loading ...

「アイアンマンJAPAN北海道2015」レースレポート ~ バイクの部

こんにちは。

玄米酵素トライアスロンチーム「ハイ・ゲンキ」バイク担当の村上です。


8月23日(日)に行われたトライアスロン大会

「アイアンマンジャパン北海道2015」に参加してきました。

 

結果は、リレーの部で2位(準優勝)でした!

 

バイク(180km)のタイムは、リレーの部では3位、

女子だけではプロ2人を押さえて2位の5時間48分という好タイムでゴールできました!

これも皆さんの応援パワーのお陰です。


それでは、レース前日の会場入りから、ゴール後までの経緯を報告いたします。

21_1.jpg


8/21(金) 会場入り

受付を済ませ、競技説明会に参加しました。

まずはHSP(ヒートショックプロテイン)を増加させるために、弊社の販売店さんでもある温泉宿、

「湖畔の宿 洞爺かわなみ」さんでお風呂三昧です!


夜は、エネルギーをため込む食事会兼、選手顔あわせのカーボパーティーに参加。
鮭のパスタに、洞爺赤毛和牛のカレーなど、さまざまなメニューが並んでいる中、

選んだのは蒸かしたじゃがいものみ!

それと、非常食にと持参した玄米おにぎり、洞爺自然農園のトマト、とうもろこしで
グルテンフリーを貫きました。

21_2.jpg21_3.jpg

パーティー終了後はミーハーになりきります!同じくリレーで参加されている、

道端カレンさんチーム&大会のメインスポンサーチームと記念撮影。


* * *


8/22(土) レース前日
メカニックチェックを受け、レースナンバーをバイクに貼り、車検を済ませて

バイクラックにセッティングします。ここから翌朝までバイクとお別れです。

「明日は行くよ、突っ込むよ。今晩はここでがまんしてね。」と話しかけ、

雨でバイクが濡れないよう、カバーをかけておきました。

22_1.jpg22_2.jpg


前日の食事は野菜三昧に。
メインは玄米雑穀ご飯に、すりおろした長いも、地元洞爺産大豆で作られた納豆、

オクラをのせたねばねばスタミナ丼。
副菜は、自然農園のたまねぎのスライス、きゅうりの炒め物。

元氣大豆21入りの手作り味噌ダレで和えたにんじん、トマトなどなど
自然農園で作られた野菜を中心にいただきました。
自然農園の玉葱のスライスが甘くて、本当においしかったです!!

22_3.jpg22_4.jpg

* * *


8/23(日) レース当日!

早朝、3:45に朝食です。

味噌汁、玄米ヨモギ餅に醤油と胡麻をふりかけ、玄米おにぎりを1個。
そしてハイ・ゲンキ!

補給食として、小さめの玄米雑穀おにぎりに味噌をぬったものを準備しました。

23_1.jpg


そして、いよいよレースがスタート!!

河合(スイム担当)のスタートを見送り、バイクスタートエリアへ移動します。

24-5.JPG

 

グルテンフリーがここで効いてきているのか?いつもなら心臓ドキドキで、ハイになったり

気持ちが落ち込んだりと、不安定になることがあるのに、今回は冷静を保てている。

24-6.JPG

予告通りに50分で河合がゴール。リレーではトップのタイムです!

たすき代わりのアンクルバンドを左足に巻き付け、バイクのところへ一目散。
バイクスタート手前まで来てくださった応援団に手を振り、いざバイクスタート。


洞爺湖畔を1周し、洞爺健康館近くの武史郎坂。
応援に駆けつけてくれた玄米酵素社員を発見。
声をかける余裕もあるし、バイクもぐんぐん坂を登ってくれて、体調は万全なのを確認。

24-4.jpg

30kmを過ぎた頃、桁違いのスピードで優勝候補のリレーの選手に抜かれました。

でもついて行けるような速さではありません( ゚д゚)ノ
いってらっしゃ~い…といいつつ、ここからは自分との戦い。

あきらめないこと、今、その瞬間・瞬間にできるベストな走りをし続けることだけを考えて

「ありがとう・あいしてます」と、ホ・オポノポノの簡略版を唱え続けながらこぎ続けます。

 

60km手前、一部急カーブで砂利道があるのは説明会で聞いていましたが、

まだ通過選手が少なく砂利がたくさん。

そして、カーブで砂利に埋まって落車(><;;)

「うっそ~・・・ビンディングで固定している足、はずれないし・・・」

もっと焦るかと思ったのですが、冷静に上手に足を外し、そのままバイクを押して、

砂利道を通り抜けました。

 

その後3カ所ばかり、水たまりの下の路面状況が悪いところがあり、

目の前の選手がパンク(冷!)…あれ?リレートップの選手もパンクしているではないですか!

しかし優勝をかけた戦いとはいえ、なぜかラッキーとは思えず…

はやくパンク修理ができますように、参加選手みんながベストなレースを出来ますように、
「ありがとう・あいしてます」と唱えながらこぎ続けました。

 

気持ちを引き締めなおし、更に脚に力が入ります。

体脂肪9.4%、ガス欠を起こさないようために玄米味噌おにぎりを90km地点で補給して、

100kmから始まる山岳コースに備えます。

でも、思ったより楽ちん♪

あえいでいる前を行く選手をつぎつぎ抜き去り、気分爽快!!

でも次の坂もあるのでちょっと軽めにギアチェンジをし、苦手な下り坂に突入。

思ったより直線道路だったのでノンブレーキでこぎまくり!

しかし轟音と共に、私より命知らずの選手に次々抜かれますヽ(゚Д゚;)ノ

 

次の登りでまた抜き返し、また下りで抜かれ…

と、抜きつ抜かれつを繰り返しているいる間に160kmを過ぎ、

残り20kmで小腹が空いたので霊芝を3袋。
お食事中、パンク修理を終えたリレートップがまた轟音と共に走り去って行きました。
焦らない焦らない。

 

エイドステーションでボトルを交換し、梅干しを投入。
即席クエン酸ドリンクを作っていただきました。

 

そして170km、ここでトイレに行きたくなりました。
でも、この左足に巻き付けたアンクルバンドはたすき代わり。
ここにおしっこがかっかったら、ランナー池田さんの足首が擦れる原因になる…

がまんがまん。

 

175km、ここでまた、まさかの登り阪。
お助けでつけた、一番軽いギアに入れても進まない!
立ちこぎもできず、腕も、脚もしびれて来ました。でも行くしかありません。

 

呼吸も乱れ、全身酸欠。

あと100mあったらバイク押した方が良いかも…と思った瞬間、
道が下りに入り、遅れを取り戻すべく最後の力を振り絞りました。

 

箱根駅伝で倒れ込む選手の気持ちがよ~くわかりました。

 

そして無事にゴール!

バイクをラックにかけ、ランナー池田さんを確認し、アンクルバンドを外し手渡し一言。


村上:「抜かれてごめん!でも、おしっこかけてないから!!」
池田:「いいタイム、いい順位、ありがとう、おしっこかかってても大丈夫だから」
村上:「いってらっしゃい!お願いします!」
池田:「がんばってくるね」

 

手足のしびれが取れたのはレースの2時間後。
抜かれてしまったけど、100%持ってる力を出しきれたかな。
玄米菜食でもばっちり走れること証明できたかな、と思います。

 

応援のお陰か、あとで参加選手が話していたレース中の向かい風を

感じなかったことに気付きました。

 

さて、自分のレースが終わってもチームのレースは続いています。

ランナー池田さんの応援に行くために宿泊先の加藤さん夫妻の車で移動。

途中、ジェラートショップでラムレーズンアイスを購入。食事制限を解禁!

でも2種類選んだアイスを全部食べると逆流しそうなので、のこりはスイムの河合に進呈。

 

宿泊先の加藤宅近くで池田さんの応援をしてからゴールに直行。


今年から、リレーは3人でのゴールを認めてくれる、とのこと。
審判でもあり、友人でもあるスタッフに誘導されましたが、走る距離が長い!

24-1.JPG
 筋肉痛でうまく脚が回らないので最短距離にしてもらい、無事2位でゴールしました。

24-2.JPG

 

表彰式。

150823_14.JPG


スポンサーにプリンで有名なふらのデリスのプリンがありました。

よく見るとアイアンマンのための特製瓶です。並んでいるのは準優勝の楯です。

23_2.jpg

* * *

 

4月に2週間ほど食事が出来ないほど体調を崩し、どうなることかと思いましたが、

玄米酵素と身体が欲するものを順番に食べていって回復しました。


身体の声を聞く大切さ、食事の大切さ改めて痛感。

そして、大会運営、ボランティア、応援、サポート。

どれ一つ欠けてもこの結果は出なかったことを考えると、涙があふれてきます。

 

応援、本当にありがとうございました。

コメント (1)  

コメント

感動を有難うございました。自分の限界まで力を出し切る、周りに、こんなにも素敵に頑張ってる人がいることを知るたび、自分が情けなくなります。私も一生懸命生きますね。本当にお疲れ様でした。玄米酵素、大好きです。玄米酵素、バンザーイ。

イサミ ヒロコ | |2015年8月26日 20:15