梅雨からの熱中症対策と水分補給

梅雨に入り、紫陽花がキレイな季節になりました。


皆さん熱中症対策は万全ですか?


「え?この時期に熱中症?」と思った方は要注意!


熱中症と聞くと夏の炎天下で起こるイメージですが、実は梅雨の晴れ間や、まだ身体が暑さに慣れていない梅雨明け、また屋外だけでなく高温多湿の室内でも起こります。


今の時期からしっかりと予防しましょう。



熱中症とは


室温や気温が高い中で、体内の水分やミネラルのバランスが崩れ、体温の調整機能がうまく働かなくなることで起こる健康障害のこと。


めまい、汗の異常、倦怠感、集中力や判断力の低下、筋肉のけいれん 高体温などの症状が生じます。



上手な水分補給のポイント


【のどの渇きを感じる前に】

のどの渇きを感じた時にはすでに多くの水分を失っています。乳幼児や高齢者の方は脱水症に気付きにくいことが多いので、 こまめに水分を補給するようにしましょう。


【がぶ飲みはNG】

水のがぶ飲みは、血液中のミネラルのバランスが崩れ、代謝がスムーズに進まなくなります。また胃酸を薄めるため、食欲不振、消化不良を招きます。少しずつ数回に分けて取りましょう。


【ミネラルと一緒に補給】

汗をかくと、水分と一緒にミネラルが体外に出てしまいます。水分と一緒に、しっかりとミネラルを補給することが大切です。



熱中症対策に取り入れたい栄養素


汗と共に失うナトリウムやカリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを食事から補給することが大切です。


また疲れを溜めないために、代謝(栄養素をエネルギーに変えること)をスムーズにする、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミンB群も取り入れるようにしましょう。



簡単酵素ドリンクで、ビタミン・ミネラル・水分補給!


麹菌を使った発酵食品は、吸収しやすいビタミンB群(遊離型)が増加することが分かっています。


そこでオススメなのが、玄米を麹菌で発酵させた「玄米酵素」と豆乳で作る、混ぜるだけの簡単酵素ドリンク(通称:元氣シェイク)です。


ビタミン・ミネラル・水分を一緒に補給でき、熱中症予防にピッタリ!


酵素ドリンクの栄養について、もっと詳しく見る



<今回のレシピ>

簡単酵素ドリンクのレシピをご紹介します。


玄米と大豆の酵素ドリンク(通称:元氣シェイク)


20180615-01.jpg


(1人分)エネルギー219kcal、食物繊維4.0g


-材料(1人分)-

・玄米酵素:顆粒タイプ2~4袋 または 粉末タイプ大さじ3(15g)
・豆乳:150~300cc ☆
・粗製糖:小さじ1~2(お好みで)

☆豆乳の代わりに、元氣大豆21+水でも作れます(←オススメ!)
 元氣大豆21を使用した場合、エネルギー169kcal、食物繊維4.9g です。


-作り方-

1. 材料をシェーカーなどに入れ、よく混ぜたら出来上がり。
   ミキサーを使っても◎。


-ポイント-
玄米酵素はどの種類でもOK。粉末タイプの方が溶けやすいです。ゴマ、ココア、抹茶などを入れてアレンジしても美味しい♪お好みで分量を調整したり、粗製糖や自然塩を入れて味を調えたりしてお召し上がりください。ハイ・ゲンキC(ビタミンC)を入れるのもオススメです。
※作り置きせず、必ずその日のうちに飲みきってください。
------------------------------


前へ

元氣亭「本日のお食事」(日替わり)の主菜【2018年6月18日~6月22日】

次へ

元氣亭「本日のお食事」(日替わり)の主菜【2018年6月25日~6月29日】