loading ...

洞爺自然農園スタッフ

洞爺自然農園で田植えを行いました!-2017年5月21日-

今年も、 洞爺自然農園で田植えを行いました。


20170521-01.JPG


農園のスタッフに加え、玄米酵素札幌本社、
玄米酵素の生産工場である株式会社コーケンの社員も参加。
子どもたちも参加しました。


ズボッ、ズボッと素足で田んぼに入るのは気持ちいいですね。

女性社員もはしゃいでいました。


20170521-02.JPG


田植えの後は、玉ねぎ畑やアスパラ畑の草取りのお手伝い。


20170521-03.JPG


アスパラ畑では、雑草の中から、多数のアスパラを発掘。


20170521-04.JPG


無農薬栽培は手がかかることを再度認識するとともに、
食べ物への感謝にしながら、作業をさせていただきました。


コメント (0)  

オーガニック玉ねぎの植え付けスタート in 洞爺自然農園

株式会社玄米酵素 直営・洞爺自然農園(有機JAS認定)では、

手作業で玉ねぎを植え付けています。


20170511-01.JPG


除草剤を使わないため、できるだけ雑草が生えないよう、

畑にはフィルムを敷いています。


通常、玉ねぎは機械を使って植えますが、

当農園ではフィルムに空けた穴に苗を植えるため、機械が使えません。


本日は、玄米酵素の3人の部長も植え付けに参加。


20170511-02.jpg


美味しいオーガニックの玉ねぎができますように!


20170511-03.jpg

コメント (0)  

洞爺自然農園の無農薬イチゴ狩り&洞爺健康館で玄米自然食

先日、一般財団法人「食と健康財団」のバスツアーが行われ、
弊社の洞爺健康館、洞爺自然農園をご利用いただきました。


自然農園では無農薬のイチゴ狩りを楽しんでいただきました。

今年は出来もよく、安心安全なだけでなく、甘くて美味しいと好評でした。


0720_1.jpg

0720_2.jpg

イチゴ狩りの後は、洞爺健康館でのお食事。

もちもちの玄米ごはん、全て添加物を使わない自然食レシピ。
心も体も癒されるメニューでした。


*今回の食事の写真を撮りそびれてしまいました(・・;)
別の日にお出ししたメニューをご紹介いたします。


0720_3.jpg


なお、洞爺健康館は今年6月より宿泊予約を再開いたしました。
心とカラダのリセットをしたい方は、ぜひご利用ください。


自然農園の見学も可能です!

北海道旅行を予定されている方、詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.genmaikoso.co.jp/health/touya/

コメント (0)  

洞爺自然農園で田植えを行いました!-2016年5月22日-

5月22日(日)、玄米酵素グループの社員で、洞爺自然農園の田植えを行いました。

農園のスタッフに加え、玄米酵素札幌本社、玄米酵素の生産工場である
株式会社コーケンの社員も参加。3人の子どもたちも参加しました。

160522_1.JPG

社長の鹿内も毎年、心をこめて苗を植えています。
160522_3.JPG

苗を手に笑顔の鹿内(写真右)
160522_2.JPG

秋に収穫される玄米は、玄米酵素が運営する温泉保養所
「洞爺健康館」で、宿泊者の朝食・夕食として提供されます。

田植えのあとは、玉ねぎ、人参の苗の周りの雑草取りも行いました。
無農薬栽培は手がかかることを再度認識するとともに、
食べ物への感謝にしながら、作業をさせていただきました。

コメント (0)  

洞爺自然農園の夏野菜セットにお客様から嬉しいコメントをいただきました!

洞爺湖畔にある洞爺自然農園では、トウモロコシ、トマトなど
夏野菜の収穫が最盛期を迎えています。

150829_1.jpg

150829_2.jpg

150829_3.jpg

先日、洞爺自然農園の「夏野菜セット」を受け取られたお客様から
喜びの声が届きましたのでご紹介いたします。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
豊かな味わいのトマトに顔がほろこんでしまいます。
北海道のエネルギーがぎゅぎゅっと詰まったトウモロコシ、
あんなに甘味があって、ハリがあるトウモロコシをわたくしは
初めて食べたように思います。
今年、いえいえ人生でいちばんおいしいトウモロコシを
いただきました。
思わず、トウモロコシ汁ブシャーッ!です。

東京都 W.M.様(40代・女性)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

夏野菜の次は、ジャガイモ、玉ネギなど秋野菜の収穫です。

じゃがいもの花ってキレイなんです♪
150829_4.jpg150829_5.jpg

玉ねぎは旨みたっぷり。甘みもあります☆
150829_6.jpg

頒布会に申し込んでおられる方は、どうぞお楽しみに。

コメント (0)  

洞爺自然農園で田植え&草取りをしてきました

5月31日(日)、玄米酵素グループスタッフが集まり、
洞爺自然農園の田植えを行いました。


農園のスタッフに加え、玄米酵素札幌本社、玄米酵素の生産工場である
株式会社コーケンの社員が参加。それぞれの家族も参加しました。


150531_2.JPG


私も毎年、子どもと一緒に参加しています。


150531_1.JPG


素足で田んぼに入るのはとても心地よいものですね。
最近では田植えセラピーという言葉もあるようです。


秋に収穫される玄米は、玄米酵素が運営する温泉保養所
「洞爺健康館」で、宿泊者の朝食・夕食として提供されます。



田植えのあとは、玉ねぎの苗の周りの雑草を手で抜きました。


150531_3.JPG


無農薬栽培は手がかかりますが、全国のお客様の喜ばれる顔、
元気な姿を思い浮かべながら草取りをしました。

改めて食べ物を作ることの大変さを実感した一日でした。

コメント (0)  

限定150セット★洞爺自然農園の有機野菜を販売(★おかげさまで完売しました!)

★4/28 おかげさまで完売しました★

 

--------------------------------------------------------

洞爺自然農園頒布会のお申し込み受付中!

--------------------------------------------------------

 

玄米酵素洞爺自然農園で育てた美味しい有機野菜を、

 150セット限定 で販売いたします。

 

洞爺自然農園は、有機JASの認定農場で、

農薬や化学肥料は一切使用していません。

 

玄米酵素を使った堆肥で育てた、安心安全なおいしい有機野菜を

どうぞお試しください♪

 

★有機野菜は5月~10月にかけて年4回お届けします★

 

(1) 香り豊かな甘~いアスパラガス 1kg箱詰め(L・M込)

(2) 太陽の恵みを受けた トマト 2kg箱詰め 1箱

(3) 北海道の夏野菜セット(届いてのお楽しみ) 3kg箱詰め 1箱

(4) ほくほくの秋野菜セット(じゃがいも・玉ねぎなど) 10kg箱詰め 1箱


農園野菜(blog).jpg

 



















農園のスタッフだけでなく、玄米酵素の社員も手作業での雑草取りに参加。

雑草を丁寧に手摘みすることで作物の生長を促します。


土づくり.jpgのサムネール画像











愛情込めて育てた有機野菜です。 

旬の野菜本来のおいしさをお楽しみください♪



★洞爺自然農園のHPはこちらから
https://www.genmaikoso.co.jp/health/touya_farm/

★洞爺自然農園の最新ブログはこちらから
https://blog.genmaikoso.co.jp/2014/04/post-409.html

 

 

頒布会の価格は16,000円(年4回、税込み、送料込み)
(※頒布会の価格は、昨年までの年6回23,000円から、年4回16,000円に変更になりました。)

 

お申し込みは、玄米酵素本社まで
フリーダイヤル 0120-13-2345 

 

振り込み用紙をお送りしますので、4月中にお振り込みください。

 

※なお天候不良により、十分な収量が得られない場合は、

他のJAS認定の契約農家の作物になる可能性もございますので、

予めご了承ください。

※トマトと夏野菜の収穫時期が重なる場合、発送が前後する場合も

ありますのでご了承ください。

コメント (0)  

洞爺自然農園 ~ トマトの苗の寝かせ植え ~

洞爺自然農園・作業風景の一コマをご紹介いたします。

今回はトマトの種蒔きと鉢上げです。


「種まき」

3月6日に、トマトの種を蒔きました。

大玉・中玉・小玉の3種類です。

 

①種まき.jpg

 

 

 

 

 










今シーズンは新たに、昨年種取りをしたものも蒔いてみました。

どんな実をつけるのやら、初めての試みで楽しみです。


 

「鉢上げ」

種まきから20日経ち、本葉2枚が開いたところで苗箱から鉢へ引っ越し(鉢上げ)です。

洞爺自然農園のトマトは、「寝かせ植え」という方法で苗を育てます。

苗を鉢の上に寝かせて置き、茎に土をかぶせます。

 

②鉢上げ.jpg

 

 













苗の寝かせ植えの良いところは・・・


(1) 土をかぶせた茎からも根がでて、根量が多くなる。
(2) 茎が短くなることで、腰の据わった倒伏しづらい苗になる。

 

というものです。


"茎からも根を伸ばそう"とする苗の性質を利用した方法として、
農園では以前から取り組んでいます。


今回蒔いた小さな種が、夏には丸々と赤い実をつけるまでに成長します。

自然の力を感じつつ、今日もおいしい野菜たちを育てています。

コメント (0)  

洞爺自然農園のこの頃

先日、一週間の日程で西美唄(札幌より車で約1時間半くらいの距離にある)の五十嵐農産さんで、研修をさせていただきました。

 

五十嵐さんが弊社の岩崎社長と中学校の同級生だったこともあって実現しました。

 

五十嵐農産さんでは、トマト・お米・大豆・小麦を主に栽培しています。その中でも特にトマトは、高糖度トマトとして道外の業者が庭先にまで買い付けに来るような、甘く食味のいいトマトを栽培されています。

 

研修期間中はまだ雪が多く、トマトの苗も鉢に入ったままでしたが、今後ハウス内に移植されてどのように生育してどんなトマトが実るのか、氣になるところです。

今回の研修では、当農園のトマト栽培にとても役に立つ情報をたくさんいただいてきました。

五十嵐さん一家と.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洞爺湖にも春の足音が近づいています。

湖の対岸には、平成20年洞爺湖サミットの会場となったウインザーホテルや平成12年に噴火した有珠山などが見えます。

洞爺湖畔.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて当農園では、こんな作業が始まっています。

何だかわかりますか?

タマネギ種落とし.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマネギの種を落としているところです。
下に土を詰めた288個の小さな部屋をもったセルトレイという皿に、一度に288粒の種を落とせる道具があります。効率よく時間も短縮することが出来ます。

 

次は、種を播いたセルトレイを床に並べてトンネルをかけて保温します。
電氣を使わず無加温で、自然の柔らかな温もりの中でタマネギがやがて芽を出すのを待ちます。

タマネギ苗床にセッティング.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンも、皆様に喜ばれるタマネギが育ちますように…。

コメント (1)  

洞爺自然農園スタッフ

profile soon...