loading ...

2008年2月

【体験レポート】ハイ・ゲンキで快腸?! by ゆきさん③

■ハイ・ゲンキ体験レポーター、ゆきさんからの第三回目の体験レポートが届きました♪

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

 試験がやっとひと段落着きました。
 この間の春一番と嵐のような強風にはビックリしましたが、
 風のない日にゆっくりと外を眺めると、紅梅の花や暖かい日差しに春を少し感じますね!

 

 ハイゲンキを飲み始めて3週間目に入りました。
 最近思うことは”お通じ”のことです。

 ※以下トイレのお話なので、ちょっとご注意ください(@v@;

 


 もともと便秘がちなわたし。トイレの時間はけっこうゆっくりです。
 でも近頃はトイレにかかる時間がすごく短くなりました。
 加えて、トイレに行きたいって目的を持って入るようになった感じです。

 起床後やご飯を食べた後によく「あ、トイレ行きたい」って思う変調が身体にでます。
 で、トイレに座るとスルっとでてハィ、終わりっていう感じ。
 スピーディーで爽快☆


 実家にいた頃、特に朝なんか家族でトイレの争奪戦が繰り広げられていたので、
 便秘な私はゆっくり入ることはできなかったんですが・・・
 今の状態なら誰にも文句を言われないだろうなぁ(^▽^ なんて思います。

 まだ毎日出るわけではないんですけど、続けていったら変わってくるかもしれないので
 ちょっと楽しみです。

 

                                          ゆきさん(30代・女性)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

体調の変化を感じていただけているようで、とっても嬉しいです(^-^)

もっと早く知っていただきたかった、という気持ちがありますが、

今回レポーターをしていただいたのも何かのご縁ですね♪

 

masuno

 

コメント (1)   トラックバック (0)

洞爺湖便り Vol.8 タマネギの種まき

玄米酵素洞爺自然農園の川崎農場長から、メールが届きました。

北海道の厳しい冬、春を待つ農作業の様子をお届けします。

 

図1.jpg

冬の農園です。(2月24日現在)
タマネギのたねまき「播種(はしゅ)」の様子をお知らせします。

 

図2.jpg

1.床に穴を掘り、藁を敷いてさらに黒いビニール

  (マルチといいます)をかぶせます。

図4.jpg

2.その上に土を敷き、さらにマルチを敷いて、温床の出来上

  がり。左隣の土の山は、秋に山から採ってきた土に堆肥や

  肥料となるボカシを混合しておいたもの。

 

図5.jpg

3.育苗箱に先程の土を入れて、玉ねぎの種をまきます。

   種は約1万粒。 

 

図6.jpg

4.種まきの後、土で覆って均等にならし軽くプレス。

  これは、水やりの際、水が均等に行きわたるためと、

   乾燥しにくくするためです。

図7.jpg

5.健康館のボイラー室の熱を利用して、温めておいた汲み

  置きの山の水を育苗箱に与えて、温床に並べたところ。

  さらに、保温用シートをかぶせます。

図8.jpg6.そのうえ、さらに、厚手の保温用シートをかぶせます。

図9.jpg

7.昼間は春のようなハウスですが、陽が陰るととたんに冬に

  逆戻り。気温が下り過ぎると発芽しないので、トンネルを

  組み、念を入れて保温用のシートで再度覆いを掛けます。

  ここでようやく準備完了。

  後は芽が出るのを待つばかりです。

コメント (0)   トラックバック (0)

【体験レポート】2月8日~15日 by J子 さん②

■体験レポーターのJ子さんから、第二弾の体験レポートが到着しました!

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

  2月も中旬に入りました。このところはハイ・ゲンキを毎食後!がお約束に

  なっているせいか、忙しくても朝や昼を抜くことが少なくなりました。
  間食も減ったのでご飯が美味しく味わえるようになり、食卓につくのが楽しみに。
  よい習慣が身につき喜んでいます。
  ですが、和食が毎回になると色合いが地味で、
  娘(3歳)の食欲がそそられないのが困りもの。
  そこで考えたのが、野菜を切ったり炒めたりするのを手伝わせること。
  お母さんのまねをして自分が料理に参加するのがうれしいのか、
  食べる気になってくれます。

 

  カラダの変化についてですが、冷え性がこのところ軽くなった気がします。
  血行不良がじょじょに改善されているのかな?
  正しい食生活を送ることやハイ・ゲンキの酵素パワーで、
  カラダも心も整ってきているみたいで本当にうれしい。
  だって冷え性って本当にツライのですよ。
  (身体の一部が冷蔵庫に入れられたような感じなんです、分かりますか!?)
  とりあえず防寒対策として靴下の重ねばきや、両足のアキレス腱の箇所に
  ほっカイロを貼るなどの工夫もしています。
  『元氣通信』の入浴法についての記事も参考になりました。
  こうして内から外からカラダをあたためて、この冬をなんとか乗り越えようと思っています。

 

  運動はゆっくりペースで始めたばかり。
  しかし、今どきのスポーツクラブは目新しいマシンがたくさんあって面白いですね~。
  いまトライしてるのは、昨年から話題のいわゆる〝高速ブルブルマシン〟。
  すごい勢いで振動するので最初驚いたのですが、慣れると心地よくてクセになりそうです。
  それから〝キネシス〟、3D空間で筋力アップ・エクササイズができる
  最新のフィットネスマシンです。
  バランスよくしなやかな筋肉をつけることが可能だとか。
  運動後にはどちらも効果に期待大です!

 

  とにかく薄着になる春までに筋肉をつけ、代謝をあげて、
  にっくき脂肪を燃焼しまくるぞ~と意気込んでいます。
  そして、もうしかたないとあきらめたような目でいつも私を見る主人を、
  ぜったい見返してやりたいです!

 

                                     J子さん(41才・女性)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

食事改善に運動に…と、とても努力されていてビックリです~!

ご主人の驚く顔が楽しみですね♪

メールマガジンも参考にしていただいているようで嬉しいです☆

お子様も料理に参加するというのは、食に関心を持つきっかけとして、

とても良い方法かもしれませんね。(^-^)

きっと料理も運動も大好きな大人になるんでしょうね~o(^-^)o

 

masuno

コメント (2)  

【体験レポート】ハイ・ゲンキ on 玄米雑穀 by ゆき さん②

■ハイ・ゲンキ体験レポーター、ゆきさんからの第二回目の体験レポートです♪

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

  ハイ・ゲンキを使い始めて2週間が経ちました。

  私は今月末に大切な試験を控えているので、毎日図書館へ勉強しに行っています。
  ハイ・ゲンキは小袋に入っているので持ち歩きに便利ですね(^^
  外食でもお弁当でも、気軽に取れるのがありがたぃです♪


  今回写真を添付してみました。
  玄米雑穀にハイ・ゲンキをかけたところ。
  ご飯は温かいほうが美味しい!のでもちろん電子レンジでチンしますが、

  ハイ・ゲンキは熱に弱いので注意しなきゃな・・・とちゃんとレンジ後にふりかけました!


  そうそう、お弁当の時間に交わした友達との会話なのですが・・・
  友達に「それなぁに?」と聞かれました。
  「玄米の栄養素がとれるふりかけだよ」と説明してみましたが、

  なんか・・・うまく伝えられていないなぁとスッキリしない(==;

  友達は玄米とか健康とか興味がない子なのです。
  どこからどんなふうに説明したらいいのか困っちゃいました。
  発酵してるってトコロとか、スピルリナが入ってることとか・・・

  そもそも玄米の栄養素とかから説明が必要?!(`д´; 

  でも説明長すぎても(汗

  うーん、簡潔☆わかりやすい言い回しって??

 

  体調と言えば、
  体験者の感想で多かった「お腹が張る」という感じ、私もわかる気がします。
  特に食べ過ぎちゃったなぁ(×v× って時は、張る感じがします。
  頑張って消化してるから?
  もしくは、食べスギだょ!っていうカラダの訴え??
  自分の身体なのにわからないことっていっぱいあるなぁ、と思う今日この頃です。

  

玄米弁当.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

      ゆきさん(30代・女性)

 

    

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

今回は、玄米ごはんにハイ・ゲンキをふりかけた写真を送ってくださいました(^0^)☆

日本各地、そして世界中にもハイ・ゲンキの愛食者の方がいらっしゃいます。

色んな方が色々なスタイルで食べてくださっている・・・

そう考えると、うれしくて感動してしまいますっ!

みなさん、いつもありがとうございます!(T-T)

 

masuno

コメント (1)  

冷戦

<前回>の続きです。

 

さて、生後2ヶ月ほどで我が家にやって来たイネコ。

(彼女は元々道路で、一人ぼっちでいたところを、動物病院用の機械を運ぶおじさんが

保護して、そのまま動物病院に連れてきたのでした。そして私の元へ。強運な猫です。)

 

いねちゃんを見た瞬間、先住猫のレオンは、目をまん丸くして(元から目がまん丸の種類なのですが)

鼻息を「ふー!!!」と吐き、固まっていました。

 

いねちゃんも大人しくしていればよいものを、興味津々にお兄ちゃん(レオン)に近づいて行きます。

その瞬間レオンは「ウガー!にゃおー!ぎゃおー」と雄叫びを上げて、ベッドの下に逃げて行きました。

 

父がわざとベッドから出そうとしたのですが、

手袋をしていたのに血が出るほどの勢いで父の手を噛み、拒みました。

 

その後も現在まで、いねちゃんがレオンに飛びかかる(遊んで欲しいのです。)

→レオンがぎゃーぎゃー騒ぎながら逃げていく。という構図は変わりません。

変わったのは、レオンはちょっとおじいちゃんに近づき、

いねちゃんは素敵な(凶暴な?)レディになったことです。冷戦.jpg

夕飯前の、イライラ時。冷戦中です。

 

こんな二匹ですが、たまに、

眠くて仕方ない時、寒い時、いねちゃんがレオンにちょっとだけくっついて寝ても、レオンは怒りません(笑)

コメント (2)   トラックバック (0)

【体験レポート】2月1日~7日 by J子 さん①

■ハイ・ゲンキ体験レポーターJ子さん(41才・女性)から、

  第一回目の体験レポートが到着しましたっ!

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

  今月から食後に、ハイ・ゲンキを摂っています。口に含んでからお水で飲みますが
  思ったより食べやすく、満腹感も得られるのでうれしいです。
  これまで間食がかなり多かったのですがムダなお菓子やジュースなどが減ってきました。

  摂取後、数日経っての変化といえば、睡眠が深くなり、ぐっすり眠れるようになりました。


  酵素の効果かな?ガスがたくさん出て、腸内環境が整ってきてるようです。
  それから…友人に『若くみえる』とほめられました!〝若く見られたい、キレイになりたい〟
  という願いをハイ・ゲンキが叶えてくれるかもしれませんっ!

 

  見た目はもちろん、カラダの中からも美しくなりたいものですよね。
  もともと独身時代はスポーツクラブに通って体型をキープしていましたが、
  結婚してすぐに出産、育児ストレスもあってか、体質が変わったようで冷え性になり
  同時に免疫力もダウン。疲れやすく、季節の変わり目には鼻炎にも悩まされています。
  体重は、ベスト体重からなんと10kg増えて、いま62kg。完全におばさん体型です(涙)。

 

  これではいけないと気づき、まずは食生活から見直さねばと、
  3歳になる娘といっしょに和食を中心に食のスタイルを切り替えました。
  ご飯は有機米(5分づき)に10種類の雑穀をプラス。
  それに具だくさんのお味噌汁と納豆、漬物、焼き魚が定番ですが、もっと根菜類や海藻類、

  酢の物、お漬物などを食卓に充実させていきたいです。


  水もこれまでより多く飲み始め、デトックスを心がけたいと考えています。

  ハイ・ゲンキを生活に取り入れることで、シェイプアップに弾みをつけて
  薄着になる春に向けてキレイになろうと、本気でがんばろうと思っています!
  ツボ刺激のグッズと、洗顔用の泡立てネット(きめ細かな泡が立つ)も昨日、購入。

  さあ、今から駅前のスポーツクラブに登録してきます。ウエアとシューズも新調しました。
  運動の方も気合入れてがんばりますねっ! 

 

泡立てネット&足つぼ板.jpg

                                     J子さん(41才・女性)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

泡立てネットも足つぼ板も、色がピンクでかわいいいいですね☆

それにしても、ハイ・ゲンキが思ったより食べやすいようで良かったです(^0^)

1週間でこんなに色々な変化を感じていただけてビックリ!

 

3歳の娘さんが、お母さんと一緒に和食を食べている光景を想像すると、

とってもほほえましくて笑顔になってしまいました♪

 

masuno

コメント (0)  

【体験レポート】はじめてのハイ・ゲンキ by ゆき さん①

■2月1日からハイ・ゲンキ体験レポーターをしていただいている、

 ゆきさん(30代・女性)から、第一回目の体験レポートが到着しました!

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

  私はもともとお米が好きではなかったので、主食は惣菜パンや菓子パンでした。
  貯金をするために極端に偏った食事をし始めて6年程から、体の疲れがとれにくく、

  どことなく身体の調子が悪いという状態が続きました。


  それから健康に対する意識が高まり、最近では食事にはとても気をつけています。

  最近はじめたことは玄米と雑穀食です。
  栄養素をしっかりとろうと思って、あえて玄米を始めました。

 

  ハイ・ゲンキを始めて・・・
  最初どうやって食べれば一番美味しいのかわからなかったので、色々な方法を試しました。
  ぬるま湯に溶かす、薬を飲むように口にハイ・ゲンキを含んで飲む、

  ご飯に混ぜる、お味噌汁に入れる・・・

 

  一番気に入った方法は、ご飯に2袋混ぜる方法でした。
  でもハイ・ゲンキが顆粒状なので、ご飯にそのままだとちょっと違和感がありました。

  そこで、少し湯を足してご飯を湿らせると、玄米の主役を立てる存在になってとても良かったです。
  今までの玄米食も食べ応えがあったのですが、ハイ・ゲンキを混ぜることで更に味に深みというか、

  味が濃くなって今まで以上に「食べてるぞ!」という感覚になります。


  あと身体の変化なのかな?
  ハイ・ゲンキを食べ始めてから、あんまり小腹が減らなくなりました
  いままで甘いものやお菓子を食べたいという強い衝動がありましたが、今はそんなに強くは感じません。

  むしろお腹が減るときは、「もうご飯の時間か」と思うように、強く減るようになった気がします。

 

                                          ゆきさん(30代・女性)

 

  ==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

はじめてハイ・ゲンキを食べるみなさんの中には、

こんな感じで色々試行錯誤していただいている方もいらっしゃるんですね。

社員としては新鮮な驚きですし、とっても嬉しいです。

 

お湯を使う際のご注意を一つ。

ハイ・ゲンキには酵素が含まれています。酵素はタンパク質ですので、熱湯を注ぐと、煮えて

変質してしまいます。70度以上のお湯はお使いにならないよう、ご注意下さい。

 

masuno

コメント (0)  

カレー博覧会へ

2日、市内で「カレー博覧会」(2月2日~11日)なるイベントが開催されるというので、散歩がてら自宅から1時間ちょっとかけながらブラブラと行ってまいりました。

場所は大通公園そばにあるスピカ(某テレビ局が運営するイベントホール)。途中、5日から始まる「さっぽろ雪まつり」の雪像作りを眺めながら進みます。

雪像(作業).jpg

↑こんな感じで自衛隊の皆さんが細かく丁寧に作っています。

雪像(駅舎2).jpg

↑こちらは氷像で札幌停車場(旧札幌駅駅舎)。ほぼ完成!?

雪像(エジプト遺産)NEC_0063.jpg
↑「エジプトの遺跡」。下部分に人がいますので、大きさがわかると思います。

 

さてさて、11時過ぎに目的地に到着。すでに結構な人です。

カレー博覧会会場.jpg

システムはチケット制で、カレー(ルーのみ)が300円と400円の2種類があり、ライスは100円。つづり券が1100円分ついて1000円となっています。量はハーフサイズということなので、つづり券を購入していざ入場!

いろいろと迷ったあげく、この2種類をチョイス!

カレー(シカ)NEC_0068.jpg

シカ肉エコカレー:料理研究家の星澤幸子さんがエコロジーと地産地消をテーマにプロデュースしたそうで、北海道の旬の食材エゾシカ挽肉のハンバーグ入りカレーです。ハンバーグはそれほどクセも無く美味しかったですが、野菜がほとんど入っておらずカレーとしては今ひとつというところでしょうか。

 

もう一つは、極(きわみ)ドライカレー:南極観測隊OBの料理人が名寄市と名寄市立大学の協力を得て、
観測隊の人たちが食べていたカレーを再現したものだそうです。

カレー(ドライ).jpg
これはなかなかスパイシーで、好みでいうとこちらの方が好きかな。

この博覧会、札幌名物スープカレーの人気店が日替わり出店したり、全国のレトルトカレーの販売コーナーが設けられたりとカレー好きな人にはたまらない企画(2月11日まで開催)です。
そういう私もスープカレーが好きで、ガイドなどに紹介されているお店へよく行っています。
バイク関連のブログがこの時期なかなか書けないので、雪解けまで脱線ブログを綴りたいと思っています。

コメント (0)   トラックバック (0)

ナナカマドが食べられた日

1月26日の朝のことです。自宅前のナナカマドの並木に鳥が群がっていました。
この日は30cm以上の大雪の日。雪に埋もれて、えさが無くなって、ナナカマドに来たのでしょうね?
カッコウ?もず?雪が吹雪いていてわかりませんでしたが、わりと大きな野鳥2羽とカラスがいっぱい。


カラスななかまど3.jpg

 

カラスななかまどアップ.jpg
ナナカマドがついにおいしくなったのか?

興味津々で家の玄関にキープしていたナナカマドを食べてみました。うーん、微妙。でも、「にがしぶ感」はあるものの、前回ほどではなく、ほのかに甘みを感じるような感じないような…。以前の口に入れた瞬間オエッという感じから比べると格段においしく?なっています。

 

思えば、ナナカマドにこだわり始めたのは、11月16日でした。

→ https://blog.genmaikoso.co.jp/2007/11/16/

前回、1月4日のブログはこちら。

→ https://blog.genmaikoso.co.jp/2008/01/04/

それにしても不思議なのは、えさが無くておなかがすいているはずなのに、実を食べ尽くした木のとなりに、まだ実がほとんど残っている木があること。違いは残っている木の実はオレンジ色で、鳥が食べた木の実は真っ赤だったこと。とすると、鳥は熟成の度合いもわかっているのでしょうか?

鳥に味覚があるのかないのか、興味が尽きません。

玄関でキープしているナナカマドの実、もう少し熟成してみます。

本日、2月3日、日曜日。札幌は晴れ、最高気温マイナス1度、おだやかで暖かい1日になりそうです。

コメント (0)   トラックバック (0)

ボイストレーナー佐藤涼子さん、ブログでハイ・ゲンキを紹介

多くの有名なアーティストにボイストレーニングをしている、佐藤涼子さんのブログに、ハイ・ゲンキグルカン入りが写真付きで紹介されました。

ここです、ココ。

→ http://www.as-nikki.com/usr/ica-a/scr3_diarys.cgi?cat=537ryon2

 

佐藤さんは山形県出身。国立音楽大学・声楽科卒業後、二期会オペラスタジオ32期生として多くの舞台に立っている一流の声楽家。

現在はボイストレーナーとして活躍のかたわら、「high F」(3オクターブめのファ)まで歌いこなす「のど」を生かして、クラッシックとロックを融合させたバンド「深紫姫」を結成、ライブ展開もしているそうです。

「high F」も、クラッシックとロックを融合させた曲も是非聴いてみたーい!ですよね。

 

佐藤さんのプロフィールはこちら。

→ http://www.e-ryon2.com/profile.html

 

佐藤さんがボイストレーニングしているアーティストのリストはコチラ。

→ http://www.e-ryon2.com/works.html

 

すごいメンバーですよね。

えっ! レコード大賞のあの人もいますね!

 

いろいろなアーティストにご紹介いただいて、佐藤先生、本当に本当に、ありがとうございます。

コメント (2)   トラックバック (0)