loading ...

特別コラボセミナー開催「食が育む心とからだ~月のリズムでダイエット~」(4月11日)

4月11日(水)東京都両国のエコロホールで、特別コラボセミナーを開催しました。

今回の講師は、日本玄米正食研究所所長/フードアンドメディカルコンサルタント 岡部 賢二 先生です。


岡部先生は、陰陽五行の考え方に漢方医学の気・血・水の原理や深層心理学、マクロビオティック食事法を取り入れた宇宙生理学を提唱し、健康指導や食育講演、プチ断食セミナーなどを行い全国で活躍されています。


今回はセミナーの前に、岡部先生にマクロビオティックに出会ったきっかけや、講演活動についてなどをお伺いしました。


20184011-01.jpg


Q. 食事に目覚めたきっかけは?

学生時代にボディビルをやっていて、カラダ作りのためにと、牛乳にプロテインを溶かして飲んだり、肉、卵など中心の食事を行なっていました。大学在学中、アメリカの肥満の多さに驚き、食事に興味を持つようになりました。卒業論文も『アメリカ社会とダイエット食品』をテーマに研究。研究を進めていく中で、和食が世界に誇る健康食であることを確信しました。


Q. 講演活動を行なうようになったのはいつからですか?

こんなに素晴らしい日本食を、海外へ輸出したら大ヒット間違いなしだろう!と思い、そのような事業を行なっている会社を探し、ご縁があったのがムソー(株)でした。ムソーの営業担当として、自然食品店のお客様へ説明会(勉強会)を始めたのが、講演活動のきっかけです。それから全国で年間200回以上の講演を行なうようになりました。多いときは年に340回行なったときも。


Q. 岡部さんが行なっている断食について教えてください。

2006年くらいから断食合宿を始めて、お客様の嬉しい体験談がどんどん集まっていきました。その中で月のリズムに合わせて断食を行なうとより効果が高いことに気づき、月のリズムと断食を合体させて講演などでお話をしていたところ、本の出版のお話をいただき、書籍『月のリズムでダイエット』を出させていただきました。断食では、麹の発酵食品である玄米甘酒を取りながらのプチ断食を行なっています。私はお酒が好きなのですが、年に10回ほど行なう断食は、休肝日と体調管理にちょうどよいです。


Q. 玄米酵素を知ったきっかけは?

知人から勧められたのがきっかけです。麹そのものを食べているような香りとパワーを感じました。旅行や外出先など、どこでも持ち歩きができて、手軽に取れるのが気に入っています。


Q. 食事を通じて、未来に向けて行なっていきたいことを教えてください。

私たちは誰でも、使命を持って生まれてきました。また、素晴らしい潜在能力を持っています。食事でカラダを改善することで、普段使わない細胞のスイッチをオンにすることができ、自分の中の能力を引き出すことができます。それらのお手伝いができるよう、これからも効果的な方法を探っていきたいと思います。


----------------------------------------


20184011-03.jpg


岡部先生とのコラボセミナーは3年連続で開催しており、毎回キャンセル待ちが出るほどの大人気!この日も80名以上の方にお越しいただきました。


セミナーでは、「酸化⇔還元」と「老化⇔若返り」について、断食でより効果を実感できる方法、発酵食品の素晴らしさなど、面白くてためになる情報を、ユーモアを交えながらたっぷりお話しいただきました。


また、新月には「排泄力」「解毒力」が増すということで、そのタイミングで”プチ断食”することで、解毒力やカラダをつくり替える力の効果アップが期待できるとのこと。


次の新月は4月16日(月)。"春"は冬に溜め込んだ老廃物を排泄し、体をスッキリさせるのに最適な季節ということなので、ぜひプチ断食をおすすめします!とおっしゃっていました。



後半は、弊社取締役営業本部長の岩田芳之より、玄米・麹・発酵食品の健康パワーについてご紹介しました。


20184011-04.jpg


今回セミナーに参加された皆さま、充実した内容の講演にとても満足されていました。



★次回のコラボセミナーは、5月30日(水)に開催されます。

興味のある方はぜひご参加ください。(参加枠残りわずかです。お早めに!)


テーマ『医者が勧める食養生』

講師:池田和子先生・岩田芳之

お申込みはこちら



■岡部先生のお話をもっと知りたい方はこちら↓




コメント (0)  

コメント