おこもり生活で51.3%がお通じに変化

20200525blog.jpg

おこもり生活が続く中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークの導入や不要不急の外出を控えるなど、私たちの生活スタイルは大きく変化しています。

そんな中で、私たちのお通じ事情にも変化が現れているようです。



■51.3%が排便やうんちの状態に変化

全国3,000人を対象とした調査によると、新型コロナウイルスへの不安や、緊急事態宣言・外出自粛によって、82.7%が「ストレスを感じている」と回答しました。そのうち、生活が変化してから排便やうんちの状態が「変わった」と回答した人が51.3%でした。

さらに「変わった」と回答した人のうち、回数が減ったり便秘になる人が多いという結果になりました。

1位:うんちの回数が減った(56.0%)
2位:便秘になった(43.3%)
3位:おならの臭いがきつくなった(27.1%)
4位:うんちの回数が増えた(62.7%)
5位:下痢するようになった(14.1%)
6位:うんちの色が変わった(6.6%)
7位:その他(5.9%)



■生活変化で最も多いのは「運動量が減った」87.5%

外出自粛によって毎日の生活に「変化があった」と回答した人は71.6%。その内訳は以下の通りです。

1位:運動量が減った(87.5%)
2位:同じ姿勢でいる時間が増えた(86.9%)
3位:間食が増えた(70.1%)
4位:食事量が増えた(62.7%)

おこもり生活で1日の大部分を座って過ごしていると、エネルギー消費量が少なくなります。成人の場合、通勤やスポーツ活動をしている時と比べて、1日のエネルギー消費量は約300~700kcalも減少します。(日本人の食事摂取基準2020年版「推定エネルギー必要量」より)



■スムーズに出すには腸内環境が大切

お通じの状態を正常に保つためには、腸内環境を整えることが大切です。
毎日の食事で、腸に嬉しい食品(食物繊維、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖を含む食品、発酵食品など)を取り入れましょう。

さらにお通じの改善以外にも、腸内環境を整えることで代謝がアップして体温が上昇、善玉菌が増えることで代謝に不可欠なビタミンB群などを作ってくれるなど、嬉しいことがいっぱいです。腸内環境を整えることは超(腸)大事!ですね。

また、腸内環境は自律神経と深く関係しているため、ストレスは大敵です。長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経のバランスが乱れてお通じが悪くなるだけでなく、免疫機能の働きも低下してしまいます。

自律神経を整えるポイントについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。



■話題の健康法!代謝アップも期待できる「腸もみ」

腸をもむことで、腸がリラックスできて血行が促進され、本来の働き(消化・吸収・排泄)はもちろん、体が温まる、食べ過ぎ防止など、様々な健康効果が期待できるといいます。

座ったまま、仰向けに寝て、お風呂タイムなど、おうちで気軽にできますので是非チャレンジしてみてください!

▽話題の健康法★代謝アップも期待できる「腸もみ」にチャレンジ!【基本編】
https://www.genmaikoso.co.jp/cultivate/web/detail.asp?id=39



腸を健康に保って、おうち生活を元気に過ごしていきましょう。



【参考】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000057086.html
▼アンケート調査概要
調査期間:2020年4月13日(月)~2020年4月20日(月)
調査エリア:全国
調査対象:うんち記録アプリ「ウンログ」を利用している10代以上の男女
サンプル数:n=3000
調査方法:インターネットアンケート




<今回のレシピ>

甘酒トマトソース

recipe_395_1.jpg


レシピはこちら


-ポイント-

発酵調味料(甘酒・塩こうじ)をたっぷりと使用したトマトソースは、腸内環境を整えてくれます。多めに作っておけば、色々な料理に使える万能ソースです。(保存期間:冷蔵約3日、冷凍約2週間)

------------------------------

前へ

商品にウイルスが付着する可能性はありませんのでご安心ください

次へ

【重要なお知らせ】新型コロナウイルスに関する「緊急事態宣言」への対応につきまして