酵素 生産工場(北海道当別町)に取材に来ていただいた

編集長の和泉功さま、誠にありがとうございました!


20160805-02.JPG

(工場エントランスにて弊社広報担当・水野 と記念撮影)



玄米酵素の生産工場について、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.genmaikoso.co.jp/about/kodawari.asp

コメント (0)  

洞爺自然農園で田植えを行いました!-2016年5月22日-

5月22日(日)、玄米酵素グループの社員で、洞爺自然農園の田植えを行いました。

農園のスタッフに加え、玄米酵素札幌本社、玄米酵素の生産工場である
株式会社コーケンの社員も参加。3人の子どもたちも参加しました。

160522_1.JPG

社長の鹿内も毎年、心をこめて苗を植えています。
160522_3.JPG

苗を手に笑顔の鹿内(写真右)
160522_2.JPG

秋に収穫される玄米は、玄米酵素が運営する温泉保養所
「洞爺健康館」で、宿泊者の朝食・夕食として提供されます。

田植えのあとは、玉ねぎ、人参の苗の周りの雑草取りも行いました。
無農薬栽培は手がかかることを再度認識するとともに、
食べ物への感謝にしながら、作業をさせていただきました。

コメント (0)  

人気メイクアップアーティスト早坂香須子さんのインタビューを行いました

メディアでも話題のメイクアップアーティスト・早坂香須子さんに
弊社の情報誌『はい!元氣らいふ』7・8月号トップページの
巻頭インタビューにご登場いただくことになりました。

本日インタビューを行い、早坂さんと社員とで記念撮影をしました。

160414.jpg

早坂さんは、道端ジェシカさんはじめ、多くのモデルさんの
メイクをしていらっしゃいます。

"より質の高いメイクをするためには、自分がベストの状態でなくてはならない"
と、食生活にも非常に気をつけているそうです。

10年前から玄米食をしており、玄米酵素も1日6袋は欠かさないとのことでした。

インタビューの前には、元氣亭の食事もお召し上がりいただいたのですが、
「玄米ごはんの美味しさに感動した!」とおっしゃっていただき、
ご自身のインスタグラムでも紹介してくださいました!

著書【100%Beauty Note 早坂香須子の美容AtoZ】でも
玄米酵素のことを、ご紹介いただいています。

【100%Beauty Note 早坂香須子の美容AtoZ】は
体の中からきれいになる方法、心構えを解説しています。
ぜひご一読ください。

『はい!元氣らいふ』7・8月号の完成をお楽しみに!


コメント (0)  

ビューティフードパーティーに参加しました

3月15日、ビューティーフード研究家でモデルの室谷真由美さん
の主宰する「ビューティフードパーティー」に参加しました。

160315_1.jpg

美を目指す女性たちに混ざり、料理体験レッスンから参加。
私を含めて、男性の参加者は2人でした。


今回用意されたお料理9品は、すべて"動物性不使用"かつ
"グルテンフリー"。美と健康に嬉しいメニューばかり。


特に、美味しかった2品を紹介します。

①乾燥白滝を使った「禅パスタ ジェノバソース」
 乾燥白滝という食材を初めて知りました…
 乾燥白滝は、味がしみこみやすく、ジェノバソースとの相性もよく
 普通のパスタよりも、食べごたえがありました。

160315_2.JPG
160315_3.JPG

②米粉のキャラメルバナナブラウニー
 グルテンフリーなので、小麦粉でなく、米粉を使ったスィーツ。
 子供たちも喜びそうな味と食感、早速週末に自宅で作ってみます。

160315_4.jpg

参加者へのお土産として、室谷さんもご愛用いただいており
玄米酵素ハイ・ゲンキ(ビフィズス)を提供しました。

参加者の中には長年の玄米酵素の愛食者もいらっしゃって、玄米酵素の
認知度は高かったです。


「食事でキレイになりたい」という仲間を増やしたい方は、
ぜひ「ビューティーフードパーティー」に参加してみてください。

月に1回くらいのペースで開催されています。

来月は、お花見を兼ねた「ビューティーフードパーティー」を行うそうです。

なお当日の様子は、室谷さんのブログでも紹介されています。

コメント (0)  

バレンタインは酵素チョコで決まり!

もうすぐバレンタイン!
玄米酵素を入れた「健康的な酵素チョコ」のレシピをご紹介します。

大切な方、愛する方に、酵素チョコをプレゼントしてみませんか?

160210KosoChoco.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■その1 とってもカンタンな 玄米酵素チョコ

【作り方】
(1) チョコレートを湯せん(50度程度)で溶かし、玄米酵素(ハイ・ゲンキ)を加える
(2) お好みで、アーモンド、くるみなどをプラス(なくても可)
(3) まぜて型に流して固める

【材料】
・チョコレート…100g
・ハイ・ゲンキ…5~10袋 (量はお好みで)
 もしくは 玄米酵素(粉末)…20~30g (量はお好みで)
・アーモンド、くるみ…お好みで (なくても可)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■その2 手作り 玄米酵素チョコ

【作り方】
(1) ココナッツオイルを湯せんして溶かしておく
(2) アーモンドはローストして砕いておく
(3) ボウルにすべての材料を入れてかき混ぜ、型に流して固める

☆ポイント☆
ココナッツオイルは25℃以上で液体、24℃以下で固体になります。
冬は常温で固まります。

【材料】
・ココナッツオイル…100g
・ココアパウダー(無糖)…30g
・ハイ・ゲンキ・・・10~20袋 (量はお好みで)
 もしくは玄米酵素(粉末)…40~60g (量はお好みで)
・メープルシロップ…40~60g
・アーモンド…60g (なくても可)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
※作り置きせず、なるべく早くお召し上がりください。

ぜひ酵素チョコにチャレンジしてみてください!
160210valentine.jpg

コメント (0)  

腸もみの第一人者、真野わかさんのインタビューを行いました

女性誌等のメディアでも紹介されている、
養腸家の真野わかさん(マーノリブレ代表)に、
弊社の情報誌『はい!元氣らいふ』3・4月号トップページの
巻頭インタビューにご登場いただくことになりました。

昨日取材を行い、真野さんと社員とで記念撮影をしました。

151215.jpg

「腸をもっと健康にしたい」という方は、ぜひ真野さんの
「腸もみ」の方法をお試しください。

以前『はい!元氣らいふ』に掲載した紙面をご紹介します。
(↓クリックするとPDFファイルが開きます)
tyoumomi.jpg

腸もみについて詳しく勉強したいという方は、真野さんの著書もお勧めです。

『はい!元氣らいふ』3・4月号の完成をお楽しみに!

コメント (0)  

玄米酵素の社会貢献活動 「元気いっぱい!キラキラコンサート」

株式会社玄米酵素は、社会貢献活動の一環として、
札幌市内の特別支援学級に通う小中学生を招待した
「元気いっぱい!キラキラコンサート」に協賛をしています。
(主催:札幌市特別支援教育研究連絡協議会)

出演したのは、玄米酵素の愛食者でもある
童謡歌手のそがみまこさん。

1,060名の子どもたちが、とても喜んでいる様子を見て、
私たちもうれしくなりました。

コンサートの様子が毎日新聞に掲載されましたので、ご覧ください。

151205.jpg
毎年行われるこのコンサート、引き続き支援をしてまいります。

コメント (0)  

明治大学・農学部で、授業を担当してきました

12月10日、明治大学・農学部で、外部講師として授業を担当してきました。

151210_1.jpg

7年ほど前、明治大学・農学部の玉置教授(写真右)から
「食と健康の重要性について、学生たちにレクチャーをしてほしい」
とのリクエストがあり、毎年「前期・後期」の年2回、継続的にお伺いしています。

151210.jpg

今回は授業の前半で、過去3日間の食生活の内容(食事日記)を書き出してもらい、
講義を受けた後に、自分の食生活を振り返って取り組みたいことを書き出してもらいました。

151210_3.jpg

学生さんのレポートから、いくつかをご紹介します。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■先日、胴まわりに発疹が出てしまい、病院に行ったので、
とてもタイムリーな授業でした。運がよかったです。
自分の食生活を振り返ってみると、ゾッとするポイント
が多くありました。今後は、1.野菜の摂取量を増やす。
2.玄米に挑戦する。3.甘みを減らす。

■基本的にコンビニで三食を済ませています。
でも今日の授業を聞いて、健康的な食生活にしようと思いました。
きれいなモデルや女優も「美の秘訣は食生活です」とよく言っています。
私もキレイになれるようにがんばります!笑

■食事日記を書いてみて、自分の食生活がひどいことに気がついた。
一人暮らしをしているので外食や中食が増えてしまい、
栄養のバランスが取れないように感じた。
外食や中食を週1回以下に減らしていこうと思った。

■今まで生ごみとして捨てていたにんじんや大根の皮も食べようと思います!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

1ヵ月後に、今回取り組もうと決めたことが、
どれくらい継続的に実施できているかを、調査します。
その結果もまたご報告いたします!

コメント (0)  

「ミス・ユニバース・ジャパン・青森大会」ビューティーキャンプでの講義

11月4日、「ミス・ユニバース・ジャパン青森大会」のファイナリストの皆様に
弊社管理栄養士の加藤初美が「美しくなるための食事法」と題して
講義を行いました。

151104_1.jpg

美しくなるための食事のポイントとして
 ・美しくなるには、糖化と酸化を防ぐことが大事
 ・美しさを保つ 腸内環境を整える食事のポイント
 ・玄米に含まれる美容成分
 ・食を選択する上での 三つの原則
などを学んでいただきました。

間もなく「ミス・ユニバース・ジャパン青森大会ファイナル」が行われるため
ファイナリストの皆様は、真剣に講義を聞かれていました。

151104_2.jpg

ファイナリストの皆様には、さらに健康的に美しくなっていただけるよう
玄米酵素ハイ・ゲンキを提供させていただきました。

「うれし~」「ぜひ食べてみたい」との声が上がっていました。

11月23日には「2016ミス・ユニバース・ジャパン青森代表」が決まり、
来年行われる「2016ミス・ユニバース日本大会」に出場します。

玄米酵素が青森代表の皆さんの美と健康のお役に立てたら嬉しいですね!

151104_3.jpg

なお、11月23日(月・祝)に開催される「ミス・ユニバース・ジャパン・青森大会ファイナル」、
お近くの方は観覧してみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちらから↓

ミス・ユニバース・ジャパン・青森大会の公式Facebookでも、
講義の様子が紹介されています。↓

弊社は、引き続き食の分野で、ミス・ユニバース・ジャパン・青森大会の
ファイナリストの皆様を応援していきたいと思います!

コメント (0)  

札幌三越さんでのワークショップ

9月18日、札幌三越百貨店の10階「My Cafe (マイ・カフェ)」で、
弊社村上純子のワークショップが行われました。

この度、札幌三越は各フロアをリニューアル。
10階にはワークショップもできる素敵なスペースが出来ました。

150918_1.jpg

今回のテーマは
「元全日本トライアスロンチャンピオンによる
 座ったままボールストレッチ」。

健康運動指導士の資格も持っている村上が、
ボールを使ったストレッチ方法をご紹介しました。

150918_2.jpg

腕と体側を伸ばして、講師の村上も気持ちよさそうです。
参加者からは「血流が良くなった」、「ポカポカする」といった声もありました。

札幌三越からは、今後も講師を派遣して欲しいとリクエストが来ています。
次回はライスミルク教室への講師派遣を予定しております。
最後に開店祝いのお花の前で記念撮影しました。

150918_3.jpg

コメント (0)  

明治大学・農学部にて、外部講師として授業を担当してきました

先日(6月26日)、明治大学・農学部で、
外部講師として授業を担当してきました。

7年ほど前、明治大学・農学部の玉置教授から
「食と健康の重要性について、学生たちにレクチャーをしてほしい」
とのリクエストがあり、前期・後期の年2回、継続的にお伺いしています。


200名を超える学生さんのレポートから、いくつかをご紹介します。

150626MeijiUnversity.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■とりあえず明日死ななければいいや、と思っていたけど、
もう少し先を考えてみようと思いました。
まともな食事を摂るために、料理の習得をしたいです。

■世界からも注目されている日本食。日本人でる私たちが
それを守り伝えずして、誰がやれるというのか・・・。
日本人であることを誇りに思い、これからも日本の文化を
大事にしていきたい。

■和食の価値を再認識できた。日本食の料理ができるようになり、
和食を外国人に作ってあげたい!
全部の大学をまわって講義をしてほしいです。

■玄米が白米に比べてあれほど栄養価が高いのには驚いた。
食費も安く済むし、栄養もあるとは一石二鳥なので、
玄米にしてみたいと思った。

■洋食と和食でまよったら迷わず和食を選ぶ、白米と玄米の
選択肢があったら迷わず玄米を選ぼうと思った。
日本食として和菓子も守っていきたい(笑)

■たまに祖母が手作りの味噌を送ってくれるので、
今度祖母の家に行った時に味噌の作り方を教わってみようと思った。

■緑黄色野菜を食べることを神に誓った。
普段からよく食べてしまうジュース、ジャンクフード、
スナック菓子などを減らしたい。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


水野知光

コメント (0)  

がん予防学術大会で玄米酵素(FBRA)の研究発表

2015年6月5・6日に行われた、日本がん予防学会、日本がん疫学・
分子疫学研究会合同開催の「がん予防学術大会2015」で、
FBRA(玄米酵素の学術名)の研究成果が発表されました。

発表された内容は、FBRA学術研究のメンバーである
鳥取大学医学部・岡田太教授の研究と
名古屋市立大学・久野壽也准教授の研究です。

201506_2.jpg

下の写真は、株式会社玄米酵素相談役の道見と岡田先生、久野先生です。

201506_1.jpg

今回の大会で大会長を務められたのは、今年日本がん予防学会に就任された
京都府立医科大学・石川秀樹特任教授。
石川先生はFBRAの学術研究をしていただいています。

株式会社玄米酵素は、医療費の削減、多くの方の健康づくりを目指し、
今後も玄米酵素のエビデンス(科学的根拠)の蓄積をしていきます。

コメント (0)  

洞爺自然農園で田植え&草取りをしてきました

5月31日(日)、玄米酵素グループスタッフが集まり、
洞爺自然農園の田植えを行いました。


農園のスタッフに加え、玄米酵素札幌本社、玄米酵素の生産工場である
株式会社コーケンの社員が参加。それぞれの家族も参加しました。


150531_2.JPG


私も毎年、子どもと一緒に参加しています。


150531_1.JPG


素足で田んぼに入るのはとても心地よいものですね。
最近では田植えセラピーという言葉もあるようです。


秋に収穫される玄米は、玄米酵素が運営する温泉保養所
「洞爺健康館」で、宿泊者の朝食・夕食として提供されます。



田植えのあとは、玉ねぎの苗の周りの雑草を手で抜きました。


150531_3.JPG


無農薬栽培は手がかかりますが、全国のお客様の喜ばれる顔、
元気な姿を思い浮かべながら草取りをしました。

改めて食べ物を作ることの大変さを実感した一日でした。

コメント (0)  

レジェンド葛西紀明選手の講演 in 札幌

札幌で開催された「一般財団法人 食と健康財団」主催の
【食と文化フォーラム】の運営をお手伝いしました。

今回のゲストの1人は、スキージャンプの五輪メダリスト葛西紀明選手。

これまでの競技人生について、ユーモアを交えつつのお話に、
参加者全員が引きつけられるように聞き入っていました。

葛西選手の抱負は、次の冬季オリンピックで金メダルを取ること。

さらに、2026年に冬季オリンピックが札幌で開催されることが決まったら、
54歳でオリンピックに出場したいと目標を語ってくださいました。

次なる伝説(レジェンド)にむけて、頑張って欲しいですね!

↓画像をクリックすると、別ウィンドウで大きい画像が表示されます。
150414mainichi.jpg

もう1人のゲストは、食事指導で多くの患者を健康に導いておられる、
医師の中山尚夫先生でした。

玄米を中心にした食生活の指導で健康を回復した患者の症例の数々や、
食と健康に関する最新のデータをお話しいただきました。

株式会社玄米酵素が協力して作成した中山先生のご著書
『医師がすすめる玄米食』も参加者に配布されました。

6036.jpg

次回の食と健康財団のフォーラムは、大阪で開催予定です。

コメント (0)  

北海道日本ハムファイターズ白井一幸さんのご講演

北海道日本ハムファイターズの白井一幸さん(一軍内野守備走塁コーチ兼作戦担当)の

講演に参加してきました。

shiraiseminar.jpg

 

白井さんは玄米酵素を長く愛用しておられ、

弊社情報誌「はい!元氣らいふ」にもご登場いただきました。

↓画像をクリックすると、別ウィンドウで大きい画像が表示されます。

shirairaihu.jpg

 

白井さんは、弱小チームだった日本ハムファイターズを

常勝チームに変えた人物として有名です。

 

その秘訣が"コーチング"

 

約20年前に白井さんが大リーグ・ニューヨークヤンキーズにコーチ留学した時、

最も驚いたのは何か?

 

それは、日本ではミスをした選手に対してコーチが

「何やってんだ!」「こうしなきゃダメだろ!」と叱るのに対し、

ヤンキーズではミスをした選手に対してコーチは

「ナイストライ!」(失敗したけどいい挑戦だったね!)

と声をかけていることだったそうです。

 

失敗したら、本人は委縮します。

その時にコーチに叱られたらさらに心が委縮、体も委縮し、またミスをする…。

 

逆に、「ナイストライ!」とコーチが言ってくれたら、心は前向きになります。

そして、どこを反省すべきかを選手に考えさせ、自ら行動を変えさせるのが、

人を育てることに繋がる。

 

…非常に納得させられました。

 

仕事だけでなく、子育てにおいても、とても参考になるお話ばかりでした。

子どもを野球選手・サッカー選手などのアスリートに育てたいと思っている方、

部下など人を育てることを課題にしている方は、

白井さんの著書をぜひご覧ください。

 
shiraibook.jpg

 

なお3月10日に大阪で行う

玄米酵素販売店さん向けの勉強会「玄米酵素さすが塾」にて、

白井さんに講演をしていただくことが決まりました。

sasuga3.jpg

 

興味のある方は、各営業所までお問い合わせください。

*各営業所の問い合わせ先はこちら

コメント (0)  

登山家の栗城史多さんが来社されました

10月8日、玄米酵素の愛食者でもある
登山家の栗城史多さんが来社されました。

前回エベレスト登山に挑戦した際、凍傷により9本の指を切除。
そんなハンディキャップを乗り越え、
今年8月に8,000メートル級の復活登山に成功されました。

登山中はインスタント食品が多くなり、食物繊維不足に悩まされるそうですが
玄米酵素を食べていると、とても快調とのことです。

来年8月末から、再びエベレストにチャレンジしたいと話されていました。
栗城さんがこだわる「単独かつ無酸素」でのエベレスト登頂は
簡単ではありませんが、ぜひ成功させて欲しいですね!

栗城さんの近況はFacebookページでご覧いただけます。
写真は、弊社社長の鹿内と栗城さんです。

鹿内が持っている写真は、栗城さんが復帰登山した際に撮影してくれたものです。
https://www.facebook.com/kurikiyama
141008.jpg

コメント (0)  

10月1日は玄米酵素の創業記念日です

本日10月1日は玄米酵素の創業記念日です。
皆さまのおかげで創業から43年を迎えることができました。
ありがとうございます。

本日は日本全国各地で、食と健康セミナーを開催いたしました。
東京支社では代表取締役社長 鹿内正孝のセミナーを開催。
141001_1.jpg
また、札幌本社では鍼灸師である井上明のセミナーを開催いたしました。
141001_2.jpg
井上によると、ある高校でセミナーをしたときに、高校生約30名に
「朝、味噌汁を飲んできた人は?」と聞いたところ、

な、なんと ゼロ だったそうです。

和食が世界無形文化遺産になったというのに・・・

ぜひ皆さん、力を合わせて日本の伝統食の大切さを伝えていきましょう!


玄米酵素では全国各地で食育セミナーを開催しています。
お近くの会場へ、ぜひお出かけください。
開催場所・時間などの詳しいスケジュールは弊社HPで! 
https://www.genmaikoso.co.jp/cultivate/seminar/

コメント (0)  

有名シェフ、三國清三さんの食育講演in北海道

9月30日に開催された、日本綜合医学会・北海道大会のお手伝いをしてきました。
今回のスペシャルゲストは、オテル・ドゥ・ミクニ等で有名な三國清三シェフ。

北海道出身で、フレンチの巨匠として知られる三國シェフですが、
先日の講演では和食と食育について熱く語っておられました。

昨年、和食が世界無形文化遺産に登録になったのも、
実は、三國シェフが政府・各関係者に、熱心に働き掛けた結果とのこと。

20140930.jpg

また三國シェフは、10年以上前から全国各地の小学校で
正しい味覚を身につけてもらうための授業を行ってこられました。

人は12歳までに正しい味覚を身につけるそうです。

私たち株式会社玄米酵素も、子どもたちに対する「味覚の授業」に、
何かしらの形で取り組みたいと思いました。

コメント (0)  

洞爺自然農園で田植えを行いました!

株式会社玄米酵素が運営する、

JAS認定・洞爺自然農園田植えを行いました。

 

札幌本社・生産工場の社員が約10名集まり、汗を流しました。

touya_sizennouen2_resize.jpg

お米作りは手間暇がかかることを体感し、

あらためて食べ物への感謝の気持ちが湧いてきました。

 

「田植えセラピー」という言葉もあるようですが、

確かに素足で田んぼに入ると清々しい気持ちになりますね。

touya_sizennouen1_resize.jpg

 

洞爺自然農園で作られた玄米は、

株式会社玄米酵素の運営する温泉保養所「洞爺健康館」に運ばれ、

宿泊者の朝食・夕食として提供されます。

 

豊作になりますように!

コメント (0)  

東京のビューティーフード&ナチュラルフードのお店 散策

2月8日は東京に出張していたのですが、

大雪のため飛行機が欠航、札幌に帰れませんでした。

 
さらに9日も飛行機が満席で帰れず・・・。
しかし、これはチャンスとばかりに、
以前から気になっていたナチュラルフードのお店に行ってみることにしました。
 
 
まずは、「THREE AOYAMA(青山)」。
 
 
ローフード、グルテンフリーなどの、魅力的なランチセットが数種類ありましたが、
今回はローフードのランチセットをいただきました。 
 
まずはアボガドなど緑の野菜のガスパチョ。
 
ロースープ.jpgのサムネール画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてカリフラワーのサラダと、小麦なしのグルテンフリーの米粉パン。 
 
ローサラダ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり料理は見た目も大事ですね。心も満足しました。
 
グルテンフリーのパスタ(米+とうもろこしのパスタらしいです)も食べたかったのですが
すでにお腹がいっぱいだったので、次回にしたいと思います。 
 
このお店はコスメの会社が運営しているとのこと。
とてもおしゃれな空間で、心も体も癒されました。 
 
 
次に、クレヨンハウスで子どもの絵本を2冊購入するなど散策してから、
元タカラジェンヌが接客するという「ビオクラ」のCAFE(青山)に行ってみました。
 
 
ビオクラは、マクロビオティックを基本にしたお店です。
 
豆乳のアイスクリーム、ローチョコレート、穀物コーヒー
のスイーツセットをいただきました。
豆乳アイスとローチョコ.jpg

 







 

 

 

 

 

 

なお、ビオクラのCAFEには、8人~10人くらい入る個室がありました。

食事をすれば、2時間借りられるそうです。

食事つきのミニ勉強会、ランチつきのミーティングなどの会合にも使えそうです。

液晶モニターも付いていますので、パソコンの画面も映せるようです。

 

 









 

 

 

 

 

 

 

 

これは便利かも!

最後に、子どもへのお土産を買いに、中目黒の野菜スイーツのお店 

「ポタジエ」に行きました。

 

http://www.potager.co.jp/user_data/shop.php#map

 

バレンタイン間近ということもあり、チョコがいっぱいでした。

 

中でもひときわ目立っていたのは、野菜を使った"ベジトリュフ"!

見た目も鮮やかでしたので、迷わず選んでしまいました。

野菜のトリュフ.jpg

 

 

 

 

 
 
 
 
 

トマト、枝豆、パプリカ、ゴボウ、玉ねぎ、ニンジン、ムラサキイモ、かぼちゃ

どれがどれだか、わかりますか?

 

どんな味か楽しみです~。

コメント (0)  

玄米酵素の原料大豆生産農家、「早坂農場」(北海道足寄町)を訪問!

玄米酵素ハイ・ゲンキや元氣大豆21に使用している、

大豆の生産を委託している「早坂農場」さんを訪問してきました。

 

早坂農場は、歌手の松山千春さんの故郷として有名な

北海道足寄町にあります。


早坂さん.jpg


早坂さんにお話をお伺いしたところ、玄米酵素専用の大豆を栽培する際に

一番手間がかかるのは「草取り」とのこと。

 

除草剤を使わないため、大豆がある程度育つまでは草取りが必須。

その草取り作業も機械では限界があるため、約3.5町歩(10,500坪)もの

大豆畑の草取りを手作業で行っているそうです。

 

「生産者の皆さんに感謝しながら玄米酵素や元氣大豆21を食べなくては!」

という気持ちがより強くなりました。

 

早坂さんは現在73歳。とてもそうは見えないほどお元気なのですが、

60歳の時には体力が落ち、農作業をするのも辛くなったそうです。

 

そんな時、玄米酵素を3カ月ほど食べたらとても元気になり、

それ以来10年以上食べ続けてくださっています。

 

そして、"こんなに良いものなら周りの人たちにも伝えてあげたい!"と、

玄米酵素の販売店に登録され、家族や友人などの大切な方々に

玄米酵素商品を紹介していただいています。

 

農場の入り口にはこんな看板まで設置してくださっています!

 

早坂農園看板.jpg

 

お土産に、早坂さん自家製の黒豆の納豆、黒豆の味噌を

いただきました。とても美味しかったです。

 

早坂さんありがとうございました。

コメント (0)  

うつみ宮土理さん主催 東日本復興のためのチャリティーコンサート

玄米酵素をこ愛用いただいているうつみ宮土理さんが主催する
【東日本復興のためのチャリティーコンサート 「昭和を歌う!」】
に行ってきました!

 

うつみさんは、震災直後から被災地に足を運んだり、義援金を提供したり、

特に被災地の子どもたちに対する支援をされています。

 

うつみさんの呼び掛けで、小林幸子さん、太田裕美さん、
マイク眞木さんなど、昭和を代表する歌手の皆さんが登場。

うつみさんの楽しいトークとあいまって、大いに盛り上がりました。

入場料は全額、うつみさん自らが被災地にお届けするそうです。

 

コンサート終了後、楽屋にご挨拶に伺い、

うつみさんと一緒に記念写真を撮らせていただきました。

 

130628うつみ宮土理さん.jpg

 

うつみさんは、チャリティーCDもリリースされています。

タイトルは、「青いこいのぼりと白いカーネーション」

 

震災で両親を亡くした子どもが、悲しみを乗り越えてたくましく
生きていくいくことをテーマにした曲で、加藤登紀子さんの作詞作曲です。

インターネット、お近くのCDショップでぜひお買い求めください。

コメント (0)  

原料の無農薬玄米を作っていただいている契約農家さんを訪問

玄米酵素の原料である無農薬玄米を栽培していただいている契約農家の一つ、
北海道当別町にある「ファームひなたんぼ」の竹田さんを訪問してきました。

 

熱い思いで農業に取り組む竹田さん。

販売されているお米のパッケージに書かれた言葉は
「食べるという字は 人に良いと書くんだよ」。

 

無農薬の米作りで一番大変なのは雑草取り。
機械では取り切れないため、竹田さんの奥様が手作業で雑草を取っているそうです。

 

弊社では現在、11軒の契約農家さんに無農薬玄米を作っていただいております。

皆さま手間暇かけて作ってくださっており、いつも心から感謝しております。

 

ちなみに、提携農家さんの田んぼには、ハイ・ゲンキの旗が立っています。

 

コメント (0)  

洞爺自然農園の田植え&草取りをしてきました

6月2日、玄米酵素とコーケンの社員約20名で、
洞爺自然農園の田植えと草取りに行ってきました。

 

洞爺自然農園の田んぼは「不耕起栽培」です。
稲刈りをした後、水を抜かず、掘り起こさず、そのままの状態で春を迎えます。

 

耕さないことで、田んぼの生態環境が守られ、様々な生き物が住み着き、
土を肥沃にしてくれるとのことです。

 
田んぼ全景.jpg

秋には美味しい玄米になるように、みんなで祈りを込めて苗を植えました。
我が家の子どもも参加、生まれて初めての田植えを楽しんだようです。


田植えスタート.jpg

代表取締役会長の岩崎(写真右)も毎年心を込めて植えています。

会長&早川常務.jpg

 

また、無農薬栽培のニンジン、たまねぎ、の草取りも行いました。

 

草取りをして、無農薬栽培は手間がかかることを再確認したと同時に、
不思議と心がとて穏やかになりました。

 

草取りは無心になれるので、心のリフレッシュにとても効果的ですね。

 

草むしり.jpg

コメント (0)  

ドイツのTVの取材を受けました!

玄米酵素が運営する「自然食レストラン 元氣亭」が、

ドイツの民放放送最大手の「Pro7」で10年以上続いている高視聴率番組

「ガリレオ」の取材を受けました。

 

「日本伝統の健康食品を探る」という企画とのことで、

なぜ玄米や麹が健康に良いのかについてお伝えしました。

 

 

写真は、元氣亭料理長の鍵山(右端)と取材スタッフの皆様です。

 

元氣亭自慢の"美味しい玄米ご飯"、"蒸し野菜+塩麹ドレッシング"、

"ベジなチンジャオロースー塩麹味"などを召し上がっていただきましたが、

「美味しい!」とドイツの皆様に喜んでいただけました。

 

玄米や麹のパワーに魅力を感じていただいたのか、

2名の取材スタッフの方が、お帰りの際にハイ・ゲンキを購入してくださいました。

 

ドイツでは10月下旬~11月上旬に放送されるそうです。

 

もしかするとドイツでも塩麹ブームが起きるかもしれませんね!

コメント (0)  

山田まりやさんが、元氣亭に来店されました!

 
女優の山田まりやさんが、弊社の自然食レストラン 元氣亭に来店されました。

まりや.jpg

現在 妊娠中のまりやさん、かかりつけの助産師さんのすすめで、玄米酵素

ハイ・ゲンキをご愛用頂いています。

 

まりやさんのブログでも、元気亭の料理、ハイ・ゲンキのことをご紹介いただきました。

http://ameblo.jp/mariya-yamada/day-20120914.html

 

今回は当店自慢の塩麹のランチを召し上がっていただきました。

 

 

食後には「玄米酵素を加えたスィーツを作ってみたい!」とのことで

元氣亭の料理長・鍵山、エコロクッキングスクールの管理栄養士・加藤を交

えて意見交換をしました。

 

玄米酵素(粉末タイプ)を加えたアイスクリーム、ティラミスなどのアイデアも

浮かびました。

 

妊婦ライフを とっても幸せそうに過ごしている まりやさんでした!

ありがとうございました。

コメント (0)  

つんく♂さん にお会いしてきました

シンガーソングライターのつんく♂ さんが、

弊社の情報紙「はい!元氣らいふ」11月号のトップページに登場します。

 

先日、つんく♂さんにインタビューをしてきました。


tunku2.jpg

 

つんく♂さんは6~7年ほど前、全身に蕁麻疹が出たことをきっかけに、
約2年間徹底した食事療法を実践されたそうです。

 

現在も、体調を整えたいときはご飯と野菜中心の食事で
腸をきれいにすることを心がけているそうです。

 

添加物を使わないなど、素材にこだわったお好み焼き屋さん
「かりふわ堂」のプロデュースもされています。
http://www.karifuwa.com/

 

私も何度か新宿店に食べに行きました。おすすめです!

 

karirfuwadou.jpg
つんく♂さんの健康観として印象に残ったのは、
「今がベストと考える、今をどう残すか、自然な生き方をする」
というコメントでした。

 

玄米酵素ハイ・ゲンキも愛食いただいていますが、
「夜食べておくと、翌朝調子がよい」とおっしゃっていました。

 

以前にも、ご自身のブログでハイ・ゲンキをご紹介いただきました。
http://ameblo.jp/tsunku-blog/entry-10678402776.html


さて9月に、つんく♂さんの最新シングル「しょっぱいね」が発売されます。
作曲は三木たかしさん。
2年前にディナーショーで聴きましたが、とても素敵な曲でした。

 

つんく♂さんの最新情報もぜひご覧ください。

http://www.tsunku.net/

コメント (0)  

登山家 栗城史多さんにお会いしました

玄米酵素の会報誌、「はい!元氣らいふ」の取材で、登山家の栗城史多さんにお会いしました。

 

栗城さんは先日「NHKようこそ先輩」にも出演されていましたが、単独・無酸素での 世界七大陸 最高峰制覇を目指しています。

 

残るはエベレストのみ。今年10月にチャレンジの予定です。

 

kuriki.jpg 

栗城さんは、単に登ることが目的ではなく、自分の姿を通して「自分も諦めないで、チャレンジしよう」と、たくさんの方に思って欲しい、とおっしゃっていました。

 

10月のエベレスト登頂の過程を録画し、登頂に成功したらドキュメンタリー映画をつくり、全国の学校で上映会をして、子どもたちに「やればできる!」ことを訴えたいとのことです。

 

 

 

 

 

 

玄米酵素についてお聞きしました。

高地では筋肉が弱り、腸の働きが悪くなってお通じが悪くなるので、玄米酵素は欠かさず食べているとのことでした。

 

取材の様子は「はい!元氣らいふ9月号」に掲載します。

 

エベレスト登頂の成功をみんなで応援しましょう!

 

栗城さんの最新情報はHP、フェイスブック、ブロク、YouTube等をご覧ください。

http://kurikiyama.jp

http://www.facebook.com/kurikiyama

http://www.youtube.com/kurikiyama

http://ameblo.jp/kurikiyama/

コメント (1)  

和紙クリエーター 堀木エリ子さん 特別講演!

和紙クリエーター・堀木エリ子さんに、弊社東京支社の社員向けに特別講演をしていただきました。

 

ビートたけしさんのテレビ番組で紹介されたり、世界的なチェリスト・ヨーヨーマの舞台美術を担当したり、国内外で高い評価を受けている堀木さん。

 

はい!元氣らいふ」最新号(201278月号)のトップページにも登場いただいております。

社員と堀木さん.jpg 

堀木さんの名言「腹の底からのパッション」「できる前提」「なぜ、なぜ、なぜを繰り返し原点に戻って考える」等々を至近距離で受け止めたみんなは大感激。

 

講演後は、自然食レストラン元氣亭で「夏の塩麹コース」を召し上がっていただき、「美味しいですね!」とお褒めいただきました。

 

元気亭にて堀木さん.jpg堀木さんの経歴、作品等についてはHPをご覧ください。

http://www.eriko-horiki.com/ 

 

堀木さん、本当にありがとうございました!

コメント (0)  

木村弓さんのライブに行ってきました

映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で有名な歌手・木村弓さんのライブに行ってきました。

 

木村弓さんは「はい!元氣らいふ」のトップページにご登場いただいたり、玄米酵素のイベントでライブをしていただり、大変お世話になっております。

 

kimurayumi.jpg
今回は「いつも何度でも」はじめ、映画音楽を中心にした選曲。
木村弓さんの天使のような歌声、そしてピアニストの塩入俊哉さん、バイオリニストの松本蘭さんの3名による演奏に、とても癒されました。

 

ライブの後ご挨拶に伺い、記念写真も撮らせていただきました。
木村さん(右から2番目)、塩入さん(中央)です。


9月には北海道でもライブがあるそうです。
お近くの方はぜひご参加ください!


9月1日 女満別
9月2日 古平町
9月3日 七飯町
http://www.youmi-kimura.com/
 

コメント (0)  

和紙クリエーター・堀木エリ子さんの展覧会

和紙クリエーター・堀木エリ子さんの展覧会が、5月10日から、東京青山のスパイラルビルで始まりました。

 

horikitenjikai.jpgオープニングパーティーに参加したところ、
会場には俳優の辰巳琢郎さん、女優の佐久間良子さん、横浜市長の林文子さんなど、有名人も多数出席されていました。

 

堀木さんスパイラル.jpg今回は「祈り」がテーマ、とても癒される空間でした。

 

はい!元氣らいふ・7月号のトップページは、堀木エリ子さん のインタビューです。

 

食と健康にも気を使う堀木さん、玄米酵素を出張にも持ち歩いて、召し上がっていらっしゃるそうです。

堀木エリ子作品展 ~和紙から生まれる祈り~ 

・期間:2012510日(木)~20日(日)

・時間:110020005/10のみ11001800

・会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F:地下鉄表参道駅B1B3出口すぐ)

・入場無料

 

コメント (0)  

新製品 ご飯にかける玄米酵素「GENKI プラス」

ゲンキ+ 2.jpgご飯にかける玄米酵素「GENKI プラス」が6月に発売されます。

 

そこで、エコロクッキングスクールで行われた、親子自然食料理教室に参加したいたお子さんたちに、試食をしてもらいました。

8名のお子さん全員が「美味しい!」と食べてくれました。

ゲンキ+ 1.jpg

 

 

この女の子は、普通の玄米酵素は「美味しくない」と食べないそうですが、「GENKI プラス」は「美味しい!」と食べていました。

 

ゲンキ+ 3.jpg「GENKI プラス」は、玄米酵素にかつお・しょうゆ・のり・ゴマなどをプラスした食べやすいふりかけ風の栄養補助食品。

 

「GENKI プラス」を給食に取り入れる保育園を増やすなど、玄米生活を実践する子どもたちを増やしたいと思います。

コメント (0)  

エリカアンギャルさんの新しい本が出ました!

30nitide.jpgミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカアンギャルさんの最新本「30日で生まれ変わる美女ダイエット」をご紹介します。

 

面白い情報満載です!

 

・βカロテンなどのカロチノイドをたくさん摂ると、異性の目により魅力的に映るようになると、英国ブリストル大学の研究者が発表。

 

・マーガリン、ショートニングなどに含まれるトランス脂肪は、不妊症、子宮内膜症、うつ病のリスクを高めるという研究がある。

 

・玄米を主食にしよう、精製された炭水化物は美と健康の一番の敵。

 

・小麦には中毒性があることが最近の研究で判明。グリアディンという小麦のタンパク質が、食欲を刺激し、食後には高揚感を呼び起こすので、もっと小麦製品が食べたくなる。

 

・よって小麦粉のパンは肥満の素。パンから玄米にスイッチするべき。

 

・アスパルテームなどの人工甘味料は、食欲を刺激する作用がある。さらに満腹感をもたらすセロトニンを分泌させない。お腹が空き続けてしまう恐れがある。

 

美と健康にこだわる皆様にお勧めの一冊です。

 

エリカさんは、昨年弊社の岩崎社長が理事長を務める「食と健康財団」で講演いただいたことがご縁で、何度か元氣亭で食事をしていただいています。

 

その時のブログも参考にどうぞ

https://blog.genmaikoso.co.jp/2011/04/post-216.html

 

https://blog.genmaikoso.co.jp/2011/05/post-230.html

 

コメント (0)  

美と健康に!元氣亭塩麹コース

人気サイト「美レンジャー」や「All About Japan」のライターもされている

美容家の鈴木絢子さん。(写真右)

 

NHKの料理番組にも出演されている 雑穀・フードコーディネーターで

管理栄養士の柴田真希さん。(写真左)

 

食と健康にこだわる素敵なお二人が、自然食レストラン元氣亭にご来店

くださいました。

 

鈴木さん柴田さん.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の塩麹コースを食べていただきましたが、「美味しい」を連発!

 

お二人ともご自身のブログに、元氣店レポートをご紹介いただきました。

 

http://ameblo.jp/ayako810/

 

http://ameblo.jp/makitchen/

 

若い女性に「食と健康の大切さ」を情報発信されているお二人。

 

「ぜひ力を合わせて、若い女性の意識改革をしていきましょう」

と意気投合しました。

コメント (0)  

「ガン患者は玄米を食べなさい」の著者 伊藤先生を訪問

「ガン患者は玄米を食べなさい」の著者である

琉球大学名誉教授の伊藤悦男先生を訪問してきました。

 

伊藤先生は、玄米の抗癌作用を科学的に証明された先生です。

伊藤悦男先生.jpg

(中央が伊藤先生です)

 

現在は、老人ホームに勤務されていますが、その老人ホームの食事は

伊藤先生の影響もあり、毎日1回は玄米食が出るそうです。

 

ちなみに伊藤先生が発見した 玄米の抗癌成分(RBA、RBF)は

玄米を炒ると溶け出やすくなるそうです。

 

普通の炊き方では、抗癌成分は食物繊維(セルロース)に挟まれたまま

のため、私たちの腸で吸収しにくいのですが、

 

高温で炒ることで、食物繊維(セルロース)が分解され、溶け出やすくなる

とのことです。

 

さっそく私も玄米をフライパンで炒ってから炊いてみましたが、

香ばしくて、美味しかったです!

 

詳しくは先生の著書「ガン患者は玄米を食べなさい」をお読みください。

ガン患者は.jpg

コメント (2)  

元氣亭の玄米の生産者・斎藤茂さんが来店されました

自然食レストラン元氣亭の命でもある「有機玄米」の生産者

山形県の斎藤茂さんが来店されました。

斉藤さんと玄米ご飯.jpg

斎藤さんは20年前、玄米酵素と食事改善で健康を取り戻し

食と健康の問題に目覚めてから、無農薬栽培で米作りを

始められました。

 

斎藤さんの取り組みと米作りにかける思いは、はい!元氣らいふ 

24年3・4月号P.2 に掲載されています。

ぜひご一読ください。

 

はい!元氣らいふに掲載されている斎藤さんの記事を読むと、

元氣亭でいただく玄米ご飯がさらに美味しくなる気がします。

斉藤さんと鍵山店長.jpg
斎藤さん(左)と元氣亭の鍵山店長

 

元氣亭では、斎藤さんの有機玄米を、最高の状態で炊き上げる

ために、気温・湿度・天候によって炊き方を変えています。

 

これからも斎藤さん、美味しいお米を作ってください!

コメント (0)  

沖縄の薬膳料理でランチ

沖縄に出張に行った際に、薬膳料理で評判のお店「さくら庵」さんで

自然農法で作った野菜で作られた薬膳ランチを食べてきました。

 

さくら庵ランチ.jpg
自家製の野菜中心の手作りのおかずもおいしかったのですが、

玄妙茶を使った玄米がゆ、絶品でした。(左下)

 

まずは北海道玄米雑穀入りの玄米を炒ります。

琉球大学名誉教授の伊藤悦男先生によると、玄米は炒ることで

様々な有用成分が溶け出しやすくなるそうです。

そして玄妙茶を加えて、茶がゆにします。

 

 

食後にはハイ・ゲンキが、なんとお皿に盛りつけられて出てきました。

さくら庵ハイゲンキ.jpg
この演出にはビックリ。

ハイ・ゲンキは食べ物ですから、お皿に盛りつけるのは、とても

良いと思いました。

 

 

体からエネルギーがわいてきました。

おいしいランチをありがとうございました!

 

さくら庵

住所:沖縄県国頭群郡本部町字伊豆味588-1

電話:0980-47-3758

 

コメント (1)  

天然パンを焼いてみました

娘(6歳)と一緒に天然酵母のパンを焼いてみました。

生まれてはじめてのパンづくりです。

 

天然酵母は難しい・・・と思いましたが、玉ねぎの甘みももあり、結構美味しくできました。

形は不格好ですが・・・

玉ねぎを入れたパンです。 

    ↓

パン.jpg

 

今年は月に2回は、娘の食育を兼ねて、娘と一緒に料理をしたいと思います。

ちなみに「天然酵母でつくるおやつパン」というレシピを参考にしました。

レシピ本.jpg

コメント (0)  

普天王関 断髪式

元小結、普天王関の断髪式に社長が参加しました。

 

日々の活動をブログで紹介する IT力士 としても人気だった普天王関、

当日は20代の女性など、若いお客さんも多く、両国国技館は大変な賑わ

いでした。

 

断髪式2.jpg

以前、ハイ・ゲンキを食べていることを、ブログでもご紹介いただきました。

http://ameblo.jp/futenou/entry-10013017135.html

 

断髪式.jpg

鋏を入れる、岩崎社長。

これからは年寄「稲川」を襲名、親方としての新たなご活躍を

お祈りしています。

 

コメント (0)  

噂の 「野菜寿し ポタジエ」 に行ってきました

六本木の「野菜寿しポタジエ」に行ってきました。
このお店のお寿司、魚は一切ありません。
ネタはすべて野菜です。

ポタジエ.jpg

ウニの軍艦巻きかと思ったら、人参のムースの軍艦巻き!
予想以上の美味しさです・・・

ポタジエ 人参ムース.jpg

つづいてマグロかと思ったら、トマトの握りです。
味はマグロとは違いますが、これはこれでアリなお味です。ポタジエ トマト.jpg

さらには、食養生で有名なレシピ「梅ごぼうの10時間炊き」の握りが出てきました。
梅ごぼうの10時間炊きは、ごぼうを梅干しと一緒に10時間火にかけたレシピ。

腎臓を強化すると言われています。
ごぼうの甘みが引き出されていて、自然食好きにはたまらない一品です。

 

ポタジエ 梅ゴボウ.jpg

野菜がこんな風に変身するとは・・・そんなメニューが目白押し。
予約をすれば、乳製品、蜂蜜等も含む動物性の食品を一切使わないビーガンにも対応。

季節によって使う野菜が違うので、いろんな季節に行ってみたいと思います。


野菜寿しポタジエ  http://www.sushi-potager.com/

コメント (0)  

自然酒の蔵元、寺田本家をご紹介します

自然酒で有名な蔵元 寺田本家(千葉県神崎町)に行ってきました。

 

てらだ本家.jpg

寺田本家は玄米酵素が経営している自然食レストラン元氣亭(両国)で提供している自然酒「五人娘」の蔵元です。

 

寺田本家の酒は、原料の米が無農薬米であることはもちろん、酒造りには極力機械を排除、ほとんどの工程は手作業にこだわっています。

 

      写真は寺田専務。

 

むすひ.jpg寺田本家の酒で私が個人的に好きなのは
発芽玄米酒“むすひ”です。むすびと読みます。

 

今回初めて知ったのですが、発芽玄米酒”むすひ”は、

現在の代表(23代目だそうです)が、体調を崩した時

玄米食で健康を取り戻したことがきっかけとなって製造し始めたものだったとのこと。

 

 

 

 

 

 

取材の様子は、玄米酵素の情報誌「はい!元氣らいふ」の12月号に掲載予定です。

 

寺田さんありがとうございました。

 

コメント (0)  

大橋純子さんに ご来店いただきました!

 「たそがれマイ・ラブ」「シルエット・ロマンス」 などのヒット曲でおなじみの歌手・大橋純子さんが、自然食レストラン元氣亭に来店されました。

 

シルエットロマンス 大橋純子さん(ブログ用).jpg

 

 

 

 

シルエットロマンスのレコードジャケット

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

大橋純子さん.jpg

 

 

 

 

 

 

 

大橋さん(中央)を囲んで記念撮影!

 

 

 

 

 

健康面にも気をつけている大橋純子さん、元氣亭では 動物性食品を使わない自然食カレーを召し上がりました。

 

北海道・夕張市出身の大橋さんは、故郷の夕張市が財政破綻したと聞いて、夕張応援アルバム『Terra』をリリース、売り上げの一部を夕張市に寄付したそうです。

 

当時の夕張市長藤倉さん(現夕張市市議会議員)ともお知り合いとのこと。

藤倉元市長といえば、全国研修会にゲストとして参加されたこともある方ですので、ご縁を感じますね。

 

ぜひ大橋純子さんのライブにも行ってみたいものです。

 

大橋さんのライブスケジュールなどについてはこちら 

http://junko-ohashi.com/info.html

コメント (0)  

マイクロシーベルト単位の放射能に恐怖するより、食改善に取り組もう!

simamura.jpg

玄米食を治療に取り入れていることで有名な、千葉県の島村トータルケアクリニックに取材に行ってきました。

 

 

ちょうど取材のあと、院長の島村善行先生の講演がありました。

 

 

 

島村先生井は「放射能を恐れるより食事に気を付けよう」と訴えていました。

 

ガンの発生原因のうち、
・放射能はわずか0.5%(それも100mシーベルトの場合)
・体質にあわない食習慣が35%
・タバコが30%

 

マスコミが日々騒いでいるマイクロシーベルト単位の放射能を氣にするより、食習慣を玄米菜食に変えることのほうが、桁違いにガンを防ぐ効果があるとのこと。

 

タバコを吸っているのに「放射能は大丈夫?!」と騒ぐのは本末転倒。

 

ガンのリスクが高まることが明らかになっている 肉・卵・乳製品をたくさん食べているのに、「放射能は不安!!」と騒ぐのも全体が見えていない。

 

放射能被曝問題を、乱れた食習慣を見直すきっかけとらえようと、お話しされていました。

 

なお島村善行先生は、はい!元気らいふ3月頃の表紙にもご登場いただいています。

 

https://www.genmaikoso.co.jp/about/pdf/2011_3_4_shimamura.pdf

 

コメント (0)  

萬田久子さんが 「北海道玄米雑穀」を紹介してくださいました

女優の萬田久子さんが著書『萬田ルールズ』で、弊社の「北海道玄米雑穀」を紹介してくださいました。


 

萬田ルールズ 表紙.jpg

『萬田ルールズ』は、萬田久子さん流の美の法則が詰まった本。

 

「北海道玄米雑穀」萬田さんが取り寄せているこだわりの食材として、写真付きで紹介されています。

 

 

先日、萬田さんの事務所を訪問し、北海道玄米雑穀のほかハイ・ゲンキや玄米ファインをお届けしてきました。

 

 

萬田さんは普段から、玄米や雑穀を食べているそうです。

  

 

 

萬田ルールズ P117.jpg

萬田さんの若さと美しさの秘訣が詰まった一冊、

ぜひご一読ください。

 

出版は朝日新聞出版、先月出版されたばかりです。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)  

被災地の学校からお便りが届きました

株式会社玄米酵素では、震災と津波で被害を受けた、

東北地方の子どもたちをサポートできればと考え、

現在 岩手県内の2つの学校(宮古市立赤前小学校と大船渡高校)に

玄米酵素を提供しています。

 

先日、仙台営業所所長の林賀と両校を訪問してきました。

 

岩手県立大船渡高校へ玄米ファインを支援したことは、

地元の新聞でも取り上げられました。

新聞記事【大船渡高校玄米ファイン提供】mini.jpg

新聞に登場しているのは、

子どもたちに玄米ファインを配布している、

養護教諭の小原先生。

 

小原先生は、避難所での食事は白米のおにぎり、菓子パンなど、

ビタミンやミネラルが不足がちのため、

ご自身の持っていた玄米酵素を生徒たちに配っていたそうです。

 

玄米ファインを提供してから、保健室に来なくなった生徒もいすますよ、

との報告もいただきました。

 

生徒の皆さんからメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

 

高校生2.jpg
高校生3.jpg

高校生1.jpg

宮古市の赤前小学校は、全児童39名中32名が津波の被害を受けたそうです。

 

子どもたちの栄養状態が心配でしたので、玄米酵素の提供を提案したところ

「ぜひ」とのことでしたので、子どもたちでも食べやすい、

玄米ファインココアア入りを提供させていただきました。

 

及川校長先生(写真右)は「おかげさまで子どもたちも、

元気に学習や運動会の練習に向けて励んでおります。」とおっしゃっていました。

赤前 校長先生.jpg
子どもたちからの礼状は、読んで元気が出るものばかりでしたので、ご紹介します。 

手紙1.jpg
手紙2.jpg

手紙3.jpg

これからも、被災地の方々をどう支援できるかを考え、実行に移したいと思います。

コメント (0)  

米粉100%のパスタ食べました

先日、米粉100%のパスタを食べました。

 

YUDERO191.jpg一口食べた感想は「これ本当に米粉?」

ふつうの小麦粉のパスタみたいでビックリです。

 

もちろん国産のお米から作ってると。

 

 

 

 

Yudero 191 というお店、場所はJR東京駅の構内です。

 

以下URLです。

http://gransta.jp/dining/store/index.php?pid=221

 

 

自給率アップは国家的課題。

 

パスタを食べるなら、できるだけ米粉パスタのお店を探して、米消費量拡大に繋げたいです。

コメント (0)  

エリカアンギャルさん 元氣亭にご来店

ミスユニバースジャパン 公式栄養コンサルタントのエリカアンギャルさんに、弊社自然食レストラン 元氣亭にご来店いただきました。

 

美女の血液型BOOK.jpgエリカさんの最新本「美女を作る血液型BOOK」の内容について、いろいろと教えていただきました。

 

血液型と言えば、性格や相性をみるものと思いがちですが、最新の科学的な研究により、血液型によって体質が異なるため、血液型によって食事を変える必要があることが、わかってきました。

 

たとえばA型の方は、肉を分解するのに必要な酵素(IPA)の腸での分泌が少ないので、肉食は控えたほうがいいそうです。

 

IPAの分泌量は、A型はO型の3分の1だそうです。A型の私は、O型の方よりも、肉の量を控えめにしなくてはなりませんね。

 

科学的根拠に基づいた、血液型別の食事のお話、とっても興味深い内容でした。

 

  

エリカさん元気亭ご来店.jpg最後にエリカさんを囲んで、記念撮影をさせていただきました。

とてもきさくなエリカさんでした。ご来店ありがとうございました。

 

なお11月6日、日本綜合医学会 東京大会では、エリカさんのトークショーが行われる予定とのことです。

 

どんなお話が聞けるか、今から待ち遠しいですね。

 

 

コメント (0)  

気仙沼にボランティアに行ってきました

ゴールデンウィークを利用して、先の東日本大震災による津波で大きなダメージを受けた、宮城県気仙沼市に、ボランティアに行ってまいりました。

 

気仙沼1.jpg

 

実際に現場に行ってみて、言葉を失いました・・・

 

いまだに手つかずのガレキ、町が全て廃墟となった光景、はやりTVや新聞で見るのとは全く違います。

 

 

 

今回は「森は海の恋人運動」で有名な、畠山さんという全国的にも有名な、牡蠣の養殖をしている方の復興のお手伝いをしてまいりました。

 

以下、森は海の恋人運動 のHPです。

http://www.mori-umi.org/

 

 

畠山さんの養殖場は、津波ですべてが失われました。

 

ところが、

「津波のおかげで、私の養殖場の周辺の海底がきれいになった。5年~10年後には、以前よりももっともっと美味しい牡蠣やホタテができるんですよ」

 

と、あの津波が来たことを前向きにとらえ、復興に向けてすでに動き始めている姿勢に、感銘を受け、逆にこちらが元気をいただきました。

 

新聞記事.jpg

 

今回は2日間、牡蠣の養殖に使う、海に浮かべる「イカダ」作りを手伝ってまいりました。

 

その時の様子を、地元の新聞で取り上げていただきました。

 

 

 

 

 

 

実際に現場に足を運び、スイッチが入りました。

これからも微力ながら、できる限り、継続的に東北地方にボランティア活動に行きたいと思いました。

コメント (0)   トラックバック (0)

「水割りを下さい~♪」堀江淳さんが来社されました

30年前に「メモリーグラス」が大ヒットした シンガーソングライターの 堀江淳さんが 弊社の自然食レストラン元氣亭に来店されました。

 

メモリーグラス堀江純.jpg

 

30年前、私は小学生でしたが、意味もわからずに「水割りを下さい~♪」と歌っていた記憶があります。

 

当時のレコードのレーベルです。

20歳だったそうです。

 

懐かしいですね。

 

 

 

 堀江淳さんIN元気亭.jpg

30年前と同じ、スリムな体系を保つために、食生活に気をつけているとのこと。

 

自宅のご飯は白米でなく分づき玄米。

お弁当に揚げ物があったら手をつけない。

外食でも揚げ物は食べない。

 

そして3年くらい前から、玄米酵素を食べているそうです。1日6袋、きっちりと。

 

 長年玄米酵素を食べている、事務所の社長さんからのおすすめとのことでした。

 

「玄米酵素は召し上がっていかがですか?」とお聞きしたところ

「玄米酵素を食べてから、ライブが終わっても疲れにくい」とおっしゃっていました。

 

1時間半程度のライブを行うと、1~2kg体重が減るそうです。

アーティストは体が資本ですね。

 

ありがとう堀江純.jpg

なお、堀江淳さんの最新のCDは「ありがとう」という曲です。

 

TV番組「田舎に泊まろう」に出演した時に、泊めていただいたお家の皆さまへの感謝の気持ちを込めて、その場で作詞作曲したとのこと。

 

いつか、玄米酵素のイベントで、堀江淳さんに歌っていただく機会を作りたいと思います。

 

以下、堀江淳さんのHPです。

http://www.horie-jun.net/profile.html

 

 

 

 

コメント (0)  

玄米給食で 子どもが、学校が、地域が変わった!

学校給食を玄米給食に変え、子どもたち、学校、そして地域を変えることに成功された、平山幸史先生(元千葉県 野栄中学校 校長先生)を訪問してきました。

 

玄米給食.jpg

 

 

平山先生の取り組みは、新聞でも紹介されるほど、食育の世界では有名で、以前から一度直接お話を伺ってみたいと思っていました。

 

 

 

 

 

 2か月前に、弊社の食育情報誌「はい!元氣らいふ」に先生の取り組みを紹介したいと依頼したところ、ご承諾いただき、今回お会いする運びとなりました。

 

玄米給食を導入した成果をお聞きしましたところ、生徒のアンケートで多いのは・・・・

・よく眠れて目覚めがよくなった。

・ムカツクことが少なくなった。

・授業に集中力が増し、成績が向上してきた。

・運動部活動で中央の大会に出場できる部が増えてきた。

 

また、

・自宅でも玄米炊飯器を購入して実践・継続している家庭が増えた。

・地域の民宿で、夕食の主食に玄米を出すところが出て来た。

・地域のステーキレストランが玄米菜食レストランに変わった。

という副産物まで現れてきたそうです。

 

セミナー.jpg

 

 

玄米給食の構想から、実際の導入までには、2年半かかったそうです。

 

平山先生は自ら、子どもたちに玄米食の大切さを伝える授業を行い、生徒たちの食に対する意識を高めていったそうです。

 

 

 

 

 

 最近では、元体育教師の平山先生をさらに喜ばせる成果がでてきました。

玄米菜食を実施することで、スポーツ面で成績がぐんぐん上がり、中央の大会で好成績を収める生徒が続々と現れてきたそうです。

 

教え子.jpg

 

そして先生が指導した選手の一人はこの春、名門体育大学へ進学し大活躍。

 

 

「間もなく全日本入りできるよ!」とお話する平山先生の瞳が、キラリと光っていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

平山先生の取り組みの詳細は、はい!元氣らいふ 7・8月号に掲載します。

ご期待下さい。

 

学校給食で玄米がでる日が来るといいですね。

 

コメント (0)  

玄米酵素の生産工場に行ってきました

先日、商品開発の打ち合わせで、工場に行ってきました。

玄米酵素の生産工場は、札幌市のとなり当別町という自然豊かな町にあります。

とても空気が美味しい場所です。

  

打ち合わせが終わってから、新商品の玄米ファインココア入りをエアパッキン

(通称プチプチ)につめる作業を手伝ってきました。

ファイン梱包2.jpg

製品をプチプチに詰める行程でも、マスク、帽子、白衣に手袋は必須。

髪の毛ひとつ入らないよう、衛生面に気をつけて梱包しています。

 

製品に傷はないか、賞味期限は印字されているか、ひとつずつ確認します。

手間はかかりますが、最後のチェックは人の目で行っています。

 

「たくさんの方の健康作りに役立ちますように」と祈りを込めて、梱包させていただきました。

 

コーケンの方々と2.jpg

一緒にファインの梱包をした工場のメンバーです。

メンバーの「子供を育てるような気持ちで商品を作って、送り出しています」との

ことばが印象的でした。

コメント (0)  

「世界一の美女になるダイエット」のエリカアンギャルさんにお会いしました

4月10日、札幌で行われた「食と健康財団」主催の「食と文化フォーラム」に参加してきました。

 

今回のフォーラムのゲストは、著書「世界一の美女になるダイエット」で話題となった

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントの エリカ・アンギャルさんです。

shoku_to_bunkaforum-255x300.jpg

エリカさんは、2007年のミス・ユニバース世界大会で優勝した森理世さんはじめ、多くの美女たちに食事指導を行い、実績をあげていることで有名な方です。

この日も終始、伝統的な日本食の素晴らしさを、熱心に語っていたエリカさん。

エリカさんのような外国の方が、日本食の素晴らしさを語るのを聞いて、参加者の皆さんも「日本食って実はすごいんだ!」という、新たな気付きを得たのではないかと思います。

 

世界一の美女になるダイエット.jpg

以前、ある自然食品店のオーナーさんから、「娘がちっとも玄米食をしてくれない。ファストフードに清涼飲料水にスナック菓子が好きで困っているんですよ・・・」

 という悩みを聞いた時、

 

「この本をお嬢さんに読ませたらいいと思いますよ」と「世界一の美女になるダイエット」を紹介しました。

 

1週間後、「娘が玄米食べるようになりました!ファストフードもやめるって言ってくれましたよ!いい本を紹介してくれて、ありがとうございます。」

と嬉しい報告をいただきました。

 

エリカアンギャルさんと.jpg

エリカさんの「日本食は世界一の薬です!」と言う言葉が、印象的でした。

 

コメント (0)  

【カンボジア便り】 図書館除幕式&小学校の地鎮祭

玄米酵素では2001年から、カンボジアの子どもたちの教育を支援するボランティア活動をしています。
月に一回昼食を抜いて、あまった食事代500円を、毎月ご寄付いただく「愛の一食運動」。
皆様からの浄財で、これまでにカンボジアに小学校3棟、図書館3棟を作ることができました。

去る3月3日、販売店さん9名と一緒に、新たに建築がはじまる小学校の地鎮祭ならびに完成した

図書館の除幕式に参加してきました。

学校に着くと、数百人の子どもたちが出迎えてくれました。 Cambodia1.JPG

裸足の子どもたちもいます。
Cambodia2.jpg

 

今回新たに完成した図書館の前で、子どもたちと一緒に記念撮影をしました。Cambodia3.jpg

 

「学校ができて嬉しい!」「図書館で本が読めて幸せ!」そんな

カンボジアの子どもたちのピュアな笑顔に接し、元気を分けて

もらうことができました。

Cambodia4.JPG

Cambodia5.JPG

月に一度昼食を抜くことが、子どもたちの笑顔につながることを今回実感することができました。


札幌から参加された、小原幸子さんからコメントをいただきましたので、ご紹介します。

「今回初めて参加させていただきました。子どもたちの澄んだ目、また子どもたちだけでなく、先生や

父兄の方々の笑顔・・・感動・感動・感動の連続でした!

私たち日本人が、見習わなくてはならないことが沢山ありました。

「愛の一食運動」が、素晴らしい活動であることも大変よく分かりました。」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※3月11日以降、「愛の一食運動」の口座にお振り込みいただいた浄財は、

  東北地方太平洋沖地震の義援金として、被災者の皆さまのために使用

  させていただくこととなりました。ご理解下さいますようお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント (0)  

「玄米ファインココア入り」 お客様の声をご紹介します

3月22日 新商品「玄米ファイン ココア入り」が発売となりました。

 

FineCocoa.jpg玄米ファインは、玄米酵素を初めて食べる方や、

従来のタイプが食べにくいと感じている方向けに

開発された商品です。

 

既存の玄米酵素商品に比べて胚芽・表皮が少なく、

玄米の割合を多くしています。

食物繊維は、20粒で玄米おにぎり約(100g)1個分。

ビフィズス菌に有効に作用するオリゴ糖、ポリフェノールが話題のココア、さらに麹菌による発酵で各種酵素が生まれていますので、体に嬉しい&食べて美味しい、噛んで食べるタイプのサプリメントです。

 

 

★発売にさきがけて「玄米ファイン ココア入り」をお試しいただいた

 モニターの皆さまの感想をご紹介いたします!

 多くの嬉しいコメントをいただきました。

 

 東京都 ペンネーム:みどりん様(30代女性)

monitor1.jpg

 

群馬県 ペンネーム:きょうちゃん(8歳の女の子)monitor2.jpg

 

東京都 ペンネーム:みかん様(30代女性)monitor3.jpg

 

神奈川県 野々宮京子様(40代女性) 

monitor4.jpg

----------------------------------------------------------------

※玄米酵素は薬ではありません。
玄米に比べると不足している白米の栄養を補完するための栄養補助食品です。
感想はあくまで個人のもので、全ての方に当てはまるものではありません。

----------------------------------------------------------------


子ども達の栄養バランスの補助として、おやつ感覚で食べられる玄米ファインを役立

てていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

 

コメント (0)  

アメリカの食環境についての映画 『フードインク』のご紹介

フードインク.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日『フードインク』という映画を見てきました。

アメリカの食環境が、いかに恐ろしいことになっているかを取材したドキュメンタリー映画です。

アメリカの農務省やFDA(米国食品医薬品局)のトップは、食肉加工の多国籍企業の役員や、

遺伝子組み換え作物の種子を販売している多国籍企業の役員などが含まれているとのこと…。

結果、多国籍企業を守るためと思われかねないことも多いようです。

①遺伝子組み換えの作物を使っているという表示を義務化して欲しいという、国民の要望が

 認められず、いまだにアメリカには表示の義務がない。
 
②FDAによる食の安全性のチェック査察調査数が、どんどん減少している。
 1972年は5万件を超えていたが、2006年はわずか9千件。

一方、世界一のスーパーマーケット、「ウォルマート」では、最近オーガニック食品コーナーが

でき始めているとのこと。もちろん、食の安全性に目を向けている消費者も増えてきています。

消費者が変われば、企業が変わります。賢い消費者を増やすことが必要なのでしょうね。

映画『フードインク』は、現在東京でのみの上映ですが、今後は、各地で上映される予定との

ことです。

コメント (0)  

アーティスト「米倉利紀(としのり)さん」の取材に同行してきました!

先日、「はい!元氣らいふ」5・6月号の巻頭インタビューにご登場いただく、

アーティストの「米倉利紀(としのり)さん」の取材に同行してきました。


米倉利紀さん.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米倉利紀さんの曲は、TVのCMソングなどにも使われており、35歳~45歳

くらいの年代層の方は、ご存知の方も多いかと思います。
SMAP、KinKi Kids、TOKIO、和田アキ子さん、大黒摩季さんなどにも楽曲

を提供しておられます。

米倉さんは以前、週に5回はジムに通って体を鍛えていたそうですが、最近は

時間がなく、週1回程度になってしまったとのこと。

運動量が減ったのに以前と同じ食事をしていたところ、体調が落ち気味になって

しまったそうです。
ちなみに白米が大好きで1食に3合食べることもあったとか。

そんな時、トレーナーの方から玄米食を勧められ、玄米食を実践したところ体調も

レベルアップ!

そんなタイミングで、友達のお家に行った時に玄米酵素に出会い、
噛んで食べたらとても美味しくて「これは元氣の素になる!」と直感したそうです。

「これは何年も続けて食べたい食べ物ですね」とおっしゃっていただきました。

コメント (0)  

水野

=========================
水野知光
所属    経営企画部(部長)
生年月日  昭和47年9月10日(おとめ座)
血液型   A型
趣味    子供と一緒に遊ぶ、学ぶ、料理する
 (「パパつまらない!」と言われたらテニス再開したいです)
好きな言葉 光らせている人が光っている人
=========================