loading ...

2007年8月

初めまして♪

にゃんこ’s

東京支社の杉原です。
念願のブログが出来上がり、ドキドキしながら書いています。

まずは少しだけ自己紹介。
私は、今年4月に株式会社玄米酵素に入社しました。
北海道での研修を経て、今は東京支社に勤務しています。

ブログでは主に、猫の写真や、
大好きな踊り、旅行のこと、美容に関する情報などを書きます。
(←24歳にして、やっと美容にも興味を持ち始めたので。汗)

唯一、東京支社からのエントリーなので、
両国の風景もお届けしたいと思います。
北海道の大自然のようにきれいな写真は撮れないかもしれませんが、
人情味あふれる下町の風景を楽しんでくださいね♪

コメント (0)   トラックバック (0)

ジャンボ生ちらし寿しを求めて!

25日、日帰りツーリングをしてきました!
今回の目的は、会社の先輩に教えてもらった増毛(ましけ)町(札幌から北へおよそ110km)にある「まつくら」というお寿司屋さんの「ジャンボ生ちらし寿し」!とにかくすごい量とのこと。夏の思い出づくりに朝7:30札幌を出発です!

普通ならば、増毛へは日本海海岸沿いの国道231号線を北上するのですが、今回はせっかくなので北竜(ほくりゅう)町にある「ひまわりの里」を見ながら行ってみようと国道275号線をチョイス。休憩も入れながら2時間ほどで「ひまわりの里」に到着。
さっそく、写真を撮りました!が、ご覧の通りピンボケ…。
ひまわりの里
帰ってきてから気づいたのですが、カメラがマクロ機能になってました。
雰囲気だけでも味わってもらいたいので、あえてアップします!ひまわりばかり130万本だそうです!目を細めながらご覧ください。

さてさて、「ひまわりの里」からは道道94号線を使って増毛町へ。(10:30に到着)
時間がまだ早いので、まずは場所の確認と思い「まつくら」さんへ行ってみると、なんと営業中!いったい何時からやっているのでしょうか?あるHPでは11:00からとあったのに!でも文句も言わずに朝食と昼食を兼ねたお食事タイムへ。

お店に入った途端、先客の注文したジャンボ生ちらしが目の前を通り過ぎ、その量にびっくり!食べられる自信がなく、今回はランクを下げて、特上生ちらし寿し(2310円)を注文(写真)
お寿司

これでも、お得感あります。
うに、いくら、あわび、数の子、ホタテ…等々と札幌で食べられるものよりもお得!?(もちろんここまで来る交通費は必要ですが…)
ドライブでこちらに来られる方ならば、一度は立ち寄っても良いのでは?(ジャンボ生ちらし寿しに興味のある方は、検索エンジンで検索して他HPでその姿をご覧ください)

写真の失敗はありましたが、これも立派なハーレーおやじになるための修行。これからもいろいろチャレンジしたいと思ってます。

コメント (0)   トラックバック (0)

洞爺湖便り vol.1

洞爺健康館と洞爺自然農園に行ってきました。
健康館は旧洞爺村の高台に位置しています。いわゆる“向こう洞爺”と言われる場所で、昭和新山や有珠山、洞爺湖温泉街とは湖を隔てた反対側です。
健康館から見る洞爺湖はとにかく絶景、特に早朝と夕暮れは1秒たりとも同じ景色はありません。湖面が刻々と変化していく様子を見ていると、時間の経つのを忘れます。

健康館で、昨年増築された露天風呂に初めて入りました。思ったより広くて大きくてゆったりとしていて快適です。温泉好きにはたまらないでしょうね。

健康館070821
健康館の2階ベランダから 8月20日午後5時

健康館に来る途中、ちょっと寄り道。羊蹄山(えぞ富士)のわき水で有名な京極の吹き出し公園でコーヒータイムをしてきました。

吹き出し公園ストーブ070820
25年以上現役を続けてくれているお気に入りのコール
マンのストーブで羊蹄のわき水を温めました。

吹き出し公園の中のすてきな場所をご紹介しましょう。
湧水口側第二駐車場の下、吹き出し公園の山側がベストスポット。真夏の炎天下でも広く木陰を確保することができますよ。このリンクから公園全景の写真を見ることができます。山側の真ん中あたりがその場所です


自然農園はタマネギが収穫直前、ジャガイモはまもなく収穫という段階でした。
スタッフは来年に向けて、いちごの畝作りをしていました。家庭菜園の経験から、いちごは毎年実をつけるものと思いこんでいましたが、それはあくまでも家庭菜園レベルの話、売り物のいちごは毎年苗を植え替えるのだそうです。知らなかった!

農園タマネギ070821
タマネギは収穫時期になると自ら「取ってねサイン」
を出すそうです。茎がまっすぐに伸びている状態は
まだまだ、倒れる(倒伏)と収穫OK。
80%倒伏が収穫の目安とか。

農園ジャガイモ070821
とれたてのジャガイモです。
実はジャガイモは収穫後、一定の熟成期間を経てお
いしくなってから出荷されるのだそうです。
これも、知らなかった!

次回は健康館の施設をご紹介します。

コメント (0)   トラックバック (0)

愛車で日帰りツーリング

今月14日、愛車のハーレー(下写真)に乗って長距離走ってきました~
愛車2
札幌から中山峠を経由して長万部(おしゃまんべ)へ、そこから日本海側の瀬棚(せたな)へ抜け、島牧、寿都、黒松内、ニセコ、倶知安、余市、小樽、札幌とおよそ450km。

この日は雲一つない良く晴れた1日(札幌は最高気温34度を記録!)で、あまりにも気持ちがいいので、タンクトップ姿で走ったのですが、恐ろしいほど日焼け!こんなに日焼けをしたのは、中学生以来でしょうか。女性社員に「子供みたい」と笑われております。

さてさて、このブログではバイクの話だけでなく、ツーリング先の名物やお土産など北海道らしいところを紹介できたらと思っています!
(写真は、ニセコの道の駅「ニセコビュープラザ」から羊蹄山を撮ったものです。)
羊蹄山

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.1 小さい秋見つけた

今年2月に本社勤務になって以来、自宅から会社まで歩くようにしています。
札幌工業高校、道立工業試験場を通って獣医学部から北大の構内に入ります。いちょう並木を通り抜け、北13条に出て北12条西1丁目まで、約45分間のウォーキングコース。緑豊かな北大の構内は散歩に最適、排気ガスを気にすることもなく、季節の移り変わりを楽しんでいます。
さすがに朝の気温が26~27度を超えると歩くのはパスしているのですが、朝は涼しい日が多いので、8月でも結構歩いています。

北海道の冬はとても厳しいのですが、そのおかげでメリハリのある四季を楽しむことができます。なにもかも真っ白な冬、桜と梅が一度に咲き始める春、クーラー不要の涼しい夏(今年は結構暑いのですが…)、針葉樹の緑と広葉樹の赤や黄色があざやかな秋。そんな北海道を少しずつご紹介しますね。
早速ですが、小さい秋を見つけました。8月18日で真っ赤に紅葉している「もみじ」です。
北大もみじ
北大いちょう並木の東角の「もみじ」が一部だけ真っ赤に紅葉していました。周りの「もみじ」は青々としているのに1本の「もみじ」の1本の枝だけが真っ赤で、とても目立ちます。
まだまだ暑いのに、えー!もう秋?と思って周りを見渡すと、ありましたねえ、小さい秋がいたるところにありました。残暑厳しい本州以南の皆さんに一足早い秋をお届けします。

北大ドングリ
赤ナラのドングリ 北大理学部前

北大ナナカマド
色づき始めたナナカマド 北大体育館前

コメント (2)   トラックバック (0)

『はじめてのWii』

西潟画像
これは、うちの子供(2歳半と1歳4ヶ月)が初めてWiiリモコンを手にしたときの写真です。わけも分からず一所懸命Wiiリモコンを振り回して(リモコンが飛んでいかないことを祈るパパ)本人達は十分Wiiを満喫していました。

そして、もう一枚、はじめてのパソコン!?これも、パパは冷や冷やもので見ていました。
西潟画像
そういえば、パパのはじめてのパソコンといえば、中学1年生のときクラブの先生が自作したTK-80(今思えばTK-80だったと思う)でした。今から28年前基盤がむき出しでモニタが9インチ位かな?当然モノクロ。。。プリンタもレジのレシート同じくらいの幅のやつで、リボンがいらないインパクトタイプ。それでも当時は画期的なものでした。

起動するまでに手順が必要で、Load・・・DATA・・・(何か色々打ち込んでいた)それが完了すると、やっとBASICが起動!(手順を間違えるともう一度Load・・・)さっそくプログラミング(買って来たパソコン雑誌で覚えた簡単なプログラム)開始!本人は完璧にプログラマ気取り。しょせん、中学生のプログラム。。。数十ステップで満足しプログラマ気分を満喫。

ただ、BASICで作るプログラムにはGOTO文があり、たまに無限LOOPに陥ることもしばしば、そうなったら最後。。。RESETボタンを押すだけ・・・残念なことに先生が作ったTK-80にはSAVE機能がなく、プログラムに重大な欠陥があると帰ってきませんでした。
それでもはじめてのパソコンに感動し夢中になってしまいました。

そして、夏休みに入り地元にある「綜合電器」にシャープのMZ-80Bが展示してあり、自由にさわっていい!(すごい太っ腹!しかも3台も)もう、開店と同時から閉店までMZ-80Bの前に陣取ってプログラムの打ちっぱなし。そこはテープ持参ならSAVE・OKの良心的なお店でした。当時、パソコンなんて「パソコンで何するの?」「変なやつ!」「暗っ!」全然、理解してもらえない。しかも富良野の田舎でしたから・・(北の国からが始まるずーーっと前)中学1~2年生の2年間、夏・冬休み通い続けました。このころにコンピュータ関係の仕事をしたいと決めました。(最初の仕事はコンピュータと無縁の仕事でしたけど・・・)

で、現在、株式会社玄米酵素の本社でコンピュータシステム全般を担当する部署で毎日、サーバと睨めっこ。ウイルス管理サーバに怯えながら仕事をしています。

これからも、悩めるIT担当のコーナーを読んで下さいね。

コメント (1)   トラックバック (0)

自然食料理ワンポイントアドバイス

soon...

コメント (0)   トラックバック (0)

健康館スタッフ

profile soon...

 

洞爺自然農園スタッフ

profile soon...

 

元氣亭スタッフ

profile soon...

 

コーケンスタッフ

玄米酵素の製造工場である、コーケンのスタッフは総勢(51名)です。

ブログは広報委員会の精鋭メンバーが更新しています。

 

大自然の恵まれた環境で毎日「真心をもって製品づくりをし、真の健康をお届けする」

をモットーに社員全員が日々取り組んでいます。

 2010 04 15 002.jpg

 

 

 

お客様インタビュー

お客様インタビュー