被災地の学校からお便りが届きました

株式会社玄米酵素では、震災と津波で被害を受けた、

東北地方の子どもたちをサポートできればと考え、

現在 岩手県内の2つの学校(宮古市立赤前小学校と大船渡高校)に

玄米酵素を提供しています。

 

先日、仙台営業所所長の林賀と両校を訪問してきました。

 

岩手県立大船渡高校へ玄米ファインを支援したことは、

地元の新聞でも取り上げられました。

新聞記事【大船渡高校玄米ファイン提供】mini.jpg

新聞に登場しているのは、

子どもたちに玄米ファインを配布している、

養護教諭の小原先生。

 

小原先生は、避難所での食事は白米のおにぎり、菓子パンなど、

ビタミンやミネラルが不足がちのため、

ご自身の持っていた玄米酵素を生徒たちに配っていたそうです。

 

玄米ファインを提供してから、保健室に来なくなった生徒もいすますよ、

との報告もいただきました。

 

生徒の皆さんからメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

 

高校生2.jpg 高校生3.jpg

高校生1.jpg

宮古市の赤前小学校は、全児童39名中32名が津波の被害を受けたそうです。

 

子どもたちの栄養状態が心配でしたので、玄米酵素の提供を提案したところ

「ぜひ」とのことでしたので、子どもたちでも食べやすい、

玄米ファインココアア入りを提供させていただきました。

 

及川校長先生(写真右)は「おかげさまで子どもたちも、

元気に学習や運動会の練習に向けて励んでおります。」とおっしゃっていました。

赤前 校長先生.jpg子どもたちからの礼状は、読んで元気が出るものばかりでしたので、ご紹介します。 

手紙1.jpg 手紙2.jpg

手紙3.jpg

これからも、被災地の方々をどう支援できるかを考え、実行に移したいと思います。

前へ

beat! beat! beat!

次へ

笑真笑銘の健康法:第2話(ビタミンB群と糖尿病)