loading ...

札幌みどころナビ(駒井)

さっぽろ雪まつり 雪像づくりの裏側を見学

玄米酵素洞爺健康館の田中館長は、元自衛官、昨年まで雪祭りの雪像づくりにも携わっていました。

そのご縁で、「雪像づくりの裏側見学ツアー」に行ってきました。

180128_3.jpg
今井中隊長に説明していただきました


大通り西8丁目の今年の雪像は奈良の薬師寺大講堂。
巾17.5m奥行き12.5m高さ11m、実物の5分の3という巨大な雪像です。

当日は2月4日の引き渡しに向けて作業も終盤を迎えていました。

大人はヘルメットと安全ベルトをつけて足場の上まで見学、その間子ども達は型に雪を詰めて屋根のパーツづくり体験。

180128_1.jpg
おとなは足場を伝って屋根部分へ

180128_2.jpg
子ども達はパーツづくり

大きな雪の塊から削り出して作ると思っていた大雪像ですが、あらかじめ何十種類にも及ぶパーツを作って、シャーベット状の雪で本体にくっつけるのだそうです。何しろ雪像が大きいので、気が遠くなるような作業です。

仕上げの化粧雪は札幌郊外中山峠から、降ったばかりの雪を隊員が表面のきれいな部分だけを削り取って運ぶとのこと、細部にまでこだわり抜いた制作現場でした。



今井中隊長、第二雪像制作部隊の皆さんありがとうございました。
ご安全にー!

コメント (0)  

長かった冬が、ようやく終わりました

札幌は積雪がゼロになりました。
R0050952.jpg
R0050938.jpg
通勤路である北大構内には、ふきのとうが出始めています。
 
R0050965.jpg
 今年は大雪で、特に長く感じた冬がようやく、ようやく終わりました。
北大構内で初めて発見した花がこれ。アズマイチゲという花だそうです。
 
 

コメント (0)  

北大散策便り Vol.19  オオバナノエンレイソウ発見!

5月16日(日)、春爛漫・桜満開の北大構内を散策してきました。
蝦夷延胡索.JPG
工業試験場から獣医学部を左に見てまっすぐ原生林に入ります。
右にホッケー場を見て、突き当たりのサッカー場を左に曲がり、
工学部方面に向かって歩いていくと、左側の原生林にエゾエンゴ
サクを発見。
いつもの私の通勤路にもかかわらず、今回初めて気づきました。
桜の季節は上を見ているせいか、いままで気がつかなかったかな?
群生 1.jpg
エゾエンゴサクに誘われるように、原生林の小道をたどっていくと、
ニリンソウが群生、その中にひときわ大きな白い花を発見。
オオバナノエンレイソウという花でした。
オオバナノエンレイソウ.jpg
小さなニリンソウの群生地に、大きいけれど上品な白い花が
とても印象的です。
これ、きれい! 感動しましたね。
ちょっと穴場を見つけた気分です。
R0019590.jpg
北大構内はソメイヨシノが満開、枝垂れ桜は3分咲き、八重桜はまだつぼみでした。
これからの季節、通勤が楽しみです。

コメント (1)  

北大散策便り Vol.18  待ちわびた春

 4月4日日曜日、久しぶりに雪解けを待ちわびていた私の通勤路、北大構内を歩いてきました。

12月から今まで、雪の間は電車や自動車での通勤でしたので、中性脂肪もたまり気味。ようやく朝の通勤時、歩くことができる季節になりました。

 

東京支社の社員たちが千鳥ヶ淵でお花見というこの時期、札幌はようやく雪解けをむかえます。

100404 北大獣医.jpg

北大獣医学部前の散策路。まだまだ雪が残っています。

 

100404 北大モデルバーン1.jpg

北大第二農場「モデルバーン」

昨年、北海道マラソンのコースとなったせいか、屋根のペンキがきれいに塗り直されていました。

100404 北大モデルバーン2.jpg

モデルバーンの詳細はこちらから。 

http://www.agr.hokudai.ac.jp/mdlbarn/

 

100404 北大ふきのとう.jpg

獣医学部の裏手でふきのとうが顔を出していました。

徒歩通勤を再開しようと思います。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.17  紅葉がピーク

毎朝の徒歩通勤ルート、北大構内が今、紅葉のピークをむかえています。

朝、ひんやりとした空気の中、30分ほど歩くのですが、汗をかくこともなく、ウオーキングには最適の季節です。

 

北大紅葉.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なイチョウ並木

イチョウはまだ色づいていません。モミジの紅葉は見事です。

北大大野池紅葉.jpg
大野池

 

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.16  ポプラの綿毛

6月11日、お気に入りの徒歩通勤コース、北大構内の弓道場そばの小道が、ポプラの綿毛で真っ白に雪化粧?していました。
ポプラはこの時期、大量に綿毛付きの種子を空にとばします。
ポプラ綿毛.jpg
ポプラ綿毛2.jpg
風に舞った綿毛が大量に、まるで雪のように降り積もってい
ました。

ポプラの綿毛もアレルギー原因物質になっているようですが、私は全くノープロブラム。
これも、日頃の玄米食と玄米酵素のおかげ。
この日、撮影に夢中のあまり、8時30分からの朝のミーティングに遅刻してしまいました。
あの日の遅刻はこの撮影が原因でした。
ごめんね、みんな。

コメント (2)   トラックバック (0)

札幌「桜」便り (梅はまだ?)

4月26日、札幌は満開のサクラに彩られていました。
今年は観測史上最速の開花とのこと、例年札幌のサクラの開花は5月の連休後半ですから、2週間も早いそうです。
市内のサクラがどこも満開なので、平岡公園の梅もきっと咲いているものと決めつけて行ってみました。
残念!白梅は一分咲き、紅梅は未開花。決めつけるものではありませんね。
 
例年梅と桜はほぼ同時に咲くのですが、今年は梅の方が暦に忠実、梅自身のスケジュール管理の方がサクラを上回っていたようです。
梅は~咲い~たか、さく~らは、まだかいな?という端唄も札幌では通用しませんね。
連休後半はきっと見頃ですよ。
平岡梅園つぼみR0012181.jpg
平岡梅園R0012179.jpg
堅いつぼみばかりで、この日はそうそうに引き上げる人が多か
ったようです。
 
西岡公園の梅にふられて、このままでは帰れないと、農試公園に行きました。ここは、満開。ソメイヨシノもエゾヤマザクラもちょうど見頃。社員のお花見を5月2日に予定しているのですが、たぶんその頃は葉桜ですね。お花見は26日だったかも…。
北海道はサクラの開花を合図に一斉に花が咲き始めます。さわやかな季節の始まりです。
農試公園桜R0012203.jpg
農試公園桜R0012202.jpg
エゾヤマザクラも見事でした。

コメント (0)   トラックバック (0)

ナナカマドが食べられた日

1月26日の朝のことです。自宅前のナナカマドの並木に鳥が群がっていました。
この日は30cm以上の大雪の日。雪に埋もれて、えさが無くなって、ナナカマドに来たのでしょうね?
カッコウ?もず?雪が吹雪いていてわかりませんでしたが、わりと大きな野鳥2羽とカラスがいっぱい。


カラスななかまど3.jpg

 

カラスななかまどアップ.jpg
ナナカマドがついにおいしくなったのか?

興味津々で家の玄関にキープしていたナナカマドを食べてみました。うーん、微妙。でも、「にがしぶ感」はあるものの、前回ほどではなく、ほのかに甘みを感じるような感じないような…。以前の口に入れた瞬間オエッという感じから比べると格段においしく?なっています。

 

思えば、ナナカマドにこだわり始めたのは、11月16日でした。

→ https://blog.genmaikoso.co.jp/2007/11/16/

前回、1月4日のブログはこちら。

→ https://blog.genmaikoso.co.jp/2008/01/04/

それにしても不思議なのは、えさが無くておなかがすいているはずなのに、実を食べ尽くした木のとなりに、まだ実がほとんど残っている木があること。違いは残っている木の実はオレンジ色で、鳥が食べた木の実は真っ赤だったこと。とすると、鳥は熟成の度合いもわかっているのでしょうか?

鳥に味覚があるのかないのか、興味が尽きません。

玄関でキープしているナナカマドの実、もう少し熟成してみます。

本日、2月3日、日曜日。札幌は晴れ、最高気温マイナス1度、おだやかで暖かい1日になりそうです。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.15  大雪後の日曜日 その2

1月26日(土)、今日も大雪です。
19日から、ドカン、ドカン、ドカーンとついに3回目の大雪。ここ2~3日は除雪に明け暮れています。
「ママさんダンプ」を押しすぎて、ぎっくり腰一歩手前。札幌市内の道路はどこも大渋滞です。
 
北大散策便りVol.14の続きです。
080129 北大ポプラ並木.jpg
 
10月21日のブログで平成ポプラ並木をご紹介しましたが、ポプラ並木の本家はココ。並木の入り口に、2004年の台風で倒れた木の場所や本数が記されていました。 (青色文字の部分をクリックしてください)
 
札幌駅周辺のホテルからここまでは、片道20分くらい。散歩コースとしてはちょうど良い距離です。
台風で倒れて、並木自体は寂しくなりましたが、手稲山を望む雄大な農場の景色は一見の価値有りですね。
ポプラ並木の中間、40番あたりから撮った写真です。
この写真の左、農場越しの方向が平成ポプラ並木です。
 
 
ポプラ並木看板.jpg
080120 ポプラ並木看板アップ.jpg

コメント (1)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.14  大雪後の日曜日

昨日、1月24日は一日中雪。30cm以上積もりました。

玄米酵素の本社でも朝、お昼、午後4時頃と3度も雪かきをしなければ車庫から車が出られないほど。

飛行機は100便以上欠航、JRも運休が相次ぎました。すごかった!

 

1月19日(土)の札幌も大雪で、一晩で20cm以上降りました。
無風でしんしんと降り積もった大雪の翌日は絶好の撮影日和。
通勤時は、ウォーキングシューズなので雪の深いところには入り込めないのですが、日曜日のこの日は重装備で出発です。

080120 雪原ラッセル.jpg

だれの足跡もない北大原生林の中をラッセル。
深いところは50cmはありましたね。
ここで倒れて埋まったら、春まで誰にもわから

ないだろうなあ?などと思いながらの雪中行軍

でした。


080120 北大駐車場.jpg

北大ポプラ並木前の駐車場。前日からセンター試験だったので、

構内の除雪排雪は完ぺきでした。
左側に雪をかぶった車が1台。まるでケーキのようにきれいに

まわりの雪が除雪車にカットされていました。


大野池自転車.jpg

大野池。注意書きと池の中の自転車の対比が

おかしいでしょう。池が凍っているんです。

コメント (0)  

北大散策便り Vol.13 マイナス6度の夜景

1月9日夜10時、気温マイナス6度のなか、平成ポプラ並木からの夜景撮影を敢行しました。

マイナス6度程度はまだまだ、さほど寒さは感じません。ただ、指先はさすがにつめたいですね。

曇っていたし、雪もちらついてきたので20分くらいで切り上げました。晴れていたらもっともっときれいに撮れそう。

でも、新たな撮影用ナイススポットを見つけました。うれしーい!

自宅から車で5分の場所なので、近々重たい三脚担いで行ってきます。

080109 北大夜景.jpg
左から北大工学部、札幌駅北口周辺の高層ビル、理学部西側のポプラ並木、

札幌駅西口周辺のビル、京王プラザホテルくらいまでのパノラマです。

手前は北大農場、一面雪です。積雪20cmくらい。

080109 北大夜景アップ.jpg
上の写真のアップです。

 

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.12 雪化粧

札幌は元旦までほとんど雪が無かったのですが、1日の夜から2日にかけて10cm程度の降雪があり、札幌市内も真っ白に雪化粧されました。寒いのですが、雪のある風景はお正月らしいですね。
正月中の運動不足を解消しようと、雪が降ってすぐ徒歩通勤路の北大構内を歩いてみました。

R0010656.jpg
上の散策路のベンチ。この

あたりは20cmくらい積もっていました。

080102 イチョウ並木.jpg
北大病院前のイチョウ並木。
080102ななかまど.jpg
街路樹のナナカマドにも、雪が積もっています。

以前、ブログでナナカマドの実について触れました。さくらさんに、干し柿のように干したら、渋みもとれて甘くなるかも?と書き込みをいただいたので、今回再び食べてみました。とても渋くて苦くて、食べられませんでした。感触は…んーん、きめの粗いシャーベット?が、舌の先で少しざらっとするなと思った次の瞬間、えもいわれぬ苦みと渋みが口内を駈けめぐるっちゅう感じでしょうか?正露丸から独特の薬臭さを取って、それに渋みを加えたような感じ?
鳥が食べないところを見ると、渋いから?鳥って苦みや渋みがわかるの?

でも、1月中旬から末にかけて、ある日突然赤い実が一つも無くなる瞬間がありますから、その時はおいしくなるのかも?と、その時を期待している食いしん坊でした。

R0010663.jpg
おいしそうなんだけどなあ? 

玄米酵素は5日から仕事が始まります。今年もよろしくお願い申し上げます。

コメント (1)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.11 初の大雪

12月14日から15日にかけて、たっぷり雪が降りました。
飛行機が遅れるやら、JRが止まるやら、大混乱。まあ、徒歩通勤者の私に影響は無いのですが…。
いつも、根雪はクリスマス頃なのに今年はこの雪が根雪になりそうです。

北大弓道場前の小道
1月2月に大雪が降ったら、この道どうなるんでしょう?除雪は
入るのでしょうか?大雪の日は長靴通勤で頑張るぞ!たぶん?
9月はこんな感じのところでした。(ここをクリックしてください)


オヤマボクチorアザミ?
弓道場の小道で、立ち枯れていました。
14日の雪が少し溶けて、また凍った状態の
ようです。

コメント (0)   トラックバック (0)

ご愛用者モデルのみなさん

10月に、ご愛用者の顔写真とコメントを掲載した印刷物を作成しました。
掲載する愛用者の写真に、全く食べてもいないモデルを使ったり、コメントも適当に作成するなどしている業者もいるようですが、法律的には実際に食べている方しか掲載することはできません。もちろん当社もダミーではありませんよ。

今回、ハイ・ゲンキのご愛用者を掲載するにあたって、時間も無く、候補者選びには本当に悩んだのですが、探し始めたとたんにあっという間に決まりました。
それが、この写真の皆さんです。


床さん(38才)、林さん(48才)、小林さん(52才)、板津さん(64才)。さあ、どなたがどなたかわかりますか?レディの年令を公開するなんて、デリカシー無いよと、おしかりを受けそうですが、みなさんとにかくお若くて、お元氣で、はつらつとしていらっしゃるので、つい公表してしまいました。4人のみなさん、ごめんなさい。

正解は左上から小林さん、左下は床さん、右上は林さん、右下が板津さんでした。
お二人にお孫さんがいらっしゃいます。

コメント (1)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.10 ナナカマド定点撮影

徒歩通勤ルートの北大体育館前ナナカマドを定点?撮影してみました。

先日「さくら」さんに、「しぶ柿もすっぱい野ぶどうもお日さまに干せば見事に変身!干しナナカマド、お試しになられては・・・?」と、コメントをいただきましたので、12月中旬頃から、実の味見を始めます。干しナナカマドもおいしいことを祈ります。レポートしますね。


9月1日

10月5日

10月24日

11月16日

JUGEMテーマ:旅行


コメント (1)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.9 真冬日

今朝の気温は-5度、今月に入って一番の寒さでした。日中の最高気温が0度以下の日を「真冬日」と言いますが、11月だというのに今日早くも真冬日。

-5度くらいだと、歩き始めてすぐに鼻のてっぺんから1.5㎝位上が冷たくしびれてきます。その後顔の中心から寒さが拡がっていく感じです。手袋をはめていても指先が冷たくて、時々手袋の中で手を握りしめました。-5度程度では耳当てをしていなくても耳の冷たさは我慢できるのですが、これ以上寒くなると耳当てが欲しくなります。
歩き始めは「寒い!今日無理!」でしたが、15分も歩くとキーンという寒さの中を歩くことが、苦ではなくなってくるから不思議です。

うれしいことが一つ、夏に購入したウォーキングシューズが圧雪状態でも問題なく歩けたこと。グリップが意外にしっかりしていて、雪道でもとてもGood。これで冬のウォーキング通勤もOK。ダイアモンドダストも撮りたいし、冬も歩くぞ!と決意しました。


ホッケー場から北大原生林に入ったあたり。


すっかり葉が落ちて見通しが良くなった弓道場付近。


手先が冷たい時、手袋の中でこぶしを握りしめます。

上の写真ではわかりづらいのですが、手袋の中ではこうしています。

夜、札幌駅近くのホテルで恒例のBirthdy Party (本社では2ヶ月に1度やってます)だったのですが、ホテルから自宅まで50分歩きましたよ。

JUGEMテーマ:旅行


コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り Vol.8 雪化粧

来年度計画会議などで出張が続き、1週間ぶりの徒歩通勤でした。

一週間で札幌はすっかり冬、急激に冬、早くも雪
です! 寒い!  北大北側ゲート体育館前

昨日まで東京は20度、札幌の今朝は最低気温-2度、最高気温+4度、最高気温でも冷蔵庫の冷蔵室の方が暖かいのですよ…。
北海道生まれが何を今更とお思いでしょうが、今年の1月まで9年間東京と大阪で単身赴任生活を続けた結果、身体はすっかり本州仕様になってしまっております。今でこうですから、1月2月はどうなる事やら…。


ナナカマドの実が落ちていました。おいしそうでしょう?この実、食べ
られると思いますか?食べられません。子供の頃食べてみましたが、
にがい、しぶい!おのれの食い意地を呪ったものです。
鳥たちにとってもまずい部類らしく、1月過ぎにまわりになにも食べる
ものがなくなった頃、ようやく食べ始めます。その頃の実はしなびてい
ます。しなびた頃は甘いのでしょうか?来年の1月に試してみますね。


北大医学部前のイチョウ並木、ギンナンがたくさん落ちていました。
昼休みにみんなで採りに行こうと誘ったのに、だれも賛同してくれ
ません。みんなで行けば、手提げの紙袋一杯くらいは採れるのに…。
ペンチで少し割って、フライパンで煎って塩をパラパラ…。
酒の肴に絶好なのに…。
かといって、一人で採りに行くわけでもなく、食い意地だけがはって
いる私でした。

JUGEMテーマ:旅行


コメント (2)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.7 紅葉のピーク

札幌の日の出は、夏至は3時54分、冬至は7時6分。
このところの日の出は6時14分、朝の最低気温が3~4度という日が続いています。

写真の撮影は斜め横からの光が当たる方がきれいなため、夏の朝はよほど早起きをしなければ、ナイスショットとはいきません。
冬至の頃の朝は、光は最高なのですが、被写体が限られます。
そんなわけで、秋の今頃は被写体と光の具合を考えると、ちょうどいい時期というわけです。


10月25日 晴れ
医学部前のイチョウ並木
通勤で歩き始める7時30分頃はまだまだ太陽が充分斜めなので、
光がいい感じです。


11月2日 くもり
医学部前のイチョウ並木
北大構内の紅葉はこの頃がピークでした。

11月2日
医療技術短期大学部前のもみじの絨毯。

コメント (2)  

北大散策便り vol.6 一気に紅葉

雨と出張が続いて久しぶりのウォーキング通勤、寒い日が続いたせいか、北大構内が一気に色づきました。この日の朝の気温は5度、カメラのシャッターを押す指先が冷たくなっていました。10月の中頃から、朝晩ストーブのお世話になっています。


エゾヤマザクラは春の開花よりこの時期の赤い
葉の方が好きです。


有名な医学部前のイチョウ並木。左側のもみじは紅葉して
いますが、イチョウはこれから。


大野池の紅葉は今です。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.5  平成ポプラ並木

自宅から札幌工業高校、北大恵迪寮を左に見て、第一農場の北側から北大構内に入ってみました。いつもの通勤ルートからは10分ほど遠回りにはなるのですが、雨上がりの平成ポプラ並木を撮りたくて、少し早起きをしました。
2000年(平成12年)に植樹された、この平成ポプラ並木は全長300m、有名な理学部の西側の並木は全長250m。2004年の台風で、理学部西側のポプラ並木は半数が倒壊しましたので、20年後にはここが新名所になりますね、きっと。

多少遠回りですが、この新通勤ルート、めでたく、私の「お気に入り」に追加となりました。
なにしろこの通り、車の通行はゼロ、人通りもほとんどないので、北大農場の雄大な景色、農場越しに見える理学部西側のポプラ並木の眺め、さわやかな空気を独り占めできます。


「平成ポプラ並木」
見事な並木になるには今後、15年から20年はかかるそうです。

矢印が、北西側の入り口。
「平成ポプラ並木」は、ここから撮影しました。

上の赤い■が我が家、薄い緑色のほとんどが北大キャンパス。
下の■は玄米酵素本社、左の■は研修会でおなじみの京王プラザホテル。
自宅から会社まで45分、雨と出張以外は毎朝歩いています。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.4  ポプラ並木1

私の通勤&ウォーキングルート、北大構内には数多くポプラが植えられています。
もっとも有名なものは理学部の西側、農場に沿って北に伸びる250mほどの並木。ところが、2004年9月の台風18号によって、ポプラ並木は倒壊してしまいました。何しろ最大瞬間風速50.8メートルでしたからね。

そのときの様子は、下記北大HPの写真で見ることができます。
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/news-top/typhoon18/top.html

いつも西区八軒の我が家から、工業試験場を右に見て北大構内に入るのですが、工業試験場の野球グランド沿いにも短いポプラ並木があります。このルートの日は、いつもここで深呼吸をします。このあたりから緑が多くなるので、空気が変わるような気がするからでしょうか。


北西側から北大に入ると最初に出会うポプラ並木です。
今度、ポプラ特集してみますね。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.3  しらかば並木


毎朝の徒歩通勤ルート北大構内がすっかり秋め
いてきて、落ち葉も紅葉も目立って増えてきま
した。

単身赴任生活9年間を経て、今年2月に本社勤務になったとたん、あっと思う間に体重が4kg、ウエストが4cm、体脂肪も3.5ポイント増えてしまったではありませんか。こりゃーまずい、9月中クールビズの間になんとか元に戻さなければ、冬物のスーツが楽に着られなーい!息を吸って止めた状態をキープしなくてもスーツのズボンがはけるように、9月中にマイナス444作戦を敢行することになった次第です。

打率3割以上、30本塁打以上をメジャーリーグではThirty-thirty(サーティ・サーティ)と言って強打者のあかしになるのですが、4kg・4cm・4ポイントマイナスを達成したからといって、尊敬の対象になるかどうかは、はなはだ疑問。しかし、バット、9月1日からいっそうの気合いを入れてウォーキングに励んでいる今日この頃です。


ここも好きなルート、獣医学部の裏を抜け、低温
科学研究所を左に見てモデルバーンを右に曲がる
あたりの「しらかば並木」が見事です。
とても北海道らしい風景で、観光名所に加えても
いいくらい。


イチョウの木からギンナンの実が落ちていました。
まだ固い殻ができていない状態で落ちてしまった
ようです。


ナナカマドの実が橙色から徐々に赤く色づいてい
ます。

コメント (2)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.2  弓道場

Vol.1 で 8月18日なのに真っ赤に紅葉したもみじが珍しいと書いて3~4日たったあたりから、札幌も秋に向かって一直線、木々の色づくスピードにも加速がついてきました。

毎朝会社まで、北大の構内を歩いていますが、キャンパスが広いのでいろいろなルートを試しています。お気に入りの一つがサクシュコトニ川沿いの小道。弓道場を右に見ながら北11条に抜けるルートです。
アイヌ語で“サクシュ”は「浜の方を通る」“コトニ”は「くぼ地」と、北大Campus Guide Mapが教えてくれました。西区琴似のコトニが「くぼ地」の意味とは、知らなかった!このMap、北大でもらえます。

北大4

北大1
サクシュコトニ川沿いの小道に入って左にカーブすると弓道場が
見えてくるのですが、ここに枯れ葉が落ち始めていて、すっかり
秋の風情です。


北大2

北大3
この日は、たまたま弓道場の扉が開いていました。誰もいなかった
ので道場に近づいて、射場の正面まで行って撮りました。
(入ってはいけなかったのかな?)
人気のない道場、朝の斜めの光、すがすがしい空気が凛とした雰囲
気を感じさせてくれました。

コメント (0)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.1 小さい秋見つけた

今年2月に本社勤務になって以来、自宅から会社まで歩くようにしています。
札幌工業高校、道立工業試験場を通って獣医学部から北大の構内に入ります。いちょう並木を通り抜け、北13条に出て北12条西1丁目まで、約45分間のウォーキングコース。緑豊かな北大の構内は散歩に最適、排気ガスを気にすることもなく、季節の移り変わりを楽しんでいます。
さすがに朝の気温が26~27度を超えると歩くのはパスしているのですが、朝は涼しい日が多いので、8月でも結構歩いています。

北海道の冬はとても厳しいのですが、そのおかげでメリハリのある四季を楽しむことができます。なにもかも真っ白な冬、桜と梅が一度に咲き始める春、クーラー不要の涼しい夏(今年は結構暑いのですが…)、針葉樹の緑と広葉樹の赤や黄色があざやかな秋。そんな北海道を少しずつご紹介しますね。
早速ですが、小さい秋を見つけました。8月18日で真っ赤に紅葉している「もみじ」です。
北大もみじ
北大いちょう並木の東角の「もみじ」が一部だけ真っ赤に紅葉していました。周りの「もみじ」は青々としているのに1本の「もみじ」の1本の枝だけが真っ赤で、とても目立ちます。
まだまだ暑いのに、えー!もう秋?と思って周りを見渡すと、ありましたねえ、小さい秋がいたるところにありました。残暑厳しい本州以南の皆さんに一足早い秋をお届けします。

北大ドングリ
赤ナラのドングリ 北大理学部前

北大ナナカマド
色づき始めたナナカマド 北大体育館前

コメント (2)   トラックバック (0)