loading ...

2007年9月

プルーンを食べました☆

先日、プルーンをいただきました。
ドライプルーンはたまに食べるのですが、
生のプルーンは初めてでした。
プルーン3
プルーンの和名はセイヨウスモモ。(←う、身土不二じゃない・・)
プルーン2
食物繊維が豊富で、皮にはポリフェノールがたっぷりだと聞いたので、
皮ごと食べました。

ちなみにこれは、友人がマケドニア土産にくれたプラムです。
プラムとオパンケ
隣にあるのはマケドニアの皮わらじ。
手のひらに乗るくらいのミニチュアです☆

コメント (0)   トラックバック (0)

パークゴルフはおもろい!


販売店さんとハイ・ゲンキご愛用者の皆さん。


9月5日、玄米酵素が初めてパークゴルフの大会を主催しました。
会場はサッポロさとらんど

パークゴルフそのものも初めての私が、大会に出場とは、なんと厚かましい!と、思いながらも興味津々で参加させていただきました。

まず200円払って道具を借りました。使用クラブは1本。ゴルフのパターにドライバーのヘッドをくっつけたようなクラブで、ロフト(クラブ面の傾斜角)はゼロ。これ1本で全てのホールを回ります。


私と同じ組だった女性3名。
皆さんとてもファショナブル!おっしゃれー!
木下さん、緑のウエアがとてもあざやかです。

当日は、販売店の皆さん、ご愛用者の皆さんと我々社員を含めて35名が参加。18ホールストロークプレイ、パー66のコースで大会がスタートしました。
おもしろかった!いやー楽しかった。やみつきになりそうです。


吉田勝さん、ホールインワン達成!
優勝も吉田さん。グロス52、14アンダー、お見事でした!

パークゴルフは北海道生まれのスポーツで、競技人口は100万人。北海道40万人のうち、札幌には20万人、現在全国で爆発的に増えているのだそうです。

爆発的に増えている理由その1 手軽さ 
  クラブは1本だけでOK。料金も安い。プレー代は高くても500円
  前後。無料のコースも多いそうです。

爆発的に増えている理由その2 豊かなファッション性
 服装は皆さんほとんどゴルファー、女性は特にファッショナブル。

爆発的に増えている理由その3 単純なルール
  ゴルフのパターの要領で、カップにボールを打数少なく入れるだけ。

爆発的に増えている理由その4 年令性別無関係
  世代を超え性別を超え、老若男女が一緒に遊べるゲームはめったに
  ありません。当日もアンダーパーの女性が8名も。皆さん私より
  お姉様。

近々、玄米酵素と札幌のパークゴルフ場が提携して、洞爺健康館で宿泊、洞爺湖周辺のパークゴルフ場でプレーというツアーも始まるとのこと。
近い将来、「玄米酵素カップ」なんていう全国大会も夢ではありませんね。
ちなみに当日の私のスコアーは66、パープレイでした。まあまあ?

コメント (0)  

休日のおやつ

最近、超クリーミー豆腐が流行っていますよね。

私はこのお豆腐を、毎日のように愛用しています。
何もかけなくても、おいしくいただけます☆

また、人には「えー!」と言われるのですが、
メープルシロップやきな粉&黒蜜をかけて食べたりもします。
意外や意外、これが合うんですよ。
波乗りジョニー
こうして見ると、本格的デザートに見えませんか?(笑)
騙されたと思って、ぜひお試しください^-^

精白糖のお菓子はなるべく食べないで、
このお豆腐デザートや果物に切り替えています。
今の季節は、大好きな梨や栗を食べています♪

コメント (0)   トラックバック (0)

そばの季節になってきました2

9月23日、岩内市とニセコ町を結ぶニセコパノラマライン(国道66号線)を愛車で走ってきました。ニセコ連峰を見ながら走ることができるこの道は、ツーリングにはピッタリ!
早速ですが、途中にある展望台からの景色(日本海・岩内市街)です。
岩内市街
記念撮影の次は、これまた途中にある「大湯沼」(蘭越町)という温泉が湧き出る場所へ。
ブクブクと温泉が湧き出て、硫黄のニオイが立ちこめる不思議なところです。
大湯沼1大湯沼2
脇に足湯があり、これがなかなか気持ちがいい。(国民宿舎が隣接していて、そこでは露天風呂などが味わえます。ゆっくりしたい方はこちらに)

さて、体が温まったところで今日のお目当て「ソバ」を食べにGO!
ソバなら2~3店ははしごができると雑誌で下調べをしていたのでした。
まずは1店目、倶知安(くっちゃん)町にある「農家のそばや羊蹄山」さん。
ここでは「水そば」(350円)を注文。はじめて食べる水そばはいかがなものか!?
水そば
運ばれてきたものは、ホントに水にそば…、脇には塩の入った入れ物、「物足りなかったら、お塩を入れてどうぞ」とのこと。
さてさて味は…ん~たしかに噛むとそばの味はすれど…そば通ではないからなのか、個人的にはやっぱりツユがあった方が… と微妙な感想です。
ここは他のメニューもあるので(というより量や価格から考えると水そばはメインメニューではないのでしょう)、次回は別メニューを頼むことにして、次のお店へ移動。

2店目はニセコ町にある「ようてい庵」さん。
ここでは、かき揚げ天そば(840円)を注文!
そば・羊蹄山
私はこんな田舎そば系が好きで、想像通りの味で美味しかった!イモがメインのかき揚げもホクホク!
どちらのお店も有名なのかどんどん人が入ってきて、順番待ちの状態。行くなら早めの時間がいいのかもしれません。

久々に天候に恵まれた1日でした。でも最高気温は22度、峠も走ったせいかふるえながらのツーリングで確実に秋が深まってるのを感じます。
考えてみたらバイクに乗れるものあと1カ月なんだなぁと寂しい気分も少し
残りあとわずか、走りまくるぞ!\

コメント (0)   トラックバック (0)

洞爺湖便り vol.2 洞爺健康館案内

洞爺村から中島
早朝の洞爺湖
健康館から徒歩10分、浮見堂公園からの眺めです。

健康館ロビーから
健康館2階のロビーから洞爺湖の象徴、中島が見えます。

中島の右側、健康館の対岸に有珠山や洞爺湖温泉街を見ることができます。温泉街からの眺めより健康館側からの眺めの方がはるかに絶景ですね。

毎晩9時から行われている温泉街の花火も、ちいーさくですが見ることができます。うーんー、花火の大輪が1メートル離れたところから見た1円玉ってところですかね。なにしろ対岸ですから…。

洞爺健康館は昨年増築、露天風呂もできました。
露天は、ひのき風呂と岩風呂の2つ。お湯の量も豊富で快適な天然温泉です。

健康館檜風呂
ひのき風呂

健康館岩風呂
岩風呂

健康館マッサージチェア
お風呂の休憩室に設置されているマッサージ
チェアー。足のふくらはぎも揉んでくれるタ
イプで、それはそれは快適。
ついつい、うとうとしてしまいます。

健康館BBQイカ
健康館の庭でバーベキューをしました。
イカ・ホタテ・とうもろこし・ほっけ、などなど、
野外で食べる北海道の味覚は格別です。
(バーベキューは通常の宿泊プランには含まれて
いません)

玄米酵素の会員の皆さんは健康館を格安な料金で使用することができます。
ご愛用者・ヘルスメンバーの皆さんは7,350円、ヘルスリーダーの方は6,300円、特約店の皆さんは5,250円、いずれも一泊2食付き。
国立公園の中というすばらしいロケーション、おいしい自然食料理と天然温泉が自慢の健康館を、みなさんの北海道の別荘として是非お使い下さい。

コメント (0)   トラックバック (0)

美肌道Vol.3 ばいばいコスメたち

普段、驚くほど薄化粧の私ですが(笑)、社会人になって
少しだけメイクに興味を持ち始めました。
嗜みとして、素敵なメイク術を身につけたいと思います☆
また、朝、化粧をするくらいの余裕を持って起きたいということもあり・・・(汗)

でも、古いメイク用品で肌荒れしては嫌なので、
まずは使っていないメイク用品とさよならすることにしました。
(学生時代は、今思えばパッケージや色がかわいくて集めていただけでした。)

「あれも使っていない」「これはもったいない」と思って
引き出しにとっておいても、結局古くなるばかり。
当時お気に入りの色は、今の自分に合わなかったりして
(多分)肌にも良くなさそうなので、きっぱり捨てました。
コスメたち
その代わり、今度は絶対無駄を出さないように
無添加で、本当に自分に合う色のメイク用品を揃えようと思います。

でも、この中で、一つだけ捨てられないものがあります。
昔習っていたヴァイオリンの先生がフランスのお土産でくれた、
シャネルのグロスです。
まだ中学生だった私は、シャネルの化粧品なんてもらってドキドキ☆
ちょっと背伸びしたい時にだけ、つけていました^-^

先日、少しだけアイシャドーをして会社に行ったら、
同期の子から「珍しい」と言われました^^;
glowで素肌をきれいにして、
ほんのりメイク、ナチュラルメイクを目指したいと思います。

コメント (0)   トラックバック (0)

野菜たっぷりシチュー(?)

先日、北海道産の栗かぼちゃを使ってシチューを作りました。
材料は『かぼちゃ、玉ねぎ、じゃが芋、人参』と、野菜のみ。
味付けはシチューの素を使わず、元氣大豆21と塩、こしょうだけ。
それぞれの量は目分量です[:たらーっ:]

かぼちゃとじゃが芋がトロトロに溶けるまで煮込んだので、
片栗粉でとろみを付けなくても大丈夫かも?
と思って水溶き片栗粉は入れなかったのですが、
シチューというよりはスープに近いものになりました。
でも野菜の甘味が出て、とても美味しくできました![:モグモグ:]



元氣大豆21を使った野菜クリームシチューの作り方が、
玄米酵素ホームページの簡単玄米レシピに載っています♪
よろしければ一度お試しください[:ウィンク:]

+masuno+

コメント (0)   トラックバック (0)

インディアン水車まつりに行ってきました!

9月17日、札幌市内午後の降水確率50%、周辺地域も多くが雨マーク…。遠出できず残念ですが折角の休日です。近場で行けるところはないかガイドで探していると…「インディアン水車まつり」千歳市)の文字が!
ここなら午前中で往復できると、早速、愛車でお出かけ。ついでに、会場から30分程のところに「苔の洞門」という名所があるということなので、そこにも行ってみることにしました。

「苔の洞門」は、支笏湖畔から美笛峠へ登る途中、樽前山という山のふもとに位置しています。場所的に嫌な予感はしたのですが、到着10分前に見事に降ってきました雨が…
びしょ濡れになりながらも何とか到着。管理人さんのいる建物で傘を貸り、山の中へ歩くこと約10分、これが「苔の洞門」です。
苔の洞門
ここは、樽前山が噴火した時に流れ出た溶岩が、水に浸食されてできた峡谷?で、岩肌には30種類以上の苔がついているそうです。
写真は入り口部分で、これで高さ2~3mはあります。今は岩が崩れるとの理由で中へは立ち入り禁止となっていますが、入り口から400m程続き、高さは高いところで10mにもなるそうです。自然の力はすごい!


さてさて、洞門を後にして「インディアン水車まつり」の会場・道の駅「サーモンパーク千歳」へ。(ここには千歳サケのふるさと館やインディアン水車などもあって結構時間がつぶせます)
【インディアン水車】この日は、川に2~3匹しか見つけられませんでした。
インディアン水車

会場には…いますいます人が!屋台が並んで、ステージではミニコンサート、釣り堀もあったりして家族連れなどで賑わっています。
ちょうど昼時、お腹が空いたところで頼みましたイクラ弁当(600円)イクラ弁当
小ぶりかな…でも値段を考えるとこれぐらいが妥当!?
物足りなさを感じて、もう一品「鮭ちゃんちゃん焼きコロッケ」(100円)をパクリ
鮭コロッケ
これは、みそ味で今まで食べたことのないコロッケ!美味しかった。

このようなイベントはやっぱりワクワクしますね。
考えて見たら収穫の秋を迎えて、各地で似たようなイベントがたくさん行われてるはず。よ~し!HPで調べて次の連休も秋の味覚だ!
もちろん景色の件も忘れていませんので…、次の休みはどうか晴れますように。

コメント (3)   トラックバック (0)

エコロクッキングスクール情報・自然食レシピ【くず餅】

昨日のエコロクッキングスクールで、
杉原は何を作ったかと言いますと・・・

くず餅です(汗)
(す、少しは野菜とかも切りましたよ・・・人参とかカブとか。)

くず餅は、すごく手間と時間のかかるお菓子だということがわかりました。
本葛粉や黒砂糖、水を入れてコネコネ。
いや~疲れました。腕が強くなったかも。
弱火で、時間をかけてこねるほど、おいしくなるそうです。
和菓子ってすごいですね!

透明感が出てきました。
くず3
弾力が出て、鍋から取れるようになればできあがり。
くず1
飴色のくず餅がおいしそうです♪
くず2
少し冷やしてから、元氣大豆21をまぶして食べました。
くず
ぷるんぷるんです♪

ちなみに、黒砂糖を入れないくず餅を作って、
黒蜜をかけて食べてもおいしいそうです。

ご一緒させていただく方々の手際良さには、毎回圧倒されます。
(主婦の方が多いので。)
あんな風にできるようになるのかなぁ・・・なりたいです!

コメント (2)   トラックバック (0)

エコロクッキングスクール情報・玄米レシピ【玄米ご飯のバリエーション】

今日はお休みの杉原です。
エコロクッキングスクールに行ってきました。

去年、10回中、4回も卒業旅行などで休んでしまったので、
今年は振替で、お休みの日に通うことにしました。

私の場合、去年入社試験を受ける前から、母が
「自然食料理を学ぶことは自分の財産になる」といって通わせてくれました。

今日も、「お母さんが申し込んでくれた」という若い方がいらっしゃいました。
そういうきっかけの方も結構いらっしゃるんですね。
嫁入り前の皆さん、一緒にお料理頑張りましょ~。

エコロクッキングスクールでは、
適応食・身土不二・一物全体食を基本として、
栄養を逃がさない調理法や、旬の食材の使い方などを勉強できます。
クッキング2

今日のレシピは
■木の実入り玄米ご飯
■車麩の煮物
■きんぴらごぼう
■厚揚げ・きゃべつ・わかめの味噌汁
■くずもち
でした!

できあがりはこんな感じです☆
クッキング1
動物性食品を使ってないのにボリュームたっぷり。
お腹いっぱいで~す。

コメント (0)   トラックバック (0)

DELL Dimension2400C

久しぶりにパソコンのハードディスク交換をしました。

というのも、数日前から社長秘書の伊崎さんから「最近、砂時計マークが長いんだ」と言われていて見ると、DELLのDimension2400Cのハードディスクのアクセスランプが長時間点灯している状態でした。
すぐにハードディスクのトラブルだと思い、本体BIOS内にある診断プログラムを実行しました。
が、結果は「異常なし!!」。おそらく、データの書き込めるトラック部分は正常だったので回転軸部分が故障したと推測しました。
伊崎さんのパソコンを新しくして、故障したDimension2400Cのハードディスクを交換して
再利用することにしました。
早速、近くの量販店に行き新しいハードディスクを購入。といっても容量は40GBで十分。
ちょっと前には自作パソコンのブームがあり、自分も作った経験もあったので楽しみながらの作業となりました。

壊れたハードディスクを外し新しいハードディスクのジャンパースイッチを確認してケーブルセレクトにして装着。
ついでにメモリも256MBしかなかったので512MBを追加。
ビジネスマシンとしては十分な能力を持つマシンに再生しました。

その後、再セットアップ作業を行いOfficeソフトをインストール。
一番やっかいなのが、WindowsXPのService Pack2のインストールです。
Dimension2400Cは、ひたすらダウンロードをしています。
とは言ってもService Pack2にしないと、セキュリティ的に心配ですし・・・
などと思いつつ長時間かけDimension2400Cが完成しました。

そのDimension2400Cの新たな仕事場が関連施設の「洞爺自然農園」です。
早速、農園責任者の川崎さんに「パソコンが新しくなるよ!」と連絡しました。
次にインターネット接続のためNTTに電話。Bフレッツは開通していなくフレッツADSLが使えるとのこと。プロバイダもそのままOCNを契約しました。

私たちの会社や関連施設とメールのやり取りをするためメールアドレスを作成、会社で使っているグループウェアに登録、その他Web関連の設定・・・
そういうアカウントが増えると設定する項目があります。
アカウントの追加よりも、逆に削除の方がシステム管理者としては、実は作業が多いのです。
削除するアカウントが関連している設定項目からアカウントを削除する作業は結構キツイんですよ。

Dimension2400Cが農園で活躍してくれることを期待しています。

コメント (0)   トラックバック (0)

美肌道Vol.2 鰆

ある日の昼食
今日の昼食は、近くの定食屋さんで食べました。
両国は、お魚を使った料理や、和食屋さんが多いので、
ほとんどお肉を食べない私にとって、嬉しい場所です。

鮭にはコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンB2などの美肌成分、
そして抗酸化作用の強いアスタキサンチンが含まれているそうです。
特に皮の部分には、ヒアルロン酸が多いとか。

そういうわけで、「今日の昼食は鮭を食べたい!」と思い、
外食に出かけました。

ところが、入った定食屋に鮭がなく、
仕方なしに“さわらの西京焼き”を食べました。
でも、西京焼きもおいしかったです。

さわらって、「鰆」と書くんですね。
瀬戸内海では春の魚なのですが、
駿河湾では10月から11月が旬なのだそうです。

コメント (2)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.3  しらかば並木


毎朝の徒歩通勤ルート北大構内がすっかり秋め
いてきて、落ち葉も紅葉も目立って増えてきま
した。

単身赴任生活9年間を経て、今年2月に本社勤務になったとたん、あっと思う間に体重が4kg、ウエストが4cm、体脂肪も3.5ポイント増えてしまったではありませんか。こりゃーまずい、9月中クールビズの間になんとか元に戻さなければ、冬物のスーツが楽に着られなーい!息を吸って止めた状態をキープしなくてもスーツのズボンがはけるように、9月中にマイナス444作戦を敢行することになった次第です。

打率3割以上、30本塁打以上をメジャーリーグではThirty-thirty(サーティ・サーティ)と言って強打者のあかしになるのですが、4kg・4cm・4ポイントマイナスを達成したからといって、尊敬の対象になるかどうかは、はなはだ疑問。しかし、バット、9月1日からいっそうの気合いを入れてウォーキングに励んでいる今日この頃です。


ここも好きなルート、獣医学部の裏を抜け、低温
科学研究所を左に見てモデルバーンを右に曲がる
あたりの「しらかば並木」が見事です。
とても北海道らしい風景で、観光名所に加えても
いいくらい。


イチョウの木からギンナンの実が落ちていました。
まだ固い殻ができていない状態で落ちてしまった
ようです。


ナナカマドの実が橙色から徐々に赤く色づいてい
ます。

コメント (2)   トラックバック (0)

ラジオ出演?!

先週の金曜日、なぜかラジオにちらっと出演してしまいました。
地元ラジオ局の番組内にある5分程度のコーナーで、
『お店や企業を突然訪問して、曲のリクエストと会社紹介をしてもらう』
というもの。
どうして玄米酵素が選ばれたのかわかりませんが、これもご縁ですね。

さて、"突然訪問"と言いましたが、実際には放送時間の1時間前に
かわいらしいリポーターの女性がオフィスを訪ねてこられました。
そして、なんだろう?と思っているうちに私が出演することに・・・。

実は私、趣味で歌を歌っていまして[:ラッキー:][:ムード:]
人前に出る機会が多いため、あまり緊張はしなかったのですが、
『この後のコーナーでお米の話があるため、あまりお米の話はしないで欲しい』
という制限があり、一瞬「何を言ったら良いのかしら…?!」
とモゴモゴしてしまう場面がありました。
だって皆さん、玄米酵素ですよ?!玄米ですよーーー?!!
米の話ができなかったら…一体どうしたら良いのかわかりません[:ムニョムニョ:]

一瞬沈黙してしまったのですが、なんとか挽回のチャンスを狙っていると、
そのコーナーが予定より3分近く早く終わってしまったんです。
そして、私がリクエストしたボサノバの名曲、
『想いあふれて』が、ほのぼのと流れ始めました・・・[:ポロリ:]

ブログを見てくださっている人の中で、聞いていた方がいたらごめんなさい!
せっかく玄米酵素の素晴らしさをアピールする機会を与えられたのに、
機会を活かし切れませんでした[:泣き顔:]



+masuno+

コメント (2)   トラックバック (0)

そばの季節になってきました

前日、天気予報を確認して、これなら前回のブログの通り、景色の良いところを写真におさめられるだろうと、9日は朝5時に起床!5時半、愛車と共に目的地に向け国道230号線を走りはじめました。

50分ほど走ったところで小雨…、いつの間にか本降りに天気予報を鵜呑みして雨具なんてありません。「晴れるかも」とかすかな望みをもって走り続けたのですが、結局15分後Uターン

帰り道、あまりにも悔しいのでどこか寄るところはないかと考えていると、国道沿いに足湯場があったのを思い出しました
場所は定山渓(じょうざんけい)といって「札幌の奥座敷」と言われる温泉街
ありましたよ足湯が!足だけとは言え温泉、やっと一息。
ズボン
これは足湯後の写真ではなく、足湯に入る前の服装です(当たり前じゃ!と自らツッコミ)。
わかりにくいかもしれませんが、膝からしたがびしょ濡れ状態…。
走行中、自分のバイクから跳ねる雨水が、ひざから下に集中し、状況が進むと雨水がしたたり落ちてきて、靴の中がプール状態に…過去にそんな状況に陥り、悲しくて半ベソかきながら走ったことがあります。

足湯の話に戻って…ここは「足のふれあい太郎の湯」という公共の足湯で、私が行った時も地元の人らしきが方が散歩でぷらり…という感じで入っていました。
足湯場全景足湯場湯船

そんな訳で、9時過ぎには札幌に退却(しかも晴れ)。時間を持て余した私は何か面白いことはないかと町内(麻生町)をぶらぶらしていると…
ありました!「あさぶ亜麻そば祭り」の看板が!
なになに…亜麻の種子を練り込んだそば?一足早い北海道新ソバが食べられる?
どうして「あさぶ亜麻そば祭り」なんだろうと考えつつ、いつもの探検じゃ!


後から調べてみると…
亜麻は茎の繊維がリネン製品の原料になり(ちなみに種子から亜麻仁油が採れます)、寒い地方で栽培できるところから、北海道へは開拓初期に榎本武揚によって導入されたのが始まりで、当時、この地に亜麻の繊維工場があったそうです。
ところが、時代が進むにつれ化学繊維の普及に押され工場が閉鎖することに。その際、地名変更の相談を受けた工場長・黒川修策さんが、北海道の亜麻発祥地として「麻」の字を地名に残したいということで「麻生(「あざぶ」ではなく「あさぶ」)」を提言し、麻生町になったそうです
そんな歴史があることから、毎年町おこしの一環として、亜麻の種子を練り込んだそばを目玉に催されているそうです。町名には意味があるんですね。


固い話はこれぐらいにして、会場では亜麻そばと新そばの2種類が盛られた「祭りそば」700円(限定500食)を食べました。美味かった~新そばの季節ですね。出張先で食べた山形や新潟なんかのそばをまた食べたいな~
そば

と、だらだらと書いてしまいましたが、雨が降ったお陰で、美味しいそばも食べられたし、住んでいる町のことも勉強できたし、良い一日でした。
次回こそ、皆さんに良い景色をお届けしたいと思っています。

コメント (0)   トラックバック (0)

さよならsoldier

保護していた仔猫が先週末、お嫁に行きました。

↓生後2週間
小さいですね~。耳もまだ立っていません。
しーちゃん1
何もわかっていない様子。ヨチヨチ歩いていました。

↓生後1ヶ月半
しーちゃん2
この頃からじゃれ始め、少しすると猛ダッシュが激しくなりました。

↓生後2ヶ月半
しーちゃん3
乳児から、すっかり仔猫の顔つきになりました。
元氣過ぎて、我が家の猫もたじたじ・・・。

そして生後3ヶ月で、とっても優しい方にもらわれました。
お別れの時は、祖母も泣いていました。
さよなら、かわいくて小さなおてんば娘。

コメント (0)   トラックバック (0)

しっとり熟成ティラミス

金曜日に、エコロビル(東京支社2階)の元氣亭でお茶をしました。

元氣亭のお料理は、お肉を使わず、穀物・野菜中心のベジタリアンメニュー。油やお砂糖は極力控えてあり、ご飯は玄米も選べるので、ヘルシーな食事を摂りたい方にオススメです。食材も調理法も、安心して食べられるものばかりです。

お食事もおいしいですが、ティータイムに食べるデザートも最高です☆私が選んだケーキは、豆腐と甘酒のティラミス。精白糖、卵、牛乳を使っていないティラミスで、甘みもほとんどが甘酒の甘みだそうです。

ティラミス070910.jpg

私は、珈琲とセットにしました。一緒にあるミルク入れは、大好きな豆乳です。たっぷりかけて飲みました。

ティラミスと珈琲070910.jpg

今度はお食事を撮ってアップしますね。両国にお越しの際は是非、お立ち寄りください☆

コメント (0)   トラックバック (0)

猛暑の名古屋

先月、名古屋に行って来ました~。
新幹線に乗り遅れるという、トラブルもありましたが、
なんとか着きました。
移動途中の浜名湖には、何艘もの小舟が出ていて、
ベトナム帽子をかぶった釣り人たちのシルエットがきれいでした。

「名古屋は暑い」と聞いていましたが、ほ、ほんとに暑かったです。
私は、自分でも暑がりでないと思っているのですが、
(ちなみに東京支社では夏でも長袖を着ているので、よくツッこまれます)
名古屋では暑さにやられました!
名古屋城
写真は名古屋城。
正門をくぐり、夏休み中の元氣な親子連れに揉まれ、
バテバテになりながら歩いていました。
するとドドーンと名古屋城がそびえるではありませんか。
大きくて立派でびっくりしました。

隣にいた小学生が、「なんでこんなにお城大きく作れるの?」
と父親に聞いている様子でした。
そういう疑問ってすごく大事だと思います。私は微笑みながら見ていました。
しゃちほこ
江戸時代の人の息吹を感じ、私も一人感慨にふけっていました。
築城のためにあんなに大きな石を運んだり削ったり・・
クレーンもなかった時代なのにすごいですよね!
ちなみに、城内では、武器についての展示を開催していました。

名古屋駅付近で、『きしめん』も食べました。
『ゆばきしめん』が美味でした◎
もともと豆腐や豆乳が好物なので、湯葉も大~好きです。
きしめん
今度名古屋に行ったら、伊勢まで足を伸ばしたいです。
それから、犬山のリトルワールドにも行ってみたいという目標が出来ました。

コメント (0)   トラックバック (0)

山がきれいでした

このブログのライターの中では、というより社員の中の最年長、野崎と申します。   旅日記、ドライブ、散歩などで出会った出来事、身近で起きた話題などを紹介したいと思っています。今回はスイスの山です。

 5月末に関西空港発着でドイツ・スイス10日間の旅に行ってきました。パリ経由でドイツ・フランクフルトに入りましたが、飛行機が遅れたためパリ空港で私たちグループの荷物は次の便への積み替えができず、翌日の宿泊地に届けられることに…。その日の夜は、交渉の結果、航空会社から支給された洗面道具と寝間着代わりのTシャツでしのげたからいいようなものの、海外では荷物が行方不明になったり、積み忘れがあったりするので、ちょっとした着替えと洗面道具くらいは手荷物として持つことが必要だと教えられました。

 ドイツでは天気に恵まれライン河クルーズ、ハイデルベルクの古城、古都ローテンブルク、有名なノイシュバンシュタイン城などでドイツの歴史に触れましたが、感動したのはヴィース教会。世界遺産にもなっているロココ建築の代表で、一瞬息をのむ華麗さです。思わず写真を撮ってしまいましたが、帰りに見ると「撮影禁止」。スイマセン!


華麗な世界遺産のヴィース教会

 旅の後半は、目的のスイス。一度、きれいな山の写真を撮りたいと思っていたので、マッターホルン(4,478m)の朝焼けは収穫でした。麓のツェルマットに宿泊しましたが、添乗員が撮影旅行で何度か来たことがあるとのことで、前の日に撮影ポイントを教えてくれました。当日は雲一つない快晴。薄暗いうちにひとり起き出して、待つこと約30分。周りが次第に明るくなってきたのに、朝焼けが始まりません。ただ、山がよく見えるだけなのかと心細く諦めかけたとき、山の頂上に光が射し始め、それが黄金の輝きとなって下へと広がり始めました。感動の瞬間でした。望遠で何枚も撮ったことは言うまでもありません。


黄金色に輝き始めたマッターホルン
 
 昼間は登山電車で標高3,131㍍のゴルナーグラート展望台へ行き、マッターホルンやスイス最高峰のモンテローザなど、雄大なアルプスの山々を見ることができ、旅の目的が達成できた思いでした。

スイス最高峰のモンテローザ

 翌日は、ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4,807m)を見るため、シャモニー(フランス)へ移動。下からは頂上をわずか見ることはできましたが、間近に見るため、ロープウェイで一気に標高3,842mのエギュイ・デュ・ミディの展望台へ。富士山より高いところなので、さすがに空気が薄く、呼吸が荒くなる人も出てきます。頂上は雲に隠れてしまいましたが、そこからの下界の眺めも最高でした。

3,842mにあるエギュイ・デュ・ミディの展望台
 
 今回の旅行は同行者が私たち夫婦を含めて6人。あまり高くないツアーなのに、この6人で大型バスと添乗員を独占して、全食事付きですから、旅行会社は赤字ではないかと余計な心配をしてしまいました。
 ちなみに、古希と還暦を過ぎた私たち夫婦が、玄米酵素をたくさん食べながら元氣に動き回る姿をみて、是非、愛食したいと興味を示されたので、サンプルを差し上げたところ、帰ってから女性二人の方からご注文をいただき、一人は会員登録をされました。良い出会いだったと感謝の手紙をいただき、いまも愛食されています。
 次回はどこにしようか、周りを気にしながら作戦を練っています。

コメント (0)   トラックバック (0)

美肌道Vol.1 ハイ・ゲンキCとglow

お花
↑夏に香る花とハイ・ゲンキC

こんにちわ。杉原です。
今日は美容のことを書きます、花のOL(汗)ですので。(笑)
『食事道』にちなんで『美肌道』と名付けました。
『美肌道』も、ちょこちょこ更新します。(ぺこり)

東京は8月末にちょっと涼しくなりましたが、
今日はまた暑~い夏に逆戻りです。
こんな日は紫外線が気になる!!

なんでも、4~8月は紫外線が多く、もっとも多いのが6月だそうです。
でも、9月でも、今日みたいな日は紫外線が多そうですね。
1日の中では、陽が高くなる10時~14時が紫外線ピークだそうです。

私の肌は色素が薄くて、すぐにシミになるタイプなんです。
(他にも肌の悩みはいろいろありますが、それはおいおい・・・)
学生時代に炎天下の小麦畑(マイナーな国です)を旅行した時、
なんと日焼け止めを持って行くのを忘れてしまい、結構シミができました。

今は玄米酵素のglowシリーズの日焼け止めグローUVベース
愛用しています。
日焼け止めって何となくベタベタして好きではなかったのですが、
グローはのびがよくて気持ちいい!です。
ほのかな米糠の香りも、何とな~く肌に良さそうな感じ。(←単純)

紫外線を浴びた後はアフターケアも欠かせません。
ハイ・ゲンキCをデスクに置いて、お菓子代わりに食べてます☆

↓新しくなったハイ・ゲンキCパッケージ。お花と一緒にパチリ☆
お花2

一緒に美肌を目指しましょう~♪

コメント (0)   トラックバック (0)

小樽の朝市でサンマ丼!

ここ2週間ばかり朝5時台に目が覚めています。
仕事が休みだった9月1日も予定通り!?5時過ぎには起きてしまい、予定が入っているお昼まで、何をしようか考えを巡らせていると…ふと、愛車で小樽へ行ってみようと思い立ちました!
小樽は、札幌からゆっくり走っても片道1時間弱と近いことと、海が見える風景が望めること、その点から、ぶらっと走りたいときによく選択している場所です。

さてさて6時前に準備を終え、愛車で小樽水族館のある祝津(しゅくず)に向けて出発!
7時前には小樽市内に入り、観光で有名な小樽運河を抜けて少し行くと、とある店の前(テラス風に机といすが設置)で5~6人が楽しそうに食事をしているではありませんか。何だろうと横目で確認すると、そこは海産物の料理を出している食堂!

周辺を回ってみると、そこは「鱗友(りんゆう)朝市」という市場で、見つけた食堂は、その中で営業をしているお店だということがわかりました。
偶然とはいえ、この発見を逃す手はないと愛車を止め、早速探検!探検!
中は海産物を扱うお店が10軒程入っていて、すでに地元の人や観光客らしい人達が買い物に訪れていました。カニやイカ、サンマなど並んで活気がありますね(まずは記念撮影)。
鱗友朝市前鱗友朝市中
奥の方に進んでみると探していた食堂が…2軒もありました!
「味さき」「のんのん」というこの2軒。どちらもお客が結構入っています。
入り口前に掲げているメニューを見ながら、どっちに入ろうか迷ったのですが…
【味さきさんメニュー】
味さきメニュー
【のんのんさんメニュー】
のんのんメニュー
小樽は何度も来ることができるので、そう深刻にならずに今日は「味さき」さんへ。
注文の品は秋の味覚「サンマ丼」(1050円)!
待つこと5分。来ました「サンマ丼」!
サンマ丼
味はやっぱり美味しいですなー[:グッド:](ただ、どんぶりの大きさが想像より小さかったかな…)お値段は個人的には高く感じましたが、朝市という活気ある雰囲気も味わったので良しとしました。(次回はオーソドックスに焼き魚定食でもいいかな)

朝食後は海岸線をぶらり走行。
この日の天気は良かったのですが、朝の気温は20度を切って、けっこう寒かった…(実はバイクに乗り始めてわかったことなのですが、バイクに乗っている時は想像以上に寒く、気温15度で1時間程度乗ると、手がかじかんで大変な目に遭います。夏でも革ジャンを着ている人がいるのはそのせいです)
確実に秋が近づいているのを実感しました。

さてさて、食べ物の話が続きましたので、次回は景色の良いところを何処か紹介したいと思っています!

コメント (1)   トラックバック (0)

北大散策便り vol.2  弓道場

Vol.1 で 8月18日なのに真っ赤に紅葉したもみじが珍しいと書いて3~4日たったあたりから、札幌も秋に向かって一直線、木々の色づくスピードにも加速がついてきました。

毎朝会社まで、北大の構内を歩いていますが、キャンパスが広いのでいろいろなルートを試しています。お気に入りの一つがサクシュコトニ川沿いの小道。弓道場を右に見ながら北11条に抜けるルートです。
アイヌ語で“サクシュ”は「浜の方を通る」“コトニ”は「くぼ地」と、北大Campus Guide Mapが教えてくれました。西区琴似のコトニが「くぼ地」の意味とは、知らなかった!このMap、北大でもらえます。

北大4

北大1
サクシュコトニ川沿いの小道に入って左にカーブすると弓道場が
見えてくるのですが、ここに枯れ葉が落ち始めていて、すっかり
秋の風情です。


北大2

北大3
この日は、たまたま弓道場の扉が開いていました。誰もいなかった
ので道場に近づいて、射場の正面まで行って撮りました。
(入ってはいけなかったのかな?)
人気のない道場、朝の斜めの光、すがすがしい空気が凛とした雰囲
気を感じさせてくれました。

コメント (0)   トラックバック (0)

こんにちは、増野です!

皆様こんにちは、札幌本社で勤務している増野といいます。
いよいよ社員ブログが始まり、とってもワクワクしています♪
色んなキャラクターの社員が登場しますが、
私は主に、趣味の音楽や映画などについて書いていきたいと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします![:ラッキー:]

さて、早速音楽の話題ですが、8/27(月)にボサノバのライブに行ってきました。
知る人ぞ知るボサノバギター&ボーカルの中村善郎さん。
ギターのテクニックと、ヴェルベットの歌声にうっとり[:ラブラブ:]
本場ブラジルでも認められている、素晴らしい演奏を間近で聴き、
最後にはCDにサインをいただき、握手までしてきてしまいました♪

「ボサノバって、よく知らない」という方、
ほら、よくカフェなどでかかっているまったりとした音楽です。
有名なのは『 イパネマの娘』や『想いあふれて』など、
作曲アントニオ・カルロス・ジョビン、歌ジョアン・ジルベルトによるものです。

『イパネマの娘』は、ジョアンの娘アストラッド・ジルベルトが歌ったものが
有名ですので、どこかでお聴きになったことがあるかもしれません。
『想いあふれて』はボサノバの第一号と言われています。
ちなみに、ボサノバの中で私が一番好きな曲です。
来年はボサノバが誕生して50周年。ぜひ皆さんも聴いてみてください☆

…と放っておくと、いつまでも音楽の話になってしまうので、
今回はこの辺で[:たらーっ:]
私の好きな音楽が、皆さまにも気に入っていただけたら幸いです。



+masuno+

コメント (2)   トラックバック (0)