腸にも美容にも!雑穀の健康パワー

20200410blog.jpg

今回は「雑穀」についてのお話です。

近年の健康志向の高まりから、市販のおにぎりやお弁当でも、玄米・雑穀・もち麦・大麦といった文字をよく目にするようになりました。

雑穀は、現在人が不足しがちなビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、ごはんに加えて炊くだけで手軽に栄養を補給できる、天然のサプリメントのような食材です。

食物繊維は腸内環境の改善に役立ち、免疫力を高めてくれます。

また、雑穀に含まれる抗酸化物質のポリフェノールやルチンなどは、活性酸素を除去し、高血圧、脂質異常症の予防につながります。



■雑穀に含まれる健康成分のパワー

善玉菌を増強
腸まで届いたでんぷんや難消化性でんぷん、水溶性食物繊維が、善玉菌のエサになります。

腸をお掃除
不溶性食物繊維が不要なものを絡め取り、蠕動運動を促します。

腸壁の強化
でんぷんや食物繊維から生まれる酪酸には、腸細胞の生まれ変わりを促す作用があります。

ダイエット効果
腸内で産生される短鎖脂肪酸の一種「プロピオン酸」が、脂肪の燃焼を促します。
また、豊富なマグネシウムが代謝を促進します。

アンチエイジング
雑穀の胚芽や外皮に含まれるフェルラ酸などの抗酸化成分が、細胞の老化を予防します。



■感染症や呼吸器の病気にも有効?

玄米や雑穀などの全粒穀物の摂取量が「1日あたり90g」増加すると、感染症や呼吸器の病気の死亡するリスクが低下するというデータが、医学誌で発表されています。

ちなみに、全粒穀物を1日90gとるには、玄米ご飯なら「お茶碗1杯と1/3くらい」です。

【出典】BMJ. 2016 Jun 14;353:i2716.(BMJ:英国医師会の医学誌)



雑穀は、自然の恵みを丸ごとしっかりいただける食材です。

ごはんに加えて炊くだけでなく、おかずのかさを増すのに使用したり、食感のアクセントとしてサラダやデザートに活用したり、さまざまなアレンジもできます。

毎日の食卓に、雑穀の健康パワーをとり入れてみてはいかがでしょうか。



<今回のレシピ>

チョップドサラダボウル

recipe_313_1.jpg


レシピはこちら


-ポイント-

雑穀はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富!生活習慣病を予防し、便秘や肌荒れの解消、肥満予防にも。
雑穀を準備するのが大変...という方は、白米に入れて炊くだけの市販の雑穀ブレンドがオススメです。

------------------------------

前へ

米国カリフォルニアでセミナーを行いました

次へ

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社関連施設の臨時休業延長と一部行事の開催中止について