入院食を玄米食にした琉球大学病院を訪問

玄米食の健康効果を医学的に研究している、琉球大学 医学部の益崎教授を訪問しました。

20181225-01(blog).jpg

益崎教授は、メタボの患者さまを対象にした臨床試験を行い、「玄米食をすると体重が減る」「血糖値が下がる」などの効果があることを証明。

さらに「玄米食をすると脂っこい食事を食べたいという欲求が減ってくる」というデータも発表しています。

その詳細な分子メカニズムを解明したことで、世界レベルの糖尿病の研究者たちからも、高い評価を受けているそうです。

これらの研究成果を踏まえ、琉球大学病院では1年前から、糖尿病・高脂血症・肥満の改善を目的とする患者様の入院食が「玄米食」になっています。

さらに、一般の市民や職員の方も手軽に玄米食を食べられるように、病院内には「玄米カフェ」も開設。

20181225-02(blog).jpg

今後、世界中の入院食が「玄米食」に変わっていく予感がしました。

琉球大学・益崎先生の研究の概要は、こちらのページで解説しています。

詳しく勉強したい方は、書籍『医師たちが認めた 玄米のエビデンス』に益崎先生が記事を書いています。ぜひご覧ください。




来年は、益崎先生を講師に招いたセミナーも開催する予定です!


前へ

元氣亭「本日のお食事」(日替わり)の主菜【2018年12月25日~12月27日】

次へ

沖縄県のラジオ放送局 FM21の番組に出演